「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

神戸で、こんなかわいい絵本を見つけました。

「Do You Believe in Magic? 」 RosaLind Welcher
絵本の中のイラストがほんとにかわいいんです。

a look、a smile

e0152493_16501028.jpg


the magic of shared dreams、and memories

e0152493_20322143.jpg


a kiss

e0152493_2033109.jpg


タイトルの名前も素敵ですけど、中の絵はそれ以上の魅力があります!
シンプルな絵と言葉に、思わず、magic を信じたくなりますね~

表紙は少しテイストが違っていて、こんな感じです。

e0152493_19293141.jpg


同じ作家さんによるものだそうですが、中の絵の方がずっとずっと素敵な感じですね。
by momokororos | 2009-02-28 22:52 | 絵本 | Comments(2)
お友達の作品が大阪天満橋のギャラリー「MANIFESTO」さんに展示されるということを聞いていて、
日をみて行ってみたいと思っていました。
大阪に入ってから、また別のお友達のブログで紹介されていたのですが、
これも天満橋のギャラリー「centennial」さんでかわいらしい絵本の展示があるということを知って、
2つのギャラリーをあわせて行ってこようと思いました。

ギャラリーを開いて間もない時間に
「GELERIE centennial」さんを訪れました。

e0152493_2003732.jpg


和多田一美絵本原画展“しあわせのいっぽ”
■GELERIE centennial
■終了(2月12日(木)~2月20日(金))
■期間中無休
■13:00~19:00
 土・日・最終日13:00~17:00
■http://www.14thmoon.com/blog/c/centennial.cgi

ふわふわしたかわいいおばけちゃん?のやさしい物語の絵本の原画の展示です。
なんと絵本をもらっちゃいました!

e0152493_2015399.jpg



続いて「MANIFESTO GALLERY」さんへ。

e0152493_203106.jpg


「しあわせの形」オリジナルスタイ展
■MANIFESTO GALLERY
■終了(2月12日(木)~2月20日(金))
■休廊日2月15日(日)
■12:00~19:00
 土曜・最終日12:00~17:00
■http://www.14thmoon.com/blog/m/manifesto.cgi

スタイってのはよだれかけのことなんですが、
使うのがもったいなくなるような素敵なデザインの作品ばかりでした。

スタイの作品を展示されている、ひろたけいこさん、いこまちずえさんは
直接別な展示会でお会いしたことのある作家さんなのですが、
おふたりとも今までの作品の雰囲気を色濃く感じられるスタイを作られていました。
とってもかわいかったです♪

天満橋は同じ通り沿いにギャラリーが3つあり、ときどき寄らせてもらっています。
そして天満橋はオフィッス街なのでおいしいお店がたくさんありそうですが、休日は閉まっているお店多いのかな。寄ってみたいと思いながら、どうしても大きな街に出向いてしまったり、いつもよく行くおいしかったお店に続けてはいってしまったり、最近冒険できていないなあって思うこの頃です。

天満橋を後にして東梅田へ、神戸日記に続きます。
by momokororos | 2009-02-26 22:26 | 展示会 | Comments(1)

喋々喃々~小川糸さん

久しぶりに読書日記です。

昨日から雨降りです。しばらく雨が続くみたいなのですが、雨の日の音の風景が大好きで、
窓や道に打ちつける雨の音や雨樋を流れる水の流れる音に耳を傾けています。
テレビや音楽を消してそんな雨の風景を感じながら、小川糸さんの本を読んでいました。

「喋々喃々」(ちょうちょうなんなん)小川糸、ポプラ社

e0152493_2071924.jpg


去年読んだ小川糸さんの「食堂かたつむり」がとっても素敵で、この本も楽しみでした。

今回は東京谷中が舞台で、アンティークきもの店「ひめまつ屋」を営む主人公の物語です。
主人公はかわらしいココロをもつ女性で、自分の気持ちにとまどい悲しみ喜びます。
小川糸さんの文章は、言葉、しぐさ、気持ち、そして風景の描写が1つ1つ丁寧で
優しさが流れてきてココロの中にすっとはいりこんできます。
1つ1つの章を読み終えるたびに、ココロの中に風が吹くかのような感じがします。
おいしいものをゆっくり味わい、季節の風情を感じながらの会話はなんて素敵なんでしょう~

