素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

タグ:展示会 ( 12 ) タグの人気記事


2017年 10月 11日

東郷青児さんの展示会

東郷青児さん。
新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館で開催されている「生誕120年東郷青児展」を見にいきました。

e0152493_16063110.jpg

展示されている作品が油絵だということに驚かされます。とうてい油絵には見えません。

図録です。


展示作品に「望郷」という作品があるのですが、たしなみを感じられるしぐさやおももちが、お友達にそっくりです。


東郷青児さんの初期の作品はタッチの荒々しい作品もあるのですが、その深い色も好きです。特に「帽子をかむった男(歩く女)」の作品は好きです。


東郷青児美術館のある42階から見える東京の風景。



高層ビル群は下からみるとこんな風景。


何度もみている光景ですが、子どものようにはしゃいでしまいます。


東郷青児さんの描く挿絵は魅力で、こんな本を持っています。

北園克衛さんの詩と東郷青児さんの挿絵の『火の菫』。




東郷青児さんの『手袋』。


箱だけではなんだからわかりませんが、展覧会の図録にも写真が載っていました。


室生犀星さんの『乳房哀記』の表紙も東郷青児さんの絵です。


宇野千代さんとの共著のこの本もいいです。



京都の河原町の西木屋町通四条上ルのソワレさんは東郷青児さんが通ったお店として知られています。

こちらは2014年2月に訪れたとき書いたものです。

2014年2月12日
京都。西木屋町通四条上ルにあるソワレさん。


ソワレの看板の絵は東郷青児さんです。

青い感じの幻想的な店内には、東郷青児さんの絵が飾られています。

このお店で頼むのが、見ているだけでも楽しいゼリーポンチです。

2014年2月12日
ソワレさんのフルーツポンチ。

ゼリーヨーグルトも食べています。



東郷青児さんが通っていた頃に想いを馳せます。

吉祥寺のボアさんも東郷青児さんが通った喫茶店ですが、10年くらい前に閉店しています。





by momokororos | 2017-10-11 22:20 | 展示会 | Comments(0)
2017年 08月 26日

可愛い「おはなし」の展示会〜北岸由美さんとマスダカルシさん

昨晩は、青山のdoux dimancheさんで開催されている「マスダカルシ 北岸由美 作品展 おはなし」を見にいっていました。

e0152493_20115385.jpg

作家さんであり、お店のスタッフさんである北岸さん。

北岸さんの作品の可愛いさに惹かれてくるお客さんも多くて、きのうは1人でてんてこまいだったみたいです。
昨晩は、北岸さんの作品に惚れているお客さんがいたのでなかなか話せなかったのですが、閉店間際に話すことができました。

e0152493_20115399.jpg

e0152493_20115404.jpg

e0152493_20115429.jpg

北岸さんの絵はとっても可愛いんです。
でも今回ちょっと大人びた絵も見つけたりしました。そんな絵の1つの、夢みる少女の絵を手にいれました。会期後の受けとりなので、また楽しみです。

マスダカルシさんは新聞切絵作家さん。北岸さんの明るい絵に比べて落ちついた感じの作品でした。

今日26日土曜は、北岸さんとマスダカルシさんの2人とも在廊するとのことです。
展示は9/3日曜までです。


by momokororos | 2017-08-26 11:48 | 雑貨 | Comments(0)
2016年 10月 29日

「円い草」〜近藤晃美さんの展示会

高円寺の絵本のるすばんばんするかいしゃさんで、近藤晃美さんの「円い草」の展示会が開催されています(展示は延長されて、11/13日曜まで)。

e0152493_12252299.jpg


色遣いがとても素敵な絵です。

近藤晃美さんの作品集が展示にあわせて展示販売されています。
ミナ ペルホネンさんの紋黄蝶の2016–2017 Autumn / Winter Collectionのデザインを担当されたサイトヲヒデユキさんの装幀で、るすばんばんさんのご夫妻が作った1冊1冊構成が異なる作品集が魅力です。

