「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 47 )   > この月の画像一覧

ラファウ・ブレハッチさんのショパンの「前奏曲全集/2つの夜想曲作品62 他」のCDを手にいれました。

e0152493_22123263.jpg

ショパンの夜想曲が素敵だと教えてもらい、動画サイトで視聴してみました。

「夜想曲 第18番 ホ長調」。
波が幾重にも重なるようなやさしい旋律にまどろみ、ときに思いがけなく力強い調べに揺り起こされ、また大きな穏やかな流れにのみこまれていくような感じで素敵です。

このまどろみと覚醒は、前に体験したことがあります。
京都の大覚寺を訪れていたとき、たまたま5人のお坊さんが念仏を唱えているを聴いていたことがあるのですが、ときおり1人のお坊さんが共鳴している念仏のメロディをはずすのです。それも力強く。念仏を聞いているまどろみから一瞬覚醒をうながされるような感じ。そのあとには再びまどろむような念仏に戻っていきます。
もう一度聞いてみたいのですが、いつあったのか記憶も定かではありません。

ここしばらくバッハやショパンを聞いて、遠のいていたクラシックにまたはまっていきそうです。
by momokororos | 2015-06-30 22:11 | 音楽 | Comments(0)

鎌倉散策~グルメと雑貨

鎌倉花巡りのあいまにちょっとだけグルメと雑貨屋さんを楽しんでいました。
北鎌倉から鎌倉にでて、小町通りへ。
平日にもかかわらずかなりの人出でした。
e0152493_5453241.jpg

久しぶりに生しらす丼をいただきました。
e0152493_5453578.jpg

量的に少なく、もう1軒行けそうでした。

大巧寺のお花を見てから、若宮大路沿いにある北欧雑貨のkroneさんへ。
e0152493_5453898.jpg

北欧を中心とする素敵な生活雑貨がたくさんです。江ノ電の踏切を渡り御成通りの方に歩いた左手に小さな本店があります。

鎌倉の妙本寺から御成通りに移転された葉っぱ小屋さん。訪れたかったのだけど昨日はお休みで残念。また今度に期待します。

鎌倉駅から江ノ電に乗ります。
e0152493_5454165.jpg

大変な人で電車は満員です。
長谷駅では光則寺に寄っています。

再び江の電に乗り、鎌倉駅に戻るか江ノ島にでるか迷ったのですが、海が見たかったので江ノ島方面へ。
七里ヶ浜のあたりから海が見えます。
鎌倉高校前駅の海の風景。
e0152493_5454349.jpg

このあと江ノ電は路面電車になり、軒先をかすめ江ノ島駅へ。いつ乗っても楽しいです。
商店街を少し歩くと小田急江ノ島駅。駅は竜宮城みたいなんです。
e0152493_5454665.jpg

短い時間でしたが、すがすがしい陽気で気持ちのよい鎌倉散策でした。
by momokororos | 2015-06-30 05:44 | 雑貨 | Comments(7)
鎌倉花散歩。
鎌倉から江の電で長谷にでました。
鎌倉駅からの江の電は満員、長谷駅に降りてからも人がたくさんでした。

しばらく山の方へ大通りを歩き、三叉路の信号で左に曲がると人気の長谷寺。一本先の通りの奥には光則寺というお寺があります。
こちらもさまざまなお花が咲いていて鎌倉で大好きなお寺の1つです。
e0152493_22333666.jpg

境内に入ると目についたのが蓮のお花。
e0152493_22333864.jpg

半夏生(ハンゲショウ)。
e0152493_223422.jpg

山吹。
e0152493_22334237.jpg

狐の剃刀だと思います。別名リコリス。
e0152493_22334449.jpg

こちらは見かけたことはあるのですが何でしょうか。
e0152493_2234041.jpg

可愛らしい「ウサギゴケ」というのも育てていらっしゃいました。
e0152493_22334045.jpg

ウサギの形しています。

境内の外には時計草が咲いていました。
e0152493_2233496.jpg

そして、オシロイバナ。
e0152493_22335281.jpg

近くの民家の百合も見事でした。
e0152493_22335436.jpg

e0152493_22335794.jpg

短い鎌倉探訪のときに、決まって訪れるお寺が、北鎌倉の円覚寺松嶺院、鎌倉の大巧寺、長谷の光則寺です。またゆっくり見にきたいと思います。
by momokororos | 2015-06-29 22:33 | お花 | Comments(0)
鎌倉花散歩。
北鎌倉から鎌倉に出て、遅いお昼を食べてから、駅からほど近い若宮大路沿いにある大巧寺へ。
e0152493_2025549.jpg

こちらは安産子育のお寺で小さな赤ちゃんを抱いたおかあさんをよく見かけます。
知りあいにおなかが大きくなってきた人がいるので無事に生まれますようにと手をあわせてきました。
門前に咲いているのはアガパンサスです。

こちらの境内のお花もたくさんで、鎌倉で大好きなお寺の1つです。

紫陽花。鮮やかな赤が印象的です。
e0152493_203275.jpg

e0152493_2025782.jpg

美容柳。
e0152493_202592.jpg

擬宝珠。
e0152493_203325.jpg

虎の尾。
e0152493_203610.jpg

小坊主弟切(コボウズオトギリ)。
ヒペリカムと言われているお花の実です。
e0152493_203873.jpg

爆蘭(ハゼラン)。
色が混じりあっていて魅力的です。
e0152493_2031130.jpg

桔梗。
e0152493_2031529.jpg

柘榴(ザクロ)。
e0152493_2031960.jpg

一度名前を覚えたけど忘れてしまいました。
e0152493_2032193.jpg

小さな境内ながらお花を楽しめる素敵なお寺です。
by momokororos | 2015-06-29 20:02 | お花 | Comments(0)
今日は梅雨の晴れ間。
爽やかでとっても気持ち天気だったので、ちょっと遅いお出かけでしたが、鎌倉に足を伸ばしてみました。

