素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 06日

越中八尾のおわら風の盆〜未投稿の日記から

先日、富山の越中八尾の、おわら風の盆の日記を書きましたが、前におわら風の盆に行ったときの日記をなぜか投稿していなかった(と思う)ので、今年のおわら風の盆の思いが冷めやらぬうちにアップしたいと思います。
おわら風の盆の祭りは、日本の祭りの中で3本の指に入るほど好きなお祭りです。

このときは、今年訪れたときよりも早い時間に訪れています。



久しぶりの富山。
越中八尾のおわら風の盆へ。
10年ぶりくらいかもしれません。

駅も様変わりしていて、おわら風の盆の時期、富山駅から高山本線に乗るために乗車券が必要で、八尾に行くのにかなり時間がかかりました。

越中八尾駅から八尾市街まで歩きます。
街にはいるまで30分くらい。
歩みをすすめるうちに、むかし来ていたときの思い出がよみがえり、思いが深くなります。

橋を渡り、川沿いを歩くと八尾の町並みがあらわれてきます。

ちょうど輪踊りに出会えました。

e0152493_09450614.jpg

e0152493_09450733.jpg

e0152493_09450736.jpg

編笠を深くかぶり顔が見えませんが、艶やかな踊りです。

ここから、日本の道100選の諏訪町まではさらに坂をのぼり20分くらい。

e0152493_11303206.jpg

情緒ある町並みです。

19時半くらいから踊りが降りてくるので、18時半くらいにここで待ってましたが、降りてくるのは23時を過ぎるとのことで、待っている人たちからどよめきがもれます。

e0152493_10083892.jpg

しばらくブラブラしてから、諏訪町の坂の上まで行ってみると、踊りを待つ人でいっぱい。

e0152493_10083840.jpg

諦めて、諏訪町をあとにします。

途中、東町で輪踊り。

e0152493_10083960.jpg

e0152493_10083929.jpg


そして、天満町でも輪踊り。

e0152493_10084069.jpg

あとで聞いたところによると、どこで輪踊り、町流しが行なわれるのかはスケジュールが決まっているそうです。

帰りの越中八尾駅では、電車に乗るために30分ほど並び、富山駅へ戻りました。



今年訪れた、おわら風の盆はこちらです。

「おわら風の盆〜富山越中八尾」〜2017年 9月 1日の日記


# by momokororos | 2017-09-06 22:27 | 祭り | Comments(0)
2017年 09月 05日

kanaさんの「うさぎのはなし」の展示会〜兵庫尼崎のdent-de-lionさん

大阪水無瀬から兵庫尼崎へ。
阪急塚口駅からバスに乗り、雑貨のdent-de-lionさんへ。

e0152493_18164629.png

e0152493_18320647.png

門を抜けて庭を横切ってお店に入ると。いきなり私を呼ぶ声が聞こえした。
去年の住吉の住吉倶楽部のiriiriさんの展示でバッタリ会った雑貨大好きの知りあいさんでした。お互い東京横浜なのでバッタリ会うってことはまずないと思うのですが、好きなものが共通しているせいか、東京大阪兵庫あたりでよくバッタリします。お店にいるあいだ、しばし歓談、いやずっと歓談でした。

