素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 30日

繊細なイラストと大胆な色遣い~「メアリー・ブレア展」 sanpo

東京木場にある「東京都現代美術館」へ行ってきました。
最寄り駅は「清澄白川駅」で徒歩9分なのですが、暑さが影響してか遠かったです。

e0152493_17471831.jpg


ちょうど今、「メアリー・ブレア展」が開催されています。

e0152493_17483357.jpg


e0152493_17475821.jpg


「メアリー・ブレア展」
■ 2009年7月18日(土)-2009年10月4日(日)
■ 月曜休館(ただし9月21日・28日は開館)
■ 東京都現代美術館 企画展示室 1F、3F
■ 〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
■ tel:03-5245-4111(代表)、03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.ntv.co.jp/mary/

チケット売り場は10分待ちでかなり混んでいます。
来場者はほとんど女性で、ちらほらとカップルがいてます。子供たちも来ていました。
メアリー・ブレアさんの絵本が少し前に何冊か発売されていて、
本屋さんで見ていて、絵本から感じられる印象はそんなに強くなかったので、
今回の展示会は見なくてもいいかな?って思っていました。
ところが、展示を見にいって、そんな気持ちはあらたまりました。

メアリー・ブレアさんの色遣いがすごいんです、
かわいくて繊細なイラストなのですが、そんな表現の中に色の大胆さが感じられます。
木々は静かに踊り、道は荒々しく流れているかのような絵もあります。
いろんなテイストの絵を描いていて多才な人だなって感じました。

e0152493_1750393.jpg


e0152493_17503631.jpg


展示会場の絵の前には、途切れなく人の列が並び、見るのが大変です。
そんなに人気あったんだ?って感じですが、展示作品を見ると納得してしまいます。

展示の最後には、写真を撮れるコーナーもあります。

e0152493_17515811.jpg


e0152493_17522650.jpg


展示会のカタログやポストカードなどの販売コーナーはかなり混んでいて、
お会計には長蛇の列でした。しかも並んでいるのはすべて女性でした。
どこでどう宣伝しているのかわかりませんが、かなり人気の展示会だと思いました。

図録を購入しました。

e0152493_17543822.jpg


前に見たことのあるメアリ・ブレアさんの絵本も販売されていたのですが、
原画で感動してしまったので買うの保留にしてしまいました。

展示を見ていて、メアリー・ブレアさんの絵本を1冊持っているということに気づきました。

e0152493_17571684.jpg



絵本の方は「マリー・ブレア」になっています。

e0152493_1759488.jpg


e0152493_180792.jpg


とってもかわいい絵で、プロベンセン夫妻の絵にも似ている感じもします。
この「わたしはとべる(I CAN FLY)」の原画も展示されています。

メアリー・ブレアさんは、
本や雑誌の表紙、広告なども手がけていて、魅力ある表紙がたくさんです。

e0152493_1751646.jpg



神戸を訪れたときに寄ったときに、
「Fabulous OLD BOOK(ファビラスオールドブック)」さんの店長さんと話していたのですが、
メアリー・ブレア展は東京展示のあとに巡回展は行わないのでは?と言ってましたが、
どうなんでしょう?私はもう一度見てもいいかなって思う素敵な展示会でした。

現代美術館の吹き抜けを上から見たところです。

e0152493_18591095.jpg


ちなみ清澄白川周辺には、江戸資料館や清澄庭園、芭蕉記念館などもあります。
いずれも1度訪れたことがあるので寄らずに清澄白川をあとにしました。

by momokororos | 2009-08-30 22:27 | 展示会 | Comments(2)
2009年 08月 29日

わたしのお気にいり絵本100選(其の二)~best 6-30

「わたしのお気にいり絵本100選」のベスト5に続いて、6位から30位までの絵本です。
色が青字になっているものは、前回の「お気にいり絵本」の中には入っておらず、
新しくランクインした絵本です。

6位-30位
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「アンナの赤いオーバー」、ハリエット・ジィーフェルト ぶん、アニタ・ローベル え、松川真弓 やく 評論社
e0152493_19112266.jpg


アニタ・ローベルさんの絵本が2冊はいっています。
紹介したことない絵本なのですが、アンナという女の子が小さくなったオーバーの代わりに新しいオーバーを手にいれるまでの物語なのですが、いろいろな人を経てオーバーができる過程と、待つことの大切さが表現された素敵な絵本です。
アニタ・ローベルさんは強制収容所にいれられながらも生き延びた人で、
絵本は、苦難な状況やめぐまれない状況から最後はハッピーになる話しが多いです。


「ぼく おかあさんのこと・・・」、酒井駒子、文溪堂
e0152493_1912983.jpg


酒井駒子さんの絵本は3冊はいっています。
「ぼく おかあさんのこと・・・」は紹介したことのない絵本なのですが、
子供の気持ちと観察力を見事に捉えた作品です。
この絵本は、酒井駒子さんのたくさん素敵な絵本の中で一番好きな作品です。


「こもりうた」(原書「ONCE:A LULLABY」)、ビー・ピー・ニコル 詩、アニタ・ローベル 絵、セーラー出版
e0152493_19125377.jpg


「こもりうた」は、いろいろな動物のこもりうたを絵を描いた絵本で、絵の緻密さがすごいです。翻訳された絵本のウイットに富んだ日本語訳も素敵です。
「こもりうた」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/8985433/
 http://momokoros.exblog.jp/10207974/
 http://momokoros.exblog.jp/9516970/


「ふしぎふしぎ」文・片山令子、絵・長新太、国土社
e0152493_1913284.jpg


長新太さんの絵本「ふしぎふしぎ」は、紹介したことがないのですが、
数多ある長新太さんの絵本の中で一番好きな絵本です。
太陽の光の恵みと分けあうことの素晴らしさがひしひしと感じられる素敵な絵本です。
自分が受けとめたことを、こんな風に他に分けあえることができればなぁって思います。


