<   2016年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

お部屋の机の今はこんな感じです。

e0152493_19525348.jpg


11の本屋さんで手にいれた本が、今の机の上に並んでいます。

机に置いてあるのは、出口かずみさんのイラストのラッピングペーパーをブックカバーにしたもので、中身は森茉莉さんの文章を早川茉莉さんがセレクトした『紅茶と薔薇の日々』です。
ブックカバーは高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで、手にいれたラッピングペーパーをブックカバーに作ってもらいました。

金沢から京都の旅には、姫路のおひさまゆうびん舎さんで手にいれた『カポーティとの対話』を読んでいました。カポーティさんの本は読んだことないのですが、かなり興味を惹かれます。感想はまた書きたいと思います。

by momokororos | 2016-12-31 21:45 | | Comments(2)

京都ふらり

金沢から京都へ。
サンダーバードは夢の京都と金沢を結ぶ特急です。

京都の河原町通御池下ルの雑貨の Angersさんへ。

e0152493_00274414.jpg


久しぶりにAngersさんの京都本店を訪れました。本店は3階あり、2階3階と登るほど素敵なモノがあると感じます。

河原町通を下り、河原町四条の丸井の中の新刊本屋の FUTABA + さん。
京都に来るといつも寄る素敵な品揃えの本屋さん。開店当初からこのセレクトはすごいと思っていましたが、今でも訪れるたびに感じています。
この前に、FUTABA + さんに訪れたときに、カウンターの前に Angersさんのショップカードが置いてあったので聞いてみると、FUTABA書房さんの雑貨事業がAngersとのことでした。Angersさんの本の品揃えも大好きなのですが、どおりで素敵なはずです。

京都駅。
ふとみると、あやしくライトアップされている京都タワー。並ぶビルも赤でライトアップするようになっていたのですね。

e0152493_00274477.jpg


久しぶりに伊勢丹百貨店にもはいりました。
美術館「えき」で開催されていたミロコマチコさんの展示会がすでに終わっていて残念です。

昔大好きだったお寺巡りは最近しなくなってしまいましたが、今年も京都には30日以上ふらりと訪れています。

by momokororos | 2016-12-31 10:27 | 雑貨 | Comments(0)
金沢では、雑貨に古本屋、うつわのお店にも寄りました。金沢に来るとよく寄っているところばかりですが、久しぶりに顔をだしました。

せせらぎ通りを武蔵ケ辻の方向に少し歩いたところにある、フィンランド雑貨のピップリケラさん。

e0152493_22281661.jpg


フィンランドのヌータヤルヴィのうつわに惚れこんでいるのですが、今回もヌータヤルヴィの素敵なうつわに出逢いました。
前からお店に置かれていていたのですが、置かれていたことは知っていましたが、じっくりと見ていなくてその魅力に気づきませんでした。

古本屋のオヨヨ書林さん。

e0152493_22281790.jpg


元109で今は東急スクエアの地下の本屋のうつのみやさんに寄りました。ほど近い柿木畠にあったのですが移転しています。店内の一角にあるカフェの名は「文豪カフェ」。惹かれる名前です。

表通りにでて、九谷焼の諸江屋さんへ。

e0152493_22281812.jpg


人間国宝の徳田八十吉さんの展示が奥で開催されていました。

金沢の美術館にもいろいろ寄りたかったのですが、すべて年末のお休みでした。
この前に読んだ川本三郎さんの本の『林芙美子の昭和』に、徳田秋聲さんのことが書かれていて、金沢のひがし茶屋街の徳田秋聲記念館を再訪したかったのですが、またの機会に行きたいと思います。


by momokororos | 2016-12-30 22:46 | 雑貨 | Comments(0)
金沢3日目。
金沢駅ビルの中の「あんと」に入っている金沢まいもん寿司さんでお昼をいただきます。
まいもん寿司さんは、私の地元にできて開店さた当初から人気のお店でした。

北陸の海の幸7点盛りを頼みました。

e0152493_12305295.jpg


白えび、のどぐろ、香箱蟹も入っています。

香箱蟹、昨日に引き続き食べることができてうれしいです。

e0152493_12305344.jpg


北陸の海の幸は美味しくて毎日食べたいです。
by momokororos | 2016-12-30 20:40 | グルメ | Comments(0)
金沢。
昨日は、朝晴れていましたが、天気は変わり夜は雨になりました。とても寒かったです。