お店では、kanaさんの「うさぎのおはなし 『5匹の子猫』」の展示会が開催されていました。

e0152493_18172645.png

かわいいウサギやネコのぬいぐるみに、絵本の原画の作品で店内はいっぱいです。

暑い日でしたが、お客さんがあとからあとから来て、店内はお客さんでたくさんでした。少しお客さんが少なくなったところで、梅ソーダをいただきました。

e0152493_18254734.png

しばらくしたら、kanaさんが来るというので、お庭を見たりしながらゆっくりです。

e0152493_18211396.png

e0152493_18175775.png

e0152493_18222527.png

お庭の池には睡蓮が咲いていました。

e0152493_18225446.png

kanaさんが来て、またしばらくお話しです。何年かぶりかなと思っていましたが、去年のdent-de-lionさんでのkanaさんの展示で会っていたみたいです。

猫のリオンちゃんとポポちゃんは、日中の暑いときに日陰で抱きあって寝ていましたが、帰るときに見送り?に出てきてくれました。

e0152493_18232539.png

駅からバスで行かなければいけないという立地にもかかわらず、また行きたいと思う魅力あふれるお店です。


「花咲く一軒家の雑貨屋さん〜兵庫尼崎のdent-de-lionさん」〜2017年5月5日の日記

2016年7月16日
神戸。初めて住吉に降りました。住吉倶楽部で開催中の、人形作家さんのIRIRIさんの展示。かわいいお人形やお洋服、カバンがたくさんです。IRIRIさんはもちろんですが、知っている人にたくさん会えました。





# by momokororos | 2017-09-05 22:05 | 雑貨 | Comments(0)
2017年 09月 04日

一番好きな新刊本屋さん〜大阪水無瀬の長谷川書店さん

京都をあとにして、阪急電車で大阪水無瀬へ。京都と大阪の際で、お隣りの大山崎駅は京都です。

水無瀬駅の改札を出たところの斜め前にある長谷川書店さん。

e0152493_19113103.png

その昔は、駅前に当たり前のようにあった本屋さんです。いまはほとんど見かけなくなりました。高校生のときは地元の本屋さんのおじさんにオススメの本を紹介してもらったものです。

長谷川書店さんは、街の本屋さんとしての、なじみの街の人たちとのなにげない会話が飛びかう本屋さんなのですが、遠くからの本好きをうならせる魅力的な本がたくさんあります。
訪れると、ものの10分もたたないうちにたくさんの本を抱えています。何度訪れても魅力的な本に出逢えて、新刊書店さんの中では一番好きな本屋さんです。

今回手にいれたのはこの3冊。

e0152493_19173852.png

e0152493_19174015.png

e0152493_19174206.png

もっとほしい本があったのですが、手持ちがなかったので、この3冊に限定しました。

近くにあればいいのにと思うお店の1つです。


「魅惑の新刊書店さん〜大阪水無瀬」〜2017年5月5日の日記

「阪急沿線の本屋さんと雑貨屋さん〜大阪・兵庫」〜2016年5月7日の日記

「素敵な本屋さんで手に入れた1冊〜大阪水無瀬」〜2016年1月9日の日記

「姫路と大阪の本屋さん〜おひさまゆうびん舎さんと長谷川書店さん」〜2014年11月2日の日記


# by momokororos | 2017-09-04 22:02 | | Comments(0)
2017年 09月 03日

京都のミナ・ペルホネンさん、そして金沢のお店

金沢から京都へ。
特急のサンダーバードで京都へ。
金沢から京都への夢の特急券です。
サンダーバードは、進行の左側のD席だと、敦賀の先から琵琶湖が真近に見えます。

京都では、久しぶりにミナ・ペルホネンさんへ寄りました。京都のミナ・ペルホネンさんは、河原町四条を下ったレトロビルの寿ビルデイングの中に入っています。

e0152493_12410451.png

ミナ・ペルホネンさんは、すてきなお洋服多くて、見ているだけでもの癒されます。特に京都のお店が好きです。

ミナのスタッフさんとお話しをしていたのですが、金沢のお店ができていることを知りました。今年の4月1日にオープンとのことでした。
場所は金沢の小立野。石川県立美術館は21世紀美術館から登った小立野台地にありますが、もっと先に行ったところ、酒蔵の福光屋さんの本店の近くです。そんなに観光客げこない落ちついた場所にお店を構えたなって感じしました。

