京都ふらり

金沢から京都へ。
サンダーバードは夢の京都と金沢を結ぶ特急です。

京都の河原町通御池下ルの雑貨の Angersさんへ。

e0152493_00274414.jpg


久しぶりにAngersさんの京都本店を訪れました。本店は3階あり、2階3階と登るほど素敵なモノがあると感じます。

河原町通を下り、河原町四条の丸井の中の新刊本屋の FUTABA + さん。
京都に来るといつも寄る素敵な品揃えの本屋さん。開店当初からこのセレクトはすごいと思っていましたが、今でも訪れるたびに感じています。
この前に、FUTABA + さんに訪れたときに、カウンターの前に Angersさんのショップカードが置いてあったので聞いてみると、FUTABA書房さんの雑貨事業がAngersとのことでした。Angersさんの本の品揃えも大好きなのですが、どおりで素敵なはずです。

京都駅。
ふとみると、あやしくライトアップされている京都タワー。並ぶビルも赤でライトアップするようになっていたのですね。

e0152493_00274477.jpg


久しぶりに伊勢丹百貨店にもはいりました。
美術館「えき」で開催されていたミロコマチコさんの展示会がすでに終わっていて残念です。

昔大好きだったお寺巡りは最近しなくなってしまいましたが、今年も京都には30日以上ふらりと訪れています。

by momokororos | 2016-12-31 10:27 | 雑貨 | Comments(0)
今宵は、フランスのアルザスのリースリングの白ワインを買って、独り居の楽しみを満喫しています。

e0152493_23204491.jpg


ワインを買ったあとに、本屋さんを巡っていたのですが、プレゼントしたい本はありましたが、自分が読みたい本は見つかりませんでした。
冷静になってみると、今日は鞄の中にたくさんの本を持っていました。

e0152493_23204550.jpg


この写真にあるメイ・サートンさんの『独り居の日記』のように、今宵は独り時間を楽しんでいます。

たしなむのは、アルザスの白ワイン。
浜松町のフレンチレストランで初めて口にしてから、渋谷松濤のフレンチレストランではまってしまったワインです。

今宵は、イタリアのアルト・アディジェの白ワインか、フランスのアルザスの白ワインを探していたのですが、アルト・アディジェのワインはかなり値段の張るものしかなかったので、アルザスのワインにしました。それでも想定予算から二千円オーバーでした。
ピノ・ブランの品質が好きなのですが、久しぶりにリースリングにしました。
このワインは女性の手によるもので、ラベルのイラストも可愛いです。

肝心の味は、ほどよい甘みが口の中に広がり、やさしい苦味があとを引き継ぎます。全体的にまろやかで、甘みから苦味に変わるのがすごく素直です。この白ワインだけでも楽しめます。久しぶりにこれは美味しいワインかなって思います。ワインだけでも楽しめるし、優しい味なのでワインが飲み慣れない人にもおすすめかもです。

美味しいものを飲んだり食べたりすると、気のあう人と共有したり、一緒に味わいたくなりますね。

by momokororos | 2016-12-09 23:25 | グルメ | Comments(0)
先日読んだ工藤美代子さんの『恋づくし』の中に、関西の財閥の野村家から絵を描くように頼まれた東郷青児さんが、野村家の南禅寺の碧雲荘を訪れるくだりがでてきて、久しぶりに京都のお庭に想いをよせました。

京都南禅寺にある碧雲荘は、七代目小川治兵衛さんによって作庭されたお庭で、公開はされていないのですが、一度は訪れてみたいお庭です。

南禅寺周辺には、小川治兵衛さんの造園の別荘がたくさんあり魅力です。普段は公開されていないお庭が多いので、特別公開などで公開されるのが楽しみです。

南禅寺周辺の庭園で一番美しいと思っているのが、やはり小川治兵衛さんの作庭の對龍山荘庭園。こちらは2011年に見にいっています。

e0152493_14043570.jpg


日記には書いていなかったみたいで残念です。小川治兵衛さん作庭の洛翠庭園にも行っているのですが、フィルムの写真は撮っているはずなので、部屋の奥にしまってあるアルバムを探してみたい思いにかられます。

小川治兵衛さんのお庭で、常時公開されていれ素敵なお庭に無鄰菴があります。
有名な割烹の瓢亭さんのすぐ近くになります。

e0152493_14043671.jpg


2013年に見にいったときの無鄰菴のお庭。

e0152493_20394460.jpg


e0152493_20394515.jpg

e0152493_20394616.jpg


写真でみるよりも、もっと明るく開放あるお庭で気持ちがいいです。
昭和に作庭された庭ですが、公開されている京都のお庭では一番好きです。

小川治兵衛さんが作庭した京都のお庭は多く、平安神宮神苑、並河靖之邸七宝記念館、円山公園などもそうです。

無鄰菴や並河靖之邸七宝記念館は、訪れたことを日記に書いていました。

「国宝探訪とお庭散策~京都粟田口から南禅寺あたり」〜2009年 11月 12日の日記
http://momokoros.exblog.jp/11568374/

最近は、京都のお寺やお庭は春や秋以外はあまりいかなくなっていますが、静かなお庭をみながら時を忘れてたたずみたいものです。

by momokororos | 2016-11-13 23:11 | 京都 | Comments(0)

