<   2017年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

与謝野晶子さんの『春泥集』を読んで、与謝野晶子さんへの想いが再び高じてきました。

e0152493_22140036.jpg


与謝野晶子さんの『みだれ髪』。
文庫でしか持っていませんが、古い版で読みたいものです。その文庫もどこかにしまってすぐには出てこないのですが、写真に写っている『与謝野晶子歌集』には、いろんな歌集から少しずつ歌が選ばれています。この前にも日記に書いた『みだれ髪』の歌も冒頭に載っています。

その子二十櫛になるがるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな

「その子」は与謝野晶子さん。「おごりの春」は誇らしい青春。二十歳の我が身を歌う自己賛美の歌です。与謝野晶子さんが生きた明治時代。女性はつつましやかにと考えられていた時代で自分自身の女性の美しさを歌うのは大胆でした。自己賛美の歌であるとともに女性解放の歌でもあるそうです。


上記の写真の中の『24のキーワードで読む与謝野晶子』は、とっても興味深くて、私の大好きな本の1冊です。

e0152493_22232826.jpg



その本の中にとりあげられている与謝野晶子さんの歌とそれに続く一節を引用します。


一人称にてのみ物書かばや、
我は寂しき片隅の女ぞ。
一人称にてのみ物書かばや、
我は、我は。

女性運動に踏み出す女性たちに寄せただけあって、いかにもそれにふさわしい意気に満ちた詩だ。繰り返されている「我は」のひびきがそのまま作品の声調となり、主張にもなっている。取るに足りない存在という、女性に向けられつづられた社会の偏見に甘んじてみせながらも、尊厳をもって自己を表現してゆこうという熱い志の詩である。「我は」という当たり前の一人称表現が、これほど重くかつ晴れやかに詩のフレーズを満たした例はないに違いない。
一人称でのみ物を書こうていう主張は、女性の置かれている理不尽な立場を訴え、人間として当然の発言をすべしという意にほかならない。「一人称にてのみ」という限定が、虐げられてきた女性の側から意識を覚醒しようとするときの精一杯の強調であることもうなずけよう。
[今野寿美、『24のキーワードで読む与謝野晶子』より]

慎ましやかな女性が求められた時代に、自己を素直に解放していこうという与謝野晶子さんに憧れを感じます。


「『春泥集』〜與謝野晶子さんの詩集」〜2017年 5月 25日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25799952/

「さわやかな初夏の神戸歩き〜カフェと本屋」〜2017年 5月 3日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25744326/


むかし書いた、『みだれ髪』の日記も引用しておきたいと思います。

「みだれ髪」
2006年1月22日の日記

情景やココロが静かに想いおこる与謝野晶子の詩、とっても好きです。京都の情景がそこかしこに歌われているのもいっそう好きにさせているんでしょうね。

うすものの二尺のたもとすべりおちて蛍ながるる夜風の青き

この子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき

春の宵をちひさく撞きて鐘を下りぬ二十七段堂のきざはし


「情感あふれる歌」
2005年4月17日の日記

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき

与謝野晶子「みだれ髪」の中の1つの歌です。
ほんと素敵です..



by momokororos | 2017-05-31 22:23 | | Comments(0)
東京千駄木にある森鴎外記念館の日記をこの前に書きましたが、開催されている『森鴎外の「庭」に咲く草花』の展示では、植物の研究をしていた牧野富太郎さんの精緻な植物の絵が展示されていました。
そして、鴎外さんとの交遊のことや、東京大泉学園や高知にある牧野富太郎さんの記念館のことも紹介されていました。

先日、神保町で本を見てから九段下経由で東西線に乗っていて、神楽坂か林芙美子記念館か中央線沿線にでも行こうかなと思っていたのですが、牧野富太郎さんのことを思いだし、記念館のある大泉学園に行こうかなと思いたちました。