e0152493_12412630.png

ロゴは、漢字の金沢の「金」の冠の部分です。

e0152493_12412754.png

ミナ・ペルホネンさんに寄ったその日は金沢から来ていたので、知っていれば寄りたかったです。今度行って見たいと思います。

京都では、高瀬川のほとりを散歩しました。

e0152493_12442655.png

京都はどこいくあてもなくても、京都にいるだけで、落ちついた気持ちになれます。



# by momokororos | 2017-09-03 22:22 | ファッション | Comments(0)
2017年 09月 03日

金沢香林坊あたり散歩

富山から金沢へ。

金沢駅から、香林坊手前の南町までバスで行き、北欧雑貨のピップリケラさんへ。

e0152493_11352247.png

金沢の話しや、今度東京に行くピップリケラさん東京の見所などの話しをしていました。

お店をあとにして、香林坊へ。
香林坊から広坂の方に歩いたところにある、石川四高記念記念文化交流館へ。

e0152493_11354251.png

記念館の中にある石川近代文学館へ。
この前の5月に来ているので、廣津里香さんの常設展示の作品の入れ替えがあれば見ようと思っていたのですが、今の企画展のために、廣津里香さんの展示は現在していないとのこと。
いつ常設展示に戻るかを聞いたら、常設に戻るかわからないけど、来年の1月6日より廣津里香さんの企画展示が始まるとのことでした。楽しみです。

記念館のお庭のいしかわ四高記念公園では、「金沢オクトーバーフェスト」と題して、ドイツビールを味わうフェスタが開催されていました。

e0152493_11360366.png

金沢では、美味しいものを食べようと思っていたのですが、富山で堪能したので今回はパスしました。

金沢駅でお菓子を見てまわり、金沢を後にしました。

e0152493_11370447.png


「廣津里香さんに逢いたい」〜2017年 8月 19日の日記


# by momokororos | 2017-09-03 11:19 | 雑貨 | Comments(0)
2017年 09月 02日

北陸の海の幸堪能〜富山

おとといの晩に訪れていた越中八尾のおわら風の盆ではかなり歩きました。よく歩くほうですが、今年一番歩きました。

越中八尾から富山に帰ってきたのですが、街中にでて美味しいところを探すのも面倒だったので、泊まるホテルの横に和食屋があったので入ってみました。

入ってみると、生簀のある本格的な和食屋、というか割烹に近いお店でした。

ラストオーダーが近かったので、料理をまとめて頼みました。

つきだしです。



お刺身盛り合わせ。



お刺身は、期待していたほどではなくて残念でした。

続いて、白えび唐揚げです。


こちらはとっても美味しかったです。
東京ではなかなかお目にかかれない白えび。いつ食べても美味しいし、いつでも食べたいです。



のどぐろ塩焼き。



ここらしばらく、北陸を訪れたときに、のどぐろや炙ったのどぐろの寿司を食べていましたが、のどぐろの塩焼きを久しぶりに食べました。のどぐろの旬は、新潟では夏、石川では冬と言われていますが、脂がのっていて美味しかったです。写真では小さく見えますが、食べれるかどうかわからなかったので頼むの迷いました。


合わせた地酒は、純米吟醸原酒の「羽根屋 煌火」。あたり甘く、中も甘いのですが、苦味が後から広がり、ずっと口に含んでいたくなる味です。全体的に甘め感じますが飲みやすい。でも原酒なので強いです。おわら風の盆に出かけているあいだ水を飲んでいないせいなのか、疲れているせいなのか、ビールとこの原酒で酔っでしまいました。


そして日は変わり、きのうのお昼は、富山駅の駅ビルで、白えび丼をいただきまました。



美しいたくさんの生の白えびが乗っています。富山湾の宝石と言われます。
何杯でも食べれます。

白えびの唐揚げもついています。


金沢で美味しいものをいただこうと思っていましたが、富山で食べてしまいました。



# by momokororos | 2017-09-02 14:06 | グルメ | Comments(0)
2017年 09月 01日

おわら風の盆〜富山越中八尾

富山越中八尾。
おわら風の盆の祭りを見にきました。

前回来たときは、まだ明るいうちに訪れましたが、今年は風の盆の会場には19時くらいに入りました。

諏訪町という雰囲気のある坂で踊り子が降りてくるのを待ちます。
が、坂の上の方から下ってくるので2時間くらいかかると言われて、待っていた人は解散。そういえば前に来たときも同じこと言われました。

