「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

東京絵本屋さん巡りは、神保町からはじめることが多いです。
おいしいところもたくさんです。
先日行ったときは久しぶりに神保町のロシア料理を堪能してから絵本巡りを開始です。

絵本の専門店「BOOK HOUSE」さん

e0152493_22852100.jpg


BOOK HOUSEさんは絵本を結構買っているところかもしれません。
今回買ったのは、
「太陽のしずく」エリック・バトゥー 作、那須田淳 訳、講談社

e0152493_22112770.jpg


やっぱり、エリック・バトゥーさんの絵は素敵です♪

ほど近くにある古書センターの5階にある古書絵本の「みわ書房」さん。
児童書と絵本がところ狭しと積みあげられています。ときどきほしい絵本にでくわします。
続いて岩波ブックセンター」に寄ります。
ここは岩波書店の絵本が充実していて、他の本屋でなかなか見ることができない絵本を見ることができます。
神保町最後は、三省堂の絵本コーナーと洋書の絵本コーナーへ。
最近洋書コーナーが改装されて階も変わり、絵本や児童書と同じ階になりました。
前は、フランス絵本のミニフェアなどがあって、大好きな絵本作家さんのエリック・バテュさんの洋書絵本やエスター・アベリルさんの絵本もあって、魅力的な洋書絵本売り場だったのですが、規模も縮小して絵本も少なくなってしまいました。残念です。

神保町から水道橋まで歩いて、総武線に乗り西荻窪まで移動です。
なかなか西荻窪には寄れていないのですが、いい絵本屋さんがあります。

「にわとり文庫」さん

e0152493_22132764.jpg


「三月の羊」さん

e0152493_22164836.jpg


路地の入口の羊の看板がかわいいです。

e0152493_22173976.jpg


前はちいさなカフェがあったのですが、今はお休みしているとのこと。
かわりに絵本コーナーが少し大きくなりました。世界一小さな絵本屋「ねこひ」さん。
なかなかいい感じの絵本の品揃えです。

「じめんのうえとじめんのした」アーマ E.ウェーバー ぶん・え、藤枝澪子 やく、福音館書店

e0152493_22183140.jpg


木や植物の地上の枝と地下の根がいっしょにイラストで描かれていて興味深い絵本です。

三月の羊さんの1本裏側の小道沿いにある古本屋「興居島屋(こごしまや)」さん。

e0152493_2219267.jpg


ここもいい品揃えの古本屋さんで、絵本も100冊くらい置いてあります、

西荻窪から吉祥寺に移ります。
古本屋さんの「百年」さん

e0152493_22201286.jpg


絵本もかなり充実しています。
アーノルド・ローベルさんのねずみの絵本「MISS SUZY」を見つけました。

e0152493_2221224.jpg


先日紹介したドイツの動物たちと路面電車の絵本を見つけたのも百年さんです。

e0152493_22215838.jpg


近くの雑貨屋さん「にじ画廊」さん

e0152493_2222524.jpg


絵本はほとんどありませんが、吉祥寺では一番好きな雑貨屋さんかもしれません。

大正通りに移動して、絵本屋さん「おばあちゃんの玉手箱」さん

e0152493_2224915.jpg


好きな絵本屋さんの1つなんです。
今回はかなり長い時間、棚から絵本を引っ張りだしては戻すことを繰り返していたら、
「私の絵本best30」で1位のアニタ・ローベルさんの「こもりうた」の絵本を発見です。

e0152493_22251560.jpg


絶版だと思っていたのですがそうではないのかしら。
それともたまたま売れないで絵本屋さんに残っていたのかな?
アニタ・ローベルさんの絵本はかなり深いです。大切な何かを教えてくれます。
今度、アニタ・ローベルさんの絵本を紹介できれば、と思っています。

最後は絵本屋さんの「トムズボックス」さんへ。
カレルチャペックさんのお店の奥のわかりにくい?ところにあり、
初めて行ったときに見つけられなかった思い出を持つ絵本屋さんです。

e0152493_22261546.jpg


ちょうど「100%ORANGE」の原画展が開催されていました。

e0152493_22282319.jpg


絵本もたくさん販売していて、リスがたくさん出てくる絵本を買おうか迷いましたが保留です。

すっかり日も暮れて、ここで今回の絵本巡りはおしまいです。

東京絵本屋さん巡りは、まだまだいろんなルートで楽しめます。
by momokororos | 2009-01-31 22:49 | 絵本 | Comments(0)
2008年に読んだ本(1月~6月)と(7月~8月)に続いて、
9月~10月です。

図書館で読んだ絵本もリストアップしています。
時間あれば図書館に寄って絵本や本を読んでいるのですが、
読んでも読んでも常に新しい発見がある図書館はすごいなあって思います。
いつもは地元の図書館に通っているのですが、
東京上野の「国際こども図書館」にときどき訪れます。

e0152493_20185236.jpg


国立国会図書館の分館で、建物は重厚な造りで魅力的です。
資料室やこどものへやには、児童書や絵本などがたくさんで、開架の絵本を見るだけでも素敵なのですが、書庫に眠っている絵本は数知れずで、見たい絵本があるときには頼りになります♪さらに、絵本の企画展示もあって、見逃がせません。

そして、東京広尾に有栖川記念公園内にある「都立中央図書館」も好きな図書館の1つです。
緑に囲まれていて絶好なロケーションに建っています。最近はなかなか訪れる機会ないのですが、1日いて勉強してみたい図書館です!


