素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 19日

廣津里香さんに逢いたい

廣津里香さんに逢いたいです。

金沢の石川近代文学館は、廣津里香さんの常設展示がある文学館です。
廣津里香さんの展示を4、5回見にいっています。絵描きであり詩人であり、世の中に惑い、するどい感性をもった女性です。

『画帖 黒いミサ』に載っている詩と絵です。

e0152493_14300010.jpg


  私はいやだ
  花瓶のなかで 
  花開くのは

  つかまえて
  檻に入れても
  豹は生きる

  私はいやだ
  金網のなかで 
  呼吸するのは


何度読んでもすごい詩だと思います。

e0152493_14300184.jpg


こちらは、『画帖 不在証明』に載っている詩と絵です。

e0152493_14300107.jpg


e0152493_14300296.jpg

e0152493_20235425.jpg

e0152493_14300313.jpg


e0152493_14300376.jpg

いつも廣津里香さんの本を机に並べているくらい好きなのですが、彼女の感性が鋭く、つむぎだされる言葉が少ししかわかりませんが、わたしの気持ちの変化で、少しでも彼女の感性に触れられたらなって思います。

e0152493_20235431.jpg


廣津里香さんは、やはりわたしの好きな二階堂奥歯さんや久坂葉子さんに似たものを感じます。3人とも外見はチャーミングでありながら、内面はそれに抗うものを感じる気持ちを持っていたように思います。

昨日は金沢に行きたい気持ちを抑えましたが、また近いうちに金沢へ訪れて、廣津里香さんに逢いにいきたいと思います。


過去に書いた廣津里香さんの日記です。

「乙女の文学展」〜石川近代文学館
2017年 05月 27日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25803438/
「廣津里香さんの画帖〜『不在照明』」〜2016年 12月 2日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25002181/
「『白壁の花』〜廣津里香さんの日記」〜
2016年 8月 23日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24613336/
「金沢春のお散歩(其の三)~石川近代文学館」〜2016年 4月 12日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24298350/
「廣津里香さんの絵~ 『黒いミサ』」〜2016年 3月 22日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24239722/
「廣津里香さんの絵と詩~石川近代文学館」〜2016年 3月 7日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24198123/


二階堂奥歯さんのことを書いた日記です。

「『八本脚の蝶』のこと(其の二)〜二階堂奥歯さんの本」〜2016年 8月 27日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24619949/
「『八本脚の蝶』のこと〜二階堂奥歯さんの本」〜2016年 8月 21日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24608145/


久坂葉子さんのことを書いた日記です。

「先まわりした気持ち〜久坂葉子さん」〜2017年 7月 26日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25942502/
「『幾度目かの最期』〜久坂葉子さん」〜2017年 7月 19日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25924991/


# by momokororos | 2017-08-19 21:53 | 気持ち | Comments(0)
2017年 08月 18日

東京高円寺で遊ぶ〜数々の誘惑を越えて

久しぶりの東京都内。
仕事で行くことはあっても、2週間も東京都内に遊びにいっていません。
やっぱりそうかと思う自分がいます。

金沢に行きたい気持ちが憧れに近いほど強かったのですが、しばらくしたら行くからと自分に言い聞かせてみるものの、衝動的に新幹線に乗ってしまいそうなので東京駅には近づかないことにしました。新宿駅には松本へ行く特急のあずさが停まっていて心動きます。

そんなこんなの気持ちで、今宵は高円寺のるすばんばんするかいしゃさんへ。

e0152493_20484796.jpg

明日からの東京蚤の市に出展するそうですが、お店の方がゆっくりできるので圧倒的にお店がいいです。

お店では、面陳の絵本の表紙をストーリーだてて並べかえたりして楽しんでいました。自分の部屋ではまずできないことです。

いい絵本を2冊手にいれました。また紹介したいと思います。


この前に一瞬渋谷にでていたときの日記です。遊んだのはさらに前かもしれないです。

「久しぶりの夜の東京」〜2017年8月10日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25972400/