西荻窪や吉祥寺からバスで記念館の近くに行けることがわかり、西荻窪から向かいました。

大泉学園は初めて訪れます。

牧野記念庭園記念館。

e0152493_22352658.jpg


記念館は入場無料でした。

園内はそんなに広くないのですが、樹が生い茂り気持ちがいいです。

e0152493_22352770.jpg

e0152493_22352830.jpg


ヤマボウシのお花も咲いていました。

e0152493_22352801.jpg


樹々が美しいです。

e0152493_22352902.jpg


入口横で、ハラハラと細かな花びらが舞い落ちてきていて見上げると、栴檀(せんだん)という木のお花でした。

e0152493_22352950.jpg


園内には展示館があって、牧野富太郎さんの生涯の紹介や、牧野さんの植物図鑑の絵などが展示されていました。
1940年に刊行された牧野さんの「牧野日本植物図鑑」は、是非手にとって見てみたいものです。いまでも販売されているみたいです。

次回6/3土曜からの企画展のポスターが貼られていました。

e0152493_22534968.jpg



帰りは、バスで再び西荻窪まで戻り、久しぶりに、西荻窪の雑貨のFALLさんへ寄ってみました。

e0152493_22535035.jpg


花松あゆみさんの展示「それぞれの話」が開催されていました。

e0152493_22535037.jpg


花松あゆみさんは少し前に高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで展示が開催されていました。
FALLさんでの展示は5/28で終了しています。


「森鴎外記念館〜千駄木あたり散歩」〜2017年 5月 28日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25806764/

by momokororos | 2017-05-30 22:32 | お花 | Comments(0)
高円寺のるずばんばんするかいしゃさん。「ロシアの装丁と装画の世界」展が開催されています。

e0152493_18394145.jpg


壁一面に素敵な本が並んでいて圧巻です。

反対側の壁にも魅惑的な本が飾られています。

e0152493_22282026.jpg


ジャケ買いしたい本がたくさんだったのですが、可愛い小鳥の表紙の絵本を手にいれました。

e0152493_18394213.jpg


これは飾りたくなります。

可愛すぎるのでアップで写真を載せてしまいます。

e0152493_22282127.jpg


裏表紙は微妙に絵が異なります。

e0152493_22282185.jpg


e0152493_22282298.jpg

e0152493_22282224.jpg


e0152493_22282325.jpg

e0152493_22282350.jpg


なんども言いますが、かわいいです。

中身はいたって地味で、本の目録のリストです。

e0152493_22282466.jpg


完全にジャケ買いです。
そんなロシアの本がたくさんです。

展示では、抽選で当たれば手に入れることができる本も陳列されています。
応募しませんでしたが、もう1度行って応募しようかな。追加の本もあ流とのことで、再度訪れるのも魅力を感じます。

展示は、6/11(日)までです。

e0152493_22305640.jpg




by momokororos | 2017-05-29 22:28 | 絵本 | Comments(0)
『森鴎外の「庭」に咲く草花』という展示会が開催されていることを知り、久しぶり千駄木へ。

しばらく前に団子坂を登ったところにあるギャラリーに好きな作家さんの展示会を見に行っていたときに、通り沿いに森鴎外記念館があるのを見かけていました。
展示会のことは書いていないのですが、森鴎外記念館を見つけたことは日記に書いています。

「森茉莉さんと小堀杏奴さん〜森茉莉さんの『靴の音』」〜2016年 12月 26日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25095787/

千駄木駅で降りて、まずは乃池さんで穴子寿司をいただきました。やわらかとろけそうな日記はまた別日記で。

千駄木の交差点から団子坂を登ります。
この坂、始めはゆるいのですがだんだんときついなります。そして長い。
息があがりそうになりながらしばらく歩くと森鴎外記念館です。

e0152493_16044257.jpg


森鴎外さんの旧居「観潮楼」だったところだそうです。

e0152493_22053655.jpg


森鴎外さんが小説の中で、あまたの草花をのことを書いていたのをまったく知りませんでした。

展示されていた鴎外さんの本の中のお花なくだりを前後も含めて引用します。


この辺は屋敷町で、春になっても、柳も見えねば桜も見えない。内の堀の上から真赤な椿の花が見えて、お米蔵の側の臭橘(からたち)に薄緑の芽の吹いているのが見えるばかりである。
西隣に空地がある。石瓦の散らばっている間に、げんげや菫の花が咲いている。僕はげんげを摘みはじめた。暫く摘んでいるうちに、前の日に近所の子が、男のくせに花なんぞを摘んで可笑しいと云ったことを思い出して、急に身の周囲を見廻して花を捨てた。
[森鴎外、『ヰタセクスアリス』より]

