素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 30日

椿の花~家のお花(其の二)

少し前に三千院椿が咲いていましたが、またたく間に散ってしまいました。
今は別の赤い椿のお花が咲いています。

e0152493_21593366.jpg


寒さが厳しい今の時期に咲く椿、凛とした美しさを感じます。

by momokororos | 2011-01-30 22:01 | お花 | Comments(2)
2011年 01月 24日

「石との対話」~自然と人間の想い

国をあげて守り、ときには国からの検閲のなか、読みつがれてきた数々の本。
全国津々浦々、図書館、学校の図書室、本屋さんがあって、本の持つ力を感じます。
過去から現在にまでいたる人間の想いと叡智がしるされた本に、自分の小さな想いを重ね、その魅力を少しでも伝えることができたらなって思ってます。

「石との対話」文 矢内原伊作、写真 井上博道、淡交新社

e0152493_20354864.jpg


大阪城のことを前に書いたときに話題にした本です。
表紙の写真(飛鳥の亀石のアップの写真)はあまり好きではないのですが、
中味はとっても素敵な写真と文章の本なのであらためて紹介したいと思います。

去年初めて読んでから、ときどき読みかえしているのですが、
石の写真もさることながら、矢内原さんの石に対する思索が素敵で魅力倍増です。

e0152493_20365443.jpg


上の写真のタイトルが「抵抗の精神」。
井上さんの写真に対して矢内原さんの言葉が付与されて息づく力を感じます。
さらに、自然が織り成す造型だけではなく、
人間が自然と向きあい、石を拝み、石を積み、石を刻んできた想いを感じさせられる本です。
素敵だなって思うだけで通りすぎていってしまう写真が多いなか、
本に載っている場所に実際行ってみたいと強く感じさせる魅惑の本です。

下の写真の右側は東大寺のものですが、去年東大寺を訪れていながら見ていません。

e0152493_20424711.jpg



去年、この本に載っている大阪城の巨石を探しにいっています。
この本の初版発行が1966年。載っている写真はそれ以前の写真です。
40年以上過ぎた今、見つけた巨石まわりの風景は過ぎた年月を感じさせるものでした。

「大阪城の巨石~「石との対話」」~2010年10月20日の日記
http://momokoros.exblog.jp/13464281/

下の写真の奈良飛鳥の石舞台古墳にも去年に訪れるつもりでしたが、
いつもの寄り道三昧で見にいけず、今年は是非見に行ってみたいなって思っています。

e0152493_20391522.jpg


前から石舞台古墳には憧れているのですが、その想いをまた書ければと思います。

by momokororos | 2011-01-24 22:14 | 読書 | Comments(0)
2011年 01月 20日

お部屋を彩る素敵なカレンダー

今日はまんまる満月。
おおきな月を東の空に見ながら帰りました。
そして24節季でいう「大寒(だいかん)」。
名前にたがわず、朝晩はとっても寒くて涙目になりました。
こんな日は暖かなお部屋でぬくぬくと過ごすのがいいですね。

お部屋にはいろんなカレンダーを飾っているのですが、今年も素敵なものを手にいれました。

「famille summerbelle(ファミーユ・サマーベル)」さんのカレンダーです。

e0152493_2285558.jpg


1月、2月はパリ20区の切り絵です。
とっても素敵な絵柄でパリへの想いにいざなわれます、
お部屋には、同じ絵柄のモスグリーンのポスターがあるのですが、こちらのピンクも素敵です。

「フランスの素敵なポスター~ファミーユ・サマーベルさんの切り絵」~2010年12月26日の日記
http://momokoros.exblog.jp/13881717//

「MICAO(ミカオ)」さんのカレンダーです。

e0152493_2092635.jpg


刺繍とイラストのコンビネーションが素敵です。
MICAOさんは大好きな関西の作家さん。
この素敵なカレンダーは東京青山で個展のときに手にいれました。

「かわいい刺繍のイラスト~東京青山」~2010年 11月 14日
http://momokoros.exblog.jp/13634504/

「Bruno(ブルーノ)」さんのカレンダーです。

e0152493_20103737.jpg


カレンダーをめくるとポップアップするイラストがかわいいです。
去年、大阪天満橋のギャラリーでの個展で手にいれました。
Brunoさんも関西の作家さんで、かわいい指人形を作っているのですが、最近はイラストの作品もいろいろ作っていて魅力です。大阪堀江の雑貨の「prickle」さんで手にはいるほか、東京の雑貨屋さんでも期間販売しています。

「ブルーノ☆サーカスがやってきた」~大阪天満橋、2010年10月16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/13433642/


「北岸由美」さんのカレンダーです。

e0152493_20133382.jpg


小さくてかわいらしいイラストが魅力のカレンダーです。
去年のカレンダーも持ち歩きの手帳に挟んで使っていました。
2ヶ月ごとのカレンダーを4枚組み合わせると1枚の大きな絵になる素敵なカレンダーです。

e0152493_20155359.jpg


東京青山と自由が丘の雑貨の「galerie doux dimanche(ギャラリー・ドゥ-・ディマンシュ)」さんでまだ手にはいるかもしれません。


お部屋には、去年のカレンダーなのですがいまだ貼っているものがあります。

「Repit(レピィ)」さんのカレンダーです。

e0152493_20171079.jpg


このカレンダーは神戸トアロードの雑貨の「MALLE」さんで手にいれたのですが、
今年は作らないというお話しを聞きました。
とっても素敵でずっと貼りつづけたい魅力のカレンダーなんです、