# by momokororos | 2017-08-18 22:47 | | Comments(0)
2017年 08月 18日

官能的な文章〜森鴎外さんの『青年』

森鴎外記念館で開催されている『森鴎外の「庭」に咲く草花』の展示を少し前に見にいきました。

この展示で紹介されていた鴎外さんの『青年』のお花のくだりの文章が魅力的で、『青年』を手にいれて読みました。

e0152493_23322223.jpg

谷根千(谷中、根津、千駄木)界隈を舞台にしており、私も何度となく歩いているので興味深いです。

こんな文章が目にとまります。

この時十七、八の、不断着で買物にでも行くというような、廂髮の一寸愛嬌のある娘が、袖を障るように二人の傍を通って、純一の顔を、気に入った心持を隠さずに現したような見方で見て行った。瀬戸はその娘の肉附の好い体をじっと見て、慌てたように純一の顔に視線を移した。
[森鴎外、『青年』より]

このお互いの興味があるかのような表現が魅力です。「じっと見て」のような表現はあとの文章にもいくつか出てきます。

森鴎外記念館を訪れたときに、展示されていた鴎外さんの文章に、『青年』の中のダリアのくだりがありました。前の日記では、展示されていた文章よりも長く紹介したのですが、さらに長く引用します。

主人公の純一が、谷中の初音町で貸家の婆さんと話しをしているくだりです。

その傍に二度咲のダアリアの赤に黄の雑(まじ)った花が十ばかり、高く首を擡げて咲いている。その花の上に青み掛かった日の光が一ぱいに差しているのを、順一が見るともなしに見ていると、萩の茂みを離れて、ダアリアの花の間へ、幅の広いクリイム色のリボンを掛けた束髪の娘の頭がひょいと出た。大きな目で純一をじいっと見ているので、純一もじいっと見ている。
[森鴎外、『青年』より]

先の文章もそうなのですが、男と女がじっとお互いを見るくだりがでてきて、結構官能的に感じてしまいます。

ちなみに初音小路というアーケードの商店街が、谷中の朝倉彫塑館の通り沿いに残っています。

さらに劇場でのくだりです。

純一の席の近処は、女の子客ばかりであった。 左に二人並んでいるのは、まだどこかの学校にでも通っていそうは廂髮の令嬢で、一人は縹色の袴、一人は菫色の袴を穿いている。右の方にはコオトを着たままで、その上に毛の厚いskunks(スカンクス)の襟巻をした奥さんがいる。
純一が座に着くと、何やら首を聚めて話していた令嬢も、右手の奥さんも、一時に顔を振り向けて、純一の方を向いた。(中略) スカンクスの奥さんは凄いような 美人で、鼻は高過ぎる程高く、切目の長い黒目勝の目に、有り余る媚がある。(中略)
この次の幕間であった。少し休憩の時間が長いということが、番附にことわってあったので、見物が大抵一旦席を立った。純一は丁度自分が立とうとすると、それよりも心持早く右手の奥さんが立ったので、前後から人に押されて、奥さんの体に触れては離れ、離れては触れながら、外の廊下の方へ歩いて行く。微なparfum(パルフュウム)の匂がおりおり純一の鼻を襲うのである。
奥さんは振り向いて、目で笑った。
[森鴎外、『青年』より]

鴎外さんの官能的ともいえる文章。鴎外さんはこんな文章を書く人だったのですね。

むかし読んだ『山椒大夫』や『高瀬舟』とはほど遠い感じがします。
『青年』みたいな作品が教科書に載っていたら、文学がもっと身近になったのではと思いまいました。

「森鴎外記念館〜千駄木あたり散歩」〜



# by momokororos | 2017-08-18 05:07 | | Comments(0)
2017年 08月 17日

しまいこんでいた絵本(其の二)

少し前にも出てきた絵本があるのですが、まだどこかにしまってある絵本があるはずだと思って探そうと思っていましたが、クローゼットの奥にしまってあった絵本が見つかりました。

e0152493_04594591.jpg

アーノルド・ローベルさん、アニタ・ローベルさん、ベニ・モントレソールさん、エリック・バトゥーさん、ウィル&ニコラスさん、赤羽末吉さんの絵本もあって好きな作家さんばかりです。どういう基準でしまいこんだのか自分でもわかりません。たぶん一時的なつもりでしまったのだと思います。

この前に出てきた絵本とあわせて、201冊でした。出してきたものの本棚の空きがないのでどうしようかなと思案しています。

もはや自分の部屋だけで本探しが楽しめる状態ですが、あるとわかっていながらほしい本がなかなか出てこないこともあるので、根本的に見直さないとです。

久しぶりに、古い雑誌とかパンフレットとかいろいろ捨てて、本のスペース作ろうかな。


「しまいこんでいた絵本」〜2017年 7月 30日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25947663/