2008年読んだ本(9月~10月)
青字はお気にいりの本です。

「ダダダダだちょう~」等門じん 文と絵、新風舎
「オレンジいろのめうし」ナタリ・アール さく、リュシル・ビュッテル え、ふしみみさを やく、パロル舎
「あおいうま」ナタリ・アール さく、リュシル・ビュッテル え、ふしみみさを やく、パロル舎
「ゆかいなさんぽ」土方久功、福音館書店
「バイオリンのおとは山のおと」いまにしすけゆき さく、なかたにちよこ え、偕成社
「どうぶつだいすき」絵=ヨゼフ・ラダ、文=イジー・ジャーチェク、訳=飯島周、平凡社
「ひみつのひきだしあけた?」あまんきみこ「オレンジいろのめうし」ナタン・アール さく、リュシル・ビュッテル え、ふしみみさを やく、パロル舎
「長ぐつをはいたねこ」ハンス・フィッシャー ぶん・え、やがわすみこ やく、福音館書店
「つばさをちょうだい」ハインツ・ヤーニッシュ さく、ゼルダ・マルリン・ソーガンツィ、中村智子 やく、フレーベル館
「ねこたちの夜」作:ブルース・イングマン、訳:江國香織、小学館
「わたしのかわいいめんどり」アリス・プロベンセン マーチン・プロベンセン さく、きしだえりこ やく、ほるぷ出版
「たんじょうび」ハンス・フィッシャー ぶん・え、おおつかゆうぞう やく、福音館書店
「パパの大旅行」アリスとマーティン・プロヴェンセン 作、脇明子 訳、福音館書店
「りんごのき」エドアルド・ペチシカ ぶん、ヘレナ・ズマトリィ・、うちだりさこ やく、福音館書店
「夜、空をとぶ」ランダル・ジャレモ、長田弘 訳、絵 モーリス・センダック、みすず書房
「そんなとき なんていう?」S・ジュスリン 文、M.センダック 絵、たにかわしゅんたろう 訳、岩波書店
「市場へ!いきましょ!」イラスト:ピーター・スピア、訳:わしづなつえ、瑞雲舎
「くつがあったらなにをする?」ビアトリス・ドゥ・レニエ ぶん、モーリス・センダック え、いしづちひろ やく、福音館書店
「Neighbors おとなりさん」M.B.ゴフスタイン 作、谷川俊太郎 訳、G.C.PRESS
「むぎばたけ」アリスン・アトリー、矢川澄子 訳、片山健 絵、福音館書店
「なんにもないない」ワンダ・ガァグ 作/絵、むらなかりえ 訳、ブックグローフ社
「THE STORM BOOK あらしのひ」シャーロット・ゾロトウ さく、マーガレット・ブロイ・グレアム え、まついるりこ やく、ほるぷ出版
「アンの愛情 赤毛のアン・シリーズ3」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「赤毛のアンの贈り物」L・M・モンゴメリー、掛川恭子訳・編、山本容子 画、講談社
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子、偕成社
「ちいさなかがくのとも くさはら 2008年9月号」酒井駒子、福音館書店
「こねずみディディ・ボンボン」オルガ・ルカイユ 文/絵、こだましおり 訳、岩波書店
「ガブリシ」スズキコージ、ブッキング
「アンの友達 赤毛のアン・シリーズ4」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「ヌードル」M・リーフ 文、L・ベーメルマンス 絵、福本友美子 訳、岩波書店
「パコと魔法の絵本」関口尚、幻冬舎文庫
「チョコちゃんの魔法のともだち」尾崎左永子、幻戯書房
「アンの幸福 赤毛のアン・シリーズ5」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「イッツ・オンリー・トーク」絲山秋子、文春文庫
「アンの夢の家 赤毛のアン・シリーズ6」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「きまぐれロボット」星進一、角川文庫
「プリズムの夏」関口尚、集英社文庫
「パーク・ライフ」吉田修一、文春文庫
「永遠の出口」森絵都、集英社文庫
「食堂かたつむり」小川糸、ポプラ社
「千の花になって」斉木香津、小学館
「アンの夢の家 赤毛のアン・シリーズ6」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「別冊 図書館戦争Ⅰ」有川浩、アスキー・メディアワークス
「王さまとかじや」ジェイコブ・ブランク 文、ルイス・スロボドスキン 絵、八木田宣子 訳、徳間書店
「うんがにおちたうし」フィリス・クラシロフスキー 作、ピーター・スパイアー 絵、みなみもとちか 訳、ポプラ社
「ウィルキィのちきゅう」エディス・サッチャ^・ハード さく、クレメント・ハード え、みやこおきこ やく、トモ企画
「あなただけのちいさないえ:ぶん ベアトリス・シェンク・ド。レーニエ、え アイリーン・ハース、やく ほしかわなつよ、童話館出版
「ALDO」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく
「フリーフォール」デイヴィッド・ウィーズナー、訳/江國香織、ブックローン出版
「かようびのよる」デヴィッド・ウィーズナー 作・絵、当麻ゆか 訳、徳間書店
「ママ」ジャネット・ウィンダー 作、
「見えなくてもだいじょうぶ?」フランツ=ヨーゼフ・ファイニク 作、フェレーナ・バルハウス 絵、ささきたづこ 訳、あかね書房
「おおいびきのツチブタ」ムワリム 文、アドリエンヌ・ケナウェイ 絵、草山万兎 訳、西村書店
「ニーナはおちびさん」さく ジャック・ケント、やく なかがわけんぞう、好学社
「1999年6月29日」作/デイヴィッド・ウィーズナー、訳/江國香織、ブックローン出版
「ぼくはおこった」ハーウィン・オラム、きたむらさとし
「ひよことむぎばたけ」フルビーン さく、ミレル え、ちのえいいち やく、偕成社
「まあちゃんのまほう」たかどのほうこ さく、福音館書店
「へいきはいき」内田麟太郎 文、竹内通雅 絵
「まあちゃんのながいかみ」たかどのほうこ さく、福音館書店
「ケチルさんのぼうけん」たかどのほうこ さく・え、フレーベル館
「ぽんこちゃんのどろろんぱ」たかどのほうこ 作、あかね書房
「まほうのえのぐ」林明子 さく、福音館書店
「パンちゃんのおさんぽ」どいかや、ブックローン出版
「ハリネズミのくるりん」どりごえまり、文渓堂
「ふわふわふとん」カズコ・G・ストーン さく、福音館書店
「しのだけむらのやぶがっこう」カズコ・G・ストーン さく、福音館書店
「きんいろのあらし」カズコ・G・ストーン さく、福音館書店
「ベーコン」井上荒野、集英社
「エミリ・ディスキンスン家のネズミ」エリザベス・スパイアーズ、絵 クレア・A・ノヴォラ、訳 長田弘、みすず書房
「川はながれる」アン・ランド 文、ロジャンコフスキー 絵、掛川恭子 訳、岩波書店
「いたずらロラン」ネリー・ステファヌ さく、アンドレ・フランソワ え、かわぐちけいこ やく
、福音館書店
「エルンスト」エリサ・クレヴェン 作・絵、香山美子 訳、学習研究社
「あかいことりとライオン」エリサ・クレヴェン 絵と文、たがきょうこ 訳、徳間書店
「マァヘイくんとちいさいおじいさん」さく・え 出口かずみ
「プラハ旅日記」山本容子、文化出版局
「フィアボ」マイケル・グレイニエツ さく、ほそのあやこ やく、ポプラ社
「お月さまってどんなあじ?」マイケル・グレイニエツ 絵と文、いずみちほこ 訳、セーラー出版
「にじいろのはな」マイケル・グレイニエツ さく、ほそのあやこ やく、ポプラ社
「どこ? つきよのばんのさがしもの」山形明美、講談社
「A DAY OF WINTER」written by BETTY MILES、illustrated by REMY CHARLIP
「てざわり」吉野公章 さく、福音館書店かがくのとも80号
「まあちゃんのまほう」たかどのほうこ さく、福音館書店
「アンディとらいおん」、ジェームズ・ドーハテイ ぶん/え、むらおかはなこ やく、福音館書店
「ロバのシルベスターとまほうの小石」、ウィリアム・スタイグ さく、せたていじ やく、評論社
「うずらちゃんのかくれんぼ」きもとももこ さく、福音館書店
「ぺこぺこライオン」きむらよしお さく、福音館書店
「くぎになったソロモン」ウィリアム・スタイグ 作、おがわせつこ 訳、セーラー出版
「空とぶゴーキー」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「ザバジャバ ジャングル」ウィリアム・スタイグ 作、おがわえつこ 訳、セーラー出版
「みんなぼうしをかぶってた」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「みにくいシュレック」ウィリアム・スタイグ 文と絵、おがわえつこ 訳、セーラー出版
「ケーレブとケート」ウィリアム・スタイグ、あそうくみ やく、評論社
「ばしゃでおつかいに」ウィリアム・スタイグ、せたていじ やく、評論社
「ジークの魔法のハーモニカ」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「ゆうかんなアイリーン」ウィリアム・スタイグ 作、おがわえつこ 訳、セーラー出版
「ちいさくなったおにいちゃん」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「まっすぐまっすぐ」松竹いね子 さく、堀川真 え、福音館書店
「雑多なアルファベット」エドワード・ゴーリー、河出書房新社
「なにをたべたかわかる?」長新太、絵本館
「ボロ」いそみゆき・作、長新太・絵
「おとうさんの木」最上一平・さく、長新太・え、教育画劇
「ねむる」長新太、文渓堂
「いたずらラッコとおなべのほし」神沢利子/文、長新太/絵、あかね書房
「こぶたがずんずん」渡辺一枝 ぶん、長新太 え、あすなろ書房
「はんぶんちょうだい」山下明生 ぶん、長新太 え、小学館
「あるけあるけ」長新太・さく、こぐま社
「はるですよ ふくろうおばさん」長新太、講談社
「なんででんねん 天満はん 天神祭」今江祥智・ぶん、長新太・え、童心社
「うみのしっぽ」内田麟太郎 ぶん、長新太 え、童心社
「へんなおにぎり」長新太 さく、福音館書店
「なんじゃもんじゃはかせのおべんとう」長新太・さく、福音館書店
「ぼくはイスです」長新太 さく、童心社
「たぬきのじどうしゃ」ちょうしんた さく、偕成社
「かえるのひこうせん」長新太 作・絵、佼成出版社
