素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 27日

吉祥寺散歩~雑貨にカフェに絵本のお店

東京青山には週末に毎週出かけている街なのですが、そのあといろいろな街にでかけます。先々週は青山から吉祥寺へ、先週は青山から神保町へ、昨日は青山から三鷹台、吉祥寺へ移って遊んでいました。

吉祥寺はたまに寄る街なのですが、大好きなカフェが吉祥寺に移ってきたので、
これからはもっと訪れそうな街になるなって思っています。
吉祥寺では東急百貨店周辺のお店によく訪れますが、中道通りもときどき歩いています。

「Covent Garden Bazaar(コベントガーデンバザール)」さん

e0152493_1153431.jpg


置物やガーデニング用品などの洒落た作りのお店です。


「AVRIL(アヴリル)」さんは糸のお店です。

e0152493_120781.jpg


以前、大阪の雑貨屋さんで大阪心斎橋の「AVRIL」さんから指編みを教わり、マフラーを編んだのですが、かなり苦労しました。半分以上もスタッフの方に手伝ってもらい完成しました。
苦労してできたマフラーは冬に活重宝しています!
迷惑かけることになりそうなのに、またやってみたいなって気持ちもあります。
AVRILさんは京都の三条通りにもお店があります。


古本の「さんかく」さん

e0152493_1213033.jpg


路地を奥にはいったところにあります。
まだ2回お店しか訪れていなくて、まだ買った本はないのですが、
素敵な本に出逢えるといいなって思っています。


生活雑貨の「cinq」さん

e0152493_1222559.jpg



カフェの「はらっぱ」さん

e0152493_1253572.jpg


気持ちのいい感じのお店で、入ってみたいなって思います。
そのお隣には「はらドーナッツ」さんがあります。


草木の「みどり屋 和草(にこぐさ)」さん

e0152493_1263269.jpg



大好きなカフェの「横尾」さんと同じ通りにある和雑貨の「六方」さん

e0152493_12202475.jpg



雑貨の「にじ画廊」さんは吉祥寺に行ったときはいつも寄るお店です。

e0152493_12451376.jpg


e0152493_12552677.jpg



古本の「百年」さんも吉祥寺に訪れたときにはいつも寄っています。

e0152493_12562761.jpg


昨日は、前に寄ったときに、いいなって思っていた長新太さんの絵本を買いました。
また今度紹介できたらって思っています。


カフェの「Localité」さん

e0152493_131565.jpg


http://www.localiteweb.com/

大阪で懇意にさせていただいていたカフェなのですが、去年12月に閉店。
今年の5月に吉祥寺に再オープンしたお店です。
昨日は、ライブのためお店が空いていませんでしたが、先々週に寄らせてもらっています。
お隣りのお店とのしきりとなっているガラスの引き戸はこんな感じです。

e0152493_1302147.jpg


お店の居心地よさに加えて、このガラスを通じて、
お隣りのお店のざわめきと光が心地よい感じで伝わってくるのがまた素敵なんです。
大阪堀江のお店もとっても素敵だったのですが、また違った魅力を感じます。

お店は地下で、1階は「カレル・チャペック」さんに「トムズボックス」さん。
今、トムズボックスさんでは、「スズキコージ」さんの原画展が開催されています。

e0152493_133858.jpg


「スズキコージの母の惑星展」
■ 2010年6月1日(火)~6月30日(水)
■ トムズボックス
■ 11:00AM~8:00PM(最終日は6:00PMまで)
■ 木曜定休
http://www.tomsbox.co.jp/


もう少しどっぷりとつかると、あらたな魅力が出てきそうな吉祥寺の街です。

by momokororos | 2010-06-27 22:38 | 雑貨 | Comments(2)
2010年 06月 26日

お寺から雑貨屋さんへ~九品仏川緑道散歩

大阪の作家さんのお人形の展示を見るために東京世田谷の九品仏へ。
九品仏は自由が丘のお隣りの駅です。

駅を出るとすぐ左手に「浄真寺」があります。
お寺や仏像が大好きなのでまずはお寺を散策していくことに。

e0152493_941434.jpg


e0152493_975964.jpg


ここは何度か来ているお寺なのですが、
9体の阿弥陀如来さまがいらっしゃる珍しいお寺なんです。
上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生、の印相(手の形や組み合わせ方)が違う阿弥陀如来像が1つのお堂に3体、そしてお堂が3つあって、あわせて9体の如来さまがおさめられています。

e0152493_993568.jpg


e0152493_9102563.jpg


本堂の窓越しではありますが見ることができ、はりついて見ていました。
手の形もそうなのですが、お顔もそれぞれ違っていて、安らかな美しさをうかべています。
九品仏と言う名前は、その9体の如来さまからきています。
他では、京都の浄瑠璃時も9体の如来さまが安置されていて有名です。