# by momokororos | 2017-08-17 22:27 | 絵本 | Comments(2)
2017年 08月 16日

図書館で見つけた本〜エマニュエル・ルザッティさん

久しぶりに図書館を訪れました。
かなり長いあいだ通っている地元の図書館。もう読んでいない絵本はないと思いながらも、また訪れると読んだことのない絵本に出会うのが不思議です。

児童書のコーナーでふと手にした『みどりの小鳥』。

e0152493_15362836.jpg

表紙をみて、きのう日記にあげたエマニュエル・ルザッティさんの絵に似ているなって思いました。中身をみると挿絵がところどころに載っていて、やっぱりルザッティさんの絵に違いないと確信。

e0152493_15362948.jpg

誰の装画、挿絵かの記述が見つかりませんでしたが、見つけました。

e0152493_15362989.jpg

「エマヌエーレ・ルッツァーティ」とありました。

解説に、ルザッティさんのことが書かれているかなと思ったのですが、「エマヌエーレ・ルッツァーティの美しい挿絵をつけて、1972年にエイナウディ社から出版」とだけ書かれていました。

きのうの日記に書いた絵本の『アリババと40人のとうぞく』には、「エマニュエル・ルザッティ(Emanuele Luzzati)は、国際的に有名な舞台芸術家であり、画家です。」とあります。

舞台美術を手がける、イタリアのベニ・モントレソールさんを思いだします 。ベニ・モントレソールさんも素敵な絵本を描いています。また紹介したいなって思います。

ここしばらくルザッティさんの絵本にはまっています。

「『アリババと40人のとうぞく』〜エマニュエル・ルザッティさん」〜2017年 8月 15日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25983208/

「可愛い絵本〜エマニュエル・ルザッティさん」〜2017年 7月 31日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25951041/

「お姫さまを狙う悪い奴〜エマニュエル・ルザッティさんの絵本」〜2017年 7月 22日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25931581/


# by momokororos | 2017-08-16 21:52 | 絵本 | Comments(0)
2017年 08月 15日

『アリババと40人のとうぞく』〜エマニュエル・ルザッティさん

少し前に、部屋のクローゼットの奥にしまいこんでいた絵本を見つけたのですが、まだ見つけらない絵本があるのでさらに探してみたところ、エマニュエル・ルザッティさんの『アリババと40人のとうぞく』がでてきました。

e0152493_22213973.jpg


e0152493_22214061.jpg

e0152493_22214091.jpg

ルザッティさんの絵の色遣いがとっても好きです。

e0152493_22214196.jpg

e0152493_22214211.jpg

ちょっとコミカルなところもありますが、行き過ぎていないのも魅力です。

アリババは懐かしいです。子どもの頃はどんな絵本で読んだのか覚えていないのですが、どんな絵本や児童書があるのか図書館で探してみようかなって思っています。

先日紹介したルザッティさんの絵本です。

「可愛い絵本〜エマニュエル・ルザッティさん」〜2017年 7月 31日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25951041/

「お姫さまを狙う悪い奴〜エマニュエル・ルザッティさんの絵本」〜2017年 7月 22日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25931581/


# by momokororos | 2017-08-15 22:03 | 絵本 | Comments(0)
2017年 08月 14日

圧巻されるシャガールさんの作品〜青森県立美術館の「アレコ」

盛岡のさんさ踊りを見た翌朝、青森のねぶた祭り、もしくは五所川原の立佞武多を見るために、新青森に向かいました。宿をとっていないため、青森もしくは弘前のどちらの宿に空きがでるかで行き先が変わります。

ことしの6月に盛岡を訪れたときは、青森まで切符を買っていながら、盛岡だけで帰ってしまいましたが、今回は盛岡から足をのばしました。

お祭りは夜からなので、その前に新青森に降りてお昼を食べて、シャトルバスのねぶたん号で青森県立美術館へ。

e0152493_13111155.jpg

日差しは強いけど、ひんやりした爽やかな風が吹いていて気持ちよかったです。

e0152493_13111117.jpg

青森県立美術館に所属されているシャガールさんのアレコの作品を見にきました。前にも見にきているのですが、フィラデルフィア美術館にある1作品を加えて、シャガールさんのアレコの4作品全部が展示されているということを知り見にきたいと思っていました。

