カテゴリ:お花( 229 )

クレマチスの丘にある美術館の展示を見に、5、6年ぶりに静岡の三島に降りたちました。

横浜から各駅停車で行って2時間半強。さらに三島駅から送迎バスで20分で、クレマチスの丘です。

クレマチスの丘にあるクレマチスガーデンは素敵なお庭でした。

e0152493_17082220.jpg


小さな丘がある風景が広がっていました。

e0152493_17082215.jpg


丘を越えると眺めが広がっています。

e0152493_17082344.jpg


丘の上の木陰には、いくつか椅子が用意されています。

e0152493_17082398.jpg

丘の上は爽やかな風が吹いていて、とっても気持ちがいいです。立ちさりがたく、しばらくたたずんでいました。

丘をくだると彫刻や池があります。

e0152493_17082405.jpg

芝生はふかふかで気持ちがいい。

e0152493_17082571.jpg

池には睡蓮が咲いていました。

e0152493_22150074.jpg



クレマチスのお花もたくさん咲いています。

e0152493_17082542.jpg

e0152493_17082610.jpg

e0152493_17082619.jpg

e0152493_17082722.jpg


少し前からクレマチスの丘に訪れたいと思っていましたが、クレマチスの花の時期まで待っていました。

庭園をでたところには、レストラン、本屋さん、お土産屋さん、お花屋さんがあります。
本屋さんのNOHARA BOOKSさん。

e0152493_17175828.jpg


緑の本と雑貨がとっても素敵でした。こんなたくさんの緑の本の品揃えはみたことがありません。とってもいい本屋さんです。

クレマチスガーデンに面したヴァンジ彫刻庭園美術館もう見ていて、こちらの美術館を通ってクレマチスガーデンにでることができます。クレマチスガーデンには何回でも行きたいなって思いました。

クレマチスの丘は、むかし訪れた酒田市美術館を思いおこします。

「有元利夫展~酒田市美術館」〜2015年 4月 25日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23009159/


しばらくクレマチスの丘の日記が続きます。


by momokororos | 2017-06-21 22:17 | お花 | Comments(0)
鎌倉。駅のバスロータリーを横切りまっすぐ行くと若宮大路。そのスクランブル交差点を渡ったところにある大巧寺。
鎌倉のお花のお寺で駅からもっとも近いところにあります。北鎌倉の円覚寺も近いけど、お花に出会うまでは大巧寺の方が近いかなと思います。

細長い境内は1、2分も歩くとお寺の境内を抜けてしまいますが、お花がたくさんです。

ストケシアのお花。

e0152493_20423961.jpg

何年か前に大巧寺で見たことがあるお花でしたが、やっとお花の名前わかりました。


赤花夕化粧。
可愛いお花です。

e0152493_10503249.jpg

こちらのお花の名前もわからなかったのですが、お花のサイトで質問して教えてもらいました。赤花夕化粧(あかばなゆうげしょう)のお花です。


美容柳。

e0152493_20423964.jpg


白丁花(ハクチョウゲ)。

e0152493_20424005.jpg


金糸梅(キンシバイ)。

e0152493_20424026.jpg


こちらもキンシバイだと思いますが、違うかもしれません。

e0152493_20424165.jpg



金宝樹(キンポウジュ) 。

e0152493_20424241.jpg

いままでもたまに見かけていたお花で、ネムノキと思っていました。


こちらも見たことがあるお花。名前を思いだせません。ヒナゲシ、カルミア、ちょっと違いますね。

e0152493_20575779.jpg


ホタルブクロ。

e0152493_20575886.jpg


山野草にはまっていたときはよく見にいっていましたが、久しぶりに見ました。


紫陽花も何種類か咲いています。

e0152493_20424396.jpg


こちらは「隅田の花火」と名前がついていた紫陽花。

e0152493_20424378.jpg


大巧寺は小さな境内で、境内散策というより通り抜けという感じですが、それでも訪れるのが楽しみなお寺です。

by momokororos | 2017-06-19 22:32 | お花 | Comments(0)
久しぶりにお庭のお花日記です。
南側には紫陽花の鉢を置いています。

e0152493_15140108.jpg


紫陽花はどちらかといえば、額紫陽花が好きなのですが、たまには華やかな感じのもいいかなと思います。
紫陽花もたくさんの種類がありますが、いままでそんなによく見てきませんでした。少し気をつけてみてみようかなと思っています。