「やまが あるいたよ」長新太 さく、童心社
「わりとけっこう」中川ひろたか ぶん、長新太 え、絵本館
「にゅーっ するするする」長新太、福音館書店
「アブアアとアブブブ」長新太、ビリケン出版
「えをかく」谷川俊太郎・作、長新太・絵、講談社
「ちへいせんのみえるところ」長新太、
「トーマスのもくば」小風さち 作、長新太 絵、福音館書店
「めの まど あけろ」谷川俊太郎ぶん、長新太 え、福音館書店
「かえるとカレーライス」長新太 さく、福音館書店
「そらとぶアヒル」内田麟太郎・ぶん、長新太・え、童心社
「キャベツくんのにちようび」長新太・さく、文研出版
「やったね!へんてこライオン」長新太、小学館
「しんくんと へんてこライオン」長新太、小学館
「ブタヤマさんたらブタヤマさん」長新太・さく、文研出版
「キャベツくんとブタヤマさん」長新太・さく、文研出版
「ゴリラのビックリばこ」長新太、絵本館
「ようちえんのえほん」いまえよしとも、え ちょうしんた、理論社
「そよそよと かぜがふいている」長新太・さく、教育画劇
「よる わたしのおともだち」いまえよしもと・ぶん、ちょうしんた・え、BL出版
「あら どこだ」神沢利子・詩/長新太・絵、国土社
「へんてこ へんてこ」長新太・さく、佼成出版社
「あしたてんきになあれ」荒川薫 さく、長新太 え、福音館書店
「校長先生のあたま」長新太 さく、くもん出版
「へんてこライオン」長新太、小学館
「うたのてんらんかい」くどうなおこ・うた、長新太・え、理論社
「ぺろ ぺろ ぺろ」長新太・さく、BL出版
「こねこのおんぶ」長新太・さく、BL出版
「おんぶおんぶ ねえ おんぶ」長新太・さく、ポプラ社
「ごろ ごろ ごろ」長新太・さく、BL出版
「はなちゃん すべりだい」中川ひろたか 文、長新太 絵、主婦の友社
「びっくり、しゃっくり くしゃみに おなら」長新太 さく、福音館書店
「おばけのいちにち」長新太・さく、偕成社
「サラダでげんき」角野栄子 さく、長新太 え、福音館書店
「どろにんげん」長新太 さく、福音館書店
「がんばれ さるの さらんくん」中川正文 作、長新太 画、福音館書店
「はんぶんタヌキ」長新太・さく、こぐま社
「まねっこねこちゃん」長新太、文渓社
「せいくんとねこ」矢崎節夫 作、長新太 絵、フレーベル館
「せんせい」大場牧夫・ぶん、長新太・え、福音館書店
「みみずのオッサン」長新太・さく、童心社
「くもの日記ちょう」長新太、ビリケン出版
「もじゃもじゃしたもの なーに?」長新太・作、
「キウイじいさん」渡辺茂男・ぶん、長新太・え、クレヨンハウス
「だくちるだくちる」V・ベレストフ、阪田寛夫 文、長新太 絵、福音館書店
「ろくべいまってろよ」灰谷健次郎・作、長新太・絵、文研出版
「おじさんあそびましょ」長新太、絵本館
「あわてんぼ らいおん」八木田宜子 文、長新太 絵、徳間書店
「こいしがどしーん」内田麟太郎 ぶん、長新太 え、童心社
「くまさんの おなか」長新太・さく、学習研究社
「てぶくろくろすけ」川崎洋 さく、長新太 え、福音館書店
「ブタとタコのダンス」長新太、学習研究社
「つきよのかいじゅう」長新太・さく、佼成出版社
「バラライカねずみのトラブロフ」さく ジョン・バーニンガム、やく せたていじ、童話館出版
「はじめまして すみれひめよ」ハーウィン・オラム ぶん、スーザン・バーレイ え、小川仁央 やく、
「ハーキン 谷へおりたきつね」さく ジョン・バーニンガム、やく あきのしょういちろう、童話館出版
「きれいずきティッチ]さく、パット・ハッチンス、やく つばきはらゆき、童話館
「ずどんといっぱつ」さく ジョン・バーニンガム、やく わたなべしげお、童話館出版
「ガンピーさんのふなあそび」ジョン・バーニンガム さく、みつよしなつや やく
「ぶかぶかティッチ]パット・ハッチンス さく・え、いしいももこ やく、福音館書店
「ねんころりん」ジョン・バーニンガム さく、谷川俊太郎 やく、ほるぷ出版
「いつもちこくのおとこのこ - ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく、あかね書房
「なにしてあそぶ?」パット・ハッチンス さく、いぬいゆみこ やく、祥伝社
「せかい一わるいかいじゅう」パット・ハッチンス さく、乾侑美子 やく、偕成社
「十月はハロウィーンの月」ジョン・アップダイク、長田弘 訳、絵 ナンシー・エクホーム・バーカート
「なんにかわるかな?」パット・ハッチンス、ほるぷ出版
「ジュリアスはどこ?」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく、あかね書房
「ALDO」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく、あかね書房
「ものぐさトミー」ペーン・デュボア 文・絵、松岡享子 訳、岩波書店
「はっぱのおうち」征矢清 さく、林明子 え
「おいていかないで」筒井頼子 さく、林明子 え、福音館書店
「とんことり」筒井頼子 さく、林明子 え、福音館書店
「りすのクラッカー」ルース・エインズ・ワース 作、こうもとさちこ 訳・絵、福音館書店
「きっとみんなよろこぶよ!」ピーター・スピアー、松川真弓 やく、評論社
「十月はハロウィーンの月」ジョン・アップダイク 長田弘 訳、絵 ナンシー・エクホーム・バーカート、平分社
「おじいちゃんのところ」文 ヘレン・V・グリフィス、絵 ジェームズ・ステイーブンソン、訳 あきのしょういちろう、童話館出版
「窓の魚」西加奈子、新潮社
「赤めだか」立原談春、扶桑社
「いどにおちたぞうさん」マリー・ホール・エッツ 作、たなべいすず 訳、冨山房
「強気な小心者ちゃん リターンズ」鈴木ともこ、メディアファクトリー
「地図男」真藤順丈、メディアファクトリー
「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」米原万理、角川文庫
「ノコギリザメのなみだ」長新太、フレーベル館
「わににバンボ」文・大石真、絵・長新太、ポプラ社
「ぴかくん めをまわす」松居直 さく、長新太 え、福音館書店
「ごめんなさい」中川ひろたか・文、長新太・絵、偕成社
「よわむし たいおん」八木田宣子 文、長新太 絵、徳間書店
「たかいたかい らいおん」八木田宣子 文、長新太 絵、徳間書店
「あわてんぼ らいおん」八木田宣子 文、長新太 絵、徳間書店
「こんなことってあるかしら?」長新太・さく、クレヨンハウス
「さかさまライオン」内田麟太郎 文、長新太 絵、童心社
「にんげんごっこ」木村祐一・作、長新太・絵、講談社
「ぞうのたまごのたまごやき」寺村輝夫 作、長新太 画、福音館書店
「オレ・ダレ」文/越野民雄、絵/高畠純、
「はなまんま」朱川湊人、文春文庫
「君に舞い降りる白」関口尚、集英社文庫
「よってたかって古今亭志ん朝」志ん朝一門、文春文庫
「版画 のはらうたⅠ」工藤直子、童話屋
「ぼくのくれよん」おはなし・え=長新太、講談社
「キャベツくん」長新太 文・絵、文研出版
 さく、やまわきゆりこ え、PHP研究所
「いまはむかしかえりのものがたり」まつおかきょうこ=さく、馬場のぼる=え、こぐま社
「きつね森の山男」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきのねことへんなねこ」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきねこ どろんこ」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきのねこ」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきねことあほうどり」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきねことぶた」馬場のぼる、こぐま社
「らしょうもんのおに」馬場のぼる。こぐま社
「ごんちゃんとぞうさん」馬場のぼる、PHP研究所
「こぶたたんぽぽ」馬場のぼる、こぐま社
「ゆきのかえりみち」藤原一枝・作、はたこうしろう・絵、岩崎書店
「エリザベスは本の虫」文=サラ・スチュワート、絵=デイビッド・スモール、訳=福本友美子、アスラン書房
「きこえるきこえる」マリー・ホール・エッソ ぶん/え、ふなざきやすこ やく、らくだ出版
「ショッピング・バスケット」ジョン・バーニンガム 作、青山南 訳、ほるぷ出版
「はたらくうまの ハンバート」さく ジョン・バーニンガム、やく じんぐうてるお、童話館出版
「恋するベット」ジョン・バーニンガム 作、長田弘 訳、ほるぷ出版
「Edwardo]ジョン・バーニンガム 作、千葉茂樹 訳、ほるぷ出版
「ねえ、どれがいい?」ジョン・バーニンガム さく、まつかわゆみ やく、評論社
「ずっとママといっしょがいいの!」ヒド・ファン・ヘネヒテン:さく、のざかえつこ:やく、主婦の友社
「おともだちがほしいな」さく・え アスン・バルソーラ、やく さとうひでみ、新世界研究所
「もぐらのおとしあな」ぶん いわきたかし、え しまだみつお、童話屋
「ともだち」ヘルメ・ハイネ さく、いけだかよこ やく、ほるぷ出版
「ヘンリー やまにんのぼる」D.B.ジョンソン 文・絵、今泉吉晴、福音館書店
「ヘンリー いえをたてる」D.B.ジョンソン 文・絵、今泉吉晴、福音館書店
「こぶたのさんぽ こどものとも年少版」白川三雄 さく、福音館書店
「あかいことりとライオン」エリサ・クレヴェン 絵と文、たがきょうこ 訳、徳間書店
「からすのカーさん へびたいじ」オールダス・ハクスリー 文、バーバラ・クーニー 画、じんぐうてるお 訳、冨山房
「7ひきのこうさぎ」ジョン・ベッカー ぶん、バーバラ・クーニー え、岸田衿子 やく、 文化出版局
「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」田中啓文、集英社文庫
「ハナシにならん! 笑酔亭梅寿謎解噺2」田中啓文、集英社文庫
「邂逅の森」熊谷達也、文春文庫
「炉辺荘のアン 赤毛のアン・シリーズ7」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「the Secret」ロンダ・バーン、角川書店
「茂田井武美術館 記憶ノカケラ」講談社
「グリムどうわさしえ選集1」茂田井武、トムズボックス