「くまとやまねこ」、湯本 香樹実 ぶん, 酒井 駒子 え、河出書房新社
e0152493_1914281.jpg


静かな幻想的な世界を描いていてその世界にいざなわれるかのような感じがします。
酒井駒子さん絵と、大好きな湯本香樹実さんの文章なんです。
「くまとやまねこ」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/9386678/
 http://momokoros.exblog.jp/9426074/


「おひさまパン」、エリサ・クレヴェン 作・絵、江國香織訳、金の星社
e0152493_19182769.jpg


エリサ・クレヴェンさんの絵本は2冊はいっています。
エリサ・クレヴェンさんのさん描く絵本は溢れるような色で細かく描かれています。
「おひさまパン」は、暗い閉ざされた気持ちのみんなのココロを明るくするパン屋さんのお話しで
みんなに喜びと希望をあたえて、自分のココロも明るくなる絵本なんです。


「めぐる月日に」、エリック・バトゥー/作、谷内こうた/訳、講談社
e0152493_1919259.jpg


エリック・バトゥーさんの絵本「めぐる月日に」は、紹介したことがないのですが、
人物や動物を小さく素敵に描いていてとってもかわいいです。
色遣いも素晴らしく色の魔術を見ているかのようです。
一番数を持っている作家さんなのですが、これまで紹介していないのが不思議なくらいです。
53位に「Le Secret」、86位に「ジュールとセザール」がはいっています。


「くんちゃんのだいりょこう」、文・絵 ドロシー・マリノ、訳 石井桃子、岩波書店
e0152493_19211249.jpg


ドロシー・マリノさんの絵本は2冊入っています。
どちらもとってもかわいらしくあたたかな気持ちで見守りたくなるような絵本です。
「くんちゃんのだいりょこう」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10241630/


「あかいことりとライオン」、エリサ・クレヴェン 絵と文、たがきょうこ 訳、徳間書店
e0152493_1921548.jpg


「あかいことりとライオン」は、仲良しのライオンと小鳥のお話しで、ライオンのしっぽの色が
変わるのに小鳥が疑問を抱くのですが、それには素敵な理由があります。
お友達同士のさりげない思いやりが感じられて、とってもあたたかな気持ちになる絵本です。


「JAMES AND THE RAIN」、BY Karla Kuskin(邦題「あめのひってすてきだな」、カーラ=カスキン ぶん・え、よだじゅんいち やく)
e0152493_19223145.jpg


カーラ・カスキンさんの絵本も2冊はいっています。
この作家も大好きな作家さんの1人で、描く絵は緻密で目をも瞠ります。
詩も素敵なのですが、翻訳されているものが少なかったり絶版であったり、なかなかお目にかかれません。
5位に「Night Again」。35位に「ALL SIZES OF NOISES」、55位に「マウス一家のむすめたちのさんぽ」、59位に「NEAR THE WINDOW TREE」がはいっています。
「JAMES AND THE RAIN」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10482243/


「あめのひ」、ユリー・シュルヴィッツ 作・画 矢川澄子 訳、岩波書店
e0152493_19232024.jpg


ユル・シュルビッツさんの絵本「あめのひ」は、とっても美しい雨の日の絵本です。
雨が降り始めてから雨があがり光が差しこむまでの街の情景を絵にしています。
「あめのひ」の絵本を紹介した以前の日記→
   target="_blank">http://momokoros.exblog.jp/10401941/


「Wynken,Blynken and Nod」、By Eugene Field、Illustrated by Barbara Cooney
e0152493_19241811.jpg


バーバラー・クーニーさんの絵本「Wynken,Blynken and Nod」は、
ここで初めて出てくる作家さんですが、大好きな絵本作家さんの1人です。
この「Wynken,Blynken and Nod」は紙のしぼと絵の表現が一体となって魅力的です。
特に、水面の光の表現はとっても美しいです。
33位に「ちいさなもみのき」、71位に「COCK ROBIN」の絵本がはいっています。
「Wynken,Blynken and Nod」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10222478/


「ふわふわくんとアルフレッド」、文・絵 ドロシー・マリノ、訳 石井桃子、岩波書店
e0152493_19245719.jpg


「ふわふわくんとアルフレッド」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10241630/


「とんでけ海のむこうへ」、クリスティーナ・ロゼッティ 詩、バーナデット 絵、高木あきこ 訳、西村書店
e0152493_19255238.jpg


バーナデット・ワッツさんの絵本は、とっても美しい色であふれていて大好きな絵本いっぱいです。その中で一番好きなのが、この絵本です。
美しい絵とクリスティーナ・ロゼッティさんの素敵な詩がとっても素敵な絵本です。


「I'LL BE YOU AND YOU BE ME」、By Ruth Krauss、Picture by Maurice Sendak(クラウス&センダック)
e0152493_22404013.jpg


この絵本も初めて紹介する絵本かもしれません。
モーリス・センダックさんの絵本の中で一番好きな絵本です。
子どもの小さいイラストのこめられる思いに満ちた絵は、とってもかわいくて魅せられます。
センダックさんの絵本「かいじゅうのたちいるところ」で有名ですが今年映画化されるそうです。


「マァヘイくんとちいさいおじいさん」、出口かずみ
e0152493_19265050.jpg


出口かずみさんの絵本は2冊入っています。
出口さんは新進気鋭の絵本作家さんで、大好きな作家さんです。
ちょっととぼけた登場人物とウイットに富んだ絵とスケール感が魅力で、
他の人にも紹介したのですが、私よりもぞっこんになってしまったお友達もいます。
どちらの絵本も今は販売されていないのですが、
東京高円寺の「るすばんばんするかいしゃ」さんでサンプルを見ることができます。
「マァヘイくんとちいさいおじいさん」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/8822390/


「にいさんといもうと」、文 シャーロット・ゾロトウ、絵 メアリ・チャルマーズ、岩波書店
e0152493_19273442.jpg


メアリ・チャルマーズさんの絵本は2冊はいっています。
「にいさんといもうと」は、シンプルな絵なんですが、
お兄ちゃんと妹の振る舞いとココロの動きを見事に捉えた作品です。
「にいさんといもうと」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10715591/