「げんげ」は、「れんげ」のことです。


その傍に二度咲のダアリアの赤に黄の雑(まじ)った花が十ばかり、高く首を擡げて咲いている。その花の上に青み掛かった日の光が一ぱいに差しているのを、順一が見るともなしに見ていると、萩の茂みを離れて、ダアリアの花の間へ、幅の広いクリイム色のリボンを掛けた束髪の娘の頭がひょいと出た。
[森鴎外、『青年』より]


展示されている森鴎外さんの著作で気になったのは、『木芙蓉』。手にいれて読んでみたいと思いました。
本の装幀も草花をあしらったものもいろいろありました。そんな装幀の版の本を手にいれたいものです。

森鴎外さんは千駄木の記念館があるところに住んでいて、小石川植物園によく行っていたそうです。このあいだ行ったばかりだったのでうれしくなりました。

「素敵な雑木林〜小石川植物園」2017年 5月 26日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25802062/


展示の中では、娘の杏奴さんに当てた押し花の手紙が素敵でした。

そして、牧野さんという植物学者の植物のイラストや、東京大泉や高知の記念館も紹介されていました。今度行ってみたいものです。

記念館を出て、鴎外さんの本にもでてくる薮下通りを根津神社の方へ下りていきます。この通りは昔は魅惑の通りだったそうです。
ほどなく根津神社の裏門前にでます。

e0152493_16044358.jpg


右手には、乙女稲荷神社。
女の子がたくさんでした。

e0152493_16044473.jpg


しばらく歩くと社殿です。
唐門から見る社殿。

e0152493_16044489.jpg


楼門。
e0152493_16044562.jpg


神社を出たところにあるツバメブックスさんへ。表通りに出て千駄木方面へ。往来堂書店さん。こちらも結構話題になる本屋さんですが何が魅力なのかわかりません。いろいろ見逃すことが多いわたしなので気づかないだけかもしれません。
千駄木駅へ行く途中に、「はやぶさ」のプレート?が見える雑貨屋さんがありました。
再び千駄木駅に戻り、久しぶりの谷根千歩きを終わりにしました。

by momokororos | 2017-05-28 21:30 | 展示会 | Comments(0)
青山のフランス雑貨のdoux dimancheさんで、しらとあきこさんの「しらとあきこ絵雑貨展 Lapin-Lapin-Lapin」が開催されています。

e0152493_15255884.jpg


e0152493_15255957.jpg

展示されていたほとんどの作品は売れてしまったか、もしくは売約済みで、しらとさんの人気ぶりが伺いしれます。

うさぎさんの原画は、お花の髪飾りとあいまってとっても可愛らしいです。売約済みですが作品は飾られています。

前回展示のときはお客さんがたくさんで、しらとさんとは話すことができなかったのですが、今回少しだけお話しできました。
しらとさんもうさぎさんみたいな可愛らしい方です。
展示は、明日5/28日曜までです。

doux dimancheさんの店内です。

e0152493_15260052.jpg

かわいい雑貨はもちろんなのですが、お花がたくさんで、お花の名前を聞くのも楽しみのひとつです。

by momokororos | 2017-05-27 22:58 | 雑貨 | Comments(0)
金沢。
お昼は近江町市場でいただきました。
もりもり寿しさんが、8人しか並んでいなかったので入ることにしました。

白えび。
北陸にきたらはずせません。

e0152493_14424840.jpg


たまに東京でもお目にかかれますが、少量で高いです。

タコ。

e0152493_14424913.jpg


シラウオ。

e0152493_14365203.jpg


カンパチ。

e0152493_14365382.jpg


ガスエビ。

e0152493_14365310.jpg


ガスエビって結構値段高いんですね。
美味しいです。

のどぐろ炙り。

e0152493_14365453.jpg


日本海の魚で好きなのが、ハタハタとノドグロ。ノドグロは炙りが好きです。


同じネタをもう少し食べたいとチラッと思いましたが、腹八分目で満足です。
三千円でおつりがきて、こんなに美味しい北陸の海の幸が食べれて幸せです。

by momokororos | 2017-05-27 16:56 | グルメ | Comments(4)
金沢の香林坊近くの石川四高記念文化交流館の石川近代文学館のお隣りのしいのき迎賓館へ。
ふと道沿いの看板を見ると、「北欧暮らしのスタイル展」が開催されていました。