2008年に読んだ本(11月~12月)に続きます。
by momokororos | 2009-01-29 22:33 | 読書 | Comments(2)
かわいくて買ってしまった雑貨さんたくさんです。
連れてかえったあとに、お部屋に飾って組みあわせて遊んでいます♪

大阪中崎町の雑貨屋さん「gluck」さんで買った「ひろたけいこ」さんのハリネズミのお人形と、
東京高円寺の雑貨屋さん「ninni」さんで買った「TeTe]さんの天使のお人形を組みあわせると、
こんなかわいい贈り物、告白かな~の風景になります☆

e0152493_2042338.jpg


「gluck」さんは去年閉店されてしまいましたが、「ninni」さんは今も高円寺でお店されています。
ちなみに、「TeTe」さんの作品は、大阪中崎町の「JAM POT」さんで見ることができて、
「ひろたけいこ」さんの作品は、「ninni」さんと、大阪堀江の「ART HOUSE」さんに置いてあります。

ほんと雑貨は素敵です~☆
by momokororos | 2009-01-26 20:53 | 雑貨 | Comments(0)
2008年に読んだ本(1月~6月)に続いて、
7月~8月に読んだ本です。
9月までに読んだ本をアップするつもりでしたが、文字数多すぎて投稿できませんでした。

本が大好きで、いろいろな本屋さんに行くのですが、
一番好きな本屋さんは、京都の一乗寺の「恵文社」さん

e0152493_15155615.jpg


e0152493_1516366.jpg


しばらく行っていなくて、これは去年の5月のときの写真です。

京都北白川の「がけ書房」さんも個性的な品揃えです。

e0152493_15173567.jpg


e0152493_15183013.jpg


ここはさらに行っていなくて、おととしの桜の時期から行っていません。
この写真は、おととしの4月の写真です。

東京では、ついこのあいだ訪れた
渋谷の「SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS」さん

e0152493_151516100.jpg


渋谷駅から歩いてかなりあるのですが、品揃えは魅力あります。

東京神宮前にあった「kurkku Library」さんも好きでした。

e0152493_15142779.jpg


閉店されてから1年くらいたちますが、同じkurkkuさんのレストランや雑貨のお店は同じ場所で続けてられるので、Libraryも復活しないかなって思っているのですが復活しませんね。