「マァヘイくんとげらこちゃん」、さく・え 出口かずみ
e0152493_19294438.jpg


表紙の絵からもお洒落な装いの「げらこちゃん」。
大好きな出口かずみさんの絵本です。
素敵な登場人物に加えて、
絵本の中に、何これ?っていうような要素が散りばめられていて楽しめるのも魅力です。
「マァヘイくんとげらこちゃん」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10249954/


「ゆきがやんだら」、酒井駒子、学研
e0152493_19285715.jpg


この絵本も紹介したことない絵本なのですが、
雪の降る日の静かな情景と子どもの雪への憧れを見事に描いた絵本で、
昔にそんな気持ちになっていた自分を思いおこすような感じがしてきます。

「COME FOR A WALK WITH ME」、BY MARY CHALMERS
e0152493_19301827.jpg


細かい絵の描きこみには驚かされます。なんだかとっても楽しくなるような感じの絵本です。
「COME FOR A WALK WITH ME」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/9981209/


「THE WALL」、PETER SIS
e0152493_1931359.jpg


ピーター・シスさんの絵本「THE WALL」は、
東欧諸国の革命のことを描いた絵本ですが、不屈の精神で自由を想い叫ぶ人たちの気持ちが感じられます。ここまで表現できる絵本のチカラを感じた作品でした。
58位に「かかし」、75位に「マドレンカ」がはいっています。
「THE WALL」 の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10095443/


「THE LITTLE HOUSE(邦題:ちいさなおうち)」、BY VIRGNIA LEE BURTON
e0152493_19321344.jpg


小さい頃の絵本はすべて手元にないのですが、
邦題「ちいさなおうち」の絵本は読んだ思い出が色濃く残っている絵本の1つです。
図書館や本屋さんで手にすることが多々あったのですが、手にいれてませんでした。
英語版を見つけて手にいれたのですが、とっても素敵な絵本の1つだと思います。


「Sand and Snow」Karla Kuskin(カーラ・カスキン)
e0152493_19325697.jpg


「Sand and Snow」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/9627319/


「なかなおり」、シャーロット・ゾロトウ 文/みらいなな 訳、アーノルド・ローベル 絵、童話屋
e0152493_19335419.jpg


アーノルド・ローベルさんの絵本「なかなおり」は、紹介したことがないのですが、
数多いローベルさんの絵本の中で1番好きな絵本かなって思います。
アーノルド・ローベルさんは「ふたりはともだち」の絵本で有名ですね。
6位と8位にはいっている、アニタ・ローベルさんとは夫婦の間柄です。
50位に「よるのきらいなヒルディリド」、65位に「SOMEDAY(いつかはきっと)」がはいっています。

「GLASS SLOPPER,GOLD SANDAL」、PAUL FIEIS CHMAN、ILLSUSTRETED BY JULIE PASCHKIS
e0152493_1935089.jpg


この絵本は、シンデレラのお話しの絵本なのですが、
世界のいろんな国でのシンデレラのお話を集めて、1冊の絵本にしたものなんです。
いろんな国のシンデレラの捉えかた描かれかたが垣間見れる絵本で素敵です。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この次は、31位から60位の絵本を紹介したいと思っています。

わたしのお気にいり絵本100選(其の一)~best 5
http://momokoros.exblog.jp/

以前(2009年1月)の、持っている絵本のベスト30+30の日記
「私のお気にいり絵本~best30の絵本」(2009年1月12日の日記)
http://momokoros.exblog.jp/9400010/

「私のお気に入り絵本~best30に続く絵本」(2009年1月13日の日記)
http://momokoros.exblog.jp/9407361/

by momokororos | 2009-08-29 22:51 | 絵本 | Comments(6)
2009年 08月 26日

わたしのお気にいり絵本100選(其の一)~best 5

少し前に、お部屋の絵本と児童書を一同に集めたことを日記に書いたのですが、
あらためて持っている絵本の100選をあげてみたいと思ってました。
以前、絵本の30選をあげていますが、それ以後読んだ絵本、前回あげるのを忘れていた絵本、いいなぁって思えてきた絵本を含めた絵本100選です。
図書館などで読んだ本は含まず、買った絵本の中で選んでみました。

まずは、ベスト5の絵本です。
色が青字になっているものは、前回には入っておらず新しくランクインした絵本です。

1位-5位
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「なかないでくま」、フランク・アッシュ、岸田衿子 訳、佑学社
e0152493_2014824.jpg


フランク・アッシュさんの絵本「なかないでくま」は、
くまさんのとってもやさしい物語で、目をみはるほどの細かな描きこみに驚かされます。
主人公のくまさんとお友達の小鳥さんとの会話も素敵でホロリとさせられます。
ベスト100には「あっちにいってよ、かげぼうし」の絵本がはいっているほか、
くまの絵本をたくさん描いていてやさしい物語が多いです。
東京高円寺の「るすばんばんするかいしゃ」さんで買った絵本です。
「なかないでくま」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/9898416/


「まあちゃんのすてきなエプロン」、たかどのほうこ さく、福音館書店
e0152493_20145524.jpg


たかどのほうこさんの絵本「まあちゃんのすてきなエプロン」は、
何度読んでも幸せな気分にさせられる絵本です。
1つの絵の中に同時進行の物語があって、それぞれの物語のページを追うのも楽しいです。
ベスト100の中に、「まあちゃんのまほう」も入っています。
「まあちゃんのすてきなエプロン」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10328379/


「Karen's CURIOSITY」、By A. and M.Provensen、GOLDEN PRESS
e0152493_20154974.jpg


プロベンセン夫妻の絵本「Karen's CURIOSITY」は、
むちゃむちゃかわいい女の子がいろんなことに興味を持つ絵本でとってもほほえましいです。
ベスト100の中に、もう2冊プロベンセン夫妻のかわいらしい絵本がはいっています。
大阪長堀橋の「フィネサ・ブックス」さんで買った絵本です。
「Karen's CURIOSITY」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/9610668/