前に青山の本屋さんで見かけた青森県立美術館のシャガールさんの図録があったので手にいれました。

e0152493_10410170.jpg

アレコの4作品です。

e0152493_10410246.jpg

e0152493_10410271.jpg

e0152493_10410345.jpg

e0152493_10410300.jpg

この4つの作品はアレコホールという大きな空間に、見たこともないほど大きな絵が飾られていて圧巻です。1942年制作のバレエ「アレコ」の背景画で、縦横が21m×19mもあります。フィラデルフィア美術館の作品は、4つ目の絵です。

青森県立美術館は、今回はコレクション展だけの入場で、シャガールさんと奈良美智さん、棟方志功さんの展示しか見ませんでしたが、よかったです。

奈良美智さんの作品です。

e0152493_14241532.jpg

地下2階に降りてアレコホールに続く部屋が奈良美智さんの展示会場で、そのあとエレベーターで地下1階にあがると棟方志功さんの展示会場なのですが、地下1階へのエレベーターは気づきにくく地下2階だけ見て帰る人もいそうだなって思いました。

夕方、美術館前からシャトルバスで青森駅に出たのですが、乗り切れない人もいました。平日だったのですが、早めにバス停に行くのがいいですね。


2年前に青森県立美術館を訪れたときのことも載せておきます。

2015年8月5日
青森県立美術館。
e0152493_14241655.jpg


2015年8月5日
青森県立美術館。神戸栄町のlottaさんから、フィンランドのデザインユニットCOMPANYさんの素敵な展示があることを紹介してもらい寄ってみました。マトリョーシカ好き、こけし好きにたまらないコレクション。パンフの一部載っていました。
e0152493_14241633.jpg


2015年8月22日
中目黒。dessinさん。シャガールの図録を見ていたら、再び持っているシャガールの図録を見かえしたくなりました。青森県立美術館にも大きな大きななシャガールの絵が3枚飾られていてすごかったです。

「シャガールさんの絵〜図集と青森県立美術館」〜2016年 12月 7日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25022723/


先日訪れた、盛岡のさんさ踊りと青森のねぶた祭りの日記です。

「夜空に響く太鼓と笛と鉦の音〜盛岡さんさ踊り」〜2017年 8月 4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25959316/

「勇壮で熱い音色〜青森ねぶた祭」〜2017年 8月 5日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25960642/


# by momokororos | 2017-08-14 21:58 | 展示会 | Comments(0)
2017年 08月 13日

青森銀行記念館〜弘前洋館散歩(其の四)

弘前洋館散歩。
弘前公園から近い青森銀行記念館にも訪れています。

e0152493_19300313.jpg

すばらしい建物でした。
旧第五十九銀行本店本館で、全国で59番目の国立銀行だったそうです。ちょうど、無料で入館できる日だったので、中も見てみました。

こちらも、姫路市立美術館で開催中の展示会の杉浦さやかさんの「弘前・洋館ツアー」イラストに載っていました。

「杉浦さやかさんのイラスト展〜姫路市立美術館と姫路の本屋さん」〜2017年 7月 16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25919221/

杉浦さやかさんは、いろいろな素敵なところ、可愛いところに行っていてすごいなあって思います。


旧弘前市立図書館の近くにある、旧東奥義塾外人教師館の洋館にも寄っていました。

e0152493_22055241.jpg

今はカフェが入っています。

弘前には、まだ他にも素敵な洋館があるみたいなので、また訪れたときに寄ってみたいなって思います。


久しぶりに昼間に弘前を巡りながら思ったこと。
強く行きたいと思うところがあったり、なじみのところがあったりすると、他の素敵なところに気がつきにくくなるのですが、そのことをわかっていてもそうなので、もしかしたら、楽であるということからなじみのところに行ってしまっているのかもしれないなって思いました。
あらためていろいろ行ってみようかなって気持ちになります。


# by momokororos | 2017-08-13 22:17 | | Comments(0)
2017年 08月 13日

洋館のスターバックス〜弘前洋館散歩(其の三)

弘前洋館散歩。

弘前城のある弘前公園近く、旧弘前市立図書館から藤田記念庭園に行く途中に、洋館のスターバックスを見かけました。

e0152493_05583243.jpg


素敵な洋館で、みんな写真を撮っていました。

神戸北野にも素敵な洋館のスターバックスがありますね。



# by momokororos | 2017-08-13 11:00 | | Comments(0)
2017年 08月 12日

藤田記念庭園〜弘前洋館散歩(其の二)

