<   2017年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

お庭にムスカリのお花が咲いています。

e0152493_21550337.jpg


かわいらしいお花の形です。
満天星躑躅のお花にも似ています。

by momokororos | 2017-04-26 22:38 | お花 | Comments(0)
京都。寝ても覚めても京都を想う時期がありました。

吉井勇さんの京都の祇園を詠んだ歌が、京都を想う気持ちを表現しています。

かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる

先日、祇園新橋の夜桜を見にいきましたが、すぐそばに、吉井勇さんの「かにかくに」の碑があります。

祇園新橋の桜です。

e0152493_20585140.jpg



いまでも京都はよく訪れますが、お寺にお庭に街に夜にかなり傾倒していた時期とはまた違って、京都にいるだけで満足してしまっている自分がいます。

最近、本棚の上を全部見直しました。
本棚の上にずっと積みかさねていた京都の本はかなり長いあいだ手にとっていませんでした。

e0152493_20354308.jpg


一旦すべて下に降ろして埃をはらいました。


京都関係の雑誌やパンフレットはほとんど捨てましたが、本はなかなか捨てられないです。他にも、京都の写真集やガイドブックなどがまだあります。
京都は時を経ても変わらないものは変わらないので、雑誌にしても本にしてもなかなか手放せないです。


「高瀬川の満開の桜〜京都木屋町通四条上ル」〜2017年 4月 7日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25678298/

by momokororos | 2017-04-25 21:00 | 京都 | Comments(0)
お部屋の本棚にロシアと東欧の絵本が入りきれていなかったので、本棚を久しぶりに見直しました。

4段プラス2段をロシアと東欧の絵本のコーナーとして使っていましたが、右下の1段を空けました。

e0152493_15341860.jpg


入っていなかった絵本を入れました。

e0152493_15341809.jpg


まだ余裕ありますが、貸しているマイ・ミトゥーリチさんの絵本と、探しきれていないライナー・チムニクさんの絵本を考えると、入りきらないかなって思います。もう1段空けないと無理かもしれません。

ヴュルツ・アダムさんの絵本がかなり増えています。また紹介したいと思います。

by momokororos | 2017-04-24 22:32 | 絵本 | Comments(0)

百花繚乱〜赤塚植物園

板橋区立赤塚植物園。
最寄りの駅は成増駅というところ。
わたしの住んでいるところからかなり遠いのですが、好きな植物園の1つです。

ネモフィラの可愛いお花が入口入ったところに咲いていました。

e0152493_18333962.jpg


ニリンソウ。

e0152493_18334031.jpg


八重山吹。

e0152493_18334062.jpg


白山吹。

e0152493_18334151.jpg


シャクナゲのお花が咲いていました。

e0152493_18334149.jpg


シャクナゲを見ると、奈良の室生寺を思いだします。
室生寺の石段の左右に咲く白いシャクナゲは、ちょうどゴールデンウィークに見ることができます。室生寺を訪れたのが4年前。大好きなお寺なのでまた行きたいです。


シロヤシオ。

e0152493_18334288.jpg


別名、五葉ツツジ。
清楚な白のツツジです。
ツツジの種類はあまり気にしたことがなかったのですが、少し注意してみようかな。ツツジといえば、根津神社を思いおこします。


e0152493_18334368.jpg


スミレのお花。

e0152493_18334380.jpg


清楚なスミレを見かけるととてもうれしいです。


ショカッサイ(ムラサキハナナ)だと思っているのですが、違うかな。

e0152493_18334400.jpg


ヤマシャクヤク。

e0152493_18375266.jpg


スノーフレーク。

e0152493_18375315.jpg


ヘビイチゴ。

e0152493_18375454.jpg


サクラソウ。

e0152493_18375505.jpg


マイヅルソウ。

e0152493_18375615.jpg


ホタルカズラ。

e0152493_18375656.jpg


牡丹のお花がもう咲いていました。

e0152493_18375740.jpg

e0152493_18375753.jpg


赤塚植物園の近くには、絵本の展示会をよく開催する板橋区立美術館がありますが、赤塚植物園に行くことの方が多いです。それだけ赤塚植物園が魅力ということでしょうか。たくさんのお花が見れるのですが無料なのも驚きです。
by momokororos | 2017-04-23 22:12 | お花 | Comments(0)

百花繚乱〜向島百花園

好きな植物園がいくつかあるのですが、その1つが向島百花園です。
昔はよく行っていましたが、この前久しぶりに訪れてみました。

大好きな一人静のお花。

e0152493_18042663.jpg


この清楚なたたずまいのお花に似た感じのお友達がいます。数年前からまた見たいと思っていたのですが、やっとみることができました。


バイモのお花。

e0152493_18001811.jpg


椿だと思います。

e0152493_18001904.jpg


ツツジのお花もだんだん咲いてきました。

e0152493_18001921.jpg


ゲンペイモモ。

e0152493_18002077.jpg


満天星躑躅。

e0152493_18002110.jpg


シャガ。

e0152493_18002206.jpg


シジミバナ。

e0152493_18002269.jpg



なんのお花かわからなくなりました。
なんだったでしょうか。

e0152493_18002345.jpg


イワヤツデ。

e0152493_18002495.jpg


ハナニラの群生。

e0152493_18060154.jpg


サクラソウ。かわいいです。

e0152493_18060255.jpg



イカリソウ。

e0152493_18060329.jpg


バイカイカリソウ。

e0152493_18060313.jpg


ニリンソウ。

e0152493_18060458.jpg


ムサシアブミ。

e0152493_18060448.jpg


雪柳。

e0152493_18060524.jpg


アマドコロ。

e0152493_18060525.jpg


スミレ。

e0152493_18060614.jpg


新緑の季節の植物園はとっても気持ちいいです。

e0152493_18060774.jpg



by momokororos | 2017-04-22 22:17 | お花 | Comments(0)
リチャード・ブローディガンさんの『西瓜糖の日々』。

好きな人からすすめられて、読んでみたらすごくよかった本です。そのときは文庫本で読んでいたのですが、単行本を見つけました。その本はすすめてくれた人にあげたのですが、また同じ本を見つけて手にいれました。