谷中をはじめ、湯島、上野、吉原、浅草、向島と舞台は変わりながら、
おいしいものとココロの風景をつむぎあげていきます。
おいしいってことってこんなことなんですね、とあらためて感じてしまいます。
これだけ下町のお店が実名で出てくるのも珍しい。カフェに飲み屋にうどんに蕎麦屋...
行ったことあるお店はうれしいようなこそばゆいような感じがします。
思いをかさねることができる風景や味に、共感できる気持ちが自分の中に流れていきます。
谷中はしばらくご無沙汰なのですが、
饂飩屋さんに、カフェ、美術館に、庭園に、居酒屋に行ってみたくなりました。

主人公の感情にひきこまれてしまい最後は涙でした。
終わりかたも素敵な書きかたをしていてずっと余韻が残る作品かもしれません。

本の帯に書いてある喋々喃々の意味です。
【喋々喃々】男女がうちとけて小声で楽しげに語りあう様子。

去年読んだ「食堂かたつむり」も、ものすごく素敵で、
私の2008年に読んだ本のベストにもはいっている本です。

「食堂かたつむり」小川糸、ポプラ社

e0152493_20101718.jpg


そのときの感想はこんなことを書いています。
----
小さな山の中の村で食堂を手作りで作り、料理をだす主人公。
とってもいい雰囲気で物語が進行していきます。
山のおいしい空気が自然に肺に流れこむかのように、
物語が素直にココロにしみいるかのような感じがします。
料理と自然の恵みと気持ちがハーモニーを奏でます。
優しさにせつなさに、ときどき胸がキュンとしてしまいます。

食べる人の心や自然の恵みを活かして作りあげる世界は
料理の域を超えていろんなことにいつくしみを感じます。
料理を作る喜びと料理を食べる喜びが絶妙にからみあって織りあげる世界。
こんなに素敵に料理の喜びを表現した本は、
かつてあったかなって思うほど素敵な本でした~
----

小川糸さんの小説は、おいしい料理と雰囲気と気持ちが静かにハーモニーを奏でています。
おいしいってのは、そんな五感すべてで感じて楽しめるものだと思います。
私もそんな味わいかた、さらには過ごし方をしたいと思ってしまいます。
恋のものがたりでもあるのですが、生きていく気持ちの力をさりげなく感じさせてくれます。
次の作品もとっても楽しみです。
by momokororos | 2009-02-24 22:18 | 読書 | Comments(5)
先日、大阪中津の絵本カフェ「ペンネンネネム」さんの日記を書きましたが、
今回は大阪玉造にあるブックカフェの話題です。

大阪のお人形作家の「Bruno」さんの個展が、
去年の暮れに大阪堀江の雑貨屋さん「prickle」さんであって、見にいっていたのですが、
その個展に来たお客さんの1人が、玉造に素敵な本屋さんができたことを話していました。
ずっと行ってみたかったお店なのですが、この前に大阪に行ったときに寄ってみました。

玉造にはかつて何回か訪れたことがあって、
玉造商店街を歩いてみたり、空堀交差点に近いフレンチのお店で食べたり、
細川ガラシャの像があるカトリック玉造教会、真田山公園あたりを探検したりしてきました。

今回、ひさしぶりの玉造商店街です。

e0152493_17311395.jpg


玉造商店街をずっと行って自転車屋さんの角を曲がるって聞いていたので、
そのとおり行ってみると珍しく迷うことなく発見です。

ブック&カフェ「beyer」さん

e0152493_1840414.jpg


ロフトの作りで入口からお店の半分は吹き抜けになっていて、雰囲気のいい感じの店構えです。
中にはいると、インテリアや衣食住、デザイン関連の本が置かれています。
海外の小さな書店や市からも買いつけてくるとのことでした。

1階のカウンターはカフェの雰囲気で、2階からは声が聞こえます。
2階はカフェで置いてある本が自由に見ることができるとのことだったので、
お茶をさせていただくことに。
注文を先にすませて、靴を脱いで2階にあがります。
2階の雰囲気はとってもいい空間で、こんな感じです。

e0152493_18424275.jpg


e0152493_1845134.jpg


e0152493_18455512.jpg


2階から1階を見るとこんな感じです。

e0152493_18491766.jpg


「アドルフ・ザーブランスキー」の絵本があったので見ていたら、
お店の人があがってきたので、いろいろお店のお話しを聞きました。
去年の5月とか6月オープンのお店で、はじめは倉庫として使われてきたところを
次にはいったお店が改装して2階部分を作ったそうです。
お店の方も気さくで優しい方です~☆