箱と作品集本体です。

e0152493_12252381.jpg

e0152493_12252374.jpg


和綴じで素敵な装幀です。

作品集の中身です。

e0152493_12252403.jpg


赤の色遣いが魅力です。

紙面に絵が印刷されたのだけでなく、随所に紙が差し込まれていたり文章が挿入されていたりと、かなり凝った作りです。

e0152493_12252560.jpg


この中に近藤晃美さんの子どもの頃の絵も掲載されています。

e0152493_12252542.jpg


子どもときの絵なのか、大人になってからの絵なのか区別のつかない絵も多く、そこが魅力です。

作品集もよいのですが、やはり実際の絵を見ると、勢いだったり、キャンバスを越えた広がりを感じ、無限に空想が広がる感じです。

展示は11/13(日)まで。近藤晃美さんの在廊日は11/6日曜、11/7月曜、11/13日曜とのことです。

去年2015年の近藤晃美さんの展示も見にいっています。

近藤晃美さんの展覧会「小屋、ゆびきり」~高円寺 2015年11月15日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23872625/


by momokororos | 2016-10-29 13:57 | 芸術 | Comments(0)
2014年 01月 12日

シャガールの描く世界

昨日、渋谷から代官山、中目黒、学芸大学の本屋さん巡りをしていたとき、シャガールの作品集を見つけました。買おうかなって思ったのですが、持っているシャガールの図録を読みこんでから買うか考えようと思いました。

持っているシャガールの図録はこちら。
e0152493_22183094.jpg

2010年に東京藝術大学大学美術館で開催されていた「シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い~交錯する夢と前衛~」の展示会です。

ベラルーシに生まれ、少年時代をロシアを過ごし、パリに定住したシャガール。

シャガールの素晴らしい色彩に惚れこんでいます。

図録の表紙の絵は「日曜日」(図録より)。
e0152493_22183295.jpg

この2枚の絵が特に好きです。
サーカスを描いた連作の1枚の「赤い馬」(図録より)。
e0152493_22183438.jpg

「ロシアとロバとその他のものに」(図録より)。
e0152493_22183614.jpg

色遣いも魅力ですが、この世界感すごいです。ロシアぽさが表れている絵が好きかもです。

見れば見るほど素敵で、本屋さんで見つけた作品集も買いたくなってきました。

マルク・シャガールの最愛の伴侶だったベラ・シャガールが書いた本もあってこちらの本も素敵です。
e0152493_22183815.jpg

本の中のマルク・シャガールの挿画も素敵です。
e0152493_22184055.jpg

e0152493_22184263.jpg

図録と本の2冊しかシャガール関連の本は持っていません。またどこかで展示会やらないかな、と思っています。

by momokororos | 2014-01-12 22:16 | | Comments(0)
2013年 07月 09日

注文の多い料理店 hondana

今週の土曜日7月13日から、東京の芦花公園にある世田谷文学館で宮沢賢治さんの展示会があります。見にいきたいなって思っているのですが、持っている宮沢賢治さんの本を読みかえそうと思っています。まずは「注文の多い料理店」。スズキコージさんの絵がかもしだす雰囲気がとってもいいです。
e0152493_2335414.jpg


by momokororos | 2013-07-09 23:32 | 絵本 | Comments(0)
2011年 11月 01日

京都美術アート散歩~樂美術館

先日の週末は京都に出かけていました。

京都を訪れたときは、いつも寄っているのですが、
JR京都駅の2階にある京都観光案内所で「Visitor's Guide」をもらいました。

e0152493_20445023.jpg


このパンフレットは、海外から来た人向けのパンフレットなのですが、日本文化を別な視点で知ることができるので楽しみにしています。11月の表紙は紅葉でまた訪れたくなってしまいます。
季節の沿線のパンフレットや美術館関連のパンフレットもセレクトしながら、見たいって思う展示会を見つけました。ネット時代ながら、地元に来て初めてわかる情報は見逃せません。

