「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雨の絵本

この前の雨の日に、雨の絵本を見ていたので紹介します。

まずは、ヘレン・ボーテンさんの絵の科学絵本の『雨とひょう』。
e0152493_2343456.jpg

とっても素敵なイラストで、科学絵本のシリーズの中でも好き絵本の1つです。

牛と犬、猫の表情がユーモラスです。
e0152493_2344783.jpg

e0152493_2344995.jpg

ヘレン・ボーテンさんの絵本は素晴らしい絵本が多いです。

カーラ・カスキンさんの絵本のなかでも大好きな絵本の1つの『Harrison Loved His Umbrella』。
e0152493_235112.jpg



傘が大好きな男の子の話しです。
e0152493_2343617.jpg

同じカーラ・カスキンさんの『あめのひって すてきだな』も雨が楽しくなるような絵本です。
e0152493_2344541.jpg

e0152493_2345165.jpg

カーラ・カスキンさんの絵本はほんと素敵な絵本が多いです。

ユリー・シュルヴィッツさんの『あめのひ』
e0152493_2345342.jpg

静かな叙情あふれるイラストが魅力です。
e0152493_2345594.jpg

e0152493_2345769.jpg

美しいです。

ヤン・クドゥラーチェクさんの『おんなのことあめ』。
e0152493_2345926.jpg

雨とあそぶ女の子なこの絵本が大好きです。
e0152493_235282.jpg

e0152493_235493.jpg

e0152493_23583.jpg

ロバート・ブライドさんの絵本もかわいいです。
e0152493_2344330.jpg

ピーター・スピアさん、ディビッド・ヴィズナーさん、太田大八さん、佐野洋子さんなど、雨や傘の好きな絵本はたくさんです。また機会あれば紹介したいと思います。
by momokororos | 2015-01-30 23:02 | 絵本 | Comments(0)
しばらく整理しないうちに積まれたお部屋の本の山。
少しずつ崩そうかなって思い、4、5日前から片づけを始めました。山を崩しはじめると、見つからなった本や懐かしい本がでてきて、崩しながら読みながらって感じで本の迷宮に遊び、これもまた楽しって感じです。

本の迷宮から何冊か探していた絵本がでてきたので紹介します。

ずっと探していたロジャー・デュボアザンさんの『AT OUR HOUSE』。
ロジャー・デュボアザンさんは大好きな作家さんで、机に一番近い棚にまとめて置いてあるのですが、1冊だけ見当たらりませんでした。ロシアと東欧の絵本の棚にまぎれこんでいました。

深夜から朝、昼、夜と、家の1日を描いた素敵な絵本です

始まりは真っ暗です。
e0152493_22425846.jpg

だんだんみんな起きはじめてくるのですが、おかあさんはやっぱり早起きです。
e0152493_2243113.jpg

月がら傾き、夜明けです。
e0152493_2243356.jpg

家からひいて街の風景を描いていきます。
e0152493_2243582.jpg

e0152493_2243847.jpg

夕暮れになり、また家は活気をとりもどしていきます。
e0152493_22431353.jpg

e0152493_22432080.jpg

再び家の灯りが消え静寂が訪れます。
e0152493_2243173.jpg

ロジャー・デュボアザンさんといえば、素敵な色遣いを思いおこしますが、このモノクロの絵本は、うまいモチーフを選んだ素晴らしい絵本だなって思います。
by momokororos | 2015-01-21 22:40 | 絵本 | Comments(2)
久しぶりにロシアのマイ・ミトゥーリチさんの絵本の紹介です。

日本語に訳されている絵本もいくつかありますが、ロシア語版の薄い絵本の中に素晴らしい絵本がいくつもあります。
ここしばらく手にいれた2冊を紹介します。

最近手にいれたハリネズミが表紙の絵本。
e0152493_20311345.jpg

表紙がとても可愛い。
e0152493_20313852.jpg

ミトゥーリチさんは、輪郭のない筆づかいで絵を描いていて、それがとても優しい感じです。
e0152493_20314265.jpg

e0152493_20314581.jpg


こちらの大男の表紙の絵本も素敵。
e0152493_20311546.jpg

e0152493_20311922.jpg

e0152493_20312284.jpg

ちょっとコミカルと思える絵も楽しいです。
e0152493_20312510.jpg

カバさんもとっても可愛いです。
e0152493_20312849.jpg

e0152493_20313039.jpg

e0152493_20313351.jpg

e0152493_20313522.jpg

ロシア語はまったくわからないけど、物語を想像する楽しみがあります。

またミトゥーリチさんの素敵な絵本を見つけられたらいいなあって思います。
by momokororos | 2015-01-14 20:30 | 絵本 | Comments(0)