ロールケーキとチャイを頼みました。

e0152493_18502645.jpg


お茶を飲みながら、「まぼろしの大阪」坪内祐三、ぴあ
を読んでいましたが、面白い本でした。

イギリスの切り絵の素敵な本も買いたいなって思っていたのですが、手持ちがなくて諦めました。
20時までお店を開けられているので、かなりゆっくりできました。
とっても居心地のいい空間でまた訪れてみたいと思いました。
ただ駅からかなり歩きます。お店の人に聞いてみると玉造と鶴橋のちょど真ん中あたりだそうです。

beyer(バイエル)は、こちらです。
http://www.beyerbooks-pl.us

居酒屋の名店「ながほり」さんが玉造に移りましたよって、
以前、堀江のカフェ「ロカリテ」さんから教えてもらいました。
まだ行けていませんが、ちょっと注目のエリアになりそうです。
by momokororos | 2009-02-23 22:13 | カフェ | Comments(0)
大阪絵本&雑貨巡りは、堀江にうつります。

中崎町で遊んでいたのですが西長堀に移動して、
堀江公園に面した雑貨屋さん「prickle」さんに寄ってこんなかわいいモノを買いました。

e0152493_19363014.jpg


spillaさんのマトリョーシカの根付です。
中を開けると、牛乳ビンがでてくるんです~

e0152493_19381355.jpg


そしてこんなかわいいカードも見つけました!

e0152493_19432272.jpg


e0152493_19435818.jpg



お店をあとにして、同じ堀江公園に面した雑貨屋さん「dent-de-lion」さんに寄ります。

e0152493_1945890.jpg


店長さんといろいろお話ししながら、見つけた籠バック。
店長さんが作った作品なのですが、ちょっと小さめの作品はとってもかわいかったです。
いつもいろんな工夫をされていて、同じ作家さんなのですが新鮮です。
前には店長さんが作られた籠バックを買っています!
素敵な籐カゴ~大阪dent-de-lionさん

dent-de-lionさんで、その日の雑貨巡りはおしまいです。
そのあと南船場のベトナム料理をお友達と堪能したのですが、またその話題は今度書いてみたいと思います。

明けて次の日も、堀江巡りからはじめます。
オーナーさんが来るということで再び雑貨屋さん「prickle」さんを訪れます。

e0152493_1951436.jpg


お店の看板のうさぎさん「ロビンちゃん」がお出迎えです。

e0152493_19474124.jpg


久しぶりにオーナーさんに会って、再び店内を見てまわります。
何度見ても新しい発見があるのが楽しいです☆
お店には絵本が何冊か置いていて、最近少なくなって残念なのですが、
100%ORANGEさんの絵本を買いました。

e0152493_19524863.jpg


かわいいです~

お店をあとにして、堀江公園からちょっと北側に行ったところにある雑貨屋さん「ART HOUSE」さんへ。

e0152493_2095397.jpg


お店の前には見慣れぬ大きな看板がありました。

e0152493_20112484.jpg


堀江の町のお店を紹介した大きイラストでした。
店長さんに聞いてみると、前はお店の前の道をはさんだ向かい側にあったとのことですが、
お店の前に持ってきたことでした。
道行くお客さんが数人見ていっていました。お店に寄るお客さんが増えそうな感じです。

お店では、「吉本真依子」さんの作品展が開催されていました。
吉本真依子「Sincerely Yours」
■ART HOUSE
■2009.2/5-2/24 11,18はお休み 1Fギャラリー
■OPEN:12:00-19:30、定休日:水曜日
■〒550-0014 大阪市西区北堀江1-12-16
■TEL&FAX06-4390-5151
http://www.art-house.info/