「Do You Believe in Magic? 」、RosaLind Welcher
e0152493_20163757.jpg


ロザリンド・ウェルチャーさんの「Do You Believe in Magic? 」は、
女の子と男の子のあいだのmagicをイラストで表現した素敵な絵本です。
表紙はあまり好きではないのですが、中身の絵がとってもかわいいです。
ベスト100の中に、もう3冊ロザリンド・ウェルチャーさんの絵本が入っています。
神戸鯉川筋の「ファビラス・オールド・ブックス」さんで買った絵本です。
「Do You Believe in Magic? 」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/9726308/
 http://momokoros.exblog.jp/9734873/


「Night Again」、KARLA KUSKIN
e0152493_20173559.jpg


カーラ・カスキンさんの絵本「Night Again」は、
細かい絵の素敵さに加えて詩もすばらしくて、想いを持っていかれるほど素敵な絵本です。
ベスト100の中に、もう4冊カーラ・カスキンさんの絵本がはいっています。
カスキンさんの絵本は12冊持っているのですが、
翻訳された絵本も少なくさらに絶版の絵本もあり、手にはいりにくいけど憧れます。
東京高円寺の「るすばんばんするかいしゃ」さんで買った絵本です。
とっても素敵な絵本で、お店のおふたりと一緒にため息をついて見ていた絵本なんです。
「Night Again」の絵本を紹介した以前の日記→
 http://momokoros.exblog.jp/10829664/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

残念ながらすべて絶版の絵本なのですが、日本語の絵本は図書館で見るとことができます。

この次は、6位から30位の絵本を紹介したいと思っています。

以前(2009年1月)の、持っている絵本のベスト30+30の日記はこちらです。
ずいぶん変わっているような気がします。
「私のお気にいり絵本~best30の絵本」(2009年1月12日の日記)
http://momokoros.exblog.jp/9400010/
「私のお気に入り絵本~best30に続く絵本」(2009年1月13日の日記)
http://momokoros.exblog.jp/9407361/

by momokororos | 2009-08-26 22:48 | 絵本 | Comments(2)
2009年 08月 24日

食にまつわる本、本にまつわる雑貨~東京渋谷・表参道

久しぶりに東京渋谷に降りたちます。
最近、渋谷に寄るのは本屋さんかお昼くらいになっています。

青山通りの宮益坂上から児童会館の方へ少しくだったところにある、
「COOK COOP」さん。

e0152493_2030461.jpg


「食」の本の専門の本屋さんです。
エッセイから小説、写真からレシピ本、絵本にグルメガイドなど
たくさん食の本が揃っていて、とっても楽しい本屋さんなんです。

お店にはいると、元気よく「こんにちは~」と、挨拶から気持ちいいんです。
いつもお店にはいるときにはは「こんにちは」をかかさないつもりなのですが、
COOK COOPさんの元気につられて?「こんにちは~」です(笑)
入口付近から本を見ながらじわじわ奥にはいっていくと、
店長さんが「かりんとう」を振舞ってくれました。
前に入ったときにもいただいているのですが、これがおいしいんです。
東京東北沢の酒屋さん「升本屋」さんの、かりんとうだそうです。
前に教えていただいていたのですが、東北沢はなかなか行かない街です。
東北沢には素敵なベトナム料理のお店ができていたようですが、今でもあるのでしょうか?

今週の8月28日(金)には、
「COOKCOOP×升本屋 HAPPY おすそわけの会」という食のパーティがあるそうです。

e0152493_20305999.jpg


「COOKCOOP×升本屋 HAPPY おすそわけの会」
■ 2009年8月28日(金)19:00~21:00(COOK COOPに18:45集合)
■ COOKCOOP キッチンスタジオ
■ 参加費用2000円(試食・おみやげ付き)/店員20名
■ ご予約&お問い合わせ:COOKCOOP 03-6418-8143
■ 渋谷区渋谷1-11-1
http://www.cookcoop.com/

お店ではいろいろ見ていたのですが、平松洋子さんの本を買いました。

e0152493_20315520.jpg


表紙に憧れ、言葉に惹かれ、食に思いを馳せます。
平松洋子さんの本は、前にこんな本も読んでいます。

e0152493_20325071.jpg


COOKCOOPさんは、ほんと久しぶりだったのですが、
もう少しこまめに通ってもいいかなって思えるほど素敵なお店です。
少し前に新宿3丁目の丸井に寄ってみたのですが、COOKCOOPさんの名前のカフェがあって、あれ?と思っていたのですが、店長さんに聞いてみたら姉妹店だそうです。
この前は、丸井の中に新しくできたアリヴェ・デ・パールさんを見にいっていて、COOKCOOPさんのカフェには寄らなかったのですが、次回は是非寄ってみたいと思っています。


とっても暑かった日なのですが、
絵本屋さんの「クレヨンハウス」さんにも寄っていこうと思い、裏通りを表参道方向に歩きます。

e0152493_20345635.jpg


お店では、やしまたろうさんの復刊の本を見つけたり、
ほしいなあって思う本もいくつかあったのですが、うさぎの洋書の絵本を購入です。

e0152493_20354369.jpg


うさぎさんがデザートの学校に入学する話しなのですが、これがまた楽しい学校なんです。
にわとりの先生に一目惚れです。

e0152493_20381989.jpg



匂いで何かわかるかな?って感じのお勉強もあります。

e0152493_20391417.jpg


偶然にも、食の本に続けて、食の絵本を購入です!