京都駅からバスに乗り、堀川通りの一条戻橋の近くにある「楽美術館」を訪れました。
何年ぶりかはわからないくらい久しぶりの来訪です。

e0152493_20484835.jpg

「樂と永楽そして仁清 京の陶家 「侘と雅」の系譜」という展覧会が、12月23日(金・祝)まで開催されています。

歴代の長次郎の作品や、野々村仁清や永樂保全の作品などが展示されています。
パンフレットにその一部の作品の写真が載っています。

e0152493_2050835.jpg


特にお気にいりだったのは、十四代の永樂得全(だと思います)の作品で、器一面に大胆に花の絵が広がる「色絵牡丹絵茶碗」という作品。パンフレットに載っていないのですが大胆に器に描きこまれた牡丹の絵が魅力的でした。野々村仁清の作品がお気にいりのものが多いのですが、今回初めてみる鱗波の文様の作品があってじっくり堪能しました。

一条戻橋は、有名な清明神社がありますが、今回はパスして再び烏丸四条に戻りました。
ちょうどお昼なので、おいしいお昼を堪能。次に書きたいと思います。

by momokororos | 2011-11-01 20:55 | 展示会 | Comments(2)
2011年 10月 04日

かわいいイラストと絵本~「メアリー・ブレア」展

先日関西を訪れていたときに、
神戸鯉川筋の絵本の「Fabulous OLD BOOK」さんを訪れていていました。
店長さんから聞いていた展示会のことを、今日になってふと思いだしました。
このときの神戸のことは日記に書いていないのですが、展示会のことを紹介します。

大阪の梅田大丸の15階の大丸ミュージアムで、
「メアリー・ブレア」さんの展示が10月10日(月・祝)まで開催されています。

「メアリー・ブレア 人生の選択、母のしごと」
http://www.daimaru.co.jp/museum/umeda/mary.html

絵本好き、かわいいもの好きの方には、是非おすすめです。
持っている絵本に載っている、メアリー・ブレアさんのイラストです。

e0152493_23191175.jpg

e0152493_23194571.jpg


東京で開催されていたのとは規模は違うみたいですけど、
関西にいたら、また見にいきたいと思う展示です。

去年、東京の東京都現代美術館で開催されていた展示会には、2度訪れています。

「繊細なイラストと大胆な色遣い~『メアリー・ブレア展』」~2009年8月30日の日記
http://momokoros.exblog.jp/11007901/

「2度目の素敵な展示会~『メアリー・ブレア展」』」 ~2009年10月1日の日記
http://momokoros.exblog.jp/11263639/

by momokororos | 2011-10-04 23:27 | 展示会 | Comments(0)
2011年 05月 06日

京都雑貨巡り~寺町通・蛸薬師通・三条通


京都に出てきています。
これまでお会いしているにかかわらず、ご無沙汰している人がたくさんいるのですが、
昨日は京都に来てそんな人たちと久しぶりに再会しました。

烏丸御池でお昼を食べたあとに御池通りを東に向かい、市役所前で開催されていたフリーマーケットを見てから、寺町通りを北上して「Gallery I」さんへ。
ひろたけいこさんの「ウワノソララ」の作品展が開催されています。

e0152493_939031.jpg


http://galleryi.exblog.jp/

久しぶりに、ひろたけいこさんにお会いできました。
ギャラリーでは20点近い原画が展示されていました。
夢と希望に満ちたやさしい作品で、ストーリーを感じさせる絵を見て共感できます。
タイトルも絵と補間しあっている感じでとっても素敵なんです!

