<   2014年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

盛岡にいた昨日。少し早めに盛岡を離れ東京へ向かいます。
東京へは新幹線で2時間半なのですが、どこかに行った帰りはいろいろ想い出をかかえているので、いつもあっという間です。

東京駅から中央線に乗り換え、高円寺の絵本のるすばんばんするかいしゃさんへ。
1階のギャラリーでは、大好きな出口かずみさんの個展がひき続き開催されていました。
1階のギャラリー内からパチリ。
e0152493_23255912.jpg

きのうは1階のギャラリーも2階のお店もお客さんがたくさんで居場所がらなくなるほどでした。

お店では、ジョルジュ・レホツキーさんの『鳥のうた』を手にいれました。
e0152493_2326524.jpg

とっても美しい絵本です。
同じ作家さんの『木のうた』は持っていたのですが、『鳥のうた』は見たことはなくて、長いあいだ憧れていました。
e0152493_2326230.jpg

深い色合いに素敵なイラストが奏でる物語は見るものを陶酔させるかのようです。
e0152493_2326756.jpg

すべてのページに美しい絵が描かれいます。
e0152493_23261072.jpg

『木のうた』の絵本も素敵なので、また紹介したいと思います。
by momokororos | 2014-12-31 23:25 | 絵本 | Comments(0)
岩手水沢から盛岡へ。
夕方になり寒さの増してきた水沢でかなりからだが冷えていました。
盛岡行きの東北本線は2両編成の電車。空いた席に座れた私は座席のヒーターのあたたかに助けられました。

盛岡駅から少し離れた盛岡一番の繁華街。いつもは歩くのですが、バスで繁華街に入ります。泊まりは映画館通りの近く。
連日の食べ歩きにその日は食べに出ないつもりでしたが、映画館通りの雰囲気を目のあたりにすると街への気持ちが高まります。
e0152493_21514220.jpg

いったん泊まるところにチェックインしましたが、やっぱり街にでてしまいました。
その日は寒さが尋常ではなく、痛いくらいの寒さでした。10分くらい歩いただけで手が冷たくなり痛みすら覚えます。
街は意外に人がいっぱいで、ここはっと思ったお店も満席で2軒ことわられます。諦めようかなって思っていたときに空いているお店に出会いました。

まずは刺身の盛りあわせ。
e0152493_21512656.jpg

お店の主人に今日は寒いですかって聞いてみるとふつうとのこと。
岩手の藪川はマイナス20度になったそう。藪川べは本州一寒いところで、マイナス40度も記録したこともあるそうな。

お刺身に続いて、沖あぶらめの鍋をいただきます。沖あぶらめは深海魚だそうです。
e0152493_21513097.jpg

お魚からダシがでていていてとっても美味しい。あますことなくつゆも全部いただきました。このつゆだけでお酒を飲めます。
あわせていたお酒は、岩手の地酒の堀の井の大吟醸。
鍋でお腹いっぱいになり、ビールと地酒だけでよい気分になったので早くひけました。

あくる日は、中津川沿いのエリアに行ってみます。今年の6月に中津川沿いに来ていてたいます。

中津川のほとりに建つ岩手銀行中ノ橋支店はまだ改装工事中でした。
e0152493_21513595.jpg

前に中津川にきたときは6月。川べりの花咲く素敵な小径を歩いていたのですが、橋からみる川べりは一面の雪。
e0152493_21513245.jpg

雪がなくなる春にはまた川べりを歩いてみたいものです。

前の日に訪れていた、岩手水沢のふぉりくろーる。さんに置いてあった本に、中津川沿いの素敵な喫茶店が載っていて訪れてみたいなって思っていました。寄りたかったのですが、お店に続く小道がつるんつるん。
e0152493_21513712.jpg

2、3歩踏みだしましたが無理と判断。またあたたかくなったら寄ってみたいです。

この前きたときに寄っていた「もりおか啄木・賢治青春館」は閉まってました。年末ですね。

寒さで指や顔がかじかみすっかり冷えきったからだに、大好きな「ひっつみ」をいただきあったまりました。
e0152493_21514066.jpg

ひっつみは岩手の郷土料理。前に岩手遠野で食べてからはまりました。

花巻の宮沢賢治記念館も春まで休館中。
花咲く春にまた岩手を訪れたいなって思っています。
by momokororos | 2014-12-31 21:49 | 岩手 | Comments(0)
宮城の仙台で美味しいものを食べたあとは、東北本線を北上して岩手へ。
しばらくすると、車窓から見る風景は一面の雪景色でした。