クレヨンハウスさんは表参道交差点の北西、ここまで来たのだから、と思い、
表参道交差点の南東の雑貨屋「 Arrivee et Depart (アリヴェ・デ・パール)」さんへ。

e0152493_20453744.jpg


アリヴェ・デ・パールさんのお店の中にある、大阪堀江の雑貨屋「prickle」さん。
先日大阪では堀江のお店にはたくさん寄らせてもらいました。
その堀江のお店で少し前に開催されていた「スピッラ」さんの個展があったのですが、
タイミングがあわず見ることができませんでした。

e0152493_20481160.jpg


その個展が、「prickle青山店」で開催されています。

「スピッラちゃんのなつやすみ」
■ 8/20(木)~9月15日(火)
■ Arrivee et Depart 青山店内、「prickle青山店」
■ open :12:00~20:00 (水曜日定休)、8月26日は営業
■ address : minato-ku minamiaoyama 3-13-21LA PLACE 2F
■ tel : 03-5412-0660 / fax : 03-5412-0671
http://www.arrivee-et-depart.com/top.htm

個展の風景を撮らせていただきました。

e0152493_21371727.jpg


スピッラさんは作家さんのお名前なんですが、
写真にもある女の子のイラストは本人そっくりなんです~

女の子のデザインのクリップがかわいいので買ってしまいました。

e0152493_21391617.jpg


足ではさむ感じでとめるのですが、思ったよりも上品な感じなんです。
こんな風に使ってみました。

e0152493_22384173.jpg



お店には、関西で活躍する作家さん「otii」さんの作品もありました。

e0152493_21454949.jpg


堀江のお店にも作品がいつか置いてあったのですが、
otiiさんのブックカバーを買いました。

e0152493_214639100.jpg


ottiさんのブックカバーは前にも買わせていただいて、いまだ現役です。

e0152493_2151460.jpg


素敵なデザインに、生地がしっかりしていて折り返しも十分とられていて、
使い勝手がものすごくいいです。

思った以上に長居してしまった渋谷から表参道巡りはここまです。
表参道から地下鉄で東高円寺へ向かいます。

by momokororos | 2009-08-24 22:40 | 雑貨 | Comments(6)
2009年 08月 22日

図書館と雑貨屋さん~大阪堀江(其の三)

大阪の西大橋でおいしいおうどんをいただいてから、
長堀鶴見緑地線で1駅先の西長堀駅へ移動して「大阪市立中央図書館」へ。
図書館がとっても好きで、素敵な本や絵本との出逢いは数知れずです。

堀江は東西に長くて、ここまで来ても地名は堀江です。
四ツ橋筋、なにわ筋、新なにわ筋、大阪ドームの手前まで「堀江」なんですね。
駅から近いと思っていた中央図書館だったのですが、
鶴見緑地線の西長堀駅からだと千日前線のホームを端から端まで歩きましたが(汗)、
地下鉄の駅から地下直結は便利です。

e0152493_2053197.jpg


1階入口です。
e0152493_20542715.jpg


1階にある絵本・児童書のコーナーに行ってみました。
表通りに面した大きな窓辺に位置していてとっても明るく開放感があって、とっても広くてゆったりしたレイアウトになっています。児童席も窓辺にかなりたくさん設置されており、キーボードなしの検索機もたくさんあります。児童研究書のコーナーがガラスで仕切られた別コーナーになっていて、ここもかなり広いです。
いい感じの空間構成で、お気にいりの絵本コーナーになりました。

そんな空間の中で、絵本をしばし堪能していました。
大阪では午前中は暇なことが多いので、ここに来て絵本を見ているもいいかなって思いました。

よく聞くカフェ「ことり」さんや、雑貨屋「saji」さんはこのあたりです。
携帯電話からネットを調べて地図とにらめっこしていたのですが、
最寄り駅と表示される「汐見橋」と今いる場所からの距離がいまいち把握できません。
探しながら歩くには暑すぎる日だったので諦めました。
あとで地図で確認したら、中央図書館から近かったです~今度行きたいです。

西大橋まで戻り、雑貨屋「オソブランコ」さんへ。

e0152493_20583033.jpg


http://www.osoblanco.jp/

4階にお店があるのですが、階段はやっぱりきついです(涙)

e0152493_20592920.jpg


e0152493_210752.jpg


西大橋駅から2、3分、この階段を上っただけなのですが、汗だくです。
オソブランコさんでは「A3の可能性 クリエイターズペーパー展」が開催中でした。

We love レトロ印刷 vol.2
「A3の可能性 クリエイターズペーパー展」
■ 8/1(土 )~8/31(月)
■ 〒550-0014
■ 大阪市西区北堀江1-23-4長野ビル403
■ tel/fax 06-6534-7358
■ open 12:00-20:00 (日祝-19:00)
■ close 水曜日・第2土曜日

ギャラリーにはたくさんの作家さんの作品。その中ではオソブランコさんの作品が好きでした。
東京青山の雑貨屋「アリヴェ・デ・パール」さんにもオソブランコさんの雑貨が置かれています。

「prickle」さんにまた少しだけ寄って、「ART HOUSE」さんはお休みだったので、
四ツ橋筋を渡ったところにある雑貨屋「aka aka」さんへ。
平日なので開いているかなっと思いましたが、開いてませんでした。残念...
高速道路をくぐり、アメリカ村の三角公園の脇の道を南にさがり、ドイツ雑貨「ddr」さんへ。

e0152493_2121646.jpg


http://mgx.mods.jp/ddr.htm

先日「手紙展」の開催案内をいただいていたのですが行けずじまいでした。
アメリカ村の中にあるお店なんですが、手紙展の案内をもらうまで知りませんでした。
1階の通路を奥まではいり階段で3階にのぼります。
壁には絵が描かれ(ウォールアート?)、派手なお店ばかりです(汗)
なかなか足を踏みいれないエリアかもしれません。

e0152493_213841.jpg


お店ではドイツの絵本を中心に見ていました。
表紙が素敵な絵本があったのすが、中身がもう少しでした。

そのまま南に下って、御堂筋線「なんば駅」まで歩きました。
中崎町に寄ろうか迷ったのですが、
暑かったので少し疲れていたこともあり、また今度にすることに...

