素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

タグ:おひさまゆうびん舎 ( 5 ) タグの人気記事


2017年 07月 16日

杉浦さやかさんのイラスト展〜姫路市立美術館と姫路の本屋さん

昨日は、京都から丸亀に出て、さらに夕方まで倉敷にいたのですが、お誘いがあったので、姫路へ向かいました。
姫路ではお友達と合流して、お刺身に、ひねぽんや姫路おでんなどをいただきました。写真は撮りませんでしたが、楽しい夜を過ごせました。

今日はかなり暑かったですが、姫路市立美術館を訪れました。

e0152493_19201402.jpg

e0152493_22225746.jpg

姫路市立美術館は素敵な建物です。
訪れるのは、3年前のスズキコージさんの展示会以来でしょうか。

「スズキコージさんの素敵な絵本展と本屋さん~姫路探訪」〜2014年 7月 20日の日記
http://momokoros.exblog.jp/22218357/


姫路市立美術館で昨日から開催されている『杉浦さやか 井上みのる展』を見てきました。

e0152493_20515837.jpg

杉浦さやかさんの絵はとっても可愛くて、写真撮影可だったので、何枚か撮ってみました。

杉浦さやかさんは子どもの頃に姫路に住んでいたこともあったそうで姫路のイラストも何枚かありました。

e0152493_19201629.jpg

神戸のイラスト。
もうなくなってしまった雑貨のMALLEさんやBROCANTE TITさん、Chia khoaさんも載っていて懐かしい。というか通っていた雑貨屋さんがかなりなくなってしまってさみしいです。

e0152493_19201684.jpg

絵本散歩のイラスト。
こちらも移転や閉店ですべてなくなってしまっていますが、かわいいお店でした。

e0152493_19201702.jpg

弘前のイラスト。
弘前には、ねぷた祭を見にときどき行きますが、こんな可愛い建物や場所があるとは知りませんでした。

e0152493_21492467.jpg

お洒落のイラストだったでしょうか、こちらもかわいいです。

e0152493_19293934.jpg

杉浦さやかさんのイラストは、可愛いイラストの中にときに大人っぽいイラストが見え隠れします。
展示は、9月10日(日)までです。

美術館をあとして、姫路城を横目に見ながら姫路城の大手門方面へ。

e0152493_21492485.jpg

大手門から3分くらい駅方面に歩いたところにある、おひさまゆうびん舎さんへ。

e0152493_19294017.jpg


お店では「杉浦さやか展」が開催されていて、杉浦さやかさんの原画が飾られ、本も販売されています。

e0152493_19201922.jpg

店長さんと本や絵本のお話しをいろいろしていて長居。杉浦さやかさんの姫路のおさんぽマップを手にいれました。

姫路駅のpioleの中のジュンク堂さんの絵本のコーナーでも、杉浦さやかさんの原画が飾られています。
ジュンク堂さんの絵本コーナーとおひさまゆうびん舎さんには、スタンプラリーの用紙があり、2つスタンプをもらうと、杉浦さやかさんのイラストのコースターがもらえます。おひさまゆうびん舎さんでの展示は、8月27日(日)までです。

姫路をあとにして、さらに東へ向かいます。



by momokororos | 2017-07-16 22:43 | 展示会 | Comments(2)
2016年 12月 12日

緑の本の棚と赤の本の棚〜姫路のおひさまゆうびん舎さん

姫路のおひさまゆうびん舎さん。

e0152493_19532718.jpg


「私の本棚フェア」が開催されています。
いろんなお店や人からの本の棚と、いろいろな人の本棚の写真が展示されています。

「私の本棚フェア」の期間中、2度おひさまゆうびん舎さんを訪れているのですが、今回、緑の本の本棚と赤の本の本棚がお目見えしていました。

e0152493_19532826.jpg


緑の本は、おひさまゆうびん舎さんの本で、赤の本は、ワールドエンズガーデンさんの本です。

緑と赤の本をこうやって並べられるとかなりインパクトあります。
そのお隣りに青の本、黄の本を並べてみたくなります。

私の本棚フェアは、年内は続いていると思いますが、それぞれ個性あふれる品揃えです。


by momokororos | 2016-12-12 21:07 | | Comments(2)
2015年 10月 12日

関西かわいい雑貨巡り(其の一)~姫路

今日は、姫路からはじめました。
朝からさわやかな風が吹いていて気持ちがよかったです。

姫路城に近いところにあるおひさまゆうびん舎さん。
10時からお店は開いていて、今日はいつもより早めにお店にお伺いしました。

e0152493_2317710.jpg


お店で開催されている「選書の冒険」の最終日でした。
本を包装紙で包み、一部だけ見えるようにした本を販売しています。
わからない本を想像する愉しみに加えて、包装紙やマスキングテープが可愛いくて、
魅力的な展示になっています。

今日手にいれた「選書の冒険」の本はこちら。

e0152493_23205163.jpg


この小窓からは何の本なのかは私にはわかりませんでした。
おひさまゆうびん舎さんの店長さんに教えてもらったら、私の好きな作家さんでした。
包み紙を開けたらまた紹介したいと思います。