自分が興味なかったと思うような本や絵本を提供してくれる本屋さんはほんと魅力です。


2008年読んだ本(7月~8月)
青字はお気にいりの本です。

「Please Don't Feel Blue」by RosaLind Welcher
「I Wish you O merry Christmas」、by RosaLind Welcher
オバケやかたのひみつ、大島妙子、偕成社
たなかさんちのおひっこし、大島妙子、あかね書房
やなやのおばさん、ねじめ正一・文、大島妙子・絵、童心社
ぼくんちどうぶつえん、正道かほる・文、大島妙子・絵、童心社
「きっとみんなよろこぶよ!」、ピーター・スピア、松川真弓 やく
「きつねのとうさん ごちそうとった、ピーター・スピア、松川真弓 やく
「バンザイ!海原めざして出航だ!、イラスト:ピーター・スピア、訳:わしづなつえ、瑞雲舎
「まちのねずみといなかのねずみ、ポール・ガルドン 絵、木島始 訳
「「くつがあったらなにをする?ピアトリス・シェンク・ドゥ。レニエ ぶん、モーリス・センダック え、いしづちひろ やく、福音館書店
「うさぎさん てつだってほしいのシャーロット・ゾロトウ:文、モーリス・センダック:え、こだまともこ:やく、冨山房
「かいじゅうのいるところ、モーリス・センダック さく、じんぐうてるお やく、冨山房
「まどのそとのそのまたむこう、モーリス・センダック さく・え、わきあきこ やく、福音館書店
「おめめがさめた」、もりやまみやこ・さく、ふくだいわお え、ポプラ社
「どうぶつえんにいきましょう」文 あいはらひろゆき、絵 あきくさあい、教育画劇
「わたしのぼうし」作・絵 さのようこ
「John Tabor's Ride」
「わたしと雨のふたりだけ」ジョアン・ライダー 作/ドナルド・カリック 絵/田中とき子 訳
「どれがぼくかわかる?」カーラ=カスキン ぶん・え、よだしずか やく
「あめのひってすてきだな」カーラ=カスキン ぶん・え、よだじゅんいち やく
「めんどりペニー」おはなしとえ ポール・ガルドン、やく 谷川俊太郎
「しまうまのゼブラ」シルビアンヌ・ガングロフ 作、とどろきくんぺい 訳、宝島社
「へんなどうつぶ」ワンダ・ガーグ 文・絵、わたなべしげお 訳、岩波書店
「しょうがパンぼうや」ポール・ガルドン さく、ただひろみ やく
「フィーンチェのあかいキックボード」さく/ベッツィー・バックス、やく のざかえつこ
「ヤンとスティッピー」
「こんにちは さよならの まど」文/ノートン・ジャスター、絵/クリス・ラシュカ、訳/石津ちひろ
「くろいライオン」ジスン・リー、
「アリスの不思議なお店」フレデリック・クレマン著、鈴村和成 訳 紀伊国屋書店
「すにっぴいとすなっぴい」ワンダー・ガーグ 文・絵、わたなべしげお 訳、岩波書店
「かぜ」イブ・スパン・オルセン 作、木村由利子 訳、文化出版局
「JENNY'S MOONLIGHT ADVENTURE」story&pictures by ESTHER AVERILL
「Hansel and Gretel」Bernadette
「ちいさなあなたへ」
「るんぷんぷん」ハンス・フィッシャー/作、さとうわきこ/ことば、架空社
「たのしいふゆごもり」
「まっくら奇妙にしずか」
「ノアのはこぶね」アンドレ・エレ、ほりうちせいいち 訳、
「マウス一家のふしぎなさんぽ」さく カーラ・カスキン、やく 星川菜津代
「マウス一家のむすめたちのさんぽ」さく カーラ・カスキン、やく 星川菜津代
「もしもゆきがあかだったら」エリック・バテユ 作、もさかずこ 訳
「Petit Caillou」ERIC BATTUT
「どうぶつげきじょう-21幕」作・絵 アリスとマーティン・プロベンセン、訳 乾侑美子、童話館出版
「ヘンリーフィッチバーグへいく」D.B.ジョンソン 文・絵、今泉吉春 訳、福音館書店
「ともだち」ぶん・まつたにみよこ、え・わたなべさぶろう、
「グリーティング」山本容子、講談社
「わたしのロバと王女」オードリー・フォンドゥカヴ 物語・絵、内田哉子、PIE BOOKS
「おおきなかぶ」A・トルストイ 再話、内田 莉莎子 訳、 佐藤 忠良 絵
「Little tree」 駒形克己、ワンストローク
「Akazukin」MICAO
「ひとりぼっち?」フィリップ・ヴェヒター 作/絵 ・ アーサー・ビナード 訳:徳間書店
「贈ることば」Discover
「赤毛のアン 赤毛のアン・シリーズ1」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「アンの青春 赤毛のアン・シリーズ2」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「かくれんぼしましょ」ホセ・アルエゴ/アリアンヌ・ドウィ さく、山口文生 やく
「まっててね」シャーロット・ゾロトウ 文、エリック・ブレグヴァド 絵、みらいなな 訳、童話屋
「いっしょにあそぼう」津田櫓冬 さく、福音館書店
「わたしが母さんなら」シャーロット・ゾロトウ 文、ヒラリー・ナイト 絵、みらいなな 訳、童話屋
「ぼくが父さんなら」シャーロット・ゾロトウ 文、ヒラリー・ナイト 絵、みらいなな 訳、童話屋
「ぼくのはね」きたむらえり さく、福音館書店
「せんそう」エリック・バトゥー、石津ちひろ 訳、ほるぷ出版
「あかあさんどーこ」さく ローナ・バリアン、やく こごうちよしこ、アスラン書房
「いつだってともだち」エリック・バトゥー=絵、モニカ・バイツェ=文、那須田淳=訳、講談社
「名馬キャリコ」バージニア・バートン え・ぶん、せたていじ やく、岩波書店
「風がふいたら」パット・ハッチンス さく、田村隆一 やく
「ふしぎないきもの」アネリース・シュヴァルツ/ぶん、クヴィエタ・パツォウスカー/え、いけうちおさむ/やく、ほるぷ出版
「どうぶつしんぶん」岸田衿子、松竹いね子、谷川俊太郎 ぶん、堀内誠一 え、福音館書店
「てんのくぎをうちにいったじはりっこ」かんざわとしこ さく、ほりうちせいいち え、福音館書店
「くまとりすのおやつ」きしだえりこ ぶん、ほりうちせいいち、もみこ、え、福音館書店
「DVAKRAT SEDAM POHADEK」FRANTISEK HTUBIN、JIRI TRNKA、ALBATROS
「もりのなか」マリー・ホール・エッソ ぶん/え、まさきるりこ やく、福音館書店
「ねずみのウーくん」マリー・ホール・エッソ 作、たなべいすず やく、冨山房
「また もりへ」マリー・ホール・エッソ ぶん/え、まさきるりこ やく、福音館書店
「あるあさ、ぼくは・・・」マリー・ホール・エッソ ぶん/え、まさきるりこ やく、福音館書店
「いどにおちたぞうさん」マリー・ホール・エッソ ぶん/え、たなべいすず やく、冨山房
「どこにいるの、おじいちゃん?」アメリー・フリート 作、ジャッキー・グライヒ 絵、平野卿子 訳、偕成社
「こぐまくんのハーモニカ」ジョン・セバスチャン/作、ガース・ウイリアムズ/絵、三木卓 訳、リブロポート
「おつきさんどうしたの」E.M.プレストン 文、B.クーニー 絵、岸田衿子 訳、岩波書店
「かめさんのさんぽ」中谷千代子 さく・え、福音館書店
「おかあさんとあかちゃん」中谷千代子 さく・え、福音館書店
「たくさんのお月さま」ジェームズ・サーバー 文、ルイス・スロボドキン 絵、なかがわちひろ 訳、徳間書店
「おさると ぼうしうり」エズフィール・スロボドキーナ さく・え、まつおかきょうこ やく、福音館書店
「いぬのおばけ」長新太、ポプラ社
「たまねぎあたまのたまねぎこぞう」二宮由紀子・ぶん、スズキコージ・え、ポプラ社
「ぼくがとうさんなら」シャーロット・ゾロトウ 文、ヒラリー・ナイト 絵、みらいなな 訳、童話屋
「わたしが母さんなら」シャーロット・ゾロトウ 文、ヒラリー・ナイト 絵、みらいなな 訳、童話屋
「しでんとたまご」川崎洋 さく、佐藤国男 絵、福音館書店
「みつけたぞ ぼくのにじ」文・絵 ドン・フリーマン、訳 大岡信、岩波書店
「アンガスとあひる」マージョリー・フラック さく・え、瀬田貞二 やく、福音館書店
「ウィリアムのこねこ」マージョリー・フラック さく・え、まさきるりこ やく、新風舎
「ベスとアンガス」マージョリー・フラック さく・え、まさきるりこ やく、アリス館
「アンガスとねこ」マージョリー・フラック さく・え、瀬田貞二 やく、福音館書店
「トプシーとアンガス」マージョリー・フラック さく・え、まさきるりこ やく、アリス館
「くろうまブランキー」伊東三郎 再話、堀内誠一 画、福音館書店
「おひさまがいっぱい」詩・よだじゅんいち、画・ほりうちせいいち、童心社
「かぜはどこにいくの」シャーロット・ゾロトウ さく、ハワード・ノッツ え、まつおかきょうこ やく、偕成社
「めぐる月日に」エリック・バトゥー/作、谷口こうた/絵、講談社
「ヘンゼルとグレーテル」メリー・マックレン え、大日本絵画
「ヨゼフのだいじなコート」シムズ・タバック 作、木坂涼 訳、フレーベル館
「黒ねこジェニーの誕生日」エスター・アベリル 作・絵、羽島葉子 訳
「山本容子のジャズ絵本」山本容子、講談社
「ちいさなきいろいかさ」イラスト/にしまきかやこ、シナリオ/もりひさし、金の星社
「とらたトラック」なかがわりえこ ぶん、なかがわそうや え、福音館書店
「とらたとおおゆき」なかがわりえこ ぶん、なかがわそうや え、福音館書店
「らいおんはしった」工藤直子 さく、中谷千代子 え、福音館書店
「ヌードル」M・リーフ 文、L・ベーメルマンス 絵、福本友美子 訳、岩波書店
「あめの日のおさんぽ」U・シェフラー 文、U・ヴェンセル 絵、若林ひとみ 訳、文化出版局
「あたし、ねむれないの」カイ=ベックマン さく、ペール・ベックマン え、やまのうちきよこ やく
「オーケストラの105人」訳 岩谷時子、作 カーラ・カスキン、絵 マーク・サイモント
「どうする?ビアンカ」作・絵 リンダ・ヴォルフスグルーベル、訳/いずみちほこ、フレーベル館
「けんか」シャーロット・ゾロトウ 文、ベン・シュクター 絵、みらいなな 訳、童話屋
「きこえるきこえる ふゆのおと」チャールズ・G・ショー 絵、マーガレット・ワイズ・ブラウン 作、よしがみきょうた 訳、小峰書房
「あるげつようびのあさ」ユル・シュルヴィッツ 作、谷川俊太郎 訳、徳間書店
「おやすみなさいのほん」マーガレット・ワイズ・ブラウン ぶん、ジャン・シャロー え、いしいももこ やく、福音館書店
「ヘンリーのしごと」D・B・ジョンソン 文・絵、今泉吉晴 訳、福音館書店
「木はいいなあ」ユードリイ さく、シーモント え、さいおんじさちこ やく、偕成社
「みんなのこもりうた」トルード・アルベルチ ぶん、なかたにちよこ え、いしいももこ やく、福音館書店
「くまさんにであった」森山京・ぶん、西巻茅子・え、偕成社
「クマくんの冬の家」ジョン・ヨーマン 文、クェンティン・ブレイク 絵、山口文生 訳
「9番地のチャールズのおはなし」さく ジョン&アン・ハセット、やく 今江祥智&遠藤育枝
「てろんてろんちゃん」ジョイス・デュンバー ぶん、スーザン・バーレイ え、えくにかおり やく、ほるぷ出版
「ヘリコと小鳥」アンドレ・ダーハン 絵、宝島社
「あお」ポリー・ダンバー さく・え、もとしたいずみ やく、フレーベル館
「もしも」神沢利子・文、太田大八・画、童心社
「のねずみラリレット」エルズピエタ 作、なかむらえりこ 訳、セーラー出版
「大あらし」作/ディビット・ウィーズナー、訳 江國香織、ブックローン出版
「あかずきんちゃん」ポール・ガルドン さく、やあさふみえ やく、ほるぷ出版
「ヘンゼルとグレーテル」スーザン・ジェファーズ え、おおばみなこ やく、ほるぷ出版
「だるまちゃんとかみなりちゃん」加古里子 さく/え、福音館書店
「やせたぶた」きじまはじめ さく、ほんだかつみ え、リブロポート
「ちいさな きの ねがい」エリック・バテュ=作絵、神沢利子=文
「おべんともって」森山京・文、片山健・絵
「なかよし」シャーロット・ゾロトウ 文、ベン・シュクター 絵、みらいなな 訳、童話屋
「かきねのむこうはアフリカ」バルト・ムイヤールト 文、アンナ・ヘグルンド 絵、差伯愛子 訳
「おおきなペットたち」レイン・スミス さく、えくにかおり やく、ほるぷ出版
「ねこのジンジャー」シャーロット・ヴォーク 作、小島奇里 訳、偕成社
「はじめまして ねこのジンジャー」シャーロット・ヴォーク 作、小島奇里 訳、偕成社
「とおいところへいきたいな」モーリス・センダック さく、じんぐうてるお やく、冨山房
「うさぎさん てつだってほしいの」シャーロット・ゾロトウ:ぶん、モーリス・センダック:え、こだまともこ:やく、冨山房
「ケニーのまど」モーリス・センダック 作、じんぐうてるお 訳、冨山房
「うちがいっけんあったとさ」R.クラウス 文、M.センダック 絵、わたなべしげお 訳、岩波書店
「かいじゅうのいるところ」モーリス・センダック さく、じんぐうてるお やく
「ヘクター・コロテクターとうみのうえをふねでいったら」モーリス・センダック 作、じんぐうてるお やく、冨山房
「あなはほるものおっこちるとも」クラウス 文、センダック 絵、わたなべしげお 訳、岩波書店
「どこへいってた?」さく マーガレット・ワイズ・ブラウン、え バーバラ・クーニー、やく うちだりさこ、童話館出版
「すいようびくんのげんきだま」文 エリック・バトゥー、訳 那須田淳、講談社
「大きな空の木」エリック・バテュ、加藤登紀子、フレーベル館
「シンデレラ」アーサー・ラッカム 絵、C.S.エヴァンス 編、安達まみ 訳
「きつねのかみさま」酒井駒子、あまんきみこ・作、酒井駒子・絵、ポプラ社
「図書館危機」有川浩、メディアワークス
「立原道雄全集Ⅰ」筑摩書房
「そのまたまえには」アラン・アルバーグ作、ブルース・イングマン絵、福本友美子訳、小学館
「りすのパナシ」リダ・フォシェ 文、フェードル・ロジャンコフスキー 絵、いしいももこ 訳、童話館出版
「くまのブウル」
「かわせみのマルタン」
「野うさぎのフルー」
「あらいぐまのアリス」竹下文子 さく、こみねゆら え、童心社
「くまのコールテンくん」ドン・フリーマン さく、まつおかきょうこ やく、偕成社
「こりゃまてまた」中脇初枝 ぶん、酒井駒子 え、福音館書店
「かばくんのふね」岸田衿子 さく、中谷千代子 え、福音館書店
「あかねこくん」エリック・バトゥー/作,もきかずこ/訳、フレーベル館
「源氏物語の京都案内」文芸春秋編、文春文庫
「スタンド・バイ・ミー」小野幸也、集英社
「風の星」新宮晋、福音館書店
「小さな池」新宮晋、福音館書店
「エロイーズのクリスマス」
「3びきのくま」トルストイ/バフネチョフ
「ふしぎふしぎ」文 片山令子、絵 長新太、国土社
「ブレーメンおんがくたい」え ポール・ガルドン、やく 晴海耕平、
「とっても不幸な幸運」畠中恵、双葉文庫
「サウスポイント」よしもとばなな、中央公論新社
「スニピーとスナッピー」ワンダ・ガアグ ぶん・え さくまゆみこ やく、あすなろ書房
「それはひみつ」エリック・バトゥー 作、岩津ちひろ 訳、
「すーちゃんとねこ」おはなし・え=さのようこ、こぐま社
「A2Z」山田詠美、講談社文庫
「かもめの日」黒川創、新潮社
「きれぎれ」町田康、文春文庫
「乳と卵」川上未映子、文藝春秋
「明日の記憶」荻原浩、光文社文庫
「ちきゅうはみんなのいえ」リンダ・グレイザー/文、エリサ・クレヴェン/絵、加藤葵 訳、くもん出版
「赤い蝋燭と人魚」小川未明 文、酒井駒子 絵、偕成社
「図書館革命」有川浩、メディアワークス
「西の魔女が死んだ」梨木香歩、新潮文庫、(再読)
「ふじ子・ヘミング 運命の力」フジ子・ヘミング、阪急コミュニケーションズ
「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎、新潮社
「四畳半神話体系」森見登美彦、角川文庫
「カラスだんなのおよめとり」チャールズ・ギラム文、石井桃子訳、岩波書店
「おもちゃ箱」武井武雄 画噺、銀貨社
「オズの魔法使い」L・F・バウム作、渡辺茂男訳、W・W・デンスロウ画、福音館書店
「武井武雄 思い出の名作絵本」河出書房新社
「ねこだけどライオン」リンダ・ヴォルフスグルーバー 作、いずみちほこ 訳、セーラー出版
「月夜のオーケストラ」作:イェンス・ラスムス、訳:斉藤洋、小学館
「マディーのダンス」クレア・ジャレット さく、かけがわやすこ やく、小峰書店
「ロバートのふしぎなともだち」マーガレット・マヒー ぶん、スティーブン・ケロッグ え、うちだりさこ やく、ほるぷ出版
「キャサリンとライオン」クレア・ジャレット さく、かけがわやすこ やく、小峰書店
「ねむいねみうおはなし」ユリ・シュルヴィッツ さく、さくまゆみこ やく
「みんなでぬくぬく」ぶん エルザ・ドヴェルノア、え ミシェル・ゲー、やく すえまつひみこ、童話館出版
「ペンギンぼうや ビブンデ」ミシェル・ゲ/作・絵、山下明生/訳、講談社
「おおかものクリスマス」ミシェル・ゲイ さく・え、やましたはるお やく、佑学社
「ぽろっぽろっ!」ピトー&ジェツヴェ 作、石津ちひろ 訳、文化出版局
「ゆき」ユリ・シュルヴィッツ、さくまゆみこ 訳、あすなろ書房
「くまとハンフリー」ジャン・ウォール 文、ウィリアム。ジョイス 絵、山内智恵子 訳、徳間書店
「おりこうなアニカ」エルサ・ベスコフ さく・え、いしいとしこ やく、福音館書店
「やっぱり おおかみ:ささきまき さく・え
「かえでがおか農場のなかまたち」作・絵 アリスとマーティン・ブロベンセン、訳 乾侑美子、童話館出版
「ぼくがとぶ」ささきまき さく、福音館書店
「まっててね」シャーロット・ゾロトウ 文、エリック・ブレグヴァド 絵、みらいなな 訳、童話屋
「アナトールさんのロバ」ロラン・ド・ブリュノフ さく、ふしみみさを やく、青山出版社
「コブタをかぞえて ⅠからMM」作 アーサー・ガイサート、訳 久美沙織、BL出版
「川をはさんでおおさわぎ」ジョーン・オッペンハイム/さく、アリキ・ブランデンバーグ/え、ひがしはじめ/やく
「あっ おちてくる ふってくる」ジーン・ジオン ぶん、マーガレット・ブロイ・グレアム え、まさきるりこ やく、あすなろ書房
「やせたぶた」木島始 作、本田克己 絵、リブロポート
「幸福のパン種」堀口大學詩集、堀口すみれ子編、かまくら春秋社、(再読)
「父の形見草 -堀口大學と私-」堀口すみれ子、文化出版局
「詩の中の風景」石垣りん、婦人之友社、(再読)
「私の前にある釜とお鍋と燃える火と」石垣りん詩集、童話屋