今回関西では新しいお店に3軒だけはいりましたが、旅行と考えるととっても少ないですね。
帰りの新幹線は思い出とともにあっとゆうまに新横浜でした。

by momokororos | 2009-08-22 23:12 | 雑貨 | Comments(0)
2009年 08月 21日

おいしいうどん~大阪新町

京都の五山送り火を見ていた先日。
送り火を見たあと、最終の新幹線まで空席がなかったので大阪まで戻りもう1泊です。

前々から、大阪西長堀にある「大阪府立中央図書館」へ行きたかったのですが、
西大橋駅で降りて、お昼ごはんを食べることにしました。
その前の日訪れていたのですがお休みだった大阪新町の「情熱うどん 山斗」さんへ。

大阪豊崎(中津?)にある「情熱うどん 讃州」さんには前から入ってみたいと思っていたのですが、訪れずじまい。たぶん絵本カフェ「ペンネンネネム」さんのお店の近くだと思います。
先日横浜の本屋で、関西の食の情報誌「あまから手帖」を見ていたら、「情熱うどん 山斗」さんが載っていて、堀江から近い新町にあるので行ってみようと思っていました。

西大橋駅から、なにわ筋を北に歩き、車用品のお店とガソリンスタンドを越えた先にあります。
歩いて5分くらいでしょうか。

e0152493_23473561.jpg


お店は椅子席とカウンターが4,5席があり、
椅子席は、複数の椅子席の範囲でしきりでくぎられています。
カウンターも厨房で働いている人と目があわない作りで落ち着いて食することができます。
女性1人でも入りやすいお店の雰囲気かなって思います。

頼んだのは「鶏天ぶっかけうどんセット」です。

e0152493_23482644.jpg


かなり大きめのうどんの器に、かやくご飯がついています。
ゴロリと大きな鶏の天ぷらが3つです。
うどんは表面が柔らかですが、コシがしっかり残りとってもおいしいです。
そしてなにより鶏がおいしいんです。阿蘇鶏だそうです。
サクサクの衣に、鶏肉が少し甘みのあるお味で素敵な味です。
大きな鶏肉とうどんにかやくご飯でお腹いっぱいになりました。
しかもリーゾナブルなお値段で大満足です。

お店に入ったのは平日11時半前。12時少し前にはお店は満員になってました。
お店の人も元気で気持ちのいいお店で、お気にいりになりました。
夕方行って、ビールとうどんでサクッと食べるのもいい感じします~

大阪西田辺にある、うどん屋「ゆきの」さんがお気にいりのうどん屋さんなのですが、
ちょっと遠いことと行列ができているので、最近ご無沙汰でしたが、
行動範囲に素敵なうどんのお店ができてうれしいです。

新町は大阪でもグルメのエリアとしてこれから期待が持てるエリアかなって思います。
前に、新町にある焼き鳥屋「わだち」さんに入ったのでしがおいしかったです。
四ツ橋筋をはさんで、高速道路の近くにも谷六で有名な焼き鳥屋さんがあるのですが、
わたしは「わだち」さんの方が好きです。
以前から新町にはおいしいお店がポツポツあったのですが、
新たなお店を加えて、新町ブレイクが本格化しそうな感じがします。
新町は昔、遊郭だったそうですが、面影はまったく残っていないです。

ちなみに、新町の北は、立売堀(いたちぼり)という街です。
かつて「コンテンツレーベルカフェ」さんだったカフェ「Millbar」さんに「Milbooks」があって、
周囲を牽引してくれるとうれしいなって思っています。
堀江-新町-立売堀-阿波座-靱公園-京町堀と歩いて遊べるようになると楽しそうです。

by momokororos | 2009-08-21 23:54 | グルメ | Comments(0)
2009年 08月 20日

山燃ゆる京都の夏~五山送り火

大阪に神戸と、雑貨や絵本を楽しんでいましたが、
今回は、京都の五山送り火を見るためでもありました。

大阪でかなりゆっくりしてたので、京都に着いたのが五山送り火のちょうど開始の時間でした。
時間差で点火していくことと駅に近いところの送り火の「妙」を見ることにしました。
京都市営地下鉄南北線の「松ヶ崎」駅の真上の北山通りへ向かいました。
着いたときにはすでに点火していて、地上に出て見えるのが「妙」の送り火です。

e0152493_22264628.jpg


去年は「妙」、おととしは「左大文字」を見ています。
ちょっと去年より見にくいなって思っていたら、そばで見ていた年配の方が、
「去年より山の手前の木が邪魔して見えんなあ」って話していました。
少し右にずれると、手前のコンビニの光が気になりますが、「妙」のほぼ全景が見れました。

e0152493_22273393.jpg


15分ほど見ただけなのですが、日本の夏を感じました。

五山送り火には毎年見てきているのですが、今年もいる自分に気づきます。
守り継がれてきたコトやモノの変わらぬ安心感でしょうね。
毎年見にくるのは、大きなリズムといってもいいかもしれません。
日々生活の中で、とかく短いリズムで影響を受けてしまいがちですが、
大きなリズムに身をゆだねていく魅力や感じていく大切さを感じます。

by momokororos | 2009-08-20 23:13 | 祭り | Comments(2)
2009年 08月 19日

魅了された雑貨たち~大阪堀江(其の二)

神戸を1日満喫したあとに、再び大阪に戻って雑貨巡りです。
関西初日に、いいなって思ったモノを再び見にいきました。

大阪堀江の「prickle」さんへ再訪です。
「November Books」さんの「Eine Geschichet vom Sommer」が開催中です。

e0152493_19522927.jpg


「Eine Geschichet vom Sommer」
■ prickle
■ 8/13(木)~8/25(火)
■ 大阪市西区南堀江1-21-3パークウエスト多田2F
■ Tel & Fax 06-6532-3009
■ 11:00~19:00(水曜定休)
http://www.prickle.jp/

「November Books」さんのこんなかわいいポスターを購入です。

e0152493_19543432.jpg


prickleさんが大阪茶屋町にあるときから好きで買っている作家さんです。
お部屋には、買ったポスターのうちの2枚を貼っています。

e0152493_19561888.jpg


e0152493_19572863.jpg


prickleさんでは、もう1つ惹かれる雑貨がありました。
オーナーさんの作品で、いままで買ったお人形のかわいさとは異なるのですが、
店長さんとも相談しながら、どうしても気になり購入しました。
prickleさんの店内で写真を撮らせていただきました。

e0152493_1958324.jpg


お部屋に飾ると目立つ感じしますが、それも楽しみの1つです。
飾ったら、また紹介したいと思います。
このお人形さんは、両手の内側に携帯電話を抱ける携帯電話フォルダーなのですが、
堀江の「prickle」さんと東京青山のアリヴェデパールさん内の「prickle」さんでも、
バリエーションが販売されていますので、見にいってみてください。