e0152493_20160769.jpg

しいのき迎賓館は入らないつもりだったのですが、少しだけ見ることにしました。
会場の1つでは北欧の可愛いものがたくさんでした。

e0152493_20160844.jpg

e0152493_20160962.jpg


もう一つの会場は、ビンテージの北欧のうつわがたくさんでした。

e0152493_20160941.jpg


あとで、金沢の南町を下ったところにある北欧雑貨のお店のピップリケラさんに行こうと思っていて、こんなうちわがこんな値段で売られていたことを伝えようと思いながら見ていました。

e0152493_20161052.jpg


すると、「あれ!?こんにちは。びっくりした」という声が。あとで行こうとしていた北欧雑貨のピップリケラさんの店長さんでした。会場のうつわは、すべてピップリケラさんの商品でした。お店は閉められているとのことで、展示会を覗いてみてよかったです。

金沢市?が持っている北欧の美術工芸品も展示されていました。

e0152493_20161002.jpg

e0152493_20161147.jpg


しいのき迎賓館と迎賓館前のしいのきはいつ見ても素晴らしいです。

e0152493_14554647.jpg

e0152493_14554793.jpg



by momokororos | 2017-05-27 14:55 | 芸術 | Comments(0)
金沢香林坊。
21世紀美術館の方に少し歩くと、石川四高記念文化交流館。

こちらには石川近代文学館が入っていて、大好きな廣津里香さんの常設展示があります。金沢に行くとほぼ毎回寄ります。

「乙女の文学展」が開催されています。

e0152493_20265047.jpg


川端康成さんの『乙女の港』の表紙は中原淳一さんの絵でした。
解説に、中里恒子さんが書いたものに川端康成さんが補筆したということが書かれていました。川端康成さんの『花日記』も中里恒子さんの作だそうです。

中里恒子さんは好きな作家さんで、『時雨の記』がお気にいりです。宇野千代さんとの往復書簡の本もいいです。『乙女の港』と『花日記』は読んでみたいと思いました。

室生犀星、『乙女抄』の巻頭
には、こんな歌が載っています。

ここすぎていづくにかゆかむ
名も乙女のそのふ
ここすぎて行かばいづくに

ちょっと手にいれてみたい本です。


「乙女の文学展」の展示では、中原淳一さんの絵が表紙の本がたくさん展示されていました。中原淳一さんはそんなに興味がなかったのですが、本の装幀に使われているのはまた興味があります。姫路の姫路市立美術館で中原淳一さんの展示をすすめられたけど見にいきませんでした。見にいけばよかったかな。


「乙女の文学展」を見たあとは、大好きな廣津里香さんの常設展示を見にいきました。
廣津里香さんは、金沢に住んでいて、詩や絵を描いていた女性。若く夭折してしまっていますが、その感性に惹かれます。

2階の、石川県の文学者の部屋の半分くらいが廣津里香さんの展示です。
見たことのない廣津さんの写真や絵がありました。展示はときどき少し入れ替えているみたいです。
廣津里香さんの写真や絵、詩、日記をみて、生きていた時代の廣津さんに想いを馳せます。
廣津里香さんの詳しいことを聞こうと思ったのですが、学芸員の方がおらず残念。また今度聞いてみたいと思います。


石川四高記念文化交流館は、ほんと素敵で、こんな建物です。

e0152493_12372958.jpg



「廣津里香さんの画帖〜『不在照明』」〜2016年 12月 2日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25002181/

「『白壁の花』〜廣津里香さんの日記」〜
2016年 8月 23日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24613336/

「金沢春のお散歩(其の三)~石川近代文学館」〜2016年 4月 12日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24298350/

「廣津里香さんの絵~ 『黒いミサ』」〜2016年 3月 22日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24239722/

「廣津里香さんの絵と詩~石川近代文学館」〜2016年 3月 7日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24198123/



by momokororos | 2017-05-27 11:48 | | Comments(0)
久しぶりの金沢。
去年の年末に訪れて、またすぐ1月から再び行きたいと想っていたのですが、5ヶ月ぶりでやっと行くことができました。