2008年に読んだ本(9月~)に続きます。
by momokororos | 2009-01-25 21:38 | 読書 | Comments(0)
本が大好きです~
朝起きて寝床の中で、通勤の途中の電車の中で、、昼休み外に食べに出かけないときに、夕方の休み時間に、帰りの電車の中で、寝る前に、といろんな時間に読んでいます。

2008年に読んだ本のうち、まずは2008年読んだ本(1月~6月)です。
図書館で読んだ絵本や本も含めました。絵本は再読してること多いので重複しています。
青字はお気にいりの本です。

2008年読んだ本(1月~6月)

「マルスさんとマダムマルス」絵と文 ささめやゆき、原生林
「きつねとねずみ」作  V.ビアンキ、絵  Yu.ヴァスネツォーフ、訳 田中 潔、ネット武蔵野
「はるにあえたよ」原京子 文、はた こうしろう 絵、ポプラ社
「オオカミ」エミリー・グラヴェット作、ゆづきかやこ訳、小峰書店
「ゆきがやんだあとで・・・」三木卓=文、M・ミトゥーリチ=絵、福音館書店
「Sleepyhead」Will and Nicolas、HARCOURT,BRACE AND CAMPANY
「RIKATKA MALOVANA NA VRATKA」Viktorie Chaloupkova
「せどり男爵数奇譚」梶山季之、ちくま文庫
「メルヘン・アルファベット」T・マーヴリナ、ネット武蔵野
「マドレンカ」ピーター・シス、松田素子訳、BL出版
「マルシェ・アンジュール」野中柊、文芸春秋
「きもち」谷川俊太郎、長新太、福音館書店
「スースとネルネル」荒井良二、偕成社
「夢十夜」夏目漱石、画・金井田英津子、パロル舎
「星の魚」寮美千子、パロル舎
「星兎」寮美千子、パロル舎
「わたしとあそんで」マリー・ホール・エッツ ぶん/え、よだ・じゅんいち やく、福音館書店
「ぼく にげちゃうよ」 マーガレット・ワイズ・ブラウン ぶん、クレメント・ハード え、いわたみみ やく、ほるぷ出版
「火打ち箱」 HCアンデルセン/原作、赤木かんこ/文、高野文子/ペーパークラフト、フェリシモ出版
「ブレーメンのおんがくたい」スズキコージ え、池田香代子 やく、mikiHOUSE
「わがままなやつら」エイミー・ベンダー、角川書店
「燃えるスカートの少女」エイミー・ベンダー、角川文庫
「アルケミスト」パウロ・コエーリョ、平尾香画、角川書店
「ガールミーツボーイ」野中柊、新潮文庫
「図説永井荷風」
「letters」荒井良二、フレーベル館
「スースーとネルネル」荒井良二、偕成社
「不如帰」徳富蘆花、岩波文庫
「落ちこぼれ」茨木のり子詩集、理論社
「カラフル」森絵都、文春文庫
「悪人」吉田修一、毎日新聞社
「ナイフ投げ師、スティーブン・ミルハウザー、白水社
「まぼろしハワイ」よしもとばなな、幻冬舎
「雨と夢のあとに」柳美里、角川文庫
「その名にちなんで」J・ラリヒ、新潮文庫
「図書館戦争」有川浩、メディアワークス
「The General」Janet Charters and Michael Foreman、E.P.Dutton & Co.Inc.
「Little Red Riding Hood」BERNARDETTE WATTS、A NORD-SUD PICTURE-BOOK
「The Flight of the Animals」Story and Pictures by Claudine、Parent'Magazine Press
「ESTI MOSOLYGAS」HINCZ GYULA RAJZAIVAL、MORA
「BILLY THE KID」Will and Nicolas、HARCOURT,BRACE & WORLD INC,
『こどものとも 1993年10月「もりのさんぽうた」』、福音館書店
「シグナルとシグナレス」宮沢賢治、画 小林敏也、パロル舎
「なめとこ山の熊」宮澤賢治・作、あべ弘士・絵、ミキハウス
「ゆきのひのたんじょうび」岩崎ちひろ、至光社
「となりにきたこ」岩崎ちひろ、至光社
「ナーベルちゃんとマーブルちゃん」たんじあきこ、白泉社
「くまとやまねこ」湯本香樹実 ぶん、酒井駒子 え、河出書房新社
「もりのてがみ」片山令子 さく、片山健 え、福音館書店
「のうさぎのおはなし絵本① いえ」文=片山令子、絵=片山健、ビリケン出版
「のうさぎのおはなし絵本② ともだち」文=片山令子、絵=片山健、ビリケン出版
「のうさぎのおはなし絵本③ あな」文=片山令子、絵=片山健、ビリケン出版
「のうさぎのおはなし絵本④ みずうみ」文=片山令子、絵=片山健、ビリケン出版
「のうさぎのおはなし絵本⑤ ひとり」文=片山令子、絵=片山健、ビリケン出版
「のうさぎのおはなし絵本⑥ おひさま」文=片山令子、絵=片山健、ビリケン出版
「くんちゃんのだいりょこう」ドロシー・マリノ文/絵、石井桃子訳、岩波書店
「Circus RUCKUS」Will and Nicolas
「くんちゃんとにじ」ドロシー・マリノ文/絵、まさきるりこ やく、ペンギン社
「わたしはとべる」マリー・ブレア/絵、ルース・クラウス/文、谷川俊太郎訳、講談社
「ラムラム王」武井武雄、銀貨社
「オオカミくんのホットケーキ」 ジャン・フィアンリー さく、まつかわまゆみ やく、児童図書館
「はつこい」絵=ユッタ・ブッカー、作=カーチャ・ライダー、訳=おーなり由子、学習研究社
「マドレンカといぬ」ピーター・シス、松田素子訳、BL出版
「おもちゃ屋へいったトムテ」エルサ・ベスコフ さく、菱木晃子 やく、ささめやゆき え
「JUST SO STORIES」RUDYARD KIPLING/著 Nicolas/絵
「CHAGA」Will and Nicolas
「THE CHRISTMAS BUNNY 」Will and Nicolas
「神戸ハイカラ案内」毎日コミュニケーションズ
「ZAKKAな大阪」tapie style+松岡文、西日本出版社
「ぼちぼちいこか」セイラー・作、グロスマン・絵、偕成社
「かばくん」岸田衿子作、中谷千代子絵 、福音館書店
「おんなのことあめ」ミレナ・ルケショバー ぶん、ヤン・クドゥラーチェク え、たけだゆうこやく、ほるぷ出版
「きょうの猫村さん3」ほしよりこ、マガジンハウス
「ふたりの赤毛」さく ウィルとニコラス、やく はるみこうへい、童話館出版
「びっくりたまご」エリック・バテュ 作・絵、小森香折 訳、フレーベル館
「チルドレン」伊坂幸太郎、講談社文庫
「閉鎖病棟」帚木蓬生、新潮文庫
「浮雲」林芙美子、新潮文庫
「白洲正子と歩く京都」白洲正子、牧山桂子ほか、新潮社
「京都 美の気配 大川裕弘 老舗の宿『俵屋』を撮る」、PIE BOOKS
「ぼくはカメレオン」たしろちさと作/絵、ノルドズッド・ジャパン
「一絃の琴」宮尾登美子、講談社文庫
「こうふくのみどりの」西加奈子、小学館
「死神の精度」伊坂幸太郎、文春文庫
「重力ピエロ」伊坂幸太郎、新潮文庫
「倚りかからず」茨木のり子、ちくま文庫
「シルエット」島本理生、講談社文庫
「カラフル」森絵都、文春文庫
「ことり」新宮晋、文化出版局
「あかいかさ」ロバート・ブライド さく、しみず まさこ やく、ほるぷ出版
「なかなおり」シャーロット・ゾロトウ 文/みらいなな 訳、アーノルド・ローベル 絵、童話屋
「クマのプーさん」A.A.ミルン 作、E.H.シェパード 絵、石井桃子 訳、岩波書店
「プー横丁にたった家」A.A.ミルン 作、E.H.シェパード 絵、石井桃子 訳、岩波書店
「手塚治虫のディズニー漫画 バンビ/ピノキオ」手塚治虫、講談社
「スガンさんのヤギ」原作 ドーテ、絵 エリック・バテュー、訳 ときありえ、西村書店
「ビロードうさぎ」ぶん マージェリィ・ウィリアムズ、え ウィリアム・ニコルソン、やく いしいももこ、童話館出版
「イワシダラケはどこにある?」作/ヴェラ・エッガーマン、訳/小森香折、ソニーカガジンズ
「ノアのはこ船」ピーター・スピア え、松川真弓 やく、評論社
「ほらみてみて」マイケル・グレイニエツ=作、いとうひろし=訳、講談社
「紙のピアノの物語」フジ子・ヘミング/画、松永順平/原作、講談社
「ぼくおかあさんのこと」酒井駒子、文溪堂
「ねえ とうさん」佐野洋子、小学館
「あおいかさ」いしいつとむ、教育画劇
「あめがふるひに」イ・ヘリ 文/絵、ピョン・キジャ 訳、くもん出版
「あめのひ」ユリー・シュルヴィッツ 作・画、矢川澄子 訳、
「コッコさんのかかし」片山健
「大きい川小さい川」片山健
「トラさん、トラさん、木のうえに」アヌシュカ・ラヴィシャンカール ぶん、ブラク・ビスワス え、うちやままりこ やく
「オレンジいろのめうし」ナタン・アール さく、リュシル・ビュッテル え、ふしみみさを やく、パロル舎
「おちゃのじかんにきたとら」作 ジュディス・カー、訳 晴海耕平
「オール・アバウト・セックス」鹿島茂、文春文庫
「ほんとうに大切なこと」ヤン・ゴールドスタイン、松本美菜子 訳
「木の上の小さなおうち」Y.ワスネツォフ 絵、北畑静子 訳、大日本図書
「切れた鎖」田中慎弥、新潮社
「こうふくのあかの」西加奈子、小学館
「赤い長靴」江國香織、文春文庫
「Mon Capitaine et moi」Eric Battut
「BISON BLANC」Eric Battut
「Olle Eksell and Scandinavian Des
「不思議の国のアリス」画=ヤン・シュヴァンクマイエル、著=ルイス・キャロル、エスクァイアマガジンジャパン
「ラッシュライフ」伊坂幸太郎、新潮文庫
「図書館内乱」有川浩、メディアワークス
「HOW THE LEFT-BEHIND BEASTS BUILT ARARAT」Norma Farber,llustration by Antonio Frasconi
「かさ」作・絵 太田大八、文研出版
「小さな池」新宮晋、
「あめのひのおくりもの」
「雨、あめ」ピーター・スピア、評論社
ヘッセの夜 カミュの朝」ささめやゆき、集英社
「ブローチ」渡邉良重 絵、内田也哉子 文、LITTLE MORE
「こねこのネリーとまほうのボール」エリサ・クレヴェン 作・絵、たがきょうこ やく、徳間書店
「ひまわり」和歌山静子 作、福音館書店
「ゆきがやんだら」酒井駒子、学研
「SOMEDAY いつかはきっと」シャーロット・ゾロトフ ぶん、アーノルド・ローベル え、やがわすみこ やく、ほるぷ出版「やまねのネンネ」どいかや、BL出版
「ないた」中川ひろたか・作、長新太・絵、毎日新聞社
「ピーターとおおかみ」プロコフィエフ作、ハワード絵、小倉朗訳、岩波書店
「メリーゴランドがやってきた」マーシャ・ブラウン ぶん・え、どばしえつこ やく
「もうおふおからあがったら、シャーリー」さく ジョン・バーニンガム、やく あきのしょういちろう
「もしも ねこがサーカスにいったら」石津ちひろ・ささめやゆき
「いきてる」中山千夏 ぶん、ささめやゆき え
「いつも だれかが」ユッタ・バウアー作・絵、上田 真而子訳、徳間書店
「おにいちゃんとおんなじ」 作・絵: スーザン・ウィンター、訳: せな あいこ、評論社
「ぼくのほうがえらい」作・絵: スーザン・ウィンター、訳: せな あいこ、評論社
「おひさまがしずむ」ローラ ルーク ぶん、オラ・アイタン え うちだ りさこ  やく、福音館書店
「ぞうのさんすう」ヘルメ・ハイネ さく、いとうひろし やく、あすなろ書房
「でてこいミルク!」ジェニファー・A・エリクソン さく、オラ・アイタン え、うちだりさこ やく
「どうぶつ会議」エーリヒ・ケストナー 作,、ワルター・トリヤー 絵、光吉夏弥 訳、岩波書店
「どうぶつふうせん」岩瀬成子 作、ささめやゆき 絵、ほるぷ出版
「のはらにおはながさきはじめたら」ぶん シャーロット・ゾロトウ、え ガース・ウィリアムス、おびかゆうこ 訳、
「もしもねこがサーカスにいったら」岩津ちひろ 文、ささめやゆき 絵、講談社
「ハンナのあたらしいふく」イツァク・シュヴァイゲル・ダミエル さく、オラ・アイタン え、小風さち やく、福音館書店
「ピーターとおおかみ」プロコフィエフ 作、ハワード 絵、小倉朗 訳、岩波書店
「ほたるの子 ミオ」トゥルンカ 絵、ボリガー 文、矢川澄子 訳、メルヘン社
「星のひとみ:Z・トペリウス、おのちよ・絵、万沢まき・訳、アリス館
「あめがふるひに」イ・ヘリ 文/絵、ピョン・キジャ 訳、くもん出版
「あめのもりのおくりもの」ふくざわゆみこ さく
「La Belle et la Bete」Eric Battu
「おじさんのかさ」佐野洋子 作・絵
「Le secret」Eric Battu