はじめて見るのですが、イラストの原画が展示されていてとっても素敵でした。
1つ小さな絵を買いました。展示期間中なので展示が終わってからの受け取りですが楽しみです♪
ポストカードも販売されていて、2枚購入です。

e0152493_20315530.jpg


e0152493_20324289.jpg


前に出版した絵本があるとのことで、見せてもらったその絵本も素敵でした。

e0152493_20341372.jpg


e0152493_20345428.jpg


e0152493_2035379.jpg


ボローニャに送っていて今ない絵もあるそうで、いずれ展示されるときが楽しみです。

ちょっと遅めのお昼は、堀江のカフェ「ロカリテ」さんです。

e0152493_20384335.jpg


ポトフを頼みました。また写真を撮るのを忘れてしまいましたが、おいしかったです。
食後は、いつもの黒糖ほうじ茶ミルクを頼みました。

e0152493_2040485.jpg


これもおいしくてほっこりします。
大阪カフェ巡りで、ロカリテさんのことを詳しく書きたいと思っています。

四ツ橋筋を越えて、雑貨屋さんの「AKAAKA」さんへ。
わかりずらいところにありますが、大阪を中心とした作家さんの作品がたくさんです。
動物ものが多いです。
前に見かけて好きになった作家さんの新しいポストカードを見つけました。

e0152493_20424349.jpg


家には文鳥がいるのですが、この悪い文鳥はなぜか惹かれるものがあります~
そして、もう1人好きな作家さんのポストカードがもう1つ。

e0152493_20441912.jpg


堀江ではまだいろいろ寄りたいお店があったのですが、
今回は、大阪の新しいお店にいくつか行ってみたいところがあるので堀江を後にしました。
by momokororos | 2009-02-22 22:58 | 雑貨 | Comments(0)
立春も過ぎて、三寒四温の季節になってきました。
それにしても寒暖の差が例年よりもかなり激しいですね。
やっと2008年に読んだ本のベストが決まりました。
昨年と比べると絵本の比率がかなり高くなっていますが、それでも小説は魅力です。
今年はじっくり本を読んで、そしていろんなジャンルの本にも挑戦していきたいなって思っています。