弘前洋館散歩。
旧弘前市立図書館から少し歩いたところに、藤田記念庭園があります。

e0152493_05254560.jpg

入口から入って左手の洋館です。
こちらは喫茶室になっていて、庭園の入園料なしに入ることができます。

藤田記念庭園も、姫路市立美術館で開催されている「杉浦さやか 井上みのる展」の中で展示されている杉浦さやかさんの「弘前・洋館ツアー」イラストに載っていました。

「杉浦さやかさんのイラスト展〜姫路市立美術館と姫路の本屋さん」〜2017年 7月 16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25919221/

園内に入り林の中を下ると、こんな素敵な光景が広がっていました。

e0152493_05472303.jpg

木陰の素敵なベンチです。

e0152493_05472391.jpg

わたし好みのベンチです。
このベンチの前は池になっています。

e0152493_05472411.jpg

滝もありました。

e0152493_05472495.jpg


e0152493_05472504.jpg

場所は、弘前城の近くです。
お城と庭園、なんとなく姫路の雰囲気に似ています。姫路城のそばにも大好きな好古園という庭園があります。

「旧弘前市立図書館〜弘前洋館散歩」〜
2017年 8月 11日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25973559/



# by momokororos | 2017-08-12 10:55 | 建築 | Comments(0)
2017年 08月 11日

旧弘前市立図書館〜弘前洋館散歩

このあいだ青森の五所川原と弘前でお祭りを見ていましたが、明るいうちに弘前の街の素敵なところをいくつか訪れていました。
弘前は、これまで4、5回訪れているのですが、弘前城やねぷた祭を見にいくくらいでした。

弘前駅から市庁前にでて、旧弘前市立図書館を訪れました。

e0152493_08532348.jpg

素敵な洋館です。
移築されたとのことです。

e0152493_08532378.jpg

図書館にしては小さくて可愛いです。

e0152493_08532452.jpg

e0152493_08532460.jpg

もともと、どんな立地、風景に建っていたのか気になります。
こんな図書館があれば通いたいです。

旧弘前市立図書館は、この前に姫路市立美術館で、杉浦さやかさんの「杉浦さやか 井上みのる展」を見にいったときに、杉浦さやかさんの「弘前・洋館ツアー」のイラストが展示されていて、行きたいなって思いました。写真を撮ってもよい展示でした。

e0152493_05295842.jpg

「杉浦さやかさんのイラスト展〜姫路市立美術館と姫路の本屋さん」〜2017年 7月 16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25919221/

弘前にこんな素敵な洋館があるの知りませんでした。弘前洋館散歩は続きます。


「圧倒される山車の大きさ〜五所川原の立佞武多祭」〜2017年 8月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25962710/

「勇壮で妖艶な祭り〜弘前ねぷた祭」〜2017年 8月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25963976/



# by momokororos | 2017-08-11 11:28 | | Comments(0)
2017年 08月 10日

久しぶりの夜の東京

久しぶりに夜の渋谷にいるけど、渋谷に限らず東京で、これといって遊びにいくところが思いつきません。

今日は涼しいほうだけど、渋谷は人がたくさんでそれだけで熱いです。

e0152493_19294738.jpg


渋谷のブックファーストが好きだったのですが、しばらく前に閉店して、ヴィレッジヴァンガードになっていました。

誰か東京をナビゲートしてくれないかなっと思います。そういうことを言うときは、わたしの東京に対する魅力が落ちているときかもしれません。

お盆前、東京からどこへいくにも新幹線は満席です。


# by momokororos | 2017-08-10 19:47 | | Comments(0)
2017年 08月 09日

つかのまの福岡天神

久しぶりの福岡。
今日はシーサイドももちにいたのですが、百道浜に出る時間はなく天神へ。
天神から大名へ。よく寄らせてもらっている雑貨のBrillanceさんに行ってみたのですが、お休みでした。残念です。

