素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

タグ:姫路城 ( 2 ) タグの人気記事


2016年 04月 19日

姫路城のそばの絵本屋さん~姫路

尼崎から姫路へ。
姫路には夜の9時くらいにはいりました。

15,16年くらい前に姫路に泊まったときに、割烹のお店を泊まっているホテルから教えてもらったことを思いだしました。生簀のある立派な料理屋さんで、帰りにふと見るとお店の外に黒塗りの車が何台か並んでいました。名前も味も忘れてしまいましたが、かなりの金額になったのもいい思い出です。
今回は、食傷気味だったこともあり姫路の夜は楽しみませんでしたが、また楽しみたいです。

夜半からかなり激しい雨。9時くらいには雨があがり、出かける頃には青空。
気持ちのよい風が吹いていました。
e0152493_1421728.jpg


姫路駅の建物をでると、正面に姫路城が見えます。
いつも見ても素敵だなって思う風景です。
駅周辺は商業施設のpioleとともにうまい空間づくりで、たしか2015年のグッドデザインに選定されています。pioleは女の子にとっては本当にうれしいファッションビルかなって思います。

姫路城方面には、いつもは駅から延びるアーケードを行くのですが、天気がよくてあまりに気持ちいいので、バス通りの大手前通りを歩きます。

姫路城の正面の広場から見た姫路城。

e0152493_1462383.jpg


美しいです。

広場から少し駅方面に戻ったところにある、おひさまゆうびん舎さん。

e0152493_1482437.jpg


前に訪れたときに、神戸のお店で見かけましたよって人が来ていてお話しをしていたのですが、その日もちょっと前までお店にいらしていたことを聞きました。またお会いしたいです。

お店では、高橋和枝さんのくまくまちゃんの展示が開催されています。高橋さんの描きおろしの原画が飾られており、高橋和枝さん本人もこの土曜(4/23)にこられるそうです。

高橋和枝さんが絵の『それは すごいな りっぱだね!』の絵本を手にいれました。

e0152493_144393.jpg


店長さんとお話しながら、いろいろな本を紹介してもらいました。

お店は大阪水無瀬の長谷川書店さんのコーナーから1冊。
ミラン・マラリークさんの『あなのはなし』

e0152493_14435668.jpg


この本、隠れたキャラクターを探すのがとっても楽しくて、ページをさかのぼって探してしまいます。

吉田篤弘さんの本いいねって話しをしていたのですが、クラフト・エヴィング商會の
『おかしな本棚』。

e0152493_14443987.jpg


クラフト・エヴィング商會は、吉田浩美さん、吉田篤弘さんのユニットの著作だったんですね。はじめて知りました。

本を可愛い包装紙でくるみ表紙の一部だけを見えるようにした「選書の冒険」という本も並んでいます。

店長さんが作られたかわいいブックカバーもいただいだきました。

e0152493_14473564.jpg


e0152493_14475717.jpg


e0152493_14482457.jpg


お店をでると、気温が高くなっていました。
よく晴れた気持ちのよい風を感じながら表通りを駅まで戻りました。

by momokororos | 2016-04-19 20:23 | | Comments(0)
2015年 08月 15日

姫路探訪~美味しいものと絵本

今日は姫路から始めました。
姫路駅前にはファッションビルの「piole」がしばらく前からできていて、女の子にとってはとっても楽しいかなって思える姫路です。

駅前から大きなアーケードが姫路城近くまで続いていますが、そのアーケードに平行する小さなアーケードが好きです。よく行く和食屋さんも小さなアーケード沿いにあります。
今日はこのアーケードではなく、駅から姫路城まで続く駅前通りの姫路城近くの路地を少しはいったところにある洋食屋さんのGrill TENPEIさんでお昼を食べました。
こちらは料理が美味しくだけではなく、お店の人の対応がとっても気持ちのよいお店です。

e0152493_23365396.jpg


看板のイラストが可愛いです。

お店でよく食べるのが、ビーフシチューです。

e0152493_23321662.jpg


こちらのビーフシチューはいくら食べても飽きることのないやさしい味です。
最初は美味しいって感じしていてもだんだん飽きてしまう料理がありますが、こちらのお店は味付けを抑えめにしていて、最後までおいしくいただけます。
リンゴジュースもおいしいです。リンゴジュースを凍らせてた氷がはいっていて最後まで薄まらずにいただけます。

おなかを満たしたあとは、ほど近くにある、おひさまゆうびん舎さんへ。
今日は駅からの表通りからお店の路地に入るところに可愛い看板を見つけました。

e0152493_2338458.jpg


お店では店長さんいろいろお話ししながら、好きな作家さんの絵本を2冊見つけました。

ジョルジュ・レホツキーさんの『鳥のうた』。

e0152493_23261145.jpg


細かい素敵な色の絵が素敵です。

マイ・ミトゥーリチさんの『はりねずみ かあさん』。

e0152493_23272420.jpg


リンゴを背中の針に刺して子供たちに運ぶハリネズミの絵本です。
このハリネズミがリンゴを針に刺して運ぶ絵本は他にもいろいろあるので、もしかしたら本当にハリネズミの親はこんな風にリンゴを子供たちに運ぶことがあるのかなって思ってしまいます。

そして、上林暁さんの『故郷の本棚』を手にいれました。

e0152493_23525751.jpg


お店で話していて、上林さんの本を1冊も読んでいないことに気づきました。
はじめて上林さんの本を読んでみます。

おひさまゆうびん舎さんからすこし歩くと姫路城が見える広場があります。

e0152493_2341470.jpg


姫路城は、むかし天守閣までのぼり足ががガクガクになってしまったツライ?思い出があるので、それからずっと上らずに、周辺で見ていることにしています。

by momokororos | 2015-08-15 23:55 | | Comments(0)