「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

京都の紅葉~吉田山

京都は紅葉がちょうど見頃です。
今日は吉田山の紅葉を見にいきました。
烏丸御池から東山まで地下鉄で出て、そこから錦林車庫行きのバスに乗って真如堂前へ。

真如堂まではかなり急な坂道と階段。
階段をのぼると素敵な紅葉が広がっていました。
e0152493_23105346.jpg

e0152493_23105673.jpg

e0152493_23105912.jpg

真如堂を出て、竹中稲荷社へ。
e0152493_2311196.jpg

e0152493_2311482.jpg

竹中稲荷は、4、5年前に訪れたときに息をのむほど素敵な紅葉を見て、秋の紅葉の時期に京都を訪れるたびに訪れている場所です。
e0152493_2311794.jpg

境内からは五山送り火の大文字を見ることができます。
e0152493_23111233.jpg

あまり人がこないので静かに時を過ごすことができます。

竹中稲荷から少し歩くと、吉田山山頂にある茂庵さん。
e0152493_23111090.jpg

e0152493_23111457.jpg

茂庵さんが吉田山に開店されてからずっと訪れてみたいと思っていましたが、並んでいることが多くなかなか訪れることができませんでした。

1階で靴を脱ぎ、2階へあがり西側のカウンター席に座ると、目の前に素敵な風景が広がります。
e0152493_23111634.jpg

ロールケーキと抹茶ミルクを頼みました。
e0152493_23111898.jpg

ロールケーキはとっても美味しかったです。

窓から見える風景に目を凝らしてみると、五山送り火の左大文字が見えました。
e0152493_23112099.jpg

お店には、窓から見える風景を説明する紙が用意されています。
e0152493_23113236.jpg

そのイラスト見ると、船形も見えるみたいなので目をこらしてみると見えました。
e0152493_23112261.jpg

その昔、達人は吉田山をかけめぐり、五山送り火のすべてを見ることができる、という話を聞いたことがあり、私も見てみたいなって思って送り火の当日に吉田山にはいったのですが、見えたのが東山の大文字だけでした。

今日、茂庵さんから2つの送り火が見えることがわかったので、他の場所から見える場所を今度探してみたいと思います。

今出川通りまで下ります。
e0152493_23112431.jpg

e0152493_23112869.jpg

e0152493_23113099.jpg

素敵な吉田山巡りでした。
by momokororos | 2013-11-30 23:09 | 京都 | Comments(0)

京都の紅葉~一乗寺界隈

久しぶりに京都に来ました。
8月の五山送り火のとき以来です。

吉田山、嵯峨野と見たい紅葉の候補あったのだけど、一乗寺に行くことにしました。
叡山電車の一乗寺駅から歩いて15分くらい歩いたところにある圓光寺へ。
e0152493_23234087.jpg

e0152493_23233116.jpg

こちらの紅葉は、座敷の奥から見ると額縁の中の風景のように紅葉が見えることで有名です。
e0152493_23233592.jpg

ほど近くにある詩仙堂へ。
e0152493_2323441.jpg

e0152493_23234824.jpg

こちらも座敷の奥から見る風景が有名です。人が多いのでなかなかいいショットは撮れないのですけどね。

お庭にまわると、鹿おどしがあります。
e0152493_23235545.jpg

かなり前ですが、この鹿おどしの水辺に沢蟹がいるのを見つけました。
今日は残念ながら見つけられませんでしたが、また見つけたいなって思います。

北白川エリアの一乗寺は、素敵な本屋さんやカフェが点在しています。
一乗寺にくるといつも寄る本屋さんがあります。というかその本屋さんに寄りたいがために一乗寺に行くといった方がいいかもしれない、恵文社さん。
e0152493_23235744.jpg

世界の素敵な本屋さんに取りあげられた本屋さん。
本の品揃えといい、レイアウトといい、雰囲気といい、私も素晴らしいなって思います。

前に奥にあった雑貨のエリアが、通りに面した新しいスペースに移動していました。
e0152493_2324090.jpg

静謐な空間にたたずむ上質な雑貨に、日常とは違う雰囲気を感じます。
恵文社さんには7、8年前から訪れていますが、お店はどんどん大きくなっています。それでいて変わらない魅力を保っている本屋さん。素晴らしいなって思います。
by momokororos | 2013-11-29 23:22 | 京都 | Comments(0)
ロジャー・デュボアザンさんのクリスマスの絵本。「SANTA'S CIRCUS」。
e0152493_23122197.jpg