天神地下街を歩き、三越のカフェでお茶をして時間切れでした。

e0152493_18162029.jpg

機会あるごとに訪れたいと思っている福岡。今度来るときはゆっくり楽しみたいです。


# by momokororos | 2017-08-09 19:20 | | Comments(0)
2017年 08月 08日

美味しい水炊き〜福岡中洲川端

今宵は福岡へ。
いつも福岡には行きたいと思っていながらなかなか来れなかった福岡にやっと訪れることができました。2年ぶりくらいでしょうか。

もつ煮込みのお店か迷いましたが、水炊きのお店で食べることにしました。天神をぶらぶらと歩きます。天神はやっぱりお洒落です。橋をいくつか渡り中洲川端へ。

お店は、いろはさんです。
水炊きのお店は、福岡の薬院や天神のお店でいただいたことはあったのですが、中洲のお店は初めてです。

e0152493_23354455.jpg

いろはさんのお店は、うなぎの寝床みたいな細長い作りです。奥の奥まである感じでした。

水炊きのコースをいただきました。

最初は鶏だけが入っているスープを煮込みます。

e0152493_23354554.jpg

煮込んだスープをまずいただきます。
スープをそそぐコップの底に塩がいれられており、かき混ぜてゆず胡椒を入れて味わいます。
最初のスープながらとっても美味しい。これが野菜やつくねが煮込まれたときのスープの味が楽しみです。

e0152493_23354534.jpg

つくねは、コクがありながらも、あと味はあっさり、すごく美味しかったです。

e0152493_23354548.jpg

野菜をいれて煮込むとスープにとろみがでて、まろやかな味になります。このスープだけでお酒が何杯でも飲めます。

しめは、おじやです。

e0152493_23354654.jpg

ネギがアクセントで、美味しかったです。

店内には、有名人の色紙と写真がたくさん掲げられていましたが、アットホームな感じのお店で印象よかったです。

帰りはやはり歩きで、中洲天神を経て赤坂の方まで歩いて帰りました。

お店に向かう途中で、中洲のアーケードでは七夕飾りが吊るされるのを見つけました。

e0152493_23354681.jpg


お店からの帰りに、中洲の遊歩道の橋からみた那珂川と夜の街の風景です。

e0152493_23354775.jpg

博多の夜に身を埋めたくなりそうです。


# by momokororos | 2017-08-08 23:35 | グルメ | Comments(0)
2017年 08月 07日

風に人にさらさら笹飾り〜仙台七夕祭り

弘前から仙台へ。
仙台の七夕祭りを見にきました。久しぶりと思っていたのですが、2年ぶりでした。

駅近くから延びるアーケードにはたくさんの笹飾りが飾られています。

e0152493_17470507.jpg

ものすごい人出でした。

e0152493_17470665.jpg

長く垂れさがった笹飾りの下をかきわけくぐり抜けます。

e0152493_17470611.jpg

風に人に笹飾りがサラサラと揺れます。

まっすぐ歩けば、このアーケードと交差するサンモール商店街のアーケードなのですが、なかなか前に進めません。

e0152493_17530583.jpg

アーケードを歩くのを諦めて、表通りからサンモール商店街へ。

サンモール商店街の笹飾りは、地面に竹をさしており、竹のしなりが魅力です。

e0152493_17530665.jpg

こちらは、人も少なく風が吹きぬけて気持ちがいいです。

e0152493_19193642.jpg

大人気の小さな小さな笹飾り。

e0152493_17530617.jpg

e0152493_17530794.jpg

大きさを比べるとこんなに違います。

e0152493_17530869.jpg

前にも何回もきているのですが、今度からはこちらのサンモール商店街から見始めるのがいいかなと改めて思いました。

アーケードにさよならをして、青葉通りの大通りを駅に向かって歩くと、歩道に笹飾りがありました。

e0152493_17530949.jpg

笹の葉には短冊がたくさん。

e0152493_17531056.jpg

仙台駅の笹飾りです。

e0152493_17531017.jpg

仙台七夕祭りは、明日8/8火曜までです。


仙台では美味しい牛タンを食べようと思っていたのですが、地下から2階のお店を見ましたが、15時をまわっても長蛇の列でした。

仙台はここずっと七夕祭りだけを見にきています。最初の頃は名所も巡り、夜には美味しいところを探していたのですが、最近はご無沙汰です。また仙台の街を楽しんでみようかなとも思っています。


