「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お寺( 1 )

先日、岩手を旅していました。
7年ぶりの再訪です。

ロシア絵本の「ふぉりくろーる。」さんが5月末に岩手にお店をオープンされていて行きたいと思っていました。

盛岡の、チャグチャグ馬コのお祭りか、さんさ踊りの時期に合わせて行こうと思っていたのですが、先日お友達とチャグチャグ馬コを話題にしていたこともあって、チャグチャグ馬コの時期にあわせて、岩手に行くことに。

東京から東北新幹線。

e0152493_20392764.jpg

岩手一ノ関に降ります。
久しぶりに一ノ関にきたら中尊寺に行きたくなり、案内所でバスの時間を聞いてしばしバスを待ちます。
待合室のお土産物屋さんには、3つほど下がる風鈴。重なる風鈴の音がすごく心地がいい。南部鉄器だと思うのですが少しずつ違う音色を奏でていて、そこにいることを忘れてしまいそうでした。

バスに乗り、中尊寺へ。
途中、平泉駅を通ったのですが、平泉が最寄り駅だったことに気づく。中尊寺は10年ぶりくらいなのですっかり忘れています。
e0152493_20393965.jpg

バスを降りて、金色堂まで坂道を歩く。
e0152493_2039459.jpg

道は悪くはないのですが、途中とてつもなく急な坂道があって息もあがります。
ふとたちどまると、木立を吹き抜ける風が気持ちいいです。

金色堂の建物は覆堂という建物の中にすっぽりと覆われています。
e0152493_20393216.jpg

覆堂の中の金色堂は、すべてが金箔で覆われいます。六万四千枚の金箔だそう。縁側まで金色です。

松尾芭蕉が詠んだ句に、「五月雨の 降り残してや 光堂」があります。ものを朽ちさせる梅雨も平泉の光堂(金色堂)は残してきて今も変わらぬ昔の輝きのままである、という意味なのですが、燦然と輝く金色堂を見ていて藤原氏の栄華と想いに気持ちひきもどされます。

久しぶりの中尊寺はよかったです。

平泉まで戻り、東北本線で水沢へ向かいます。
by momokororos | 2014-06-19 20:38 | お寺 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