北鎌倉で降りて円覚寺へ。
e0152493_177250.jpg

平日にもかかわらずたくさんの人出でびっくりです。

円覚寺の山門のしきい。
e0152493_177515.jpg

こちらのしきいはかなり高くてよいこらしょって感じです。
e0152493_177892.jpg

円覚寺の境内に松嶺院というお寺があります。
e0152493_1765979.jpg

鎌倉はお花のお寺が多いのですが、その中でも特にたくさんのお花が咲いています。

可愛いお花ですが名前を知りません。
e0152493_1771099.jpg

紫陽花。
e0152493_1771255.jpg

桔梗。
e0152493_1771595.jpg

撫子。
e0152493_1771777.jpg

毎年6月に円覚寺に訪れているのですが、今年は忙しさにかまけて忘れていました。今日家をでて鎌倉に行こうと思いたってから思いだしました。

今年はいつもより1、2週間遅くなので、去年見れたお花が見れませんでした。
鉄線(クレマチス)もそんなお花の1つ。でもお花が終わったあとのこんな綿毛が見れました。
e0152493_1772067.jpg

日かげで風にそよぐ可憐なお花。
マーガレット?コスモス?
e0152493_177229.jpg

ウンナンハギのお花も咲いています。
e0152493_1772888.jpg

こちらはわからないです。
e0152493_177313.jpg


実は詳しくないのでまったくわかりません。
e0152493_1773398.jpg

こちらはフイリクマヤナギ。
e0152493_1773543.jpg

お花の種類は去年よりも少なかったですが、いつもと違うお花が楽しめました。
by momokororos | 2015-06-29 17:06 | お花 | Comments(2)
今日は、エルサ・アンリケさんの絵本。
ジャック・プレヴェールさんの文にエルサ・アンリケさんが絵を描いています。

e0152493_2364568.jpg

e0152493_2364788.jpg

左が1947年版、右が2008年版。
1947年版の表紙と裏表紙の素敵なイラストが2008年版では入っていないのがなんとも残念です。それでも中のページのイラストはぞっこんです。

アンリケさんの邦訳されている絵本があまりなく2冊しか持っていないのですが、いろいろ描かれているものがあればぜひ翻訳してほしいものです。
by momokororos | 2015-06-28 23:06 | 絵本 | Comments(0)
今年は旅にでていて、お庭の牡丹も芍薬もよい時期を逃してしまいました。

今日お庭を見たら百合のお花が咲いていました。
e0152493_19353917.jpg

大柄ながらも清楚なお花です。
by momokororos | 2015-06-28 19:28 | お花 | Comments(0)
「北大路魯山人の名品に盛る」という家庭画報の特集を前に見ていたのですが、また見かえしてみると、やはり素晴らしい。
e0152493_17161965.jpg

[家庭画報7月号より]

足立美術館所蔵の魯山人さんのうつわに、京都の菊乃井のご主人の村田吉洋さんの料理を持ったコラボレーション。魯山人さんのうつわは料理をもりつけると印象変わります。わたしもこんな料理を愛でたいものです。

そんなのを見ているうちに読みたくなった魯山人さんの『魯山人味道』。
e0152493_17162166.jpg


京都国立近代美術館では、
「北大路魯山人の美 和食の天才」の展示が開催中です。
この前、札幌の三岸好太郎美術館でパンフレットを見つけました。
e0152493_17161349.jpg

e0152493_17161543.jpg

こちらも見にいきたいと思います。

最近書いた魯山人さんの日記です。

「山陰の美術館~鳥取・島根」〜
2014年5月4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21958800/
「北大路魯山人展~何必館・京都現代美術館」〜2014年4月6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21865015/
「料理は芸術か~北大路魯山人さん」〜2014年3月19日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21801946/
「魯山人の看板~京都」〜2014年3月16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21789124/
「魯山人さんのうつわ」〜2014年1月31日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21634202/
by momokororos | 2015-06-28 17:16 | 芸術 | Comments(0)
今日は有楽町から青山、そして中目黒へ。
中目黒で地下鉄が外にでて高架になるのですが、夕焼けがとってもきれいでした。
中目黒で降りると、夕焼けの空の色で街も幻想的に見えます。
e0152493_211411.jpg

e0152493_2114762.jpg

この空の色の変化は2分くらい。
刻々と変化していく空の色をしばらく見惚れていました。
宇宙の色に近づいていくかのような空の青さには引きこまれるかのようです。
by momokororos | 2015-06-27 21:13 | 自然 | Comments(0)
今日の絵本もトミー・アンゲラーさん。
ウンゲラーともアンゲラーとも書かれます。

『すてきな三にんぐみ』の絵本。
e0152493_11393324.jpg

トミー・アンゲラーさんのいろいろな絵本の中でも特に可愛い絵本です。

左が日本語版、右が英国版。
表紙の三にんぐみのイラストが微妙に違うように感じるのは気のせいかな。
中身のページは大幅に書き換えているページもあって興味深いです。
また紹介できれば、と思います。

この三にんぐみの絵本でほしいエディションがあるのですが、なかなか出逢えません。
by momokororos | 2015-06-27 11:38 | 絵本 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