いい日

今日はとってもいい日でした。
いつもは本を持って帰るのだけど、今日は何もいりません。思いだけでしばらく過ごせそうです。
by momokororos | 2015-01-13 22:56 | 気持ち | Comments(0)
最近、Mischa(ミーシャ)の絵本が可愛くて仕方ないです。

二子玉川の高島屋さんの南館にはいっているIDEEさん。少しまえですが「東欧雑貨のある暮らし」の展示が開催されていました。
こちらに置かれている絵本は、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんの絵本。店員さんがきてくれてご丁寧にも説明をしてくれました。

手にいれたチェコのイジー・トゥルンカさんの Mischaの絵本。
e0152493_20492184.jpg

ドイツ語版です。これが可愛い。
中身はこんな感じ。
e0152493_20494320.jpg

e0152493_20494682.jpg

e0152493_20494884.jpg

また別な日に、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんに訪れていたときに、違うMischaの絵本を手にいれました。
e0152493_2049305.jpg

こちらも可愛い。
e0152493_20493275.jpg

e0152493_20493553.jpg

e0152493_20493882.jpg

e0152493_20494086.jpg

「Mischa」はこぐまという意味で、こぐまの名前は「クリチカ」という名前だそうです。
なぜいままでこの可愛い絵本に興味をいだかなかったのか不思議です。

興味を抱くと、いろいろなところで出会えるのも不思議です。
先日、岩手水沢のロシア絵本の「ふぉりくろーる。」に訪れていたときに、ロシア語版のMischaを見せてもらいました。こちらの絵本も色が深くて素敵でした。

またMischaの絵本に出逢うと買ってしまいそうです。
by momokororos | 2015-01-12 20:48 | 絵本 | Comments(0)
何十年も憧れ続けている巴里と、去年惚れこんだ石井好子さん。

この前の年末に京都を訪れていたときに、船岡山の世界文庫さんで、石井好子さんの『私は私』を手にいれました。
e0152493_22564679.jpg

音楽の世界は詳しくないけれど、サンフランシスコやパリで歌う石井さんの苦難と情熱が伝わってきます。石井さんの歌声や交友があった歌手の歌をいつか聴いてみたいと思いました。

この本に載っている石井好子さんの素敵な言葉があります。
「そうだ、お金が残っているうちにパリに行こう。」
そのまま私も巴里に行けそうな気がします。

昨年の夏に、東京中目黒のCOWBOOKSさんで、石井好子さんの『想い出のサンフランシスコ 想い出のパリ』を手にいれてから、巴里への想いが再燃しました。
e0152493_2256484.jpg

想い出のサンフランシスコ 想い出のパリと、私も言ってみたい、そして行ってみたいと思いました。

続けて、代々木上原の lospapelotesさんで『パリの裏街』を手にいれました。
e0152493_2256539.jpg

この本は石井さんのパリへの想いがあますことなく綴られていて、読むものを魅力します。セーヌ河、くいしんぼうや娼婦などの情景を綴っている巴里の風景は憧れそのものです。

石井さんのことを気になりながら本屋さんを巡ると、いろんなところで石井さんの本が見つかります。

大阪天神橋筋の矢野書房さんでは、『思い出はうたと共に』を見つけました。
e0152493_22565064.jpg

素敵な本です。出てくるシャンソンを聞きながら読んでみたいと思いました。

東京学芸大学の流浪堂さんでは、好きな石井さんのことを話していたのですが、『女ひとりの巴里ぐらし』をとっておいてもらえました。
e0152493_22565762.jpg

この本も素敵でした。
石井さんがサンフランシスコからパリへ渡仏したときからお世話になった朝吹登水子さんのことを知りました。

朝吹さんの本にも興味がでてきて、東京中目黒のdessinさんでは『私の巴里・アンティーク』、神戸元町のエメラルドブックスさんでは『パリの男たち』を見つけています。

苦難にもめげずにパリの街でたくましく生きていた石井さん。
ジャコメッティさんや矢内原伊作さん、藤田嗣治さんとも交遊があった石井好子さん。石井さんが過ごした巴里の街を歩いてみたいなって思っています。
by momokororos | 2015-01-03 22:55 | フランス | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