ウサギさんの原画を手にいれました。
ひろたけいこさんの原画を手にいれたのは初めてです。
会期が終了してから届けていただけるとのことで楽しみです。

かわいい絵のポストカードも買いました。

e0152493_9402449.jpg


e0152493_9404069.jpg


e0152493_941213.jpg


e0152493_9411945.jpg


お店の中庭の壁には、ひろたけいこさんが描いた絵がありました。

e0152493_9414892.jpg


こちらもかわいらしいです。

お店のある寺町通りは、「一保堂茶舗」さん、「紙司柿本」さんなどをはじめ、骨董など古いモノを扱うお店が多い魅力的な通りです。

お店をあとにして、神戸から移転した雑貨の「hug」さんへ。
神戸のお店には何度もお伺いさせていただいていたのですが、閉店のときにはお店に訪れることができませんでした。その後、京都にお店が移られたということを聞いて訪れたいと思っていました。

京都の新しいお店は、蛸薬師通麩屋町東入ルのビルにあります。

e0152493_9423445.jpg


4階までよいしょってあがります。e0152493_9434452.jpg



神戸のお店よりもこじまりして落ちついた感じです。
店長さんとお店のことや街のことなどお話ししてかなり長居しました。
話しの合間に見つけた素敵な作品です。

e0152493_9443494.jpg


一目見て好きになってしまいました。
なんか気になるウサギさんです。フラフープしている動きをよく捉えているばかりか、ウサギの気持ちまで表現されているようで、ほっておけない感じでした。

ポストカードのウサギもいい感じです。

e0152493_945770.jpg


ロバのフラフープのポストカードもかわいいです。

e0152493_9452642.jpg


三条通りまで戻り三条通御幸町の1928 ビル、カフェ・アンデパンダンの入っているビルへ。

e0152493_9465618.jpg


ビルの前にはフォルクスワーゲンのかわいいお店。

e0152493_9472021.jpg


hugさんに教えてもらった「欅」さんという小さなお店によりました。

e0152493_9482237.jpg


三条通りを西へ歩きます。
「art-bookshop」さんはすでに閉店時間を過ぎていて前回と同様に寄れませんでした。

「duce mix」さんのお店に寄ってから、お人形作家さんの「(スピッラ)」さんのアトリエを覗いてみました。

e0152493_9485132.jpg


スピッラさんとお会いできて、しばしお話ししました。
先月4月のときにはお声をかけなかったのですが今回はお会いできてうれしかったです。

京都を訪れて、行ってみたいと思うところがまた増えてしまったのですが、
いろいろ探検したいって思っています。

by momokororos | 2011-05-06 10:50 | 雑貨 | Comments(2)
2010年 12月 30日

「ドガ展」~横浜美術館

ここ最近、あまりの寒さで外に出るのを躊躇してしまう日もあるのですが、
先日、横浜みなとみらいにある横浜美術館を訪れました。

好みの展示会のときだけ横浜の中心地に行くのですが、ここしばらく横浜の街歩きは楽しんでいないです。ときどき横浜に魅力を感じることもあるのですが、5、6年も前に横浜の下町ともいえる「野毛」にはまったきりかもしれません。

みなみとみらい駅から歩いてすぐのところに横浜美術館はあります。

e0152493_21501053.jpg


明日12/31まで「ドガ展」が開催されています。
http://www.yaf.or.jp/yma/index.php

バレリーナを描いた絵がやっぱり素敵です。

図録の表紙の表紙の「エトワール」。

e0152493_2151058.jpg


いろいろ紹介されている作品ですが、
一瞬をとらえた素敵な作品で、光の感じといいやさしい感じな雰囲気です。

今回の展示で是非見たいと思っていたものがあります。
バレリーナの彫像です。

e0152493_21521674.jpg


e0152493_21525427.jpg


(図録より)

スカートとリボンは布でできていて、とってもかわいらしい姿です。
発表された当時には、この作品は酷評されたそうですが、そのときの流行とは相容れない作品だったのでしょうね。
ドガのアトリエに残されていたというたくさんのバレリーナの彫刻も展示されています。

