カテゴリ:旅( 43 )

姫路から金沢へ

昨日は京都の祇園祭山鉾巡行。

巡行を見てからお昼を食べて、京都の雑貨屋さんに行こうと思っていましたが、祇園祭を楽しんでいるようなので、金沢に行こうか、再び神戸や姫路に行こうかを思案。優柔不断な自分が久しぶりに出てきてしまいしばし悩んだ末に、新快速に乗り姫路へ。

神戸も寄れていないお店があったのですが、そのまま姫路へ。
姫路はやっぱり結構時間かかります。

姫路に着くまえに調べてみると、30分後に金沢に向かわないと美味しい夜を堪能できないことがわかりました。
姫路に泊まりってことも頭をよぎりましたが、結局金沢へ。

e0152493_10335504.jpg



by momokororos | 2016-07-18 10:30 | | Comments(0)
姫路から広島へ。
おととし仕事で訪れているのですが、遊びで訪れたのは10年ぶりくらいでしょうか。

広島で遅いお昼を食べてから、駅前の路面電車を眺めます。
路面電車が大好きなのですが、広島の路面電車は3連結の電車もあってすごいです。

e0152493_22465915.jpg


路面電車で宮島口まで行こうと思ったのですが結構時間がかかることのことを聞いて、JRで行くことにしました。宮島口で降りて少し歩くとフェリー乗り場。

久しぶりに潮風を受けながら海を眺めて気持ちよかったです。
フェリーの進行方向右側に乗ると、厳島神社が見えてきます。

e0152493_22505937.jpg


フェリーを降りて、厳島神社までは結構歩きます。途中から砂地になるので履物に気をつけた方がいいかなって思いました。

厳島神社には過去に3回くらい訪れているのですが、鹿がいるのをすっかり忘れていました。

e0152493_22524838.jpg


お店の前にデンと居座っています。

しばらく歩くと厳島神社の鳥居が見えてきます。

e0152493_22541987.jpg


厳島神社は大好きな場所で、海上に張りだした神殿が素晴らしいです。

e0152493_2255341.jpg


e0152493_2256497.jpg


e0152493_22562396.jpg


こんな素敵な太鼓橋もあります。

e0152493_2256482.jpg


帰りは参道の商店街を通って、フェリー乗り場まで戻り、再びフェリーへ。

e0152493_22493940.jpg


瀬戸内の海を眺めながら「瀬戸の花嫁」の歌を思いだしました。
素敵な歌ですね。
by momokororos | 2016-05-09 23:11 | | Comments(0)
仙台七夕祭り。
大好きな祭りの1つなのですが、なかなかタイミングがあわず、6、7年ぶりに訪れました。

仙台駅の中にも七夕飾りが飾られています。

e0152493_21503042.jpg



仙台駅からのびる大きなアーケードにはたくさんの七夕飾りがさげられています。

e0152493_21515625.jpg


e0152493_21525231.jpg


風に揺られ、人にかきわけられながら、サラサラという音が聞こえてきそうです。

e0152493_21541550.jpg


e0152493_2155252.jpg



かわいいお花のついた七夕飾りもあります。

e0152493_229022.jpg


e0152493_2156591.jpg


e0152493_21575529.jpg


この七夕飾りは人気で人が絶えません。

e0152493_21585871.jpg



しばらく大通りを渡ると、左右に交差するアーケードがあります。

e0152493_220494.jpg


このアーケードの七夕飾りは本物の竹につるされています。

e0152493_2211018.jpg


e0152493_2232571.jpg


素敵な竹飾りです。

地面には竹をさしておく穴が用意されています。

e0152493_2221149.jpg



抽象的な竹飾りもあります。

e0152493_2244975.jpg


どこからともなく「笹の葉さらさら」の音楽が聞こえてきます。

久しぶりに歩いてみた仙台の七夕祭りは素敵でした。
北東北の勇壮な祭りとは異なり、静かに楽しむお祭りなのですが、
こちらも何回でも通いたいお祭りです。
by momokororos | 2015-08-07 22:57 | | Comments(0)
仙台。晴れ。
弘前から青森を経て、仙台にでてきました。