夜は片町伝馬にでて北陸の海の幸を楽しみました。

久しぶりに香箱蟹をいただきます。

e0152493_09493219.jpg


香箱蟹はとっても美味しくて毎日食べたいくらいです。今年の冬の金沢は初めてなので、香箱蟹も初めてです。11月から12月末まで食べることができるのでギリギリでした。


お造り。

e0152493_09493341.jpg


アンコウの肝やアンコウの頬もありました。白えびも北陸にきたらはずせない大好きなお刺身です。


白子の石焼き。

e0152493_09493441.jpg


白子が焼けるこおばしい香りが食欲をそそります。


せん菜。わさびの葉です。

e0152493_09493469.jpg


辛いけど、美味しいです。
お料理のアクセントにもなるし、お酒のつまみにもなります。

合わせる地酒は、加賀雪梅の純米吟醸と、歳盛の大吟醸。

e0152493_09493595.jpg


加賀雪梅の純米吟醸は甘み柔らかく酸味も少なく飲みやすかったです。大吟醸はあまり飲みませんが、フルーティーな味はいつも驚かされます。

by momokororos | 2016-12-30 10:20 | グルメ | Comments(0)
金沢晴れ。

e0152493_11125722.jpg


天気は下り坂みたいですが、出だしよしです。

まずは近江町市場でお昼。
もりもり寿しで食べようと思ったのですが、50人待ち。ほど近い近江町食堂で食べることにしました。

かぶら寿し。

e0152493_11455794.jpg


冬の味覚のかぶら寿しはとっても美味しいです。

白海老唐揚げ。

e0152493_11455767.jpg



東京だとめったに食べれない白えびは北陸にくるとはずせないです。

海鮮丼。

e0152493_11455847.jpg


ブリが美味しいです。

お昼からちょっと欲張りすぎたかな。

久しぶりの金沢の味覚、美味しかったです。

by momokororos | 2016-12-29 11:45 | グルメ | Comments(0)

久しぶりの金沢

昨晩、最終電車で金沢に来ました。

e0152493_08581066.jpg


昨夜は東京で遊んでいて、関西にでるか金沢にでるか迷いましたが、なじみのお店が開いている金沢へ。

e0152493_08581129.jpg


昨晩金沢に着いたのは23時半過ぎだったのでどこにも行けていませんでしたが、久しぶりに楽しみです。

by momokororos | 2016-12-29 09:07 | | Comments(0)

うれしさ格別

本をプレゼントしたらとっても喜んでもらえました。うれしい様子を見て私もすごく嬉しかったです。
年末年始、この気持ちをいだいて過ごせそうです。

by momokororos | 2016-12-28 21:35 | 気持ち | Comments(0)
わたしのまわりに、荒井良二さんの『スースーとネルネル』が好きっていう人が多いです。

e0152493_23014136.jpg


わたしも大好きです。

e0152493_23014213.jpg


始まりのページ。
なんのおはなしをするのでしょうか?


e0152493_23062891.jpg


なにがくるのでしょうか?

期待感もてて、とっても素敵な絵本です。

by momokororos | 2016-12-27 23:06 | 絵本 | Comments(0)
森茉莉さんの『靴の音』。

e0152493_20504749.jpg


学芸大学の流浪堂さんで、まだ値付けしていない本でしたが、初めて見る森茉莉さんの本だったので手にいれました。

単行本の帯に書かれている値段は250円。なんともいい感じがするのは私だけでしょうか。

森茉莉さん。
最初は萩原朔太郎さんの娘の萩原葉子さんのエッセイに出てきた茉莉さん。かなりわがままな感じであまりいい印象はもっていなかったのですが、独特の世界観に惹かれるようになりました。


『靴の音』の本の表紙をめくってみると...

e0152493_20504757.jpg


「杏奴へ」と「marie」の直筆。
杏奴さんは森茉莉さんの妹さんで、茉莉さんから杏奴さんに贈られた本みたいです。杏奴さんかご家族の方かわかりませんが手放してしまったのですね。
調べてみると、杏奴さんが亡くなられてからもう20年近くなるということを知りました。エッセイや小説を読んでいると身近にいる人のように感じてしまいます。

小堀杏奴さんの文章は好きで、初めて読んだ本は『のれんのぞき』。

e0152493_20504873.jpg


この帯に書いてある「生まれ故郷の団子坂」を見て思いだしたことがあります。

先日、千駄木駅から団子坂の急な坂道を登った先にあるフリュウギャラリーに訪れたときに、途中に文京区立森鴎外記念館がありました。また今度と思って寄りませんでした。小堀杏奴さんが生まれたところとは、行ってみたくなりました。

小堀杏奴さんの『のれんのぞき』もいい本で、また読んでみようと思います。

by momokororos | 2016-12-26 22:28 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