2008年に読んだ本(7月~9月)に続きます。
by momokororos | 2009-01-24 23:14 | 読書 | Comments(0)
久しぶりにおいしいもの日記を書いてみようかなって思います。

東京新橋、銀座あたりはおいしいお店がたくさんでどこにいこうかとまどうほどなのですが、
そんなお店の1つに、おいしい茶碗蒸しを食べさせてくれるお店があります。

ずっと前のことですが、長崎に旅行に行ったときに、長崎出身のお友達に教えてもらった
思案橋近くのおいしい茶碗蒸しのお店「吉宗」さんに寄ってみました。
そのとき食べたのが、夫婦蒸しと茶碗蒸しのセットだったのですが、茶碗蒸しが絶品でした。
そのお店の支店?が東京銀座にあると知り、銀座のお店にちょくちょく訪れるようになりました。

「銀座吉宗」さん

e0152493_22164442.jpg


1ヶ月くらい前に寄ったのですが、また食べたくなってつい先日また訪れてしまいました。
曜日によって、長崎ちゃんぽんか皿うどんのどちらかになります。
前回は「長崎ちゃんぽんと茶碗蒸しのセット」を頼みました。
皿うどんの方が好きなのですが、長崎ちゃんぽんもなかなかの味でした。
牡蠣ものっているんです。

e0152493_22174635.jpg


先日食べた「皿うどんと茶碗蒸しのセット」は、こんなんです。

e0152493_2219713.jpg


この茶碗蒸しは特大でそれだけで主食になるくらいなのですが、絶品です。
食べすすめていくと、だし汁があとからあとから溢れてきます。

e0152493_22201328.jpg


e0152493_22216100.jpg


茶碗蒸しが好きで家で週一くらいで作るのですが、ここまでだし汁があふれるのはすごいです。
茶碗蒸しの中にはいっている具材は、鶏肉、かまぼこ、しいたけ、たけのこ、お麩、うなぎ、きくらげ、さかな、など贅沢です!
値段はかなり高いけど、かなりの量でおなかいっぱいになります。
皿うどんや長崎ちゃんぽんの量が少ないセットも用意されていて、それがちょうどいいかもしれません。
皿うどんはカラシが机に常備されていないのですが、頼めばカラシを持ってきてもらえます。
お店は銀座の目抜き通りである中央通り沿いにあり、銀座というより、新橋駅に近いです。
食べたばかりなのに、また行きたくなってしまいました。

新橋銀座界隈のおいしいお店はたくさんあって、よく行くお店には、
焼き鳥、鯛めし、オムライス、稲庭うどん、親子丼、お刺身、鯛茶漬けなどがあって、
また機会あれば日記に書いてみたいと思います。
by momokororos | 2009-01-23 22:58 | グルメ | Comments(0)
最近、絵本の話題しか書いてないなあって思いつつ、また東京絵本巡りの話しです。
最近の絵本屋さん巡りの其の一はこんな感じです。
「東京絵本屋さん巡り(其の一)~雑司が谷、目白、高円寺」
http://momokoros.exblog.jp/9434745/

そして続いて、其の二は、こんなところを巡る予定でいました。
渋谷「Book1st」→渋谷「FLYING BOOKS」→(三鷹台「B/RABIBITS」)→
吉祥寺「トムズボックス」→吉祥寺「おばあちゃんの玉手箱」→吉祥寺「にじ画廊」→
吉祥寺「百年」→(高円寺「Salon au ciel bleu」)→高円寺「るすばんばんするかいしゃ」

()の中の絵本屋さんは今回初めて訪れる絵本屋さんで、高円寺の雑貨屋さん「NINNI」さんに教えてもらった「B/RABIBITS」さんと、絵本雑誌「MOE」の最新号に載っていた「Salon au ciel bleu」さんです。

半蔵門線渋谷駅の改札のすぐそばの「Book1st」さんから始めます。
大手の書店だと、Book1stさんが一番好きな書店です。
下北沢のギャラリーに行こうと思っていたのですが、開店までまだまだ時間があるので、
渋谷の本屋さん「SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS」さんに寄ってみることに。
ちょっと遠くて、渋谷駅から歩いて15分くらいのところにあります。

e0152493_2019087.jpg


http://www.shibuyabooks.net/
ここの本のセレクトは魅力的です。絵本も少しあります。
開放的な全面ガラス張りのエントランスで、バロックが流れ落ち着いた雰囲気の中で本を見ることができます。今回は結局何も買わなかったのですが、東京の中では1,2位にランクインするくらいいい感じの本屋さんです。

再び渋谷駅の方に戻り、井の頭線の渋谷駅の近くにある古本の「Flying Books」さん

e0152493_20202330.jpg


http://www.flying-books.com/index.htm
ここも魅力的な古本屋さんで、芸術やビジュアル関係の本が並んでいます。
洋書絵本も100冊くらいあるので、とこどき寄らせてもらっています。
先日日記に載せた素敵なドイツの絵本「Peter and the Wolf」はここで買いました。

e0152493_2022750.jpg



かなり渋谷で時間をつぶしてしまったのですが、下北沢に移り、
ギャラリー「無寸草」さんへ。

e0152493_20304387.jpg


開催されていた「牛展」で、
大好きなイラストレーター?絵本作家さん?の出口かずみさんの絵を見ました。
かわいくて味のあるイラストを描いているんです~☆

同じ茶沢通りにある「kate coffee」さんでしばし休憩です。

e0152493_2024271.jpg


ケーキも食べちゃいました~♪

e0152493_20241366.jpg


久しぶりの下北沢だったのですが、時間作ってまた巡ってみたいです。

下北沢から井の頭線で三鷹台に移動。
絵本屋さん「B/RABIBITS」さんへ。

e0152493_20243766.jpg


お店のガラスにカード?が全面に貼られていて、躊躇してしまうような店構えでしたが(汗)、
すべての絵本が1つ1つビニールに入れられ、棚にある絵本の背表紙がきっちりと揃っていて、
好感を持てるお店でした。
絵本を見ていると、店長さんから話しかけていただき、いろんな話しをしました。
好きな絵本作家さんの「アニタ・ローベル」さんの絵本も何冊かあり、アニタさんの話しや、
今と昔の絵本の話しなど話題がはずみました。

絵本の今の紙がつるつるで表面的にインクが載っているだけなのですが、
昔の紙はインクが染みこんで立体的な味わいがでていたそうです。
今の絵本の紙に印刷された絵が消しゴムで消えてしまうことを実際に見せていただきびっくりです。
昔の絵本の紙質の味わい深さって浸みこむというところがキーだったんですね。

お店には「ひとまねこざる」のいろいろな年代の絵本があって、その表紙の暑さや紙に質や印刷の色の変化を見せていただきました。表紙の厚さが半減して、紙面はどんどん薄くなり裏が透けるようになったことを目の当たりにしました。昔の絵本の色に比べて今の絵本の色は深みがないってこと、原書とはまったく違った色身になってしまっていることも見てとれます。新しく版を重ねるときに、原版を参考にするのではなく、1つ前の版の色味を比較するそうです。これでは、原版の色からどんどん色が変化してしまうことは当たり前ですね。

いろいろ話していて2時間くらいもいてしまいました。
アニタ・ローベルさんの絵本を2冊、こどものともの絵本を3冊、エスター・アベリルさんの絵本を1冊買いました。また今度紹介します。

すっかり長居をしてしまったため、吉祥寺と西荻窪のお店は今回諦め、高円寺へ。
はじめて訪れる絵本の雑貨のお店「Salon au ciel bleu」さんへ。

e0152493_20272159.jpg


かわいらしい絵本と雑貨がたくさんでした。
大阪の雑貨屋さんで買った絵本がありました。

同じ高円寺の絵本屋さん「るすばんばんするかいしゃ」さん。
1週間前に訪れたばかりなのですが、また寄ってみました。

e0152493_20274950.jpg


再び店長さんとアシスタントの方をお会いして、いろんな絵本を見せてもらいました。
見ているようで見ていない絵本たくさんです。
いつも思うのだけど、店長さんの絵本に対する造詣はすごいです。
お店では、先日の日記で紹介したドイツの素敵な絵本を発見です♪

e0152493_2029531.jpg


もう1つ魔女の素敵な絵本があったのですが、同じくお店に来ている女性の方がかなりお気にいりでした。結局買えたのかなぁ?今度行ったときに聞いてみたいと思います。

この日は、表参道にも寄りたかったのですが、るすばんばんするかいしゃさんで時間切れ、
実は体力切れが本音ですね~
吉祥寺、西荻窪の次の機会に譲りました。

絵本は何回見ても飽きるどころか、さらに新しい絵本との出逢いもあって、
ますます魅力的になっていきます~♪
by momokororos | 2009-01-22 23:04 | 絵本 | Comments(0)
先日来からの東京絵本巡り~
日記には、東京絵本屋さん巡り(其の一) しか書けていないけど、日をかえて巡っています。
絵本屋さん巡りは今度アップしようと思っていますが、
いろんな絵本屋さんや本屋さん巡っていて素敵な絵本を見つけました。
素敵でかわいいドイツの絵本が3冊もです。