姫路から金沢へ

昨日は京都の祇園祭山鉾巡行。

巡行を見てからお昼を食べて、京都の雑貨屋さんに行こうと思っていましたが、祇園祭を楽しんでいるようなので、金沢に行こうか、再び神戸や姫路に行こうかを思案。優柔不断な自分が久しぶりに出てきてしまいしばし悩んだ末に、新快速に乗り姫路へ。

神戸も寄れていないお店があったのですが、そのまま姫路へ。
姫路はやっぱり結構時間かかります。

姫路に着くまえに調べてみると、30分後に金沢に向かわないと美味しい夜を堪能できないことがわかりました。
姫路に泊まりってことも頭をよぎりましたが、結局金沢へ。

e0152493_10335504.jpg



by momokororos | 2016-07-18 10:30 | | Comments(0)

京都祇園祭〜山鉾巡行

京都。祇園祭山鉾巡行。

祇園祭の宵山から山鉾巡行のときは、京都に泊まっていることが多いのですが、今年の山鉾巡行は3連休の中日。宿泊料金は高くて手がでませんでしたが、直前に手が届く好みのホテルがとれました。

山鉾巡行のときの京都の朝は、いつもテレビの山鉾巡行の放映を見ています。
10時半くらいに出かけて、11時くらい烏丸御池で、巡行の先頭の長刀鉾を待ちます。

烏丸御池の交差点から東を望む。

e0152493_19404289.jpg


山鉾の先頭の長刀鉾はまだ御幸町あたりでした。

ほどなくしてきた長刀鉾。

e0152493_19404250.jpg


長刀鉾が行ったあとは、新町通三条下ルに移り、長刀鉾が狭い新町を南下してくるのを待ちます。

e0152493_19404265.jpg


鉾の車輪はこんなに大きいんです。

e0152493_19404391.jpg


今年の新調されたという見送り。
伊藤若冲さんの下絵だそうです。

e0152493_19404384.jpg


祇園祭は毎年見にきて25年くらい。
よく飽きないって思います。
特に宵山が好きなので、山鉾巡行は見なくていいかって毎年思っていますが、なぜか毎年見てしまいます。






by momokororos | 2016-07-18 10:05 | 祭り | Comments(0)

京都祇園祭〜宵山

京都祇園祭。
宵々々山、宵々山を見てきていて、昨晩はいよいよ宵山でした。
今年の宵山は土曜なので、かなりの混みようになるなって思っていました。

神戸から戻ってきて烏丸御池から歩きはじめました。
烏丸通御池下ルや屋台のたっている三条通は人でいっぱいです。

その前の日の宵々山は、とっても涼しかったのですが、宵山はすこし蒸します。それでもいつもの年より過ごしやすかったです。

室町通か新町通のどちらかが南行き一方通行なのですが、まず室町通三条から南下。
四条通まで出るのは推定1時間くらいかなって思っていました。

e0152493_18504917.jpg


室町通は蛸薬師通まで北行き一方通行で南下はできなくなったので、新町通にうつり南下。

e0152493_18505097.jpg


駒形提灯と祇園囃子、雑踏と屋台の光、食べものの匂いがあいまって祭りの雰囲気を盛りあげます。

放下鉾。

e0152493_18505003.jpg


新町通を南下して、意外早く30分もかからず四条通までいくことができました。

こんどは、四条通から室町通を北上。

菊水鉾。

e0152493_18505021.jpg


室町通を北に歩いていて混んでいるところはあるもののやはり早く抜けられました。
祇園祭が前祭と後祭に分かれていて、街中に祇園祭のすべての山と鉾がたっていないせいでした。後祭に巡行の南観音山や北観音山は前祭の宵山にはありません。

むしろ四条通とか烏丸通の広い通りや、綾小路通烏丸西入ルや三条通烏丸西入ルの屋台が並んでいるところのほうが混んでいる感じです。

再び烏丸御池に戻り、宵山の夕べはおしまいにしましたが、宵山の雰囲気は大好きです。ただその空気を感じるだけでも楽しいです。








by momokororos | 2016-07-17 23:57 | 祭り | Comments(0)