2008年1月1日~12月31日ベスト

  「きもち」谷川俊太郎、長新太、福音館書店

  「ナイフ投げ師、スティーブン・ミルハウザー、白水社

  「図書館戦争」有川浩、メディアワークス

  「くまとやまねこ」湯本香樹実 ぶん、酒井駒子 え、河出書房新社

  「なかなおり」シャーロット・ゾロトウ 文/みらいなな 訳、アーノルド・ローベル 絵、童話屋

  「ぼくおかあさんのこと・・・」酒井駒子、文溪堂

  「I Wish you O merry Christmas」、by RosaLind Welcher

  「ひとりぼっち?」フィリップ・ヴェヒター 作/絵 ・ アーサー・ビナード 訳:徳間書店

  「赤毛のアン 赤毛のアン・シリーズ1」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫

  「めぐる月日に」エリック・バトゥー/作、谷口こうた/絵、講談社

  「ふしぎふしぎ」文 片山令子、絵 長新太、国土社

  「パコと魔法の絵本」関口尚、幻冬舎文庫

  「食堂かたつむり」小川糸、ポプラ社

  「あかいことりとライオン」エリサ・クレヴェン 絵と文、たがきょうこ 訳、徳間書店

  「マァヘイくんとちいさいおじいさん」さく・え 出口かずみ

  「おふろばをそらいろにぬりたいな」、クラウス文、センダック絵、大岡信訳、岩波書店

  「赤めだか」立原談春、扶桑社

  「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」田中啓文

  「I'LL BE YOU AND YOU BE ME」By Ruth Krauss、Picture by Maurice Sendak

  「こもりうた」ビー・ピー・ニコル 詩、アニタ・ローベル 絵、松井るり子 訳、セーラー出版

  「とちゅうで」駒形克己、ワンストローク

  「おばけのバーバパパ」さく アネチット=チゾンとタラス=テイラー、やく やましたはるお、偕成社

  「アンナの赤いオーバー」ハリエット・ジィーフィルド ぶん、アニタ・ローベル え、松川真弓 やく、評論社

去年は、本好きな人と本を交換して読んだり、絵本をいろんな人と一緒に見たり、
いままでとは違う楽しみかたをしていて、それもまた素敵な楽しみかただと思いました♪


ちなみに2007年のベストは、こんな感じです。

2007年1月1日~12月31日ベスト

  「チエちゃんと私」よしもとばなな、ロッキングオン

  「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦、角川書店

  「孤笛のかなた」上原菜穂子、新潮文庫

  「藤村詩抄」の中の『若菜集 おきく』島崎藤村、岩波文庫

  「草原の輝き」野中柊、角川文庫

  「ブラフマンの埋葬」小川洋子、講談社文庫

  「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子、新潮文庫

  「寸志 」茨木のり子、花神社

  「夏の庭」湯本香樹実、新潮文庫

  「猫町」萩原朔太郎、パロル社

  「かはたれ」朽木祥、福音館書店

  「たそかれ」朽木祥、福音館書店

  「おまけのこ」畠中恵、新潮文庫

  「ペルセポリスⅠ イランの少女マルジ」マルジャン・サラトビ、バジリコ出版

  「ペルセポリスⅡ イランの少女マルジ」マルジャン・サラトビ、バジリコ出版

  「トマトさん」田中 清代、福音館書店
by momokororos | 2009-02-21 23:37 | 読書 | Comments(0)
大阪絵本屋さん巡り第三弾を書こうかなって思いましたが、
絵本カフェの「ペンネンネネムgreen」さんでお昼を食べたあとは、
絵本というよりも雑貨屋さんを巡りが主になってしまっていたので、大阪絵本屋さん&雑貨屋さん巡りに改めました。

まずはペンネンネネムさん。

e0152493_238083.jpg


http://www.geocities.jp/nenemu_cafe/

1つ前の日記に詳しく書いているのですが、
壁一面に絵本が飾られた風景は、何度見てもすごいです~
また今度行ったときには別の席で絵本を楽しみたいなあって思っています。

お店を出て、新御堂筋を越えて豊崎に向かいます。
大阪中崎町のお店の方々から以前からうわさを聞いていて、
行ってみたいと思っていた本屋さん「itohen」さんです。

e0152493_22262118.jpg


http://www.skky.info/top.html

以前2回探したけど、2回とも見つからなかったお店なんです。
今回も少し行ったりきたりしましたが、お店を発見できました。
思っていたよりずっと遠くにあって、前はそこの行きつく前に引きかえしていました。

洗練された空間に落ちついた感じの本が並び、奥には落ち着いたギャラリーがあります。
本を見てギャラリーを見ていたのですが、大人数の方が来たので早めにでてしまいました。
それでもみなさまが言っておられるようになるほど素敵な雰囲気です。
展示されていたのは、こんな展示です。

e0152493_20513547.jpg



お店を出て、中崎町へ向かいます。
かなり離れていますが、Itohenさんと同じ通り沿いにある
雑貨屋さん「JAM POT」さん

e0152493_22294938.jpg


http://jampot.jp/

去年の年末中崎町に訪れたときにはことごとく中崎町の雑貨屋さんにはふられていて、
久しぶりの中崎町の雑貨屋さんです。

お店では、大好きな作家さんのカードにレターセットを購入です。

e0152493_223149100.jpg


e0152493_22324093.jpg


e0152493_22334088.jpg


同じならびにある「ONE PLUS 1 gallery」さん

e0152493_22343513.jpg


http://one-plus-one.jp/

「股旅」という写真展をやっていたので見てみました。
フランス旅行の写真やテープを見せてもらったりしてました。
お店を出たところで、通りかかりのおっちゃんがお店の前にある小学校の机と椅子を見て、
「これは懐かしいな」(大阪弁で)とひとりごとを言っていた?私に話しかけていた?ので、
しばし机の話しで盛りあがります。

e0152493_2247385.jpg


大阪はどんな人にも話しかけどんな話題でも盛りあがれるのだからすごいですね!

カフェの「R cafe」さんでひと休みです。

e0152493_22484229.jpg


http://rcafe.littlestar.jp/wordpress/

のんびりほっこりできるカフェです。
買った絵本をお店のおふたりと一緒に楽しみます。
大阪カフェはまた日を改めて紹介したいと思います。

雑貨屋さんの「NINO」さん

e0152493_2250492.jpg


http://www.le-coeur-shop.com/nino/top.html

しばらくお休みされていたNINOさんは久しぶりです。
といっても去年の年末に店長さんの顔は見ているんですけどね。
NINOさんにはドイツの絵本が20、30冊あります。
お店ではチェコのかわいい切手を発見です。

e0152493_2251547.jpg



中崎町はまだまだ行きつけのお店があるのですが、その日は中崎町を終わりにして、
掘江に移動して、堀江雑貨巡りに続きます。
by momokororos | 2009-02-20 23:16 | 雑貨 | Comments(2)
先日来から大阪絵本屋さん巡りの日記を書いていますが、
素敵な絵本カフェに寄りました。
以前、大阪のお友達に連れていってもらったのですが、
店内の雰囲気がかわいい、そして料理の味もおいしい、素敵な絵本カフェなんです。
久しぶりに先日訪れてみました。

