<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

白洲正子さんは大好きな作家さん。
「韋駄天お正」の異名をもつ破天荒とも思えるかのような人生を歩んできた人であるのだけど、行動と深い洞察力をもち、作家だけにとどまらず、生き方、考え方に共感します。

少し前に読んだ白洲正子さんの「雨滴抄」。
e0152493_22581190.jpg

この中に、藤原家隆の歌が引用されています。

花をのみ待つらん人に山里の雪間の草の春を見せばや

「見せばや」は「見せたいものだ」の意味なのですが、いい歌です。

そして、今日。
家に帰ってからゆっくり本を読もうと思ったのですが、なかなか気持ちにしっくりする本がありません。
好きな作家さんの、林芙美子さん、武田百合子さん、白洲正子さん、志村ふくみさん、岡部伊都子さん、鴨居羊子さん、三岸節子さん、宇野千代さんなどのエッセイもココロに響かない。

自分は何を求めているのだろうと思いながら、探した本。
e0152493_2258610.jpg

この中に早春の武蔵野のくだりがでてきます。

寒い外気のなか、ときには薄雪が武蔵野の雑木林を覆うころ、風の匂いにも春のかすかな気配があって、気がついてみると、落ち葉の陰や残んの雪間に野草が小さな芽をのぞかせている。ー そんな光景にめぐりあうと、また春に出会えた、という喜びにひたれるからだ。
(「花日記」白洲正子、世界文化社 より)

武蔵野の雑木林が好きで、国立(くにたち)の一橋大学の構内の雑木林を見にいきたくなります。
もっといろんなところに素敵な雑木林があると思うのですが知らないので、今は一橋大学の雑木林を歩くだけで満足しています。

国木田独歩さんの「武蔵野」も好きな本で、渋谷に武蔵野の面影が残るくだりが書かれているところは大好きです。

白洲正子さんの「花日記」の先のくだりの続きです。

春「たけなわ」を過ぎて以降の旺盛な生命力には、圧倒されて憂鬱になるが、早春のみずみずしさには、いのちそのものを感じ、胸が痛くなるほどの感動をおぼえるのである。
その、小さな芽の代表が、ふきのとうだ。何といっても一番早く現れ、しめり気をふくんだ土の香にまじって、珠玉のような浅緑の頭をもたげる。

花をのみ待つらん人に山里の雪間の草の春を見せばや

(「花日記」白洲正子、世界文化社 より)

藤原家隆の歌が引用されています。

この本、文章だけでなく、花器に活けられたお花の写真が載っていて素敵な本です。しばらく、この本を楽しみたいと思います。
by momokororos | 2014-02-27 22:56 | | Comments(0)
先日、お友達と春のお花のことを話題にしていて、梅の木が自分の家にあることを話していました。
今日梅の木を見てみると、お花がほころんでいました。
e0152493_2244750.jpg

いつのまにか咲いていました。

ここ最近はお花をめでることができていないのですが、また気にかけていけたらと思います。
by momokororos | 2014-02-23 22:04 | お花 | Comments(0)
チェコのクヴィエタ・パツォウスカーさんの展示が、もうすぐ東京のちひろ美術館であります。
e0152493_12281362.jpg

「ー Paper Talks 紙のおしゃべり ー クヴィエタ・パツォウスカー展」。
期間は、2014年3月1日(土)~5月18日(日)でもうすぐです。
安曇野、京都と2回見ているけど楽しみです。

お部屋のロシアと東欧の本棚の前に、クヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本を飾っています。
e0152493_1228153.jpg

昨年の秋に安曇野ちひろ美術館の展示を見てからぞっこんになってしまったクヴィエタ・パツォウスカーさん。
東京、大阪、京都の本屋さんで出逢った絵本を少しずつ手にいれていって、15、16冊になりました。少しずつ紹介していきたいと思います。
by momokororos | 2014-02-23 12:27 | 絵本 | Comments(0)
先日の日曜日。
雪がそこかしこに残っていましたが、お天気に誘われて青山に出かけていました。

