素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 12日

新食感のうなぎ堪能~東京高田馬場 oishii

高田馬場。あまり遊ばない街だけど、昨日は所用あって訪れていて、お昼美味しいお店を探してみようと思いました。

早稲田方向に向かって歩きます。神田川のある左側のエリアは何軒か入ったことがあるので、右側のエリアを探索。小道に入ったり出たり。

暑くて歩き疲れてきたときに、表通りから少し入ったところに鰻屋さんを見つけました。
まだ暖簾がお店の中にあったので、近くのコンビニで時間をつぶす。5分くらいして戻ると暖簾が外に出ていたので早速中へ。

e0152493_1581567.jpg

扉を開けたらびっくり。予約席の1卓を除いて席が埋まっていました。
お店の人にテーブルの相席の1席をすすめられて席に座る。
どこからこんな人が現れたのだろうか。さきほど通りから見たときは行列は見えなかったです。

はじめてのところは注文がむずかしい。味が好みかどうかわからないので、一番安い「竹」を頼みます。「焼き方どうされます?」とご主人。「どんな焼き方があるんですか?」と私。「蒸すか、蒸さない」ということだったので蒸したものを頼みました。

しばらく時間が過ぎるも、誰のところにも鰻がきていない。
予約の2組が入ってきて席は満席。本を読んだり携帯をいじったりていて30分は過ぎた頃でしょうか、鰻が運ばれてきました。

そしてさらに長い時間が過ぎます。待つこと50分で、私の鰻が運ばれてきました。

e0152493_1582032.jpg

箸をつけてみると、江戸前ではなくて、関西の焼き方の鰻です。あれれ、蒸す方を頼んだはずだけどな、ってココロの中で思いつつも、食してみる。

大阪の老舗の鰻を何回か食したことあるのだけど、蒸してふっくらした江戸前の鰻が好みでした。

しかし食してみると、いままでにない食感。
パリッとした感じの中に甘みというか旨味を感じます。表面はパリッとした感じですが、中身は柔らかい。
鰻には山椒と思っていましたが、旨味を味わいたくて山椒はかけずじまい。関西風の焼き方で、美味しいって思える鰻に出逢いました。

お店のご主人は、注文のときなどお客さんのテーブルまでときどき出てこられてお客さんと短い会話をされていたり、給仕の女性(奥さま)もとっても優しい感じの方でした。お店は普通の定食屋さんって感じでしたが、待つことと相席が嫌ではない人には、いいお店だと思います。お店の名前は「愛川」さんです。

by momokororos | 2013-07-12 21:16 | グルメ | Comments(0)
2013年 07月 09日

注文の多い料理店 hondana

今週の土曜日7月13日から、東京の芦花公園にある世田谷文学館で宮沢賢治さんの展示会があります。見にいきたいなって思っているのですが、持っている宮沢賢治さんの本を読みかえそうと思っています。まずは「注文の多い料理店」。スズキコージさんの絵がかもしだす雰囲気がとってもいいです。
e0152493_2335414.jpg


by momokororos | 2013-07-09 23:32 | 絵本 | Comments(0)
2013年 07月 07日

絵本と雑貨の青山散歩

きのうは青山散歩を楽しんでいました。

よく出かける街なのですが、久しぶりにいつも訪れているのとは違うエリアへ。

まず、ビリケンギャラリーさんに寄ろう思ったのですが、曲がる角を間違え、迷ってしまいました。
迷いながらも、青山学院大学女子短期大学と骨董通りのあいだの閑静な住宅街のエリアはとってもいいなあって楽しんでいました。

ビリケンギャラリーさんでは、絵本作家のミロコマチコさんの「あかいつき、はためかせ」の個展が開催されています。先日、情熱大陸でも取りあげられていました。

e0152493_13201962.jpg

個展は、7月10日までなのですが、展示されている絵はほとんどが売約済でした。
一番奥に展示してあった大きなワニの絵がダイナミックでいいなって思いました。

ビリケンギャラリーさんでは、茂田井武さんの新しい絵本と、後藤友香さんの絵本を見ていたら、お店の方が丁寧に説明してくださいました。

ビリケンギャラリーさんをでて、骨董通り沿いにこんなお店見つけました。

e0152493_13202261.jpg

とっても気持ちのよい生活雑貨のお店でした。

骨董通りをさよならして、福井県アンテナショップへ。

e0152493_13203217.jpg


アンテナショップのお隣りに前にあった福井の旅館の美味しいお食事処がなくなってがっかりしていたのですが、また美味しそうな福井のお店ができていました。のどぐろや毛ガニのメニューが見えます。今度寄ってみたいです。

一本青山通り寄りの道に移ります。
しばらく歩かないうちに、素敵な感じのカフェがたくさんできていました。
倉敷にあるアイビースクエアみたいな感じのレンガの外観に蔦がからまった素敵な建物もできていました。
しばらく歩かないうちにずいぶん変わりました。嶋田洋書は昔のままです。

e0152493_13202637.jpg

ブランドストリートを越えて、COWBOOKSさんへ。

e0152493_13202834.jpg

椋鳩十さんの本を買いました。小学生以来でしょうか。

青山通りを越えて、雑貨の doux dimancheさんへ。

e0152493_1320307.jpg

かわいいバックとクロス、お花のレターセットを買いました。

気温は高くて暑かったけど、風が吹いていて気持ちよかったです。

7時になってもまだ明るいため、つい遊び過ぎてしまいます。
今回は、美味しいものは食べなかったけど、今度はおいしい料理も堪能したいです。

by momokororos | 2013-07-07 11:41 | 雑貨 | Comments(0)
2013年 07月 06日

「田園小景」

森田恒友さんの「田園小景」。昭和29年刊。

文章も絵も素敵。ページの余白にもホッとします。

「たそがれ時」より。

日が西に落ちて、野面が暗緑に染められる。村人はぼっちりと黒く草の上に浮く。
たそがれの天地は静かで誠に親しい。

e0152493_11391638.jpg


by momokororos | 2013-07-06 13:20 | | Comments(0)