吉祥寺の古本屋さん「百年」さんでは、
こんなかわいい絵の絵本を見つけて一目惚れです~

「DIE GANZ BESONDERS NETTE STRASSENBAHN」 James Kruss 、Lisl Stich

e0152493_21232874.jpg


物語は町の路面電車にいろんな動物が乗りこむところから始まります。
e0152493_21244327.jpg


e0152493_21254413.jpg


e0152493_21261843.jpg


そして電車を降りた動物たちは一緒になって...

e0152493_2127542.jpg


この絵はブレーメンの音楽隊?って感じなんですが、この後が素敵です。
ここからは実際に絵本を見てみてくださいね。
お会いできる方とは、一緒にこの絵本を楽しみましょうね♪
この絵本、初版本だったのでかなり高かったのですが、とってもかわいい絵本です。


高円寺の古絵本屋さん「るすばんばんするかいしゃ」さんでは、
かわいい牛さんの絵本を見つけました。

「ALOIS Ein Bilderbuch」 Max Boliger 、Rene Villiger

e0152493_21282619.jpg


牛さん、かわいいお目目しています~☆
版画のようなテイストのイラストも色もとってもいい感じで、一目惚れに近いです。

e0152493_21291486.jpg


e0152493_2130195.jpg


e0152493_21303512.jpg



渋谷の古本屋さん「Flying Books」さんでは「ピーターとおおかみ」の絵本を見つけました。

「Peter and the Wolf」 Sergej Prokofjew 、 Frans Haacken

e0152493_21332958.jpg


かわいい絵ではないかもしれないけれど、
黒を背景にした繊細なイラストが素敵です~

e0152493_21341940.jpg


e0152493_2135699.jpg


e0152493_21354965.jpg



見つけた絵本を見て、とっても幸せな気持ちになっています。
絵本は、ほんとにすごいなって思います!
by momokororos | 2009-01-21 22:36 | 絵本 | Comments(0)
先日、日記に載せた、「私のお気にいり絵本~best30 」
http://momokoros.exblog.jp/9400010/
その中にランクインしている1人の作家さん「出口かずみ」さん。
今度、出口かずみさんが組んでいるユニット「キノネッコ」さんが、東京高円寺の絵本屋さん「るすばんばんするかいしゃ」さんでお店番して、新しい絵本を販売することをるすばんばんするかいしゃさんの店長さんから教えてもらいました♪

「かれこれカレー人生」~キノネッコ店番企画パート3
■東京高円寺「るすばんばんするかいしゃ」
■東京都杉並区高円寺南3-44-18-2階
■2009年1/31(土)~2/1(日) 14時~20時過ぎ
■http://www.k2.dion.ne.jp/~kzmmzk/oshirase.html(出口さんのHPのおしらせページ)

e0152493_21352574.jpg


e0152493_2136186.jpg


なんだか、今回の絵本も素敵な予感がします~☆

出口さんは、以前東京高円寺の絵本屋さん「るすばんばんするかいしゃ」さんで見た絵本があまりにも素敵で購入したのきっかけです。

e0152493_21321822.jpg


さらに、出口さんの個展「ノンキ チョコレート」展を去年、東京下北沢の「無寸草」さんで見させていただいて、ますますファンになってしまいました!
仲良くさせていただいている、大阪のお人形作家さん「BRUNO」さんと、大阪の雑貨屋さん「prickle]さんの店長さんに出口さんの絵本を見せたところ、ぞっこん仲間におちいりました。

昨日まで東京下北沢のギャラリー「無寸草」さんで開催されていた「牛展」に、
出口さんは作品を展示されていて、見にいってきました♪

「牛展」
■東京下北沢「ギャラリー 無寸草」
■2008年12/23(火)~2009年1/18(日)~終了
■http://www7a.biglobe.ne.jp/~musunso/schedule_01.htm

e0152493_20361780.jpg


ギャラリーでは、るすばんばんするかいしゃさんの店長さんとアシスタンスの方とバッタリ!
東京ではあまりバッタリすることがないのでびっくりです~

「かれこれカレー人生」のDMを見る限り、私は完全にツボにはいっています~☆
るすばんばんするかいしゃさんでのお店番の日に是非訪れてみたいと思っています♪
出口さんとはお会いしたことがないのですが、楽しみです~
by momokororos | 2009-01-19 22:47 | 絵本 | Comments(0)
先日、日記にかいた東京表参道の絵本屋さん「クレヨンハウス」さんもそうですが、
今週はかなり絵本屋さんを巡っていました。

好きな絵本屋さんを1日では見きれないので、気分によっていろいろコースが変わります。
先日は、雑司が谷の「EHON HOUSE」さんに寄るコースを巡りました。
渋谷→雑司が谷「EHON HOUSE」→目白「貝の小鳥」→目白「ポポタム」→新宿「ジュンク堂」→新宿「紀伊国屋」→高円寺「るすばんばんするかいしゃ」→吉祥寺「トムズギャラリー」→吉祥寺「おばあちゃんの玉手箱」→吉祥寺「百年」→渋谷「FLYING BOOKS」→渋谷「ブック1ST.」
このコースだと高円寺でおおかた時間切れになってしまうのですが。
案の定、先日は高円寺の絵本屋さんと雑貨屋さんでおしまいでした。

まずは雑司が谷の「EHON HOUSE」へ。洋書絵本の専門店です。

e0152493_13334323.jpg


渋谷から新しく副都心線ができたので行きやすくなりました。
お店はテーマ別に絵本が分類されていて、有名な作家さんは独立して集められています。
なかなか好きな作家さんの絵本を見つけられず、お会計のときに店員さんと話したのですが、
前は作家さん別の分類だったのだそうですが、今は試しにテーマ別の分類にしているそうです。
初心者はテーマ別の分類が探しやすく、好きな作家さんがある人にとっては作家別の分類の方がわかりやすいですね。
なかなか分類はむずかしそうです。

クラウス&センダックのコンビの英語の絵本。
センダックさんの絵の中でも1950年台から1960年台に描かれたセンダックの絵のテイストは一番のお気にいりです。
持っている絵本の中でベスト絵本の2位にランクした
クラウス&センダックの絵本「I’LL BE YOU AND YOU BE ME」の絵本もその時代です。
買ったのはこの2冊です。

「OPEN HOUSE FOR BUTTERFLIES」 BY Ruth Krauss、PICTURES BY Maurice Sendak

e0152493_1393697.jpg


「Charlotte and The White Horse」 BY Ruth Krauss、PICTURES BY Maurice Sendak

e0152493_13102119.jpg


簡単な英語の文章なのですが、ニュアンスがむずかしいことが多いです。
この白馬の絵本は、買ってから日本語訳版が出ているのを図書館で発見しました。
日本語訳版と見比べながら英語の勉強をしていきたいです。

お店では、前から気になっていたブルーノ・ムナーリさんの「ZOO」という絵本のことを聞いてみました。
同じタイトルでありながら表紙が違うのが出ています。キリンの表紙と破けた金網とアブの表紙。
キリンの表紙はアメリカの出版社から出ているもので、金網の方はイタリアの出版社から出ているものとのこと。両方とも見せてもらいましたが、中身の絵は同じでした。表紙のキリンの絵やアブの絵は中のページにはありません。
お気にいりのキリンの表紙の方を購入です。

e0152493_13115585.jpg



さらに先日大阪で買った、スウェーデンの「アンナ」ちゃんの絵本(スウェーデン版)がたくさん並んでいるのを発見です。
アンナちゃんとおばけのバパール合わせて15冊くらいもあります。
スウェーデン語はわからないけど、かわいらしくて内容がおおまかにわかる1冊購入です。

e0152493_13123830.jpg



EHON HOUSEさんをあとにして目白まで歩いて絵本屋さん「ポポタム」さん。

e0152493_14492177.jpg


図書館で見ていいなって思っていた絵本を2冊見つけたのですがまた今度紹介します。

そのまま池袋まで歩き、副都心線で新宿3丁目で降り、新宿「ジュンク堂」と新宿「紀伊国屋」の絵本コーナーを見てから、丸の内線に乗り換えて新高円寺へ。
少し歩いて、絵本屋さん「るすばんばんするかいしゃ」さんへ。

e0152493_13192199.jpg


昨年の12月に、抽選に申し込んでいたチェコの絵本がどうなったか見にいきました。
2冊あったのですが、1冊落選、1冊当選。
その1冊はこんな絵本です。

e0152493_13202771.jpg


子供の落書きみたいな絵はかなり独特な魅力があります。

e0152493_13211349.jpg


e0152493_13215699.jpg


この絵本ちょっと高くて、持っている絵本の中で一番高い絵本になりました。
お店には、店長さんとアシスタントしている女性もいらして徐々に活動を広げているって感じです。
近くのカフェにも絵本を置いているそうです~
いろいろ話している中で店長さんが取り出した杉浦さやかさんの絵本屋さん紹介の本が素敵でした。
杉浦さやかさんの「絵本とさんぽ」の本は持っているのですが、最近新しく2冊くらいでたみたいです。

その日最後は、高円寺北口の雑貨屋さん「TOO-TICKI」さんと「NINNI」さんに寄りました。
NINNIさんの店長さんと買った絵本を見ていたのですが、店長さんはアンナちゃんの大ファンだそうです♪三鷹台にある絵本屋さん「B/RABIBITS」さんも教えてもらいました。

最新号の「MOE」には絵本や雑貨を扱う「Salon au ciel bleu」さんの紹介が載っていました。
高円寺にあるそうで、ますます高円寺から目が離せません。
http://www.skyfish.gr.jp/store.shtml

東京絵本屋さん巡り(其の二)は、
絵本屋さん「B/RABIBITS」さんと、絵本屋さん「Salon au ciel bleu」さんの初探訪記です。
by momokororos | 2009-01-18 14:51 | 絵本 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