絵本カフェの「ペンネンネネムgreen」さん

e0152493_22525511.jpg


http://www.geocities.jp/nenemu_cafe/top.html

京都西陣にある絵本カフェ(ペンネンネネムさん)がはじまりだったのですが、
行きたいと思っていながら、京都のお店は昨年閉店されたそうで残念です。
大阪店は営業されています。
大阪のお店はこの前行ったときは梅田駅から訪れましたが、
今回は地下鉄の中津駅から歩いてみました。
梅田からも歩ける距離ですが、中津が近い感じです。
お店は小さな公園に面したところのビルの3階にあって階段を登ると、
「ぐりとぐら」の看板が出迎えてくれます。

e0152493_2229721.jpg


いやおうなしに期待が高まります。
店内にはいると、その期待を越える風景が広がっています。

e0152493_22304065.jpg


絵本だけではなく、その絵本のキャラクターグッズも一緒に置かれているんです。

e0152493_2240374.jpg


料理が出てくるまで、そして食べたあとに、席に近いところに置いてあったこんな絵本を読みました。

「くまさん」作:レイモンド・ブリュックス、訳:角野栄子
「さむがりやのサンタ」レイモンド・ブリュックス さく・え、すがはらひろくに やく、福音館書店
「The Snowman」作 レイモンド・ブリュックス、評論社
「スノーマン」レイモンド・ブリュックス さく、きやまかすみ やく、竹書房

レイモンド・ブリュックスさんのsnowmanの絵本は有名なんですが、
ちゃんと読むのは初めてなんです。
この中では「くまさん」の絵本がお気にいりでした。

お食事は、「なべやきハヤシライスセット」を頼みました。

e0152493_22323157.jpg


このなべやきカレーかなりおいしいんです♪
前に来たときも、このなべやきカレーを食べたような気がします。
雰囲気だけではなく、お料理もおいしいとなると通いたいお店です。
近くにあれば、きっと週一で行っているに違いありません!

移動絵本バスのペンネンネネムバスもあるみたいなのです。

e0152493_22341338.jpg


いつどこに出没するのかわからないのですけど、出会ってみたいです。

絵本カフェはそんなには知らないのですけど、
今のところここが一番雰囲気がよくて落ちつけるお店です~☆
by momokororos | 2009-02-17 23:03 | 絵本 | Comments(2)
大阪絵本屋さん巡りの第二弾です。

大阪扇町の絵本屋さんを出たあと、京都に向かう予定でいたのですが、
靴擦れがひどくて歩くと激痛が走り、諦めて続けて大阪を巡ることにしました。
扇町から長堀橋に移動して、長堀橋駅からほど近いビルの中の絵本屋さんへ。
去年2回ほど訪れているのですがお休みの日でした。
ちゃんと営業日確認していかないと駄目だなあって思ってます...
そのあと、ほしい商品がその絵本屋さんのネット販売に出ているのをたまたま見つけて、
お店の店長さんとメールのやりとりしていて、今度お店に行きますね、とお話ししていたところでした。

絵本屋さん「FINEZA BOOKS(フィネサ ブックス)」さん

e0152493_20163881.jpg


ビルの3階のお店で、入ってみると意外に小さなスペースにびっくりです。
海外の絵本と日本の絵本が別れて置いてあります。
カーラ・カスキンさんの絵本が飾られていてかわいい表紙の絵に惹かれます。

e0152493_2018202.jpg


繊細に描きこまれた絵は宝石のような美しさを感じます。

e0152493_2019658.jpg


e0152493_20195856.jpg


カーラ・カスキンさんの絵本は1冊持っているのですが、その絵本も繊細な絵です。

e0152493_20332368.jpg


e0152493_20342281.jpg


いろいろ絵本のことや大阪に神戸のことを話しながら、店長さんに神戸のお嬢さまな感じを感じて、よくよく聞いてみるとなるほどなって思いました。

奥からいろんな絵本を出してきてもらったなかで、秀逸でかわいい絵本に出会いました。
先日紹介したプロベンセンさんの絵本です。

e0152493_22132714.jpg


「かわいすぎです~海外の絵本」の日記に詳しく?載せています。
http://momokoros.exblog.jp/9610668/

プロベンセンさんの絵本は1冊だけ持っているのすが、買った絵本は、持っている絵本や図書館で見たプロベンセンさんの絵本とは異なるかわいらしさです。
持っているのはこんな絵本です。