# by momokororos | 2017-08-07 21:42 | 祭り | Comments(0)
2017年 08月 06日

勇壮で妖艶な祭り〜弘前ねぷた祭

昨晩、五所川原で立佞武多(たちねぷた)を見てから、弘前に戻ったのですが、弘前駅に着いたのは21時間半でした。

駅を降りると祭の太鼓の音がします。
8/1から始まっている弘前のねぷたのコースは、昨晩から駅前を通るコースで、まだ山車が駅前を通っていました。

e0152493_11290655.jpg

山車の扇の表の絵は鏡絵といわれ勇壮な武者の絵です。ねぷたの山車は扇の部分だけ回転して、見せ場を作ります。

e0152493_11290669.jpg

武者の絵はいかついですが、重厚な青森のねぶたと比べて軽快感があります。太鼓と笛の奏でる調べも、もの悲しい感じがします。

e0152493_11290700.jpg

いつもは土手町のルートで見ているので、駅前で見るのは初めてです。

駅前の通りすぎる山車はほどなく終わりましたが、音のする方向について行ってしまってます。

巡行が終わったあとの山車です。

e0152493_11290830.jpg

扇形の山車が弘前ねぷたでは特徴的ですが、青森のねぶた祭の山車みたいなのもあります。

e0152493_11290806.jpg

e0152493_11290998.jpg

22時過ぎまで太鼓の音がしていました。最後の山車がスタート地点に戻るまでに太鼓と笛の音が響きます。

昨日の昼間は、弘前市内を巡っていたのですが、山車を車で運ぶ姿が見れました。
この写真は扇の裏面の絵で、見送り絵といわれるものですが、妖艶な美女が描かれています。

e0152493_11290996.jpg

e0152493_11291078.jpg

e0152493_11291071.jpg

扇の上部が折れていますが、これは信号のアームにぶつからないように、信号のところで折りたたみます。

大太鼓も置かれていました。津軽情っ張り大太鼓です。この大太鼓にまたがって大きなバチで太鼓をたたきます。

e0152493_11291167.jpg

2007年にねぷた祭に行ったときに撮った少し小さな太鼓の写真がありました。

e0152493_22140597.jpg


出番を待つねぷたの山車が並んでいる光景です。五所川原に行く前の17時半くらいの写真です。

e0152493_11312149.jpg

駅前ルートを運行するねぷたの山車が勢揃いすることをタクシーの運転手から聞いたのは10年前。やっと見れました。

e0152493_11312271.jpg


開始まで1時間以上あるのに、山車が通る駅前は人でいっぱいでした。

e0152493_22140616.jpg


今年は、弘前のねぷた祭は見れないかなと思っていましたが、見れてよかったです。


# by momokororos | 2017-08-06 22:15 | 祭り | Comments(0)
2017年 08月 06日

圧倒される山車の大きさ〜五所川原の立佞武多祭

青森から弘前へ。
弘前では、夜にねぷた祭が開催されるのですが、昨夕は弘前から五所川原へ。久しぶりのディーゼル車です。途中の川部駅で進行方向変わり、津軽富士と夕陽を左手に眺めながらの風景もまた風情があります。

五所川原で開催されている立佞武多(たちねぷた)を見にきました。

駅から少し歩いたところの辻から山車が引かれはじめます。

e0152493_21172147.jpg

e0152493_21281575.jpg

何度見ても立佞武多はすごいと思います。

e0152493_21021997.jpg

e0152493_21022046.jpg

e0152493_21022178.jpg

強そうなカエルがいるねぷたもありました。

e0152493_21022166.jpg

カエルの後ろ姿はこんなです。

e0152493_21022110.jpg

暗くなると立佞武多の高さがわからないですが、明るいうちだとわかりやすいです。
19時少し前の出発前のねぷたが待機している写真です。

e0152493_11125121.jpg


e0152493_21022209.jpg

この辻が一番の見所ですが、とても混みます。
待機していた大型ねぷたが横切ります。

e0152493_11125159.jpg


暮れてくると、ねぷたがきれいです。

立佞武多は4回くらい見にきていますが、その存在感に圧倒されます。近くにくると真上を見上げる感じです。

e0152493_21281511.jpg

思わず、巨大な山車についていきながら写真を撮ってしまうので、なかなかベストショットがとれる場所が定まりません。

2時間弱みたところで、電車の時間があるので五所川原から弘前に戻りました。



# by momokororos | 2017-08-06 11:12 | 祭り | Comments(0)
2017年 08月 05日

勇壮で熱い音色〜青森ねぶた祭

昨日は、盛岡から青森へ。
五所川原の立佞武多(たちねぷた)を見るか、青森のねぶたを見るか、宿をどこにとれる次第だったのですが、夕方になって青森駅近くの宿がとれたので、青森のねぶた祭を見ることにしました。