街をめぐっていると家の2階で、舞いを披露している光景に出会いました。

e0152493_08460651.png

座敷に呼んでいるんですね。
うらやましいです。

e0152493_08381216.png

このあと町をふらふらしていると、上新町、東町、下新町、天神町で町流しに出会えました。

上新町の町流し。
こちらの町流しは坂を上ってきます。

e0152493_08363743.png

あまりに静かに上がってくるので、来ているのがわからないくらいです。
女性、男性、子どもたちが踊りながら上がってきます。
そのあとに、唄い手と三味線と胡弓の弾き手が続きます。

e0152493_08354220.png

東町の町流し。
こちらは坂を降りていきます。

e0152493_08510495.png
e0152493_09190643.png

今町か下新町の町流し。
坂をあがってきます。

e0152493_08554610.png


動きがあり、フラッシュをたかないので、iPhoneだと、これくらいが限界かな。

町流しはいつはじまるかわからないのと、町流しが始まると何重もの人垣ができてしまい、ほとんど見えないことも。

こんなに人で混んでいます。

e0152493_09213452.png

八尾の町中では、踊りを真近に見れず、そのまま帰ってしまう人たちもいるのではないかと思います。

いつか八尾に泊まり、夜中の町流しを見ていたと思いながらも、おわら風の盆を見始めてから20年近く、実現できないでいます。

八幡社でも踊りが披露されていました。
赤の着物が妖艶です。

e0152493_08582078.png

女性の手のしぐさが魅力です。
三味線と胡弓の調べが哀愁が漂います。
昔は、胡弓の音色はなんとも思いませんでしたが、おわら風の盆の踊りと合わせた音色はとっても素敵です。

e0152493_08594601.png

駅に近いところでも踊りが披露されています。こちらは駅から八尾の町に行く途中での風景です。

e0152493_09332008.png

e0152493_09332237.png

屋台もでています。

駅の前の道の屋台。

e0152493_10212439.png

法林寺境内の屋台。

e0152493_09525616.png

e0152493_09525798.png

この前に久しぶりに訪れたときには、富山駅で整理券が配られていて、乗るまでに1時間くらいかかりました。
越中八尾まで電車で30分。駅から風の盆の町まで歩いて30分くらい歩きます。
今回も、富山駅から2時間かかりましたが、遠いです。
他の祭りよりも行くのが大変かなと思いますが、他のどの祭りよりも見にきている方々が高齢者が多いです。年を重ねたときにわかってくる魅力がおわら風の盆にはあるのだと思います。