「動物げきじょう 21幕」

e0152493_20372662.jpg


e0152493_20382050.jpg


さらに、
ブルーノ・ムナーリさんの絵本を買いました。
「緑ずきんちゃん」

e0152493_2218211.jpg


この絵本の緑の部分はハンコで押して表現されています。

e0152493_22203147.jpg



「黄色ずきんちゃん」

e0152493_2221299.jpg

この絵本は、コピー機でコピーをとるときにわざとずらして流れるようにしてとられています。
いわばコピーの失敗を作品にしているようなものです。すごい発想の転換ですね。

e0152493_22251136.jpg


他にも素敵な絵本たくさんでかなり長居をしてしまいました。
2、3時間はいたような気がします。外に出るとすでに真っ暗です。

ほど近くにある農林会館へ向かったのですが、どこにあるかわからなくなり迷ってしまいました。
農林会館行くときにはいつも迷っています。
この前に行ったときは探しきれず諦めてしまいました。
初めて行くわけではないのですけど、やっと農林会館にたどりつきました。

雑貨屋さん「foo」さん

e0152493_22552126.jpg


絵本が10冊くらいしかありませんが、
大阪堀江に去年まで雑貨屋さん「Luna-es」さんの店長さんだった方がお店にいらしていて、
声をかけられてびっくりです。お手伝いにこられているそうです。

雑貨屋さん「COMS MART」さん

e0152493_2046890.jpg


雑貨屋さん「Arundel(アランデル)」さん

e0152493_2048329.jpg


不思議の国のアリスの雑貨が多いです。
絵本は少しだけ飾られています。

古本屋さんの「Belrin books」さん
e0152493_20492187.jpg


絵本は200冊くらいあります。
とっても雰囲気のいい本屋さんです。

ここで時間ぎれになりました。
この界隈で寄ってみたかったお店はたくさんあったなあって、あとから思うと気づきます。
by momokororos | 2009-02-16 23:15 | 絵本 | Comments(0)
東京絵本屋さん巡りはまだ続きますが、
大阪絵本さん巡りを始めてしまいました。

西梅田のハービスPLAZA ENTを久しぶりに探索していたら、
京都の雑貨屋さん「ANGERS」さんと同じ名前の雑貨屋さんを発見。

e0152493_1064354.jpg


パンフレットを見ると、京都のお店と同じお店でした。
ここには生活やアートの本や絵本が置いてあります。
絵本は100冊くらいあります。
前から買いたいと思っていたブルーノ・ムナーリの絵本があったのですが保留です。
フロアの奥にこんな素敵なお店があったなんてびっくりです。

東梅田の「Book 1st」さんへ移ります。
大手の中では一番好きな本屋さんです。
その中でも梅田のお店の3階は魅力のフロアです。
児童書・絵本コーナーも充実していて大阪に行くと必ず寄っています。
ここで、図書館で見てお気にいりだった絵本を見つけました。

e0152493_959257.jpg


おばけの食事の絵本なのですが、とっても楽しい絵本です。
おばけというと、「おばけのバーバパパ」や「おばけのラーバン」の絵本もありますね!


扇町の絵本屋さん「ism」さんへ。

e0152493_9594671.jpg


ここでは、素敵な本を見つけました。

e0152493_1003862.jpg


とっても素敵な文章と美しい挿絵が魅力の1冊です。

e0152493_101582.jpg


e0152493_102370.jpg


バーバラ・クーニーさんの素敵な絵本も見つけました。

e0152493_1025372.jpg


e0152493_1032611.jpg


ここも大阪に来るといつも寄らせてもらっている絵本屋さんなんですが、
今回もすっかり長居をしてしまいました。

堺筋線で長堀橋駅に移動です。

大阪絵本屋さん巡り(其の二)に続きます。
by momokororos | 2009-02-15 10:55 | 絵本 | Comments(4)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