雑貨のdoux dimancheさんで開催されている「パリのおうちネコ」展の最終日。
e0152493_20572767.jpg

可愛い猫の雑貨の展示と、北岸由美さんのネイルペイントが開催されていました。

北岸さんには、過去2回ネイルに描いてもらっています。
e0152493_20572946.jpg

サンプルのイラストがこんなにたくさん。
e0152493_2057318.jpg

選ぶのが大変かなって思いましたが、意外に早く好きなのが見つかりました。

反対側から描いています。
かなり大胆に描きすすめます。
e0152493_20573310.jpg

e0152493_20573570.jpg

e0152493_20574056.jpg

小指にも描いてもらって、できあがりは、こんな感じ。
e0152493_20574268.jpg



前に描いてもらったのは、こんなネイルです。

孔雀のネイル。
e0152493_20574983.jpg

小鳥のネイル。
e0152493_20574842.jpg

ネイルを描く北岸さん。
e0152493_20575136.jpg

これは前の写真だけど、今回も反対側から細かい絵を描き、お話しをしながらでも描けるのは、すごいなあって思いました。

またいつかネイルペイントを開催してくれるのを楽しみにしています。
by momokororos | 2014-02-19 20:56 | 芸術 | Comments(0)
京都。西陣のマヤルカ古書店さんのあとは、千本今出川まで歩いてバスに乗り、建勲神社前へ。
歩いてすぐの世界文庫さんへ。
e0152493_19383271.jpg

船岡山のふもとにある世界文庫さんでは、東京の「るすばんばんするかいしゃ」さんの絵本と、岩手の「ふぉりくろーる。」さんの絵本と、世界文庫さんの絵本のセレクトによる「世界の絵本市」が開催されています。

ふぉりくろーる。さんの素敵な絵本見つけました。
e0152493_19383437.jpg

e0152493_19383760.jpg

e0152493_19384015.jpg

e0152493_19384280.jpg

かわいくて素敵な色遣いです。
世界文庫さんの「世界の絵本市」に開催11日目にして訪れたのですが、まだこんな素敵な絵本があるなんてレベル高いなって思いました。
これまでどんな絵本があったのが気になります。
マヤルカ古書店さんでは、世界文庫さんで手にいれたロシアの絵本を見せてもらいましたが、指の絵本で素敵でした。
私が訪れたあとに、新しい絵本もたくさん追加されたみたいで、どんな絵本があるのか気になります。

お会計のときに、世界文庫さんの店長さんと話したのですが、わたしが前にお店を訪ねていたことを覚えていてくれました。

「世界の絵本市」は、2月27日(木)まで開催されています。
by momokororos | 2014-02-16 19:38 | 絵本 | Comments(0)
今回はまず京都から巡りはじめましたが、神戸と大阪巡りをはさんで、3日後に再び京都に戻ってきました。

四条烏丸からバスにのって、千本出水のバス停で降りて、上長者町通千本東入ルにあるマヤルカ古書店さんへ。
e0152493_22213177.jpg

午前中からかなり混んでいてびっくりでした。
マヤルカさんは、ちょっと古めの本から新しい本までいろいろとあるのですが、私は古い本が魅力です。

木漏れ日が店内にさしこみ、床にうつしだされる光のゆらめきに時を忘れます。夢の世界にいるようで、窓辺に椅子を置いてずっと本を読んでいたいと思いました。

店内の本で、まず目に飛びこんできたのが畦地梅太郎さんの「山の眼玉」。
e0152493_22213644.jpg

かなり印象的な装幀です。
畦地さんの本は1冊持っていますが、畦地さんの版画が素敵です。

そしてもう1冊、惚れたのが、森田たまさんの「石狩少女」。
e0152493_22213897.jpg

その出だしが素敵です。

風が、土が、日光が、果實をそだてるのとおなじやうに、その土地の少女もまた、うるはしい果實の一つとして成長する。北海道の平野に生ひたつ石狩少女の頬は、白い花辨に小指で紅をなすりつけた林檎のやうに、ほのぼの染まつてゐる。(「石狩少女」より)