前回、おわら風の盆を訪れたときの日記をあげていなかったので、またこのあとにあげたいと思います。



# by momokororos | 2017-09-01 17:49 | 祭り | Comments(2)
2017年 09月 01日

久しぶりのお城

久しぶりに寄ってみたお城。

e0152493_16530835.png

地元の人はともかく、
これだけでわかる人いるかしら。

青空と雲がきれいです。

さて、これから遠出です。



追記(9/4)
こちらは富山城です。
前に訪れたのは20年くらい前です。
お城のある公園はすごくきれいになっていました。


# by momokororos | 2017-09-01 16:52 | | Comments(0)
2017年 08月 31日

お庭のお花(其の三十一)〜紫式部

今日はとっても寒かったです。

お庭では、紫式部の実が色づいてきました。

e0152493_18361123.jpg

毎年実をつけますが、この紫式部の紫色に色づいたのを見ると秋の訪れを意識します。

明日はもっと寒くなるみたいで、ますます色づきが進みそうです。



# by momokororos | 2017-08-31 22:30 | お花 | Comments(0)
2017年 08月 30日

Brunoさんのお人形〜自由が丘のEckepunktさん

今日は帰るときに雨の際にいましたが、幸い雨が降ってこなかったので、自由が丘に寄ろうかなと思いました。

自由が丘の雑貨屋のEckepunktさんで、大阪の人形作家さんのBrunoさん「原っぱにんぎょう店」の展示会が開催されています。久しぶりに見にいきましたが、Eckepunktさんは6、7年ぶりくらいかもです。東京祐天寺の+flowerさん、神戸元町のアトリエシードさん、神戸栄町のc-h-o-cさんと毎年Brunoさんの作品は見ているのですが、Brunoさんには、もう4、5年くらい会っていないんです。

お店は、自由が丘から伸びる遊歩道沿い。お隣りの九品仏駅からが若干近いです。

お店には、Brunoさんのかなりの数のお人形さんがありました。

e0152493_21475287.jpg

思っていたよりもお人形は大きかったです。
e0152493_21475395.jpg

お人形は服の着せ替えができるようになっているそうです。相変わらずのチーク。でも昔は書かれていたチークが毛糸で作られていました。でもチークはBrunoさんのお人形のトレードマークです。

Brunoさんのお人形を見て、制作しているナミちゃん、サッちゃんに久しぶりに会いたくなりました。

行きは九品仏から歩いたのですが、帰りは遊歩道を歩いて自由が丘へ。
雨上がりの遊歩道は涼しい風が吹いてい気持ちがいい。自由が丘の住宅街から街へのゆるやかな変化はやっぱり素敵だなと思いました。
昔、雑貨のdoux dimancheさんや、EIN shopさんがあった通りを歩きます。

e0152493_21475340.jpg

駅にいたる道沿いに成城石井さんができていたり、大型のお店が増えたかなって感じでした。

最近ご無沙汰の自由が丘ですが、やっぱりいいなって思いました。

一番自由が丘へ行っていた頃の日記です。

「フランス雑貨いっぱい~東京自由が丘雑貨巡り」〜2009年7月7日の日記

http://momokoros.exblog.jp/10553147/




# by momokororos | 2017-08-30 22:50 | 雑貨 | Comments(0)
2017年 08月 29日

『今晩は荒模様』〜池田満寿夫さんの装画

なんて魅力的なタイトルと装画だろう、と思った本。5、6年前に南青山のCOWBOOKSさんの棚で見かけた白石かずこさんの『今晩は荒模様』。

e0152493_22584854.jpg

表紙には『Tonight is nasty』。背には『今晩は荒模様』と書かれています。
装画は、池田満寿夫さん。

COWBOOKSさんで初めてみたときは、ちょっと値段が高かったので、その場では買わず、次に見たときには売れてなくなっていて、かなり後悔した思い出があります。

しばらくたってから見つけたのですが、珍しくどちらで手にいれたか忘れてしまいました。しかも時を隔てて2冊目を手にいれています。2冊目は流浪堂さんで手にいれています。

好きで2冊同じ装幀の本を手にいれるのは珍しく、絵本を除けば、鴨居羊子さんの『下着文化論』と『わたしは驢馬に乗って下着をうりにゆきたい 』の本くらいかなと思います。

池田満寿夫さんは、この本を見てから気になりはじめた絵描きさん。
その後、池田さんの画集を何冊も見てきましたが、初期の頃の画集、限定出版の画集はなかなか見つかりません。
探しているときは見つからず、ひょんなときに見つかるものですね。


# by momokororos | 2017-08-29 22:37 | | Comments(0)
2017年 08月 28日

また見てみたい川端康成さんの恋書簡

川端康成さんの恋の書簡の展示を3年前に岡山県立美術館で見ました。

「恋する女性と川端康成さんの書簡~岡山県立美術館」〜2014年 07月 19日
http://momokoros.exblog.jp/22213950/

川端康成さんの実らなかった恋、一度は結婚を誓い合った愛する伊藤初代さんとのあいだの恋書簡の展示を見て、川端さんの熱い恋心にほだされました。たどたどしい字で書かれた少年みたいな川端さんの恋文に親しみを覚えました。