「Herve Morvan(エルベ・モルバン)」さんのカレンダーです。

e0152493_20191864.jpg


今年は見つけることができませんでしたが、こちらもしばらく貼っていたいなって思います。


お部屋を彩る素敵なカレンダー。
カレンダーをめくり、季節を意識しながら過ごしていければいいなって思っています。

by momokororos | 2011-01-20 22:37 | 雑貨 | Comments(0)
2011年 01月 15日

三千院侘助~家のお花

三千院侘助(さんぜんいんわびすけ)のお花が咲きました。

e0152493_22261728.jpg



6、7年も前に植えたのですが、今年初めてお花を咲かせてくれました。
椿のお花で、小さめのお花が控え目な感じでかわいいです。

by momokororos | 2011-01-15 22:38 | お花 | Comments(0)
2011年 01月 08日

「アミ 小さな宇宙人」~エンリケ・バリオスさん

年末から、雑貨屋さん、本屋さん、職場のお友達が紹介してくれた本がたくさんでした。
お片づけやらお出かけやらで、いまだ読みきれていない本がまだあるのですが、
紹介いただいた本の中で、いいなって思った本の1つです。

「アミ 小さな宇宙人」エンリケ・バリオス 作、石原彰二 訳

e0152493_20293052.jpg



宇宙から地球にやってきた「アミ」。
地球の子どもの姿に変身しているけれど、文明が発達した宇宙の星の住人。
地球の少年に接触して、少年とともに地球のことを話し、他の星々を見てまわります。

生き方や愛などを真正面に捉えた話しで少しこそばゆい感じもあるのですが、
価値観や幸せなど、日々忘れていたことを考えさせらるような物語です。
その場そのときに感じることの大切さ、できることあるのに理想だけを求める気持ちなど、
アミと少年の会話にハッとさせられるところたくさんでした。

3冊シリーズなのですが続けて読みました。
あらためていろんなことを考えてみるきっかけをいただいたと思っています。

ジョディ・フォスターさん主演の「コンタクト」が好きな映画の1つですが、
このアミと世界観が共通するところがあると思ったのは私だけでしょうか?

by momokororos | 2011-01-08 12:04 | 読書 | Comments(0)
2011年 01月 03日

「ハーブ&ドロシー」~久しぶりの映画館@渋谷

暮れもおしせまった年末、久しぶりに映画館で映画を見てきました。
ビデオで映画を見ることはあっても、映画館で見るのは10年ぶりくらいです。
中目黒の本屋の「COW BOOKS」さんのスタッフの方から紹介してもらいました。

見にいった映画は、「ハーブ&ドロシー」。

e0152493_19324940.jpg


映画館は、青山学院大学と渋谷のあいだにあるって聞いていたので、
表参道から渋谷方面に歩いたのですが、宮益坂あたりまで出たのですが見つかりません。
青山通りを少し戻って、それらしき人が地図を片手に曲がっていったのでについていったら、
少し南にはいったところに映画館はありました。
「シアター・イメージフォーラム」。こんなところに映画館があるとはまったく知りませんでした。
渋谷駅からのほうが近いかな。

e0152493_19155845.jpg


http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html

しばらくぶりの映画館は緊張笑)。身じろぎせずに見ていたのですが、
後半から面白くなってきたので、そんな緊張感も忘れてしまいました。

「ハーブ&ドロシー」は、
ニューヨークに住む美術品愛好家の夫婦のドキュメンタリーです。
普通に勤めアパートに住む夫婦は大の現代アート好き。
自分たちの買える金額、アパートに持ちこむことができる好きな作品を購入しつづけます。
やがて収集家としてかなり有名になるのですが、
有名な作家だからではなく、自分たちのおめがねにかなう作家の作品を購入し続けていく
作品に対する変わらぬ姿勢や価値観に、作家のみならず世の中の人々も共感します。
そして、アパートにあり余る作品は...

老いてなお仲のいい夫婦はとっても愛らしく、お互いのよさや違いを受け入れている感じです。
こんな風に年をとりたいなって思ってしまいました。

愛する美術品、愛するニューヨーク、愛する妻、愛する夫、そんな気持ちが伝わってくる映画です。エンディングテロップが流れているときの2人の映像がとってもとっても素敵です。

上映終了日は未定。大阪梅田や横浜でも上映されています。

by momokororos | 2011-01-03 20:48 | 芸術 | Comments(0)
2011年 01月 01日

うさぎのように

今年は、うさぎ年。

東京国立の雑貨屋「ピチュンヌ」さんの店長さん「cotori」さんが作ったうさぎさん。

e0152493_11463472.jpg


かわいいです。

うさぎのように飛び跳ねていろんなところに行って、素敵なことに出逢えるといいなぁ。

by momokororos | 2011-01-01 13:17 | 気持ち | Comments(0)