岩手の水沢にあるロシア絵本の「ふぉりくろーる。」さんへ向かいました。
水沢の駅を降りるてわずかに雪がちらついていますが、傘は必要ありませんでした。駅から歩いて5、6分でお店です。
e0152493_2249292.jpg

この前訪れたのが8月なのですが、お店の中のレイアウトが少し変わってて、岩手の本や詩の本などもお店に並んでいました。

ロシア絵本の棚はいつ見ても圧巻です。
e0152493_2249431.jpg

お店では、星冬祭のイベントが開催されていて作家さんの雑貨とともに宮沢賢治さんの絵本をたくさん揃えてありました。

かわいい積み木もありました。
e0152493_2249699.jpg

いろいろ絵本を見せてもらって4冊のロシア絵本を手にいれました。
その中の1冊。ウクライナのセルゲイ・カナンチュークさんの『真っ赤なめんどり』
e0152493_2249926.jpg

かわいいです。鳥好きとしてはたまらないです。

ふぉりくろーる。さんとはかなり長いあいだ話しをしていました。ロシアの絵本の話しに岩手の話し。

岩手水沢には国立天文台があることを前に聞いていたのですが、その天文台は、地軸のぶれを観測するための世界に6つの特別な天文台の1つとのこと。
天文台があり、北上川が流れ、かつては海だったという水沢。これまで知らなったのですが、いろいろと面白そうです。

ふぉりくろーる。さんの絵本のイベントは、年明けに東京中目黒の絵本のdessinさんであります。
by momokororos | 2014-12-30 22:47 | 岩手 | Comments(0)

仙台の味

京都、広島、福岡、神戸、大阪を巡り、大阪をあとにして東京へ。

今回、東北や北陸に行くことも考えていたのだけど、直前に大雪があったこともあり、京都でゆっくりしていました。

大阪で長旅の疲れはなくなり、東京へ近づくとともに東北への想いが強くなります。ち
ょうど帰省ラッシュだったので迷ったのですが、一応東京駅で東北新幹線の空席状況を見てみたら空いていたのでさっそく乗りこみました。
仙台に着いたのが23時なのでその日はどこにも行けませんでしたが、あくる日は、仙台の牛たんを食べようと思い、仙台で一番好きな「伊達の牛たん」さんへ。
e0152493_13475581.jpg

塩と味噌のミックスをいただきました。私は味噌の方が好みでした。

前に仙台の国分町のお店で食べて美味しかったのですが、仙台駅に3つもお店がはいっているんですね。今回は地下のお店でいただきました。東京では丸の内のKITTEというビルにはいっているのを見かけています。

仙台の観光は、前に何回か来たときにめぐっているのですが、雑貨や本屋さんを巡ってみたいです。
by momokororos | 2014-12-30 13:47 | グルメ | Comments(0)
福岡から神戸を経て大阪へ。
もどってくるとゆっくりでします。まさに関西に帰ってくるという感覚でさょうか。

天神橋の古本屋さんを巡り、空堀でお昼を食べたあとに堀江へ。

堀江公園そばの雑貨のdent-de-lionさん。
e0152493_1029617.jpg

大人の魅力の品々を扱われていて、寄るたびに新しい素敵なものに出会えて、いつも幸せな気分になるお店です。大好きな雑貨屋さんでもう7、8年通っています。

e0152493_10291012.jpg

この日は年内最終の営業日であり、堀江でのお店の最後の日でもありました。
今年堀江のお店は閉められて、来春に尼崎の1つ先の立花に新たにお店をオープンされます。

新しいお店は一軒家のお店とのことで、いまから楽しみです。
by momokororos | 2014-12-30 10:28 | 雑貨 | Comments(0)
福岡。
美味しいものたくさんですが、雑貨屋さんも楽しいです。

まずは福岡六本松へ。
駅を降りたらサーカスのテントが目に入りました。木下大サーカスでした!
e0152493_1373192.jpg

サーカスは憧れてなんです。入場券売り場まで行ってみましたが、何千人並んでいるのだろうかと思う行列。残念ながら諦めました。

六本松には、住宅街にたたずむ東欧雑貨と絵本のpicnikaさんがあります。
e0152493_1373247.jpg

絵本は店頭にあまりでていなかったのですが、先日までハンガリーの絵本の展示会をしていたそうで、奥からいろいろだしてくれました。
レイク・カーロイさんの絵本がたくさんです。素敵な画集を見つけました。
e0152493_1373569.jpg

e0152493_1373746.jpg

お店では、高松の玉椿さんとのコラボ企画のフライヤーも見つけました。
e0152493_1373876.jpg

「古書玉椿とピクニカの手芸書展」。来年1月13日から25日までです。

六本松をあとにして、天神南まで戻ります。天神ミナミから天神地下街を歩きます。この地下街はかなり照明を暗いてます。訪れるたびに暗すぎるかなって思うのですが、なんでも明るくしてしまう傾向の中で稀有な地下街だなって思います。
e0152493_1374191.jpg