ちょっと大人びた文学少女が、周りとは少し違う感情をいだきつつも、ひたむきに生きてゆく物語です。


ほかにも、前の日に大阪の古本のcolomboさんでお話していた原田泰治さんの絵の本や辻嘉一さんの「懐石料理」、高田敏子さんの詩集の「あなたに」を手にいれました。

お店を出て裏手にある「はちはち Infinity」さんへ。
e0152493_22213465.jpg

パン屋さんで、お昼を食べようと思ったのですが、残念ながらお昼は終わっていました。また今度きたいです。

千本今出川まで歩き、バスに乗って建勲神社前へ向かいます。
by momokororos | 2014-02-15 22:07 | | Comments(0)
今回の関西探訪では、行ったりきたり。
京都には3回訪れています。

桂にある「雑貨店 おやつ」さん。
e0152493_2228976.jpg

桂へは初めて降ります。
おやつさんは、雑貨屋さんや作家さんから聞いていて、ずっと行ってみたいなって思っていたお店でした。
e0152493_22275469.jpg

お店では、「ふぉりくろーる。」さんの、「きりのなかのはりねずみ ロシアの雑貨と古い絵本」が開催されていて、ロシアやウクライナの素敵な絵本がたくさんありました。
1つ1つ見て、こんな絵本を手にいれました。

スヴェトラーナ・コワリスカヤさんの絵の「もみの木」。とびっきり可愛いです。
e0152493_22281112.jpg

e0152493_22275961.jpg

チャイコ&グランさんの「おきゃくに行ったシジュウカラ」。
e0152493_22281522.jpg

e0152493_22281393.jpg

ウクライナのエルショフ&エルショヴァさんの「がちょうはくちょう」。
e0152493_2228175.jpg

e0152493_2228179.jpg

ウクライナの絵本は、前に中目黒の dessin さんで開催されていたロシアの絵本展のときに、在廊されていた、ふぉりくろーる。さんとお会いしたときにも紹介してもらって手にいれています。

素晴らしい色合いのロシアとウクライナの絵本。まだまだたくさん素敵な絵本に出逢うの楽しみです。

雑貨店おやつさんでの、「きりのなかのはりねずみ ロシアの雑貨と古い絵本」は、2014年1月31日(金)〜2月26日(水)の期間開催されています。
可愛いロシア雑貨やロシアのことが書かれた本もあります。
by momokororos | 2014-02-14 22:27 | 絵本 | Comments(0)
大阪雑貨&本屋巡り1日目の続きです。

大阪天四で遅いごはんを食べてから、扇町から梅田に歩きます。

うめだ阪急の9階アートステージの「セッセコンテンポラリー刺しゅう展」。
e0152493_1920885.jpg

刺繍作家の堀内友紀さんの刺繍が展示されています。

堀内さんの刺繍は、とっても可愛くて初個展からのファンです。
その日は、堀内さんの在廊日で久しぶりにお会いすることができました。

憧れのマカロンポーチなど、かわいい動物の刺繍の作品が並べられていました。
すでに売りている作品も多く、人気の高さがうかがえました。
1年かけて作られた大作も展示されています。立体的な糸の造形は素晴らしいです。ところどころに堀内さんの遊び心も見え隠れします。

私が手にいれたのは、うさぎのマカロンポーチ。会期が終わってから手にはいるので、楽しみです。

大人気で、お客さんがひっきりなしに訪れて、ゆっくり話しするのも
ままならなったですが、また個展があるときに見にきたいと思いました。

「セッセコンテンポラリー刺しゅう展」は、
うめだ阪急本店9階のアートステージで、
2月14日 (10:00~21:00 、最終日~18:00)まで開催されています。
by momokororos | 2014-02-12 11:45 | 芸術 | Comments(1)
大阪雑貨と本屋巡り。
おとといの日曜日に巡った大阪の1日目の話題を書きたいと思います。
まずは美味しいもの奮闘記からです。

最近関西を訪れたときに、いつも行っているところばかりで食べているので、今回は新しいところを探してみようと、東梅田あたりの美味しいお店を探します。

まずイーマから探したのですが、ピンとくるお店は見つかりませんでした。南にさがり新地まで歩いてみたのですが、日曜ということもあってほとんどお店は開いていませんでした。前に目をつけていた梅新南のポルトガル料理のお店もお休みでした。
e0152493_23145886.jpg