いつもとは違うクリスマスにしようと、サンタさんはサーカスをすることを提案。
e0152493_23122358.jpg

訓練をつみます。
e0152493_23122567.jpg

e0152493_23122737.jpg

e0152493_23122930.jpg

e0152493_23123131.jpg

サンタさんはサーカスを終えた動物たちを、サーカスの小道具を使いお店に素敵に飾ったそうな。
e0152493_23123365.jpg

ロジャー・デュボアザンさんの数多い絵本の中で、お気にいりの絵本の1つです。

ロジャー・デュボアザンさんのクリスマスの絵本はあと3冊持っているのでまた紹介します。
by momokororos | 2013-11-28 23:11 | 絵本 | Comments(0)
ロシアのちいさな絵本。
フランチェスカ・ヤールブソワさんの絵の「もみの木と灰色オオカミとトンボとヤギの詩」です。
e0152493_22342731.jpg

絵がとってもかわいいです。
e0152493_22343737.jpg

フランチェスカ・ヤールブソワさんはユーリー・ノルシュテインさんの伴侶。
e0152493_22342951.jpg

ほんの数ページに凝縮された美しい線と色。
e0152493_22343156.jpg

多くを語らずとも、見ているだけで素敵ですね。
e0152493_22343370.jpg

by momokororos | 2013-11-26 22:33 | 絵本 | Comments(0)
おととい、図書館でダーロフ・イプカーさんの素敵な本を見つけたので、イプカーさんの絵本を紹介しようと思います。

見つけた絵本は「しましまとぽちぽち」。
e0152493_21193542.jpg

タイトルだけでもかわいいです。

これをしましまとぽちぽちは、トラの子とヒョウの子のお話しです。
今年の出版なのですが、いい絵本を翻訳してくれました。近いうちに買ってしまう絵本かなって思います。

イプカーさんの持っている絵本では、「よるのねこ」が素敵です。
e0152493_2119503.jpg

こちらは1969年初版の絵本。
この絵本は、闇夜に出かける猫がどんな風景が見えているのかを描いた絵本。
e0152493_21195340.jpg

e0152493_21195716.jpg

わたしたちが見る真っ暗な風景と猫の目から見える風景を対比させて描いています。
e0152493_2120051.jpg

e0152493_2120492.jpg

見てワクワクする絵本の1つです。

イプカーさんのもう1冊持っている絵本は、かわいい鳥の絵本の「the song of the DAY BIRDS and the NIGHT BIRDS」。
e0152493_21193974.jpg

この絵本の中の鳥たちはとっても可愛いです。
e0152493_21194186.jpg

e0152493_21194441.jpg

e0152493_21194776.jpg

ダーロフ・イプカーさんのほかの絵本も探してみたいです。
by momokororos | 2013-11-21 21:27 | 絵本 | Comments(0)
中目黒の絵本と写真集のdessinさんで、とっても素敵な本を見かけました。
ガラスケースの中にはいっていたのすが、その表紙のイラストがあまりに素敵だったのでケースから出してもらい見てみました。
e0152493_21493820.jpg

誰のイラストだろうと聞いてみると、東郷青児さんの絵とのこと。詩が北園克衛さんの「火の菫」。
北園克衛さんが好きだというお店のスタッフさんと話しながらその素敵さにため息、そして本の値段にため息をついて見ていました。
e0152493_21494545.jpg

よく行く雑誌屋さんのスタッフさんに素敵な本を見つけたという話しをしたら、北園克衛さんが大好きとのこと。私は北園克衛さんを今まで知りませんでした。
見かけた日は買わなかったのですが、3日後にまたお店を訪れて手にいれました。