福岡を歩いていると、お洒落な女の子がとっても多くてハッとさせられます。男の子はさほどでもないのですが。

天神南から天神コア、きらめき通り地下から岩田屋新館、天神西通りにでて、大名の雑貨屋さんのBrillanceさんへ。
e0152493_1374361.jpg

京都のhugさんから教えてもらった可愛いお店。しばらくぶりで寄りました。
赤ちゃんを背負い2才の男の子をいなしながら私の応対を笑顔でしてくれる店長さんはすごいなあって思いました。店長さんとお話ししながら長居。いろいろ福岡のお店も教えてもらいました。
可愛いリースをかわいく包んでくれまた。
e0152493_1374644.jpg

お店をあとにして、天神のソラリアステージ3階からからパルコ5階の雑貨フロアをいったん見にいってから、大名から赤坂あたりをかなり探索してよさげなお店を見つけ、福岡の夜を楽しみました。
by momokororos | 2014-12-29 13:06 | 雑貨 | Comments(0)

何食べても美味しい福岡

福岡。
魅了されてやまない街です。
京都、神戸、広島と流れて、広島でどこに行こうかしばし考え、福岡へ向かいました。

福岡へは何度か行ったことがあるのですが、10年くらい前に訪れていたときは、祇園山笠や唐津のおくんちの祭りがメインでした。
3年くらい前に、福岡の食に触れ、かなりとりこになりました。以来2度ほど福岡に訪れています。

先日、福岡に着いたときは夜。
まず駅前のクリスマスのイルミネーションと野外ライブを楽しみました。青いイルミネーションがきれいでした。
e0152493_921687.jpg

e0152493_921999.jpg

かなり寒かったので温かいものを食べることにしました。駅のお土産ものの売り場の2階にあるもつ煮込みうどんをいただきました。
e0152493_9211116.jpg

もつ煮は、3年前に福岡赤坂で初めて食べてはまりました。

その日は天神まで出て泊まりです。
あくる日は、天神の「新三浦」さんで水炊きをいただきました。
e0152493_921131.jpg

水炊きは、大阪でときどき博多の水炊きのお店でいただくことはあるのですが、福岡で食べるのは1年ぶりです。去年は薬院の「とよだ」さんでいただきました。

新三浦さんはすでに煮込まれた鍋ででてきます。どちらかといえば、煮込んでいく過程でスープの味が変わっていくのを楽しむのが好きなのですが、それでも美味しいです。

昼間は、六本松と大名の雑貨屋さんへ。また今度したためたいと思います。

夜は、大名と赤坂あたりを探索。玄界灘のお魚を食べることにしました。
まず雰囲気のよさそうな「しんすけ」さんへ。刺身の盛り合わせを頼みます。
e0152493_9211662.jpg

うにのひらめ巻、たい、たこ、ごまさば、だるま鯛炙り、さえずり、本マグロ。福岡筑紫野の地酒の純米の仁四郎をあわせます。

銀だらのゆずみそ漬け。
e0152493_9211847.jpg

控えめなゆずの味つけにホロホロとくずれるたらの身。これは美味しい。大丸百貨店の通販でも買えるとのことです。
今回は飛びこみではいり1時間のあいだしかいれなかったけど、次に行くときなは他のメニューもゆっくり堪能したいです。

続けて、大名の雑貨屋さんにオススメいただいた「魚末」さんへ。さきほどのしんすけさんと同じ通りで歩いて1分のところにあるお店です。
店内はこんなでワイワイした雰囲気がお酒を楽しんでいる感じになります。
e0152493_921207.jpg

メニューがありあまるほど書いてあって目移りしてしまいましたが、くえの荒煮と長なす焼きを頼みました。
e0152493_9212211.jpg

量が多くてかなりおなかいっぱいになりました。
帰りは鶴舞の方へ。気になるお店も2、3軒見つけたので、今度来たときにはいってみたいです。

そしてあくる日。
食べたいものが複数あったのですが、もつ煮を食べることにしました。
あらかじめ調べていたわけではないので、泊まったホテルに置いてあったもつ煮のお店のパンフレットに載っていたお店に行ってみることにしました。