e0152493_19533494.jpg


なぜいいのかよく説明できないのですが、
穏やかな夜の描写に、なんかあたたかい気持ちになります。描かれる世界に包まれているような感覚、この世界観が心地よいです。

わたしは小屋に入ると、六インチのマッチでランタンに灯をつけた。西瓜鱒油は美しい光を放って燃えた。すばらしい油だ。
西瓜糖と鱒からとれる液を、ある特別な草の葉といっしょに混ぜると、やがて、わたしたちがこの世を照らすために用いるこのすばらしい油になるのだ。
わたしは眠かったが、眠りたくなかった。眠くなればなるほど、眠りたくなかった。服を着たまま、長いことベッドに横になっていた。ランタンの明りをそのままにして、部屋に映る影たちを凝視していた。
[リチャード・ブローディガン、『西瓜糖の日々』より]


前にTwitterに書いた文章があるので、引用しておきます。

2016年1月3日
Coyote。大阪水無瀬の長谷川書店さんで目にとまりました。小川洋子さんと平松洋子さんの対談に、リチャード・ブローディガンさんの『西瓜糖の日々』からインスパイアされる小川さんと平松さんの物語。西荻窪の街やお店の紹介も魅力。

2014年8月11日
リチャード・ブローディガンさんの『西瓜糖の日々』は不思議な魅力です。闇夜のこわい存在としての夜に対して、いだかれるような存在としての夜を感じるような印象を小説の中から感じます。ブローディガンさんの著作の中で好きな『愛のゆくえ』をもう1度読んでみようと思います。

2014年8月11日
リチャード・ブローティガンさんの『西瓜糖の日々』。読みおわり。雰囲気のある小説です。わたしの知らない遠い世界の街の夢のような話しだけど、昔感じていた気持ちを感じるかのようです。夜にいだかれるような安心感を思いおこすような気持ちになりました。

2014年8月9日
リチャード・ブローティガンさんの『西瓜糖の日々』をすすめてもらいました。読んでみます。
e0152493_19533530.jpg




by momokororos | 2017-04-21 23:12 | | Comments(0)
中目黒のdessinさんで紹介してもらったスプーンの写真です。

スプーン?と最初は思いましたが、お洒落で可愛くて、タイポグラフィも素敵です。

e0152493_05204138.jpg


魅惑的ながあったり。

e0152493_05204152.jpg


かわいいのがあったり。

e0152493_05204279.jpg



落ちついたのがあったり。

e0152493_05204250.jpg


カラフルのがあったり。

e0152493_05204306.jpg


かわいい写真集です。

by momokororos | 2017-04-20 22:13 | 写真 | Comments(0)
今年も都忘れの淡いお花が咲いてきました。

e0152493_13573650.jpg


よく見かけるのは濃紫の都忘れです。
都忘れは、鎌倉のお寺で初めて見かけたお花です。お寺で見かけて好きになったお花はたくさんです。

by momokororos | 2017-04-19 21:45 | お花 | Comments(0)

夕暮れどきの青山散歩

先日の週末、久しぶりに青山へ。

青山の表参道の交差点。

e0152493_12390205.jpg


青山は通りも歩道も広く、空が広くて気持ちがいいです。

e0152493_12390291.jpg


素敵なお店もお洒落さんも多くて、夕暮れどきに風を受けて歩くのはとても満ち足りた気分になります。

雑貨のdoux dimancheさんに寄って、しばらく青山をお散歩。
お花がいっぱい咲いているところもあります。

e0152493_12390322.jpg


ときに帰りたくない気持ちになる青山は19歳のときから好きな街です。東京で好きな街はいろいろありましたが、青山はずっと変わらず好きな街です。

青山から中目黒へ出ました。
もう目黒川の桜の人出は落ちついただろうと思っていましたが、夜桜を見にきた人でいっぱいでした。

目黒川沿いのCOWBOOKSさんへ。

e0152493_12390375.jpg


青山から中目黒に行くことが多いのですが、東京メトロと東横線もしくは田園都市線を乗り継いでいかねばならず、思ったより時間かかります。
ときに渋谷から中目黒の東山にバスで入ることがありますが、一番好きな入りかたです。

by momokororos | 2017-04-18 22:15 | 雑貨 | Comments(0)

鎌倉お花の寺〜収玄寺

鎌倉お花の寺。
長谷寺や大仏の高徳院に向かう途中、長谷寺の手前左に収玄寺というお寺があります。
たくさんの人が行き交う表通りに面していながらほとんど人が入っていないお花のお寺です。

トキワマンサクと桜。

e0152493_16381696.jpg


トキワマンサクはこんなお花です。

e0152493_16381776.jpg


ツルコケモモ。

e0152493_16381762.jpg


可愛らしいお花で家のお庭にも咲いています。

カタバミ。

e0152493_16381899.jpg


カタバミは葉っぱがハート型でかわいいです。カタバミもピンクのお花が家に咲いています。

ハナニラ。

e0152493_16381998.jpg


ハナニラを初めて見たのは鎌倉でした。
群生しているのをよく見かけます。

久しぶりに鎌倉に通うようになってから、少しずつ花のお寺に戻ってきています。


by momokororos | 2017-04-17 22:30 | お花 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