返事するに困ることあるのか、もしかしたら病気ぢやないのか、本当に病気ぢやないのかと思ふと夜も眠れない
[川端康成さんの伊藤初代さん宛の書簡より]

誰が何と云つたつて僕を信じていらつしやい。君の思う事何でも承知してあげる。
[川端康成さんの伊藤初代さん宛の書簡より]


不安でありながら強い決意。揺れうごく気持ちが恋文の中に見え隠れします。
伊藤初代さんから「私には非常があるのです。」と書きしるされたお断りの手紙がきて、結局実らなかった恋。このころの未投函の川端康成さんの手紙があまたあるそうです。

川端康成さんはこの恋愛を、相手からの手紙をほとんど引用したかたちで『非常』という短編小説に書いています。

岡山県立美術館で見た川端康成さんの恋書簡をふたたび見たくて、展示会があるか期待していたのですが、今年6月に川端康成記念館で展示会が開催されていたのですね。見逃しました。

その後、『川端康成初恋短編集』の文庫本に書簡の写真が載っているを見つけました。

e0152493_20171654.jpg


岡山県立美術館での川端康成さんの展示では、岡山かの子さんの書簡も展示されていたのですが、その頃はまだ岡山かの子さんに興味をいだいていなかったので、さらりとしか見ていませんでした。どんな内容であったか気になります。


2016年5月17日
『川端康成初恋短編集』。川端康成さんが想いをよせる初代さんからの手紙と川端康成さんの手紙がみつかり、岡山県立美術館で展示されていました。その悲恋の手紙をみて川端さんの意外な一面に感動。初代さんとの交際をテーマにした作品集なんです。

2014年7月24日
岡山県立美術館の川端康成さんの展示会では、川端康成さんと岡山かの子さんの書簡も展示されていました。東京に戻ってきて、中目黒のCOWBOOKSさんで岡山かの子さんの本を見つけました。名前はときどき聞くけどよく知らないので読んでみよう。


# by momokororos | 2017-08-28 22:30 | | Comments(0)
2017年 08月 27日

マクロ的パターン〜アンドレアス・グルスキーさんの写真集

東京都心でも20時を過ぎると、飲むか食べるか以外は、行けるところが少なくなります。
そんなときによく行くのが学芸大学の流浪堂さんです。夜24時まで開いています。

先日寄らせてもらったときに、Andreas Gursky(アンドレアス・グルスキー)さんの写真集を見つけました。

e0152493_18535346.jpg

魅力あふれる写真集です。

スーパーの商品の陳列の棚と川の風景が、同じパターンに見えてきます。

e0152493_18535457.jpg

e0152493_18535455.jpg


この文字と群衆の写真もです。

e0152493_18535557.jpg

e0152493_18535509.jpg

ゴミの写真ですら共通したパターンが見えます。

e0152493_18535673.jpg


遺跡とビルも。

e0152493_18535628.jpg

e0152493_18535785.jpg


単体の写真でも絵になりますが、似たような風景が写真集の中の写真に見えてきます。

e0152493_18535861.jpg


ちなみに写真集の表紙は、岐阜にある東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設のスーパー・カミオカンデ。

e0152493_21461512.jpg

世界最大の地下ニュートリノ観測装置です。スーパーカミオンデの前のカミオンデで世界で初めてニュートリノを観測しました。
よく写真を見ると、下の方に小舟に乗っている人が見えます。
見にいきたいと思いましたが、検出器がある場所は公開されていないみたいです。