境内はかなり緑深く暑さが和らぎます。
途中少し雨が降ってきましたが、木々の葉っぱがしっかり受けとめてくれます。
7月には「鷺草(さぎそう)」が咲き、そして境内には都記念物の大きなイチョウの木があります。

e0152493_9134727.jpg



お寺の別の門から出ると、
ほど近いところに雑貨の「Eckepunkt(エッケプンクト)」さんがあります。

e0152493_9161111.jpg


http://www.eckepunkt.com/

先週まで「Corsage」展が開催されていて、
大阪の人形作家の「Bruno」さんのお人形も展示されていました。
大きなお人形さんと、歌うようなかわいいお人形さんが2体ありました。
かわいいお人形さんを作っていて大好きなんです。
ブルーノさんのホームページはこちらです。
http://www.bruno-doll.com/

お店は九品仏川緑道沿いにあって、そのまま自由が丘方面に歩くと、
雑貨の「galerie doux dimanche(ギャラリー・ドゥ-・ディマンシュ)」さんの近くに出ます。

e0152493_9175981.jpg


前の週にも寄っていたのですが、再び寄ってみると、以前、青山のお店で開催されていた「リリ・スクラッチ」さんと「ナタリー・シュー」さんの展示が開催されていました。

e0152493_919683.jpg


「Magiques céramiques !」
■ 2010年6月16日(水) ~ 7月12日(月)
■ galerie doux dimanche 自由が丘店
■ 12:00~19:00
■ 火曜定休
http://www.2dimanche.com/

青山店ではなかったイラストも展示されています。
前に、青山店に行ったときの日記はこちら。
「赤ずきんちゃんとオオカミくん~東京青山」~2010年5月30日の日記
http://momokoros.exblog.jp/12722931/


お店では、かわいらしい女の子がパリを観光する絵本を見つけました。

e0152493_10442625.jpg


「Bonjours!」という言葉をかけながら、パリの名所を巡る女の子。
輪郭を描かずに濃淡でゆったりと描かれているのが魅力です。

e0152493_10454761.jpg


e0152493_1047288.jpg


e0152493_1048116.jpg


お店では、キッチンの本も購入しましたのでまた今度紹介します。

自由が丘をあとにして青山にでて、galerie doux dimancheさんの青山のお店にも寄っています。こちらも今度紹介します。

by momokororos | 2010-06-26 11:22 | 雑貨 | Comments(0)
2010年 06月 19日

パリ20区のポスター~東京青山

少し前に、東京自由が丘の雑貨の「galerie doux dimanche(ギャラリー・ドゥ-・ディマンシュ)」さんで、パリ20区の切り絵風のポスターを改めてみたらとっても素敵だったので、青山のお店に色違いのポスターを見にいきました。

e0152493_10454718.jpg



いつのまにか新しい展示が開催されていました。

e0152493_1047813.jpg


「ジュウ・ドゥ・ポゥムのブック・パーティー -de bonnes lectures avec la collection de Paumes!- 」
■ 2010年6月1日(火) ~ 6月20日(日)
■ galerie doux dimanche(ギャラリー・ドゥ・ディマンシュ) 青山店
■ 12:00~20:00
■ 月曜定休
http://www.2dimanche.com/

galerie doux dimancheさんはジュウ・ドゥ・ポゥムさんのギャラリーショップで、
お店には、パリをはじめとするかわいいライフスタイルの本が置かれているのですが、
すべてがジュウ・ドゥ・ポゥムさんからの出版の本であること知りました。
今回の展示は、そんな本がたくさん展示されていて色彩あふれたかわいらしいページに目移りしてしまいます。持っている本もあることに気づきました。

お店のスタッフさんに頼んで、パリ20区の色違いのポスターを見せてもらいました。
落ち着いたモスグリーンのポスターで、結局この色のポスターを購入です。
額を探してきてお部屋に飾りました。

e0152493_10482326.jpg



全体を見ても素敵だし、細部を見ても素敵なんです。

e0152493_10495974.jpg


e0152493_10505551.jpg


飾る場所をもう少し考えたいのですが、大がかりな模様替えになってしまいそうです。

by momokororos | 2010-06-19 11:24 | 雑貨 | Comments(0)
2010年 06月 14日

かな文字の美しさ~東京世田谷「書跡の美」

行きたいなってところ思うところたくさんなのですが、外に出ると新たに寄ってみたいトコロやコトに出逢ってしまうことが多いです。そんな出逢いで当初行きたいなって思っていたトコロに行けないことも多々あります。計画性がないのも一因ですが、それだけ現実の魅力を感じます。