東京から新幹線で2時間半。
仕事が終わってから行っても夜を楽しめます。
21時半くらいに、金沢の犀川大橋ほとりの片町伝馬へ。夜の金沢で一番情緒ある街ではないでしょうか。

北陸の海の幸を堪能しました。

お刺身の盛り合わせ。

e0152493_19485796.jpg


くじら赤身、白エビ、ガスエビ、ヒラマサ、タコ、マグロ。最近美味いものを食べていなかったので、うれしいです。

外海で期間限定で採れるというもずくは太く粘りもあっておいしい。

e0152493_19485802.jpg


ホタルイカ。

e0152493_19485920.jpg

生きているホタルイカでした。
これを石焼の上で焼きます。香ばしい香りがたまりません。わたしはこれを食べにきたんだと思ってしまうほどの美味しさです。

合わせた地酒は、加賀雪梅純米。
あたりフルーティ、あと水のような素直な味でした。そして好きな宗玄純米もいただいています。

沢蟹が載った自然薯石焼。

e0152493_19485985.jpg

うに、白えびが入って美味しい。

あとは、加賀菜もいただいています。

美味しいので日本酒がすすみます。

三笑楽濁りつぶ酒。
酸味にほどよい甘みがあって美味しい。料理と合わせなくてもこれだけで楽しめそう。いくらでも飲めそうですが、アルコール度数は高いです。

お店のご主人や奥さん、先代のご主人と話しながら、片町伝馬の夜は更けていきました。


by momokororos | 2017-05-27 10:12 | グルメ | Comments(0)
植物園によく行っていた時期もあるのですが、しばらくご無沙汰していました。
お花好きのお友達がいることや、今年にはいり、鎌倉に行くことが多くなって、またお花が気になりはじめて植物園にいくようになりました。

東京の文京区にある小石川植物園。
正式名称は、東京大学大学院理学系研究科附属植物園。開園は江戸時代の1684年の小石川薬園というからすごいです。

池袋と上野を結ぶバスが近くを通るのでバスで行くことが多いのですが、たまに茗荷谷からいきます。茗荷谷駅からは歩いて15分くらいかかります。

正門から入り、左手の山道を日本庭園の方に歩くと、池の向こうに素敵な洋館が見えます。

e0152493_22555364.jpg


黄菖蒲のお花でしょうか、水辺に咲いていてきれいです。

e0152493_14033479.jpg


この洋館から山道みたいな登りをのぼると樹林帯です。
さっと流してみるつもりがあまりの素晴らしさに奥に奥に誘われました。

中でもカリンの林が素敵でした。

e0152493_22555497.jpg

e0152493_22555417.jpg


都心にいることを忘れさせるほどの林で、周りの建物も見えず、喧騒もまったく聞こえません。起伏もありどこかの山に来たかのようです。

e0152493_22555537.jpg



下からに上からに燃えたつかのような緑です。

e0152493_22555625.jpg


この緑、ハゼノキとイロハモミジなのですが、ハゼノキの幹からイロハモミジが出ています。

e0152493_22555634.jpg


よく見ると葉っぱが混在してました。

e0152493_22555795.jpg


ソメイヨシノの林。
のんびりずっと座っていたいです。

e0152493_22555818.jpg


華やかさはないのですが、お花もたくさんです。

e0152493_22555904.jpg

e0152493_23013801.jpg

e0152493_23013993.jpg

e0152493_23013952.jpg


e0152493_23014176.jpg


e0152493_23014201.jpg

e0152493_23014352.jpg

e0152493_23014347.jpg

e0152493_23014449.jpg


ハンカチノキとキリシマツツジは花期を過ぎていました。

1時間くらい見るつもりでしたが、2時間半もいてしまいました。

園内でお花をゆっくりみていると、園の人が話しかけてきて、こんにゃくの花が咲いてますよ、胡桃の林の近くに日本で1本日しかない木の花が咲いてますよとか教えてもらいました。

e0152493_23115395.jpg


帰り、植物園のすぐ近くに、文京シビックセンター(春日駅)や後楽園駅、茗荷谷駅を巡る文京区のバスの「共同印刷」というバス停を見つけました。今度行くときはそれを利用してもいいかなと思いました。



by momokororos | 2017-05-26 21:15 | お花 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