京都祇園祭〜宵々山

京都祇園祭。昨晩は宵々山でした。

涼しい風が吹いていて宵山としては珍しく過ごしやすい陽気でした。

四条通を河原町通から西洞院通まで歩きました。

四条通沿いの長刀鉾。

e0152493_12454848.jpg

e0152493_12454943.jpg


すごい人出で1時間以上かかりました。
四条烏丸から西の方向の月鉾を望む。

e0152493_12454978.jpg


月鉾。

e0152493_12454913.jpg


四条西洞院まで出れば少し混雑がなくなるかなって思ってましたが、蟷螂山があるのでそうもなりませんでした。

西洞院通を南に下り、綾小路通を東へ。
細い通りに山があるのでやっぱり混みます。

伯牙山。

e0152493_12454906.jpg


綾傘鉾。

e0152493_12455037.jpg

e0152493_12455027.jpg


夢のようにたたずんでいました。
棒振り囃子が素敵です。
昨晩も披露していましたが混みすぎで諦めました。明日の山鉾巡行でもところどころで披露されますね。

今宵の宵山の夜はもっと混むに違いないです。

by momokororos | 2016-07-16 12:45 | 祭り | Comments(0)

京都祇園祭〜宵々々山

東京は大雨。
京都にでてみると少し雨が降っていました。

昨晩は京都祇園祭の宵々々山。

e0152493_13493925.jpg

e0152493_13494004.jpg


夜22時半くらいに見たのですが、まだ祇園囃子が奏でられていました。


by momokororos | 2016-07-15 13:49 | 祭り | Comments(0)
京都。
前の日に電源オンにならなくなったスマホ。
スマホのない生活も一瞬あたまをよぎりましたが、緊急の連絡用としては持っていたい。
修理の可能性やら新規購入やらで夕方まで時間とられました。

夕方になって遊びにでかけます。
京都駅からバスに乗り、西陣のマヤルカ古書店さんへ。

e0152493_1530571.jpg


いつも訪れるのは午前中で、夕方に訪れるのは初めてです。
今回手にいれたのは4冊。珍しくすべて新刊です。

安福望さんの『食器と食パンとペン』。

e0152493_15343396.jpg


いろいろな人の詩に素敵なイラストが添えられています。すごく素敵な本です。このあと自宅に送りかえすまで、旅行先でいろんな人と一緒に見てました。

この本が好きならと、マヤルカさんがおすすめしてくれた本。
笹井宏之さんの『えーえんとくちから』。

e0152493_1683713.jpg


こちらの本はゆっくり読んでいきたいと思います。

雨宮ゆかさんの『花ごよみ365日』。

e0152493_1627770.jpg


今日5月7日のお花。

e0152493_1629185.jpg


山吹草と鳴子百合。

山吹は秋に咲いてそうなお花ですが、初夏のお花です。
もう山吹の季節なんですね。この季節になると鎌倉にお花を見にいきたくなります。
鳴子百合はアマドコロと似ているお花でよくお寺の境内で咲いています。お寺に最近あんまり行かなくなっていて見ることが少なくなっているのですが、また静かに咲いているのを見れたらと思ってます。ここしばらく時節のお花を見逃していることが多いので、お花の時期に気づくのにはこの本はいいのではと思っています。

マヤルカさんをあとにして、西陣から北大路パスターミナル方面のバスに乗り建勲神社で降ります。

紫野の世界文庫さん。

e0152493_16335044.jpg


この前の4月は調べずに訪れて、開いてなくて残念な思いをしました。
この日は夜の19時半まで開いていました。

お店では、小杉小二郎さんの画集が目にとまりました。

e0152493_16353267.jpg


いままで見たことのない作家さんでしたが、透明感のある深い色の絵で素敵でした。

e0152493_16371092.jpg


e0152493_20343331.jpg


好きな絵描きさんの有元利夫さんの色づかいに似ているところもあるかなって思いました。

e0152493_16363620.jpg


お店には珍しく、5、6名のゼミの生徒を連れた先生が来ていました。

お店をあとにして、バスで河原町三条で降り、蛸薬師通御幸町西入ルの雑貨のhugさんへ。

e0152493_16434859.jpg


すでに閉まっている時間だったのですが寄ってみると、ちょうど看板をしまいにきたhugさんとばったり。20時半くらいだったので、少しだけ立ち話しました。hugさんには後日寄れませんでしたが、また今度ゆっくり寄りたいと思ってます。
by momokororos | 2016-05-07 20:50 | | Comments(2)
京都。千本釈迦堂を見てから千本通りを北に上り、
千本通北大路下ルにある紫野の上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)。

訪れるのは十年ぶりくらいです。
しだれ桜が美しかった思い出があります。

千本釈迦堂と同じくこちらも前の日の夜に寄っていたのですが、門が閉ざされていて、
この日の再訪になりました。

e0152493_19365843.jpg


e0152493_19373854.jpg


昔に見たときによりも本堂前のしだれ桜は元気がなくなっているような気がしました。

e0152493_193957.jpg


e0152493_19393624.jpg


e0152493_1940253.jpg


しだれ桜ではないのですが、本堂とは逆の方に行った方の桜の木もきれいでした。

e0152493_19412257.jpg


by momokororos | 2016-04-10 20:26 | お花 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