おととい土曜日は、前の日に行きたいなって思っていて行けなかった中目黒や青山に行こうと思っていました。家を出てから、見てみたいなって思っていた五島美術館の展示会に寄ってみることにしました。美術館は、中目黒に出る途中にあるんです。

五島美術館は、東京上野毛が最寄り駅で駅から歩いて5、6分くらいのところにあります。
美術館の手前の道には、かなり大きな木が道路を覆いつくしていました。

e0152493_196744.jpg


e0152493_1973467.jpg


すごい木です。
東京では、道の真ん中に木があったり、道が木をよけていたりするところをときどき見かけます。都会でありながら意外に大きな木や緑豊かな公園があったりするのですが、江戸時代の大名の上屋敷や下屋敷などがそのまま公園になっていたり、街道沿いに大きな木があったりと、緑豊かな素敵な散歩が楽しめます。

そして、五島美術館。

e0152493_19121791.jpg


今、開催されている展示会です。

「書跡の美 ―古写経・古筆・墨蹟―」
■ 2010年年5月15日(土)~6月20日(日)
■ 五島美術館
■ 午前10時―午後5時(入館は午後4時30分まで)
■ 休館日=毎月曜日、祝日の翌日、
■ 〒158-8510 東京都世田谷区上野毛3-9-25
http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html

e0152493_1944996.jpg



継色紙 伝 小野道風筆

e0152493_19462336.jpg


流れるように文字を切らずにつづけ字で書かれる「連綿体」に、強弱のつけられた筆遣い、
そして文字の段組、すべてが素敵です。
継色紙は11点が重要文化財に指定されているそうで、東京国立博物館にも、伝小野道風筆の「継色紙」があるそうです。見てみたいです。
中には、金箔、銀箔、砂子を散らしたさまざな文様で飾られた紙(料紙)に、かな文字が描かれているものもあってとても美しいです。まさに「書かれている」というよりも「描かれている」かのようです。
かな文字だけでなく、写経なども展示してあるのですが、時代で変わる文字の形も楽しめます。
どちらかというと、流れるような美しさで「かな」が好きです。

以前、横浜美術館、京都国立博物館、徳川美術館で、「紫式部日記絵巻」や「源氏物語絵巻」を見たことがあるのですが、絵の内容を語る料紙や書かれている文字もとても美しかったです。

五島美術館のお庭は広大な敷地で、かなり深い山に入ったような雰囲気です。
苔むす山道を足元を慎重に足を運んでしまいました。

e0152493_19484591.jpg


かなり暑かった日だったのですが、深い緑に抱かれて暑さはあまり感じませんでした。
緑のチカラはほんとにすごいです。

上野毛から自由が丘を経て中目黒に向かいます。

by momokororos | 2010-06-14 23:11 | 展示会 | Comments(0)
2010年 06月 13日

ゆっくりと歩く素敵な街~東京自由が丘

いつものことなのですが、
木曜日あたりから、都内に遊びに出ようかなって気持ちが高まり、
金曜日にはさらに行きたい気持ちが遠くまで及びます。

この前の金曜日は、久しぶりに東京自由が丘を訪れました。
18時過ぎに着いたのですが、駅前ロータリーは待ち合わせの人がたくさんでした。

雑貨の「galerie doux dimanche(ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ)」さんへ。

e0152493_11102645.jpg


http://www.2dimanche.com/

最近青山のお店ばかり訪れていて、自由が丘のお店を訪れるのは久しぶりです。
何度となく見ているパリの街区の切り絵風のポスターの魅力を再発見です。
ニューヨークやロンドンなどの街区のポスターもありますが、やっぱりパリが魅力!
お店の方から、異なる色があるということで、後日青山店で見せてもらうことにしました。


一本筋が北の通りにある「Raconte-moi(ラコンテ・モア)」さん。

e0152493_11124382.jpg


http://www.raconte-moi.jp/

よくフランスの絵本を買わせていただいていたのですが、
フランスでの絵本の買いつけがむずかしくなってしまったため、絵本の販売をやめるとのことで残念に思っていました。大手書店も洋書絵本を扱うところが少なくなってきて、フランスの新刊の絵本を目に見ることが少なくなってしまっています。
今回、店長さんが店頭の絵本以外の残っている絵本をすべて出して見せてくれました。
私の好みの絵本は結局なかったのですが、とってもうれしかったです。