少し遅いお昼は、仙台駅ビルの中にはいっている伊達の牛たんさん。
駅ビルの1階、3階、地下1階にありますが、地下1階のお店が一番落ちついていて好きです。

この前に仙台に来たときも、牛たんは食べたのだけど、
食べ終わってから牛たんシチューのハーフサイズがあることに気づき、
今度来たときに食べてみたいと思っていました

芯たん定食と牛たんシチューのハーフサイズ。

e0152493_15505526.jpg


芯たんは、とってもおいしい。
普通の牛たん定食+300円でこんなに肉厚のおいしいお肉が食べれます。

いつもはごはんに合わせて牛タンを食べるのですが、
芯たんの味を最後まで味わいたくて、最後までお肉の味をかみしめました。

牛たんシチューも深いコクがあっておいしかったです。
by momokororos | 2015-08-07 15:55 | | Comments(0)

函館への想い

青森曇り。

弘前から青森へでました。
新青森で、函館行きの列車の表示を見ると、函館への想いにかられます。

函館は路面電車の走る港町。
港町と路面電車はとっても似合います。

その昔は函館にはよく行っていましたが、ここ10年くらいはご無沙汰です。

青森はホタテ、函館はイカが美味しいです。
そして塩ラーメンもとっても美味です。

北海道新幹線が来年の3月に開通するのでまた行ってみたいです。
函館への想いを後にして、南に向かいます。
by momokororos | 2015-08-07 12:36 | | Comments(0)

弘前ねぷた祭り

弘前ねぷた祭りは、東北夏祭りの先頭をきって7月31日から始まるので、
むかし東北夏祭りを巡るときに、一等最初に見にきていました。
きのうは五所川原にでて立佞武多祭りを見ていたのですが夕方まで弘前にいました。
弘前城のある弘前公園のそばで見かけたねぷたの山車です。
e0152493_1215962.jpg


e0152493_12114979.jpg


こちらの山車は、倉庫から出していたのだけど、
タクシーの運転手さんに聞いたら仮設とのこと。
いろんな地区で作られ、車で曳かれてくるそうです。

e0152493_12221347.jpg


山車は、祭りが終わったあとは川で焼いてしまい毎年作られるとのこと。
もったいないような気がします。

昨夜は、五所川原から弘前には22時前に戻ってきたのですが、
祭りが終わり土手通りを上って帰っていくねぷたを見ることができました。
土手通りは2車線あるのですが、ねぷたの山車は1車線半ぐらいの横幅
あとに続く車が大渋滞してました。

駅前では、お出迎えをしていました。

e0152493_12213094.png


弘前ねぷたは今日8/7が最終日。
青森ねぶたも五所川原の立佞武多も最終日かな。
by momokororos | 2015-08-07 12:25 | | Comments(0)

立佞武多祭り~五所川原

今日は青森で棟方志功さんの展示を見てから弘前へ出ました。

弘前はねぷた祭の真っ最中でしたが、
五所川原の立佞武多祭り(たちねぷたまつり)に行くことにしました。
17年前に約80年ぶりに復活したお祭りで、2回ほど訪れています。

弘前からディーゼルの2両編成で五所川原へ。
五所川原駅から少し歩いたところの広い広場のような交差点で祭りの開始を待ちます。

待機している山車です。

e0152493_23105178.jpg


ビルより高い山車で圧巻です。

待機している山車の前を大きな山車が通ります。

e0152493_23191584.jpg


e0152493_23212065.jpg


e0152493_23222188.jpg


山車を追いかけて、違う場所でも見ていました。

e0152493_23285377.jpg



9時近くまで見ていましたが、街中を1周した山車がまた戻ってきます。
去りがたかったのですが、電車の時間があるのでそこまでにしました。
また来年も見にきたい祭りです。
by momokororos | 2015-08-06 23:51 | | Comments(0)
青森晴れ。今日は昨日より少し涼しいです。