鶴舞から天神西通りを南に歩き、国体通りへでて右にある「博多朗」さんへ。

思っていたお店とはイメージ違いました。エレベーターを5階で降りると、そこはすでにお店。かなり上質な空間が広がっています。
「ご予約は?」と聞かれ、予約が必要なお店だったのかっと思いながらも「予約はしておりません」と答える。「カウンターでもよろしいでしょうか」と。入ることができてよかったです。ジャケットをあずけるあいだ、荷物を置くウェイティングスペースみたいなコーナーもある。

通されたカウンターは、左右がかなり余裕がある席。メニューは懐石ぽいものから、ステーキ、水炊き、もつ煮まであります。サイドメニューにはおいしそうなイカのメニューもあります。

食べたかったもつ煮を頼みます。

まず前菜からでてきます。
e0152493_921242.jpg

とってもおいしいです。
そしてもつ煮の鍋。
e0152493_9212720.jpg

なにもしなくても仲居さんがやってくれます。そばについているわけでもないのに見つめられているわけでもないのに、うまいタイミングで声をかけてくれます。
e0152493_9212941.jpg

おいしいです!美味しすぎて毎日もつ鍋でもいいなって思ってしまいます。
福岡に来てもつ鍋を食べるまでは、もつは食べてきませんでした。お肉の白身も食べない私が美味しいと思うもつ鍋はすごいです。
しめは雑炊です。
e0152493_9213163.jpg

満足のもつ鍋でした。

福岡の焼き鳥に呼子のイカ、関アジ、ラーメンは食べれませんでしたが、また今度堪能したいと思います。
by momokororos | 2014-12-29 09:20 | | Comments(0)
広島。12、3年ぶりに訪れました。

仕事だったのでたくさんは巡れませんでしたが、広島に着いて早速お好み焼きの「みっちゃん」さんのお店へ。
前に来たときにも食べたのだけど、またみっちゃんのお店で食べてみます。
e0152493_17141917.jpg

イカ、エビ、モチ入りの特製スペシャルをまずはマヨネーズなしで。焼きそば入りの広島のお好み焼き好きなんです。

仕事を終えてから広島の繁華街へ。
本通り近くの雰囲気のある鉄板焼きの「弁兵衛」さん。餃子や鶏、牡蠣などの鉄板焼きに最後はお好み焼きでしめました。

広島は路面電車の走る街。
路面電車は大好きで全国の路面電車の走る街に行っています。

広島駅前で路面電車をパチリ。
e0152493_17142331.jpg

かっこいいです。
昔ながらの路面電車も走っています。
e0152493_1714261.jpg

e0152493_17142972.jpg

広島は川を渡る橋が太鼓橋のように真ん中が盛りあがってます。路面電車に乗っているとその坂の傾斜がかなり意識させられます。

夜に路面電車に乗っていたときに、降車をお知らせするボタン(ブザー)が見つからなかったです。
e0152493_17143231.jpg

最前列の席だけかなっと思い、後ろも振り向いたけど見当たりませんでした。
降りる前の前の電停では、降りる前扉が誰も降りなくても開きましたが、前の電停では開きませんでした。
降りる電停で立ちあがったら開けてくれましたがドキドキします。
e0152493_17143444.jpg

最新式ぽい電車でした。次の日に乗った古い型の路面電車には降車ボタンがありました。

広島の西条にでていたのですが、賀茂鶴さんの酒蔵があり、帰りがけに寄っていろいろ日本酒を試飲しました。
e0152493_17152043.jpg

にごりや原酒がよかったです。
西条はいろいろ酒蔵が集まっているところだったのですね。
by momokororos | 2014-12-28 17:13 | | Comments(0)

素敵な港町神戸

京都で3日遊んでいたのですが、あいまに神戸まで足をのばしていました。

神戸に行く途中、大阪と京都のあいだの水無瀬駅前の長谷川書店さんに寄っていました。長谷川書店さんのことはまた改めて書きたいなっておもいます。

水無瀬から阪急電車で三宮まで出ました。
かなり寒い日だったので、元町の鯉川筋のniji cafeさんでお茶しました。
e0152493_9253145.jpg

お店では、長谷川書店さんで買った「雪月花の日々」「星を運ぶ舟」「ソナチネの木」を眺めながらゆっくりできました。
e0152493_925261.jpg

お店をあとにして、元町駅の海側へ。大丸さんの西側にある南京町。
e0152493_9251186.jpg

こちらの門からはいることあまりないです。夕刻の雰囲気とあいまってあらためて素敵だなって思いました。

栄町の雑貨の lottaさんへ。
e0152493_9251970.jpg

お店のおふたりと、玉木さんストールなどの話しをしていて長居。お店ではいつも素敵なモノに出逢えます。
その日は2軒のお店に寄っただけで。神戸は終わりになりました。

再び京都に戻り、広島と福岡に出ていたあとに、再び昨日神戸に戻ってきました。
新幹線の新神戸から地下鉄で三宮。歩いて海岸線の三宮・花時計前に歩く。距離があるのと人が多いサンチカの繁華街を通りかなり時間がかかります。