ほど近い「NATURAL LAUNDRY(ナチュラルランドリー」さん。

e0152493_11165738.jpg


http://www.naturallaundry.com/

シンプルでかわいいお洋服をときどき買わせていただいています。
今回も少しかわいいものを見つけて購入してしまいました。
お洋服を買うのはほんと久しぶりです。

駅近くの雑貨ビルの「TRAINCHI」にある「Arivee et depart(アリヴェデパール)」さんへ。

e0152493_11192662.jpg


http://www.arrivee-et-depart.com/jiyugaoka/index.htm

青山のお店が閉店してからご無沙汰していて、久しぶりに訪れます。
大好きなお人形作家の「Bruno」さんのお人形や雑貨が置かれていました。


同じくTRAINCHIにある、「PYLONES by petitcoquin(ピローヌ・バイ・プチコキャン)」さん

e0152493_11212136.jpg


http://www.petitcoquin.net/index.html

カラフルな色遣いのデザインの生活用品のお店で、見てるだけで楽しい気持ちになります。


今回は、風が気持ちよく吹き抜ける夕暮れどきに自由が丘を訪れていて、
商店街と住宅街の境があいまいな自由が丘の街の雰囲気はほっとするようで歩みが自然とゆっくりになります。オフィッス街もなく道ゆく人も心なしゆっくりに感じられます。
おなじみのお店を巡ることが多いのですが、いい街だなって改めて感じました。

自由が丘に少しだけ寄ってから、中目黒か青山に出ようかなっとも思っていたのですが、
結局2時間くらいもいてしまい、この日は自由が丘だけで終わりました。

by momokororos | 2010-06-13 11:35 | 雑貨 | Comments(0)
2010年 06月 05日

形を越える動きの予感~東京乃木坂「ルーシー・リー展」

東京乃木坂。
その昔は、西麻布から星条旗通り(国立新美術館脇の坂道)の界隈は隠れ家的で好きな街の1つでしたが、最近は国立新美術館のお気にいりの企画展のときや、ほど近い東欧の雑貨屋さんを訪れるときに出かけている街です。

国立新美術館では、「ルーシー・リー展」が開催されています。

e0152493_2013357.jpg


「ルーシー・リー展」
■ 2010年4月28日(水)~6月21日(月)
■ 国立新美術館
■ 午前10時-午後6時、金曜日は午後8時まで(入場は閉館の30分前まで)
■ 休館 毎週火曜
■ 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
http://www.lucie-rie.jp/

このあいだ見にいった「ルノアール展」で、「ルーシー・リー展」のことを知って気になっていたのですが、同時代で活躍していた陶芸家の「ベルント・フリーベリ」さんの小特集が「暮らしの手帖」に載っていました。さらにその展示会が表参道の「Elephant*」さんで開催していることを教えてもらって見にいきました。手にとって見た器がとっても素敵で、ルーシー・リーさんの展示も是非見てみたいなって思っていました。

「東京休日雑貨・アート散歩~乃木坂・青山あたり」 2010年4月4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/12421748/

国立新美術館では、ちょうど今、「オルセー美術館展2010『ポスト印象派』」も開催中で、たくさんの人が美術館を訪れていました。

ルーシー・リーさんの器の中でも、器というモノを入れる造型でありながら、流れいずる動きを感じさせるような作品に魅力を感じます。

e0152493_20224162.jpg


色の表現や表面に描かれた文様にも、自然な感じに加えて優しさが感じられます。

e0152493_20234553.jpg


会場で上映されていたルーシー・リーさんの映像を見ると、ルーシー・リーさんがこの線をフリーハンドで描いていました。そのときの映像はインタビューを受けながらの映像で、話しかけることを躊躇しているインタビュアーに「話しかけてもいいのよ」って笑顔で言っているルーシー・リーさんの言葉と表情に人としての魅力を存分に感じました。

今回の一番のお気に入りが、柔らかな色合いのスパイラル(螺旋)の文様の器です。
写真では伝わりきれないものがあります。内側の螺旋の表情にうっとりでした。

e0152493_20271481.jpg


ルーシー・リーさんと同じ工房で共同で制作していた「ハンス・コパー」さんの展示会が、
東京汐留で開催されるそうです。今回の国立新美術館の展示でも、ルーシー・リーさんとハンス・コパーさんの共同制作の作品がいくつか展示されています。

「ハンス・コパー展」
■ 2010年6月26日(土)~9月5日(日)
■ パナソニック電工 汐留ミュージアム
■ 10:00-18:00(入場は17:30まで)
■ 休館 毎週月曜、8月12日(木)~8月16日(月)は休館
■ 〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1
http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/

e0152493_22422581.jpg


e0152493_22431463.jpg


展示期間が長いのがうれしいです。

by momokororos | 2010-06-05 23:13 | 展示会 | Comments(0)