# by momokororos | 2017-08-27 22:17 | | Comments(0)
2017年 08月 26日

可愛い「おはなし」の展示会〜北岸由美さんとマスダカルシさん

昨晩は、青山のdoux dimancheさんで開催されている「マスダカルシ 北岸由美 作品展 おはなし」を見にいっていました。

e0152493_20115385.jpg

作家さんであり、お店のスタッフさんである北岸さん。

北岸さんの作品の可愛いさに惹かれてくるお客さんも多くて、きのうは1人でてんてこまいだったみたいです。
昨晩は、北岸さんの作品に惚れているお客さんがいたのでなかなか話せなかったのですが、閉店間際に話すことができました。

e0152493_20115399.jpg

e0152493_20115404.jpg

e0152493_20115429.jpg

北岸さんの絵はとっても可愛いんです。
でも今回ちょっと大人びた絵も見つけたりしました。そんな絵の1つの、夢みる少女の絵を手にいれました。会期後の受けとりなので、また楽しみです。

マスダカルシさんは新聞切絵作家さん。北岸さんの明るい絵に比べて落ちついた感じの作品でした。

今日26日土曜は、北岸さんとマスダカルシさんの2人とも在廊するとのことです。
展示は9/3日曜までです。


# by momokororos | 2017-08-26 11:48 | 雑貨 | Comments(0)
2017年 08月 25日

再びエマニュエル・ルザッティさんの絵本〜『CASTELLO DI CARTE』

この前、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんを訪れていたときに手にいれたもう1冊の絵本です。

エマニュエル・ルザッティさんの『CASTELLO DI CARTE』。

e0152493_19384960.jpg


e0152493_19385011.jpg

e0152493_19385029.jpg

どの絵本みても、ルザッティさんらしい絵です。まだ他の絵本があるのかなと気になります。

と思っていたら、今宵、学芸大学の流浪堂さんで、『アリババと40人のとうぞく』のドイツ語版を見つけました。日本語版と比べてみたいなって思います。


「図書館で見つけた本〜エマニュエル・ルザッティさん」〜2017年 8月 16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25985306/

「『アリババと40人のとうぞく』〜エマニュエル・ルザッティさん」〜2017年 8月 15日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25983208/

「可愛い絵本〜エマニュエル・ルザッティさん」〜2017年 7月 31日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25951041/

「お姫さまを狙う悪い奴〜エマニュエル・ルザッティさんの絵本」〜2017年 7月 22日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25931581/




# by momokororos | 2017-08-25 22:15 | 絵本 | Comments(0)
2017年 08月 24日

こんな風に見えるといいな〜小野千世さんの絵本

先日、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで紹介してもらって手にいれた絵本。

小野千世さんの『ふってくる』。

e0152493_19572824.jpg

いろんなものが降ってきて楽しいです。

e0152493_04553663.jpg

かわいい。


e0152493_04553601.jpg

きれい。


e0152493_04553720.jpg

誘惑にかられます。


e0152493_04553797.jpg

こんなものまで。


e0152493_04553738.jpg

発想がすごい。


e0152493_04553834.jpg

おしいそう。


e0152493_04553898.jpg

楽しいです。

私にも、空や雪や雨がこんな風に見えるといいなって思いました。

小野千世さんは初めてみる作家さん。
まだまだ知らないいい絵本あるのだなとあらためて思いました。

# by momokororos | 2017-08-24 22:38 | 絵本 | Comments(0)
2017年 08月 23日

お庭のお花(其の三十)〜ウォーターマッシュルーム

お庭のお花。
庭には出ているものの、草花の紹介はかなりご無沙汰しています。

カエルの傘みたいな感じで、かわいいなって思っている葉っぱです。

e0152493_13195731.jpg

見つけて植えたらどんどん増えました。
名前がわかりませんでしたが、お花のサイトで聞いてみたら、ウォーターマッシュルームと教えていただきました。
名前も可愛いです。