昨日、新青森駅に降りたら、棟方志功さんの展示会のパンフレットを見つけました。
e0152493_16244373.jpg


棟方志功さん展示は、去年に倉敷の大原美術館の棟方志功版画室を見ているほか、鎌倉の鎌倉山にある鎌倉市棟方板画館、横浜のそごう美術館での「棟方志功と柳宗悦」展、青森の棟方志功記念館、福井の棟方志功記念館「愛染苑」などで見ていて、大好きな版画家です。

棟方志功記念館には寄ろうと思っていたのですが、
青森市民美術館でも棟方志功さんの展示をやっていることを知り寄ってみました。

青森市民美術展示館の「棟方志功展」。
e0152493_16294938.jpg


ちょっとだけ見るつもりだったけど、作品がすごくてとりこになってしまいました。

吉井勇さんの歌を板画にした「流離抄」もありました。
この中の「かにかくにの柵」の板画は大好きです。
e0152493_16305254.jpg


[棟方志功記念館の図録より]


初めて見た板画の中では、
谷崎潤一郎さんが選んだ歌に板画をつけた「谷崎歌々板画柵」が素敵です。
e0152493_163255100.jpg


[棟方志功記念館の図録より]

岡本かの子さんの『女人ぼさつ』の詩を板画にした「女人観世音板画巻」も素敵でした。
e0152493_16334885.jpg


[棟方志功記念館の図録より]

青森市民美術展示館からシャトルバスで棟方志功記念館に移動。
e0152493_1635731.jpg


「棟方志功 半世紀の芸業」の展示会。棟方志功記念館は12、3年ぶりくらいにきました。
こちらは版画とともに版木も展示されています。

題名もない小さなやさしいお顔の女性の版画に惚れました。

館内の映像も見ていたのですが、
棟方志功さんの、デッサンや文字を描くスピードには驚かされました。

記念館から出ている図録を手にいれました。
e0152493_17105441.jpg


先日訪れた青森県立美術館にも、
今日青森市民美術展示館で見た「花矢の柵」に似た?作品もあったような気がします。
今回はたくさんの棟方志功さんの作品を見れてよかったです。
by momokororos | 2015-08-06 17:16 | | Comments(0)
青森。晴れ。
旅をすると、各地の天気予報の楽しみです。

青森の天気予報は、3つのエリアでわかれていて、
津軽、下北、三八・上北(さんぱちかみきた)、です。

「三八」というのは、三戸と八戸かな。
by momokororos | 2015-08-06 09:08 | | Comments(0)
青森。
ねぶた祭を見にきました。
去年も見にきているのですが、少し前は好きで3、4年続けて見にきていました。
開始の30分前にねぶた運行の通りへでました。
去年まで同じような場所で見ていたのですが、今年は道の反対側から見ることにしました。

所定の位置まで移動中の山車。
e0152493_043864.jpg


所定の位置にスタンバイされて開始を待ちます。
e0152493_061979.jpg


ねぶた祭開始です。
e0152493_084771.jpg


e0152493_093371.jpg


上の山車の後ろ側。後ろ側も素敵です。
e0152493_0105911.jpg


e0152493_013115.jpg


e0152493_0144389.jpg


跳人のラッセラーの掛け声で盛りあがるとともに、
太鼓の山車からの大きな音と振動で体がしびれます。
e0152493_0161997.jpg


一番大きな太鼓もきます。
e0152493_0203364.jpg


こんな可愛い子もきます。
e0152493_0215927.jpg


e0152493_024576.jpg



ねぶた祭は21時で終わりなのですが、
海に使いところに山車の倉庫があり、そこに戻るためにすべての山車が集まってきます。

e0152493_0261974.jpg


山車が並びます。
e0152493_0302187.jpg


まぢかでみる山車はかっこいいです。
e0152493_032185.jpg


今年は来なくてもいいかなって思いながらも見にきてしまう素敵な祭りの1つです。
by momokororos | 2015-08-06 00:51 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