同じく堀江の雑貨屋「dent-de-lion」さん。
お盆休みだと思っていたのですが、開いていたので寄りました。

e0152493_19593880.jpg


その日はとっても暑い日で、堀江の街はふりそそぐ日光と照り返しでかなり暑かったです。
店長さんと、堀江に緑がもっとあれば歩きやすいのになぁって話しをしてました。
大阪は東京に比べると、緑が少ない印象を見受けられるのですが、
たくさん緑が増えた街になれば、さらに素敵な街になるような気がしています。
万博公園が緑やお花が多くゆっくりできるとのことで、行ってみたいなって気持ち高まりました。
大阪豊崎(中津)の絵本カフェの、移動販売バスのペンネンネネムバスにも出会いたいし、
大阪府立国際児童文学館も訪れてみたいです。

「kana」さんのうさぎさんのクリアホルダーを買いました。

e0152493_20202254.jpg


もう1つ買ったものがあるのですが、プレゼントにしました。

同じフロアの「Uz-Uz」さんに寄ります。

e0152493_2032524.jpg


今回も期待してた愛犬のビスコちゃんはいなかったのですが、
店長さんのお子さんが生まれたとのことで、おめでとうございます。

素敵な絵の展示会されている「ART HOUSE」さんに再び寄ります。
「オバタ クミ」さんの「The Sky Says」の展示の素敵な絵に惹かれました。
店長さんとお話ししてたのですが、
普段置かれている雑貨と今回のアート寄りの展示を1階か2階にするか悩んだそうです。
多くの人に目に触れる1階の展示だったのですが、私も1階の展示に賛同します。
オバタ クミさんの、気にいった絵の1つを買いました。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが、8月25日の展示後に手にはいるのでまた紹介します。

オバタ クミ「The Sky Says」
■ 2009.8/13-8/25(17・18・19日はお休み)
■ ART HOUSE
■ 大阪市西区北堀江1-12-16
■ TEL&FAX 06-4390-5151
■ OPEN:12:00-19:30
■ 定休日:水曜日
http://www.art-house.info/

すでに夕方になっていたのですが、ちょっとひといき、堀江のカフェの「ロカリテ」さんへ。
いつも写真を撮るのを忘れてしまっているのですが、大阪で居心地のいいカフェの1つです。
http://www.localiteweb.com/

大好きな「黒糖ほうじ茶ミルク」を頼んで、ほっとしたひとときです。
店長さんと、一眼レフやパソコンの話しから、安心感や想像力などのお話しをしてました。
いつもはもっとゆっくりをさせていただいて、お話しもいろいろさせていただくのですが、
今回は早めにお店をでて、京都に向かいます。

タイトルが、「魅了された雑貨たち」なのですが、紹介できたものが半分ですね(汗)
大阪を訪れる機会がある方は、是非のぞいてみてみてください。

by momokororos | 2009-08-19 22:46 | 雑貨 | Comments(0)
2009年 08月 17日

夢の神戸散歩~雑貨・絵本・本

何回訪れても、夢の神戸、憧れの神戸、なんです。

前回関西に来たときは、神戸に行く時間がなくなってしまったので、
今回は1日神戸で遊ぶつもりで大阪から神戸に向かいます。
お店がほんんどお昼からなので、半日散歩かもしれませんね。

同じく港町の、函館、長崎などが好きです。あっ横浜もかな(笑)
神戸の街の好印象と憧れは、自分の中では全国一かもしれません。
神戸に住んで、大阪で仕事をして、京都にたまに遊びに行くが理想なんです。

元町駅で降りて、トアロードにある「MALLE(マル)」さん

e0152493_9372940.jpg


http://www16.plala.or.jp/malle/

前の日までお盆休みだったそうで、よかったです。
店長さんの愛犬クンいるかな?って思ったのですが、残念いませんでした。
お盆の長距離ドライブでばててしまったらしいです。
愛犬クンに似ている店長さん(店長さんに似ている愛犬クンかな?)と
しばしお話しです。
お店では、好きな作家さん「Repit」さんの封筒を手にいれました。

e0152493_9375766.jpg


トアロードと鯉川筋のあいだは魅力的なお店がいろいろあるのですが、
今回は目をつぶり寄らずに、鯉川筋にある
絵本屋「 Fabulous OLD BOOK(ファビラスオールドブック)」さんへ。

e0152493_9392051.jpg


http://homepage2.nifty.com/it-fabulous-old-book/

お店はビルの4階で、いつも根をあげそうになりながら登ります。

e0152493_9395757.jpg


店長さんと、ひさしぶり~、ごぶさたです、の挨拶です(笑)
4月以来なので、4ヶ月ぶりです。

絵本が大好きなもの同士、話しがかなり盛りあがります。
ファビラスさんの知識には到底及ばなくて、むしろいろいろ教えてもらっています。
話していて、ほんと絵本は楽しいなって感じます。
お店の中はこんな雰囲気です。

e0152493_1063280.jpg


買いたい絵本はたくさんです。
特にほしいと思った絵本を3冊、ちょっと高めだけど一期一会なので買ってしまいました。

「Juliet Kepes(ジュリエット・キープス」さんの絵本です。

e0152493_9421539.jpg


お猿さんが愉快な姿と振る舞いをしています。
長谷川等伯が描いたおさるさんの絵を思いだしてしまいました。
動物の描き方もとっても素敵なイラストです。

e0152493_943535.jpg


e0152493_9432166.jpg


e0152493_9433818.jpg


ジュリエット・キープスさんの翻訳されている絵本では、
「ゆかいなかえる」ジュリエット・キープス、いしいももこ やく、福音館書店
が有名です。

大好きな「Rosalind Welcher(ロザリンド・ウェルチャー)」さんの絵本です。
ファビラスさんに訪れるたびに魅了されている絵本なのですが、
今回、前には置かれていなかったロザリンド・ウェルチャーさんの絵本を見つけました。