# by momokororos | 2017-08-23 22:20 | お花 | Comments(0)
2017年 08月 22日

夜を楽しむ本

夜の雰囲気が好きです。
夕暮れときに深い青い空に映えるお店や家々の灯り、夜のとばりがおりたあとのお店の灯りやにぎわう音にいい匂いに心惹かれます。

昨晩から、夜の雰囲気を楽しめる本や絵本を、部屋の中にある本から抜きだしてきて机の上に並べています。

e0152493_19481515.jpg

夜を彷彿させるタイトルの本をまだ雑然と並べているだけですが、内容まで踏みこむともっと厚みがでてきそうです。

どうなれば終わりということはないのですが、まだ見ていない本はたくさんなので、しばらく続けてみようと思っています。


# by momokororos | 2017-08-22 22:27 | | Comments(2)
2017年 08月 21日

線描の美しい絵本〜ベニ・モントレソールさんの絵本、

この前、エマニュエル・ルザッティさんの絵本を紹介したときに、ちらっと触れたベニ・モントレソールさん。イタリアの舞台美術を手がけていた人です。

この前に、クローゼットからベニ・モントレソールさんの絵本も出てきたので紹介します。

モントレソールさんの絵本の中で一番好きな絵本がこちらです。

『SOUNDS OF A SUMMER NIGHT』。

e0152493_11353299.jpg

夕暮れ時から始まります。

e0152493_11353304.jpg

e0152493_11353356.jpg

e0152493_11353454.jpg

夜が訪れます。

e0152493_11353474.jpg

そしてまた朝が訪れます。
細かな線で描かれた風景が美しい絵本です。


『クリスマス・イブ』の絵本も素敵です。

e0152493_11353525.jpg

しんしんと雪降るクリスマスイブの夜。

e0152493_11353681.jpg

e0152493_11353651.jpg

子どもたちは眠れません。

e0152493_11353704.jpg

e0152493_11353883.jpg

こんな雪のイブを過ごしてみたいです。


『The Witches of Venice』。
こちらはアメリカ版。

e0152493_11383197.jpg

e0152493_11383158.jpg

イタリア版の表紙違い。

e0152493_20313220.jpg

e0152493_20313284.jpg

先のアメリカ版の白黒の絵がカラーのページとして載っています。



『ともだちつれてよろしいですか』。

e0152493_11383267.jpg

こちらの絵本で、ゴールデコット賞をとっています。

王さまからお茶に招待されて、友達も連れていきます。

e0152493_11383224.jpg

e0152493_11383317.jpg

e0152493_11383425.jpg

e0152493_11383475.jpg

いろんな友達がいて楽しそうです。


『CINDERELLA』の絵本。

e0152493_13475119.jpg

e0152493_13475248.jpg


もう1冊持っていたと思うのですが、どこからか見つかるでしょうか。


「図書館で見つけた本〜エマニュエル・ルザッティさん」〜2017年 8月 16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25985306/

ベニ・モントレソールさんの絵本~クリスマスの絵本(其の三)
2013年 12月 09日
http://momokoros.exblog.jp/21431491/


# by momokororos | 2017-08-21 22:43 | 絵本 | Comments(0)
2017年 08月 20日

お部屋の机〜2017年8月20日

久しぶりにお部屋の机です。

e0152493_19241919.jpg

最近読んでいた久坂葉子さんと岡本かの子さんの本を並べています。その上には、きのうの日記の廣津里香さんの本に、尾形亀之助さん、薄田泣菫さんの本が並んでいます。

昨日は、夕方から夜にかけて嵐のような天気でしたが、ストームグラスの結晶も成長していました。

e0152493_19242041.jpg

ストームグラスの魅力は尽きないです。


「魅惑のストームグラスとジュール・ヴェルヌさんの『海底二万里』」〜2017年 6月 4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25823734/

「素敵なストームグラス~京都西陣」〜2016年 1月 4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24022659/


# by momokororos | 2017-08-20 21:48 | お部屋 | Comments(0)