お店には以前から大好きなクルムモさんの新しいブックカバーがありました。
文庫本サイズの可愛いブックカバーです。

e0152493_2324439.jpg


花や鳥がデザインされたブックカバーは、
単行本サイズの以前買ったものと同じ柄ながらも、
好きな柄なので文庫本サイズも手にいれてしまいました。

椿がデザインされたブックカバーは、大胆なデザインですが、
素敵なデザインなので外に持ち歩いて逆に注目されるのが楽しみです。

by momokororos | 2015-10-12 00:13 | 雑貨 | Comments(2)
2015年 10月 03日

「選書の冒険」~おひさまゆうびん舎さん

姫路の「おひさまゆうびん舎」さん。

e0152493_6442728.jpg


お店では、本を可愛い包装紙でくるみ、少しだけ表紙を見えるようにした
「選書の冒険」という素敵な展示が開催されています

その中から選んだ本が2冊。

e0152493_6473213.jpg


包装紙に開けられた小窓から、どんな本なのだろうと想像する愉しみが加わります。
見たことがないと思っていても知っている本だったりとかだったりします。
いかに本をおおざっぱに見ているかってことを痛感させられます。
包装がかわいいので、まだ包装を開けられずにいます。
いつ包装を解くことができるでしょか。。

「選書の冒険「は、10月11日(日)まで開催されているみたいです。


おひさまゆうびん舎さんでは、森茉莉さんの『甘い蜜の部屋』を見つけました。

e0152493_6514348.jpg


森茉莉さんは、前から少しだけ読んでいたののですが、この前に
『贅沢貧乏』を読んでから森茉莉さんの魅力にあらためて気づきました。

姫路のあとに寄った大阪水無瀬の「長谷川書店」でも、
この『甘い蜜の部屋』の文庫版を置いているのを見つけました。

お店では、前の日に神戸を訪れていたときに寄った栄町の
「lotta」さんで私を見かけた、という女の子がお店にいらしていて、
店長さんと3人で一緒にお話ししていました。

その女の子は、1人でどんなところにでも行け、どんどん人に聞くことができるそうで、
この前はフィンランドに行ってきたとのことでした。
その女の子と対照的に、おひさまゆうびん舎さんの店長さんと私は、
迷っても自分を信じていくタイプみたいで、目的のところに行けないってことも。

お昼は、おひさまゆうびん舎さんからほど近い、「grill TENPEI」さんへ。
初めて、タンシチューを頼みました。

e0152493_656313.jpg


ビーフシチューよりも好きかもなんて思いました。
味も美味しく、お店もお店の人の応対も気持ちいいお店で、
姫路に行くとよく寄っています。

姫路では、いつもお昼とおひさまゆうびん舎さんだけなのですが、
それでも十分堪能しています。

by momokororos | 2015-10-03 13:29 | | Comments(3)
2015年 08月 15日

姫路探訪~美味しいものと絵本

今日は姫路から始めました。
姫路駅前にはファッションビルの「piole」がしばらく前からできていて、女の子にとってはとっても楽しいかなって思える姫路です。

駅前から大きなアーケードが姫路城近くまで続いていますが、そのアーケードに平行する小さなアーケードが好きです。よく行く和食屋さんも小さなアーケード沿いにあります。
今日はこのアーケードではなく、駅から姫路城まで続く駅前通りの姫路城近くの路地を少しはいったところにある洋食屋さんのGrill TENPEIさんでお昼を食べました。
こちらは料理が美味しくだけではなく、お店の人の対応がとっても気持ちのよいお店です。

e0152493_23365396.jpg


看板のイラストが可愛いです。

お店でよく食べるのが、ビーフシチューです。

e0152493_23321662.jpg


こちらのビーフシチューはいくら食べても飽きることのないやさしい味です。
最初は美味しいって感じしていてもだんだん飽きてしまう料理がありますが、こちらのお店は味付けを抑えめにしていて、最後までおいしくいただけます。
リンゴジュースもおいしいです。リンゴジュースを凍らせてた氷がはいっていて最後まで薄まらずにいただけます。

おなかを満たしたあとは、ほど近くにある、おひさまゆうびん舎さんへ。
今日は駅からの表通りからお店の路地に入るところに可愛い看板を見つけました。

e0152493_2338458.jpg


お店では店長さんいろいろお話ししながら、好きな作家さんの絵本を2冊見つけました。

ジョルジュ・レホツキーさんの『鳥のうた』。

e0152493_23261145.jpg


細かい素敵な色の絵が素敵です。

マイ・ミトゥーリチさんの『はりねずみ かあさん』。

e0152493_23272420.jpg


リンゴを背中の針に刺して子供たちに運ぶハリネズミの絵本です。
このハリネズミがリンゴを針に刺して運ぶ絵本は他にもいろいろあるので、もしかしたら本当にハリネズミの親はこんな風にリンゴを子供たちに運ぶことがあるのかなって思ってしまいます。

そして、上林暁さんの『故郷の本棚』を手にいれました。

e0152493_23525751.jpg


お店で話していて、上林さんの本を1冊も読んでいないことに気づきました。
はじめて上林さんの本を読んでみます。

おひさまゆうびん舎さんからすこし歩くと姫路城が見える広場があります。

e0152493_2341470.jpg


姫路城は、むかし天守閣までのぼり足ががガクガクになってしまったツライ?思い出があるので、それからずっと上らずに、周辺で見ていることにしています。

by momokororos | 2015-08-15 23:55 | | Comments(0)