海岸線に乗り、みなと元町駅から歩いてすぐのところにあるハニカムブックスさん。
e0152493_9251639.jpg

お店には可愛い雑貨に乙女な本がたくさんです。
e0152493_9253548.jpg

中川ちえさんの『ものづきあい』『器と暮らす』を手にいれました。
e0152493_9252158.jpg

書いている文章を読むと青空を見ているかのようにすがすがしいです。

ハニカムブックスさんをあとにして、再び雑貨のlottaさんへ。
e0152493_9252417.jpg

建物も看板もお店も、そしてお店の方もかっこいいです。
e0152493_9252613.jpg

e0152493_9252838.jpg

きのうはなにも買わなかったのですが、素敵なモノがたくさんのお店です。
by momokororos | 2014-12-28 09:21 | | Comments(0)

京都ふらり

今年は久しぶりに京都に通った年かなって思います。
20年くらい前から京都にきてお寺やお庭、そしてグルメ三昧していたのですが、10年くらい前から大阪や神戸にも通いだして、京都に行く頻度が少なくなっていました。去年あたりからまた京都に通いだしました。

今回は、クリスマス前に京都を訪れていて、まずは河原町四条の丸井さんにはいっている「FUTABA+」さんへ。
素敵な本の品揃えでよく訪れています。3冊の本を買ってしまいました。
品揃えを決めているはお店のスタッフさんですか?と聞いたら、そうですとの回答。ふとお店のレジ前を見ると好きなAngersさんのフライヤー。偶然でないような気がしました。

京都駅では、大階段のクリスマスツリーを久しぶりに見ました。
e0152493_13573419.jpg

階段もイルミネーションでいろいろ色が変わります。
e0152493_13573651.jpg

かなり寒かったのですが、しばらく見惚れていました。

今回は京都に3日いていて、四条烏丸で博多のもつ鍋の「やまや」さんのお店を見つけました。
がめ煮定食。
e0152493_13573996.jpg

明太子は食べ放題でうれしい。
12時前に入ったのだけど出るときには30人くらい並んでいました。夜にも食べにきたいお店です。

西陣のマヤルカ古書店さん。
e0152493_13551582.jpg

午前中にテレビの取材があったみたいです。ちちんぷいぷいの特番にでるって言っていたかな。

バスで、船岡山の世界文庫さんへ。
e0152493_13572062.jpg

はいってしばらくはお客さんはいなくて店長さんとゆっくりお話ししました。

世界文庫さんからの帰りに、京都市役所前で降りて、久しぶりに雑貨のANGERSさん本店へ寄りました。
e0152493_13572641.jpg

訪れたのはクリスマスイブ前でお店は大混雑でした。

お店をあとにしてスマート珈琲さんに行こうと思ったのですが見つからない。寺町通押小路あたりにあるのを、寺町通御池下ルのエリアにあると勘違いしていました。

寺町通から姉小路通を西に歩いて、カフェコチさんに久しぶりに行こうと思っていたのですが、途中とても素敵な喫茶店を見つけました。お店の名前はわからないままいざなわれます。

上質なお店のしつらえです。
坪庭に面したカウンター席へ通されました。紅茶とムースジュレをいただきました。
e0152493_13572892.jpg

マヤルカ古書店さんで手にいれた本を読みながらゆっくりしました。
e0152493_13573192.jpg

お会計のときにショップカードを手にとると、俵屋旅館さんの「遊形サロン・ド・テ」さんでした。値段はかなり高いけど、ゆたかな空間で落ちつけます。

街中を南に下り、蛸薬師通御幸町西入ルのhugさん。
e0152493_1357238.jpg

かなり長居してました。
お店では、happa doさんの鳥のオーナメントを見つけてとってもうれしかったです。
店長さんからは京都の美味しい処をいろいろ教えてもらい、また今度訪れるのが楽しみです。
by momokororos | 2014-12-27 13:54 | 京都 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