ねぶたは19時10分開始でしたが、18時30くらいに会場へ。熱い祭りの始まりです。
外は寒いくらいでしたが、祭りを見ていたら寒さは忘れていました。
e0152493_19595067.jpg

e0152493_20535884.jpg

e0152493_19595171.jpg


e0152493_20130617.jpg

e0152493_20535969.jpg

e0152493_11072818.jpg


ねぶたの前面も迫力ですが、後ろも魅力です。

e0152493_20540064.jpg

e0152493_20540091.jpg

辻にくると1周もしく45度廻してくれるねぶたもあります。廻してくれるかは、観客の声援によるところもあります。

e0152493_20540115.jpg

e0152493_20540247.jpg

e0152493_20540246.jpg

e0152493_20540321.jpg

勇壮なねぶただけではありません。
ラッセラッセラッセラのかけ声に踊ります。

e0152493_11072828.jpg

こんな小さな子もステップ踏んでいます。

e0152493_19595290.jpg

かわいいねぶたも来ます。

e0152493_20130608.jpg

e0152493_11072949.jpg


e0152493_22310352.jpg

e0152493_19595315.jpg

ねぶたの調べは、リズムをとりたくなるような音色です。青森のねぶたは出陣の祭りなので勇ましいです。弘前のねぷたは凱旋の祭りです。

21時でねぶた運行はおしまいですが、港のそばの格納倉庫に帰るねぶたも見ものです。

信号に触れないように、橋に触れないように慎重にうごかします。

e0152493_22310365.jpg

e0152493_22310441.jpg

e0152493_11072915.jpg


ズラッと並んでいます。

e0152493_11073072.jpg


ねぶた開始前の沿道です。
こちらは18時50分くらいの会場。
まだねぶたは来てません。

e0152493_18572739.jpg

太鼓がやってきます。

e0152493_19082744.jpg

19時くらいに大太鼓の演奏が始まります。点灯されたねぶたも来て、祭り開始直前に盛りあがります。

e0152493_19082816.jpg

ねぶた祭は8/7月曜まで開催されています。

今日は青森から弘前に向かいます。





# by momokororos | 2017-08-05 11:26 | 祭り | Comments(0)
2017年 08月 04日

夜空に響く太鼓と笛と鉦の音〜盛岡さんさ踊り

昨晩さ、盛岡にさんさ踊りを見にきていました。

チャグチャグ馬コの祭りのときに、盛岡をして訪れて盛岡の夜の街をさまよっていたのがついこのあいだのことのようです。

盛岡の県庁のある中央通で、さんさ踊りのパレードが開催されています。

e0152493_23541586.jpg

大きな太鼓をかかえながら、たたきながら、踊りながら、ステップを踏みながら、歩調をあわせて歩いていくのはすごいと思います。

e0152493_23541662.jpg

太鼓の音が圧倒的ですが、音頭をとるような鉦(かね)の音も魅力的です。

e0152493_18051813.jpg

e0152493_18051905.jpg


かなりハードな動きですが、笑顔が光ります。

e0152493_18051910.jpg

e0152493_23541850.jpg

e0152493_23541938.jpg

昨晩の盛岡は、涼しい風が吹いていて気持ちよく、太鼓と笛と鉦(かね)の調べがココロに響きます。

さんさ踊りは、かなりの回数見にきていて、東北の夏祭りの中では一番多いかもしれません。東北の夏祭りをいろいろ巡り、何回も訪れるうちに、盛岡のさんさ踊りが一番好きになりました。

ちょっとだけ見ようと思っていたのですが、結局2時間半見ていました。

そして今日は、盛岡から青森へ。
こちらでも熱い祭りがもうすぐ始まります。


「盛岡美味しいもの〜じゃじゃ麺」〜2017年 6月 12日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25842700/

「惚れてやまないお祭り~盛岡さんさ踊り」〜2015年 8月 4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23522861/


# by momokororos | 2017-08-04 18:05 | 祭り | Comments(0)
2017年 08月 03日

人をつなげる美味しいもの

今日は、仲のよいお友達とお食事。
お友達と会うきっかけはうなぎ。
美味しいうなぎをいただきました。

e0152493_22585201.jpg


美味しいものは人をつなげるような気がします。

いろいろ話しができてよかったです。また次につながるといいな。


# by momokororos | 2017-08-03 22:59 | グルメ | Comments(0)