梅田周辺はあきらめ、老松通りを東に、西天満を歩きます。しばらく訪れていない西天満。雑貨の「カナリヤ」さんの場所もわからなくなってしまっていることにちょっと意気消沈。

そのまま天神橋筋まで歩いて、大阪天満宮。
疲れたので、天満宮のほど近くにある、うなぎの「浪速」さんに行こうと思って訪れたのですが開いていません。
e0152493_2315149.jpg

暗澹たる気持ちになっていたときに、京都の雑貨屋さんから周辺のグルメ情報の助け船。天満宮を南にさがったところにある「露草社」さんがいいとのこと。

開店まで少し時間があったので、前に訪れたことのある「FOLK」さんという本屋さんを探すことに。しばらく訪れていないので記憶も定かではなくなっています。道を変えて歩きまわるが見つけられずに時間切れ。

露草社さんが開店される時間のあとに訪れたのですが、開店していなかったでのあきらめました。

天神橋筋を北へ。
天四にある美味しい中華にお店はすでにお昼の時間は終わっていて、美味しいうどんのお店はお店自体なくなっていました。

すこし北にあがり、天神橋筋から東にはいったところにあるカレー専門店の「梨花食堂」さん。たまたま入ったお店でしたが、カレーの味もお肉の味も美味しかったです。
e0152493_2315571.jpg

美味しいものを食べるまで、かなり時間がかかりましたが、おなかも落ち着き、大阪巡りを続けました。
by momokororos | 2014-02-11 22:52 | グルメ | Comments(2)
大阪雑貨と本屋巡り。
昨日は、梅田の阪神百貨店8階で開催されている「京阪神zakkaマルシェ」から、中崎町まで歩いて、雑貨の cocoaさんへ。
cocoaさんは、去年、東京の西荻窪で3日の出張店舗をしていたのですが、そのときのことをまとめた本を作っています。
e0152493_11273192.jpg

表紙は、iriiriさんのイラストです。
こちらの冊子はcocoaさんで手にいれることができます。

お店には、リコリスさんの作品があったので、1つ手にいれました。リコリスさんの作品はとても可愛いんです。
パッケージにもイラストが描かれています。
e0152493_11271945.jpg

乾真徳さんのはじめての絵本もでていました!色合いが素敵なイラストです。
e0152493_11272370.jpg

お昼は、中崎町のベトナム料理のワヲンさんで食べています。
e0152493_11271753.jpg

中崎町をあとにして、扇町へ歩きます。

久しぶりに扇町にある絵本のismさんへ寄りました。
e0152493_11273535.jpg

いろいろ紹介してもらいました。今回手にいれたのは子どもに素敵に教えることができる絵本が多かったです。

扇町から北浜へ。
先日、天神橋筋にまだあると思っていて探していたFOLK old book storeさん。北浜に移ったという話を聞き、北浜のお店へ。
ところが、あるはずの場所に見つけられず。お休みだっだみたいです。

北浜から心斎橋へ移り、周防町筋にあるアーダさんへ。
e0152493_11273816.jpg

大好きな、出口かずみさんのミニ絵本や、きくちちきさんの限定出版の絵本もあります。
たなかしんさんの新しい絵本も置いてありました。
絵本を2冊手にいれました。

心斎橋の交差点を北に、雑貨のタピエスタイルさんに寄ります。
e0152493_11274166.jpg

お人形作家さんの iriiriさんのお人形によく似たお人形がありました。でも少し違う感じでした。

タピエスタイルさんをでてさらに北へ。南船場にあるDIECIさん。
e0152493_11274415.jpg

リサ・ラーソンさんのまんまるの鳥の置き物がありました。リサ・ラーソンさんの作品好きなのですが、この鳥の作品はじめて見ました。

さらに北に歩き、難波神社の近くにある古本の colomboさんへ。
e0152493_11275184.jpg

とびっきり素敵な絵本見つけました。知らない日本人作家さんのイラストの絵本でした。
e0152493_11275591.jpg

e0152493_1128115.jpg

素敵なイラストです。
またこの本は紹介したいと思います。

colomboさんでは、他の素敵な絵本を紹介してもらったり、本屋さんの話しをしたり、かなり長居してお話ししていました。
by momokororos | 2014-02-11 11:23 | 絵本 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