e0152493_9441471.jpg


ロザリンド・ウェルチャーさんの絵本の表紙はあまり好きではないのですが、
この絵本の表紙はいい感じです。
でもやっぱり、中身の絵が素敵です。

e0152493_9444774.jpg


e0152493_945356.jpg


ほんとかわいい女の子の絵で、今回も一目惚れの絵本でした。

持っていませんが、日本語に翻訳されているのは1冊だけです。
「ひとりぼっちのねこ」ロザリンド ウェルチャー、長友恵子 訳、徳間書店

もう1つ、大好きな「Karla Kuskin(カーラ・カスキン」さんの絵本です。

e0152493_9454764.jpg


e0152493_9461130.jpg


e0152493_9462862.jpg


先日も、東京高円寺の絵本屋さんで、
カーラ・カスキンさんの絵本を手にいれた日記を書いているのですが、
やっぱりカスキンさんの絵本は、繊細なイラストで素敵です。

お店に2時間くらいいて、やっとお店をあとにしました。
素敵な絵本屋さんや雑貨屋さんには何時間でもいることができます!

神戸の海側の栄町に移ります。
前に行ったときに教えてもらって、いいなって思った本屋さん「segodon」さんへ。
お店の写真を撮るのを忘れたので、お店のショップカードです。

e0152493_9474027.jpg


今年の4月に1回だけ行ったきりだったのですが、店長さん覚えていてくれました。
この前行ったときは、本や絵本の熱いお話ししていました。
前に紹介してもらった本がとってもよかったので再訪です。

今回も、読んだ本、素敵な本の話題で盛りあがりました。
自分ではセレクトしないだろう本も紹介してもらい購入です。

e0152493_9505236.jpg


ターシャ・テューダーさんの本もすすめていただきました。
とっても素敵なガーデニングをされている方です。

e0152493_9524377.jpg


ターシャ・テューダーさんの本や写真集いろいろ発売されていますが、
はじめて手にいれました。タイトルも魅力です。

店長さんはお店に並んでいる本はすべて読んでいるようです。
お店にいたあいだも、絵本好きの女の子がたくさんの絵本を買っていました。

同じフロアにある雑貨屋「gigi」さん

e0152493_9575445.jpg


http://gigi.ciao.jp/

かわいい雑貨たくさんなのですが、こんな作品を購入です。

e0152493_9583121.jpg


e0152493_9584865.jpg


気がついてみると、18時を過ぎています。
その日に寄りますって言っていた大阪の雑貨屋さんがあったのですが、
微妙に間にあわない時間になってしまってました。

今回もいつも行くお店に寄っただけで、神戸はおしまいになってしまいました。
山側の方に素敵なお店がたくさんできているっている情報を耳にしていながら、
行けずじまいです。グルメやカフェ散歩もご無沙汰です...
誰か素敵なところに連れていってくれないかなぁ~なんて夢でしょうか(笑)

by momokororos | 2009-08-17 10:40 | 絵本 | Comments(2)
2009年 08月 15日

魅惑の雑貨と絵本の個展~大阪堀江

東京で開催されている、関西の雑貨作家さんの個展を楽しんでいたこの頃だったのですが、
久しぶりに大阪堀江を訪れました。

いつも寄らせてもらう雑貨のお店「prickle」さんです。

e0152493_2059333.jpg


ロビンちゃんは開催されている個展のDMをかかえています。

e0152493_210893.jpg


入り口は2階です。

e0152493_2103773.jpg


お店では「November Books」さんの個展が開催されています。

e0152493_2113214.jpg


e0152493_212741.jpg


「Eine Geschichet vom Sommer」
■ prickle
■ 8/13(木)~8/25(火)
■ 大阪市西区南堀江1-21-3パークウエスト多田2F
■ Tel & Fax 06-6532-3009
■ 11:00~19:00(水曜定休)
http://www.prickle.jp/

November Booksさんのイラストはとってもかわいくって、
prickleさんが大阪茶屋町にあった頃からのファンなんです。
こぶたちゃんのポスターがかわいかったのですが、持ち運びを考えて、
あらためて後日お店に寄ることにしました。
オーナーさんや店長さんと一緒にお話しをしていて、
アコーディオンの話しやアメリなどの映画のなどの話しで時間が過ぎました。
話題にのぼりながら名前が思いだせなかった映画は「 ニュー・シネマ・パラダイス 」でした。


同じく堀江の雑貨のお店「ART HOUSE」さんへ。

e0152493_212368.jpg


お店では素敵な展示が開催されていました。

e0152493_213419.jpg


オバタ クミ「The Sky Says」
■ 2009.8/13-8/25(17・18・19日はお休み)
■ ART HOUSE
■ 大阪市西区北堀江1-12-16
■ TEL&FAX 06-4390-5151
■ OPEN:12:00-19:30
■ 定休日:水曜日
http://www.art-house.info/

銅版画の作品で見れば見るほど素敵な見えてきます。
店長さんから説明聞きながら、一緒に見ながらため息です。
オバタ クミさんは、ボローニャ国際絵本原画展にここ何年か入選されている方だそうです。
「2009イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」の東京や大阪の展示に日程です。
東京都板橋区立美術館(8/16(日)まで)
兵庫県西宮市大谷記念美術館(2009年8月22日~9月27日)

オバタ クミさんの作品はみんな素敵ですが、見ているうちにいいなって思う作品が3つ。
ちょっとお高めなことと、どれにしようか迷いがあるので、また後日訪れることにしました。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、買ったしおりはこんな感じです。

e0152493_21143793.jpg



2階ギャラリーでは、こんな展示も開催されています。
「青の絵本展」(2009.8/13-8/25 17・18・19日はお休み)

知り合いの作家「えのきのりこ」さんの立体の作品も展示されているを見つけました!
ネットでいろんなことがわかるけど、訪れてみてはじめてわかる情報が結構多いですね。

まだまだ堀江は巡りきれていないので、また楽しみたいと思います。

by momokororos | 2009-08-15 22:29 | 雑貨 | Comments(2)