扇の作品も好きな作品の1つです。
はるか向こうに伸びゆくようなイメージを感じます。

e0152493_2154245.jpg


バレエのレッスン風景の絵も素敵です。
バレリーナの足元になにげなく見える犬がかわいいです。

e0152493_2155298.jpg



ドガの作品をまじかで見るのは初めてでしたが、とってもよかったです。

by momokororos | 2010-12-30 22:12 | 展示会 | Comments(0)
2010年 10月 11日

ロベール・クートラス展「Mes Nuits」~東京麻布台

久しぶりに東京六本木へ出ていました。
六本木の交差点から東京タワーの方へ歩き、飯倉片町を越えた先の東京麻布台。
少し坂を下がったところに「和朗フラット」と言われる昭和初期の洋館の建物があります。

e0152493_19264210.jpg


以前、素敵な洋館があるという話しを聞いて見にきていました。かわいい外観です。
この建物の一室に新しくオープンされた「Gallery SU」さんを訪れます。

e0152493_19284475.jpg


http://gallery-su.jp/index.html/

「ロベール・クートラス」さんの展示が行われています。

ロベール・クートラス展「Mes Nuits」
■ 2010年10月10日(日)〜10月30日(土)
■ Gallery SU
■ 12:00-19:00 
■ 会期中は月休
  10月11日(月)は開廊
  10月10日(日)・11日(月)・16日(土)・17日(日)は12:00-17:00
■ 〒106-0041東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室
■ tel. 03-6277-6714、fax. 03-6277-6716
http://gallery-su.jp/index.html/

ローベル・クートラスさんの展示があるということを、青山のCOW BOOKSさんで教えていただいたのですが、パンフレットを見たときから、とりこになってしまうほど素敵な作品でした。

e0152493_19315374.jpg


このパンフレットは青い落ちついた写真ですが、実際の作品は色がのっています。

e0152493_19325699.jpg


控えめな色の遣いかたと、その絵の雰囲気はさらに一層の魅力が感じられます。

「Mes Nuits」は「僕の夜」の意味で、
一夜に一枚ずつ描かれたという、トランプくらいの大きさの紙(カルト=carte)の上の絵です。
かなりの年代を経てきた、かなり昔に描かれた感じを彷彿させる絵からは、静謐さの中に生きる力、作者の思いを感じられるような作品です。絵も素敵なのですが、展示されている絵は透明なガラス板にはさみこまれた素敵な額に入っていて思わずため息をついてしまうようでした。

販売されるかどうかわからないといわれていたのですが、展示販売されていて悩ましいです。
予想していたお値段よりも5割から倍以上高い値段帯でしたが、それでも心揺り動かされてしまう作品です。
ほしい作品であることは確かなのですが、見るだけでも深い感銘を受ける作品だと思います。

図録の文は大好きな「小池昌代」さんが書かれています。

e0152493_1940652.jpg


図録を買うときに少しだけギャラリーの方をお話しさせていただいたのですが、
展示会終了後も「ロベール・クートラス」さんの作品を扱うギャラリーになるとのことでした。

10月13日からは、青山の「COW BOOKS」さん、東京八重洲の「POSTALCO」さんでも展示が始まります。

COW BOOKS南青山
■ 2010年10月13日(水)〜11月3日(水) 
■ 12:30-21:00 無休
■ 東京都港区南青山3-13-14 2F Dragonfly CAFE南青山
■ tel. 03-3497-0807
http://www.cowbooks.jp/

POSTALCO
■ 2010年10月13日(水)〜2011年1月8日(土) 
■ 水〜金は12:00-19:00、土は12:00-18:00 
■ 日・月・火・祝休
■ 東京都中央区京橋2-2-18 北原ビル4階
■ tel. 03-3281-3309 
http://www.postalco.net/

どちらも見にいきたいなって思っています。

by momokororos | 2010-10-11 22:28 | 展示会 | Comments(2)