挿画や詩だけでなく、絵が描かれている和紙も、余白の余裕も素敵です。

e0152493_214946100.jpg

今まで手にいれた本の中で一番値のはるものになったけど、あまりある魅力を感じます。

e0152493_21494243.jpg

212部限定。出逢えたことに感謝です。
by momokororos | 2013-11-19 21:48 | | Comments(0)

家のお花~冬のお花

かなり寒くなってきました。
お庭に咲いている冬を彩るお花を紹介します。

山茶花。
e0152493_1252294.jpg

e0152493_1251048.jpg

椿より早い時期に咲いて冬のはしりを知らせてくれます。

シクラメン。
e0152493_1252031.jpg

もう少し大きい鉢を買って室内に飾りたいなって思ってます。

ゼラニウムはほぼ1年中かな。
e0152493_1251360.jpg

こちらは葉っぱが魅力です。
e0152493_1251589.jpg

そろそろ、ビオラやパンジーを植えようかなって思っています。
by momokororos | 2013-11-17 12:04 | お花 | Comments(0)
このあいだ、チェコのヴォイチェフ・クバシュタさんのかわいいポップアップ絵本の紹介をしましたが、また新たに2冊の絵本を見つけました。

前からほしいと思っていた「赤ずきん」の絵本です。

e0152493_22474695.jpg

e0152493_22474884.jpg

e0152493_22475045.jpg

1967年の絵本です。
とってもかわいいです。赤ずきんちゃん好きなのでとってもうれしいです。

クバシュタさんの赤ずきんの絵本は、ドイツ語版とオランダ語版を持っているのですが、日本語版ではドイツ語版やオランダ語版にはないページがあったり表紙の仕掛けも日本語版にはあったりして、違いを比べる楽しさがあります。

もうひとつ手にいれた絵本が、「ながぐつをはいたねこ」。

e0152493_22475285.jpg

e0152493_22475430.jpg

e0152493_22475752.jpg

こちらも1967年の絵本です。
おなじみの話しで楽しいです。

今回始めてわかったのですが、クバシュタさんの絵本の日本語版は箱付きなんです。
チェコで印刷されているこれらの絵本は、翻訳するにあたりかなり手をかけたポップアップ絵本かなって思います。手づくり感も感じられて微笑ましいです。

3ヶ月くらいのあいだに見つけた6冊のヴォイチェフ・クバシュタさんの翻訳絵本。あと何冊あるのかわからないのですが、新たな出逢いが楽しみです。


「かわいいポップアップ絵本~ヴォイチェフ・クバシュタさん」~2013年10月5日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21159357/

「3びきのこぶた」のポップアップ絵本~東京高円寺」~2011年2月27日の日記
http://momokoros.exblog.jp/14329781

「ポップアップ絵本の魅力~ヴォイチェフ・クバシュタさん」~2008年12月15日の日記
http://momokoros.exblog.jp/9216537/
by momokororos | 2013-11-15 22:46 | 絵本 | Comments(2)

可愛いゾウさんの絵本

持っている絵本がすぐに探しだせないような状況の本棚なのですが、あらためて発見もあったりします。ヘレン・スウェルさんの絵本をお部屋の本棚で探していたのだけど、違う作家さんと勘違いしていました。でも見つけた絵本はかわいいので紹介しちゃぃます。

EUGENE FERN(ユージーン・フェーン)さんの「What's HE Been Up To NOW?」。
e0152493_22555598.jpg

1961年の絵本です。

久しぶりに目にしました。
表紙をめくると、
e0152493_2256464.jpg

とっても明るくて、ゾウさんたちがとってもかわいいんです。
e0152493_2256658.jpg


e0152493_22555736.jpg

チョウチョに気をとられた子ゾウくんが大変なことに。
e0152493_22555941.jpg

でも家族が力をあわせて助けます。
e0152493_2256156.jpg

それでもこりない子ゾウくんは…(笑)
e0152493_2256247.jpg

色遣いもイラストもとってもかわいらしい絵本です。
by momokororos | 2013-11-12 22:55 | 絵本 | Comments(2)

可愛いネイル

雑貨のお店のスタッフさんのネイル。

e0152493_10474317.jpg

いつもこんなに可愛い絵を描いています。両手とも自分で描いていてすごく器用です。
by momokororos | 2013-11-10 10:45 | お洒落 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