by momokororos | 2017-06-15 22:25 | お花 | Comments(0)
花の都の鎌倉。
行けば行くほど魅了させられます。

北鎌倉駅の横須賀方面のホームの改札を抜けるとすぐのところの円覚寺。円覚寺の境内の松嶺院は花がたくさんで大好きなお寺です。

松嶺院には、イワタバコやクレマチスのお花が咲く季節に訪れることが多いです。お花が多くすべては載せられないので一部を紹介します。

ツボサンゴのお花は初めて見ます。

e0152493_13594207.jpg


リョウブ。

e0152493_13594324.jpg


フウロウソウ。

e0152493_13594317.jpg


シャクヤク。

e0152493_19521320.jpg


シャクヤクにもいろんな種類がありますね。

e0152493_13594586.jpg


ヤマボウシのお花。
こちらは鉢植えですが、木のお花で一斉に咲いているのが素敵です。

e0152493_13594520.jpg


この白いお花の名前はわかりません。
丁子草(ちょうじそう)に似ていますが。

e0152493_13594663.jpg


クレマチス。
一度だけ育てたことあります。
この何年もクレマチスは育てたいなって思っています。

e0152493_14243563.jpg


クロロウバイ。

e0152493_13594645.jpg



松嶺院の入口はこんな感じです。

e0152493_14243611.jpg


円覚寺境内は少ししかいませんでしたが、
こんなお花を見かけました。

e0152493_13594781.jpg

e0152493_13594773.jpg


円覚寺境内の一番奥にある黄梅院も好きなのですが、この日は寄りませんでしたが、また今度ゆっくり寄りたいと思います。

by momokororos | 2017-06-08 22:30 | お花 | Comments(0)
鎌倉由比ヶ浜にある鎌倉文学館。

文学館の建物と薔薇園が素敵です。

e0152493_12433806.jpg

e0152493_12433967.jpg

e0152493_12433980.jpg

e0152493_12434051.jpg


文学館は薔薇園の庭園の上にあります。

e0152493_12434153.jpg


文学館では、「漱石からの手紙 漱石への手紙」の展示が開催されていました。

e0152493_12434232.jpg


鎌倉文学館、前にいつ行ったか調べてみると、2006年7月8日に与謝野晶子さんの「恋ひ恋ふ君と」の展示会を見に行っていました。もう11年前でした。
そのときも薔薇が咲いていました。

e0152493_12562819.jpg

与謝野晶子さんの詩集を最近手にいれたので、あわせて鎌倉での与謝野晶子さんの「恋ひ恋ふ君と」の展示も振りかえりたいなって思っています。


新緑の時期、鎌倉文学館に至る道は、緑に囲まれて素敵です。

e0152493_12434291.jpg


e0152493_12434318.jpg


この鎌倉文学館のトンネル、神戸元町の1003さんから、京都山崎にある大山崎山荘美術館みたいと言われて、記憶がよみがえりました。わたしも大山崎山荘美術館に行ったときにそんな感想を書いていました。


前に大山崎山荘美術館を訪れたときに書いた文章を引用します。

午前10:12 · 2015年2月15日
京都。今日は大山崎の「大山崎山荘美術館」で開催している「志村ふくみ ー 源泉をたどる」の展示会を見にいきます。少し前に姫路のおひさまゆうびん舎さんに教えてもらいました。大好きな志村ふくみさんの展示会知らずにやりすごすところでした。

e0152493_12434457.jpg


午前10:45 · 2015年2月15日
京都。大山崎の「大山崎山荘美術館」への登り道、わたしもう息があがってしまいました。体力不足と飲み過ぎに夜更かしのせいかも。駅を一緒に出た人はもう先に行ってしまいました。この隧道は鎌倉文学館を思いおこします。
e0152493_12454131.jpg



by momokororos | 2017-06-06 22:43 | お花 | Comments(0)
鎌倉長谷にある光則寺。
大好きでな花のお寺でよく訪れます。
長谷界隈では、お隣りの長谷寺や大仏の高徳院が有名ですが、わたしは光則寺が一番好きです。

庭石菖。
道端に咲く花で、ほんと可愛らしいお花です。

e0152493_23042383.jpg


境内に入るとこの時期あまい香りが漂ってきます。カラタネオガタマとニオイバンマツリが咲いています。

カラタネオガタマ。
バナナのような甘い香りがします。

e0152493_23042414.jpg


ニオイバンマツリ。

e0152493_23042459.jpg


ガマズミ。

e0152493_23042536.jpg


ヤマボウシ。
北鎌倉の円覚寺の塔頭の松嶺院で鉢植えのお花を見かけましたが、大きな木のお花が好きです。ちょっと遠目ですが。

e0152493_23042632.jpg


いろんな種類の紫陽花も鉢植えや地植えされていました。

行くたびにさまざまなお花をみせてくれる光則寺は、鎌倉の中でも好きなお花のお寺の1つです。

by momokororos | 2017-06-05 19:56 | お花 | Comments(0)
東京千駄木にある森鴎外記念館の日記をこの前に書きましたが、開催されている『森鴎外の「庭」に咲く草花』の展示では、植物の研究をしていた牧野富太郎さんの精緻な植物の絵が展示されていました。
そして、鴎外さんとの交遊のことや、東京大泉学園や高知にある牧野富太郎さんの記念館のことも紹介されていました。

先日、神保町で本を見てから九段下経由で東西線に乗っていて、神楽坂か林芙美子記念館か中央線沿線にでも行こうかなと思っていたのですが、牧野富太郎さんのことを思いだし、記念館のある大泉学園に行こうかなと思いたちました。

西荻窪や吉祥寺からバスで記念館の近くに行けることがわかり、西荻窪から向かいました。

大泉学園は初めて訪れます。

牧野記念庭園記念館。

e0152493_22352658.jpg


記念館は入場無料でした。

園内はそんなに広くないのですが、樹が生い茂り気持ちがいいです。

e0152493_22352770.jpg

e0152493_22352830.jpg


ヤマボウシのお花も咲いていました。

e0152493_22352801.jpg


樹々が美しいです。

e0152493_22352902.jpg


入口横で、ハラハラと細かな花びらが舞い落ちてきていて見上げると、栴檀(せんだん)という木のお花でした。

e0152493_22352950.jpg


園内には展示館があって、牧野富太郎さんの生涯の紹介や、牧野さんの植物図鑑の絵などが展示されていました。
1940年に刊行された牧野さんの「牧野日本植物図鑑」は、是非手にとって見てみたいものです。いまでも販売されているみたいです。

次回6/3土曜からの企画展のポスターが貼られていました。

e0152493_22534968.jpg



帰りは、バスで再び西荻窪まで戻り、久しぶりに、西荻窪の雑貨のFALLさんへ寄ってみました。

e0152493_22535035.jpg


花松あゆみさんの展示「それぞれの話」が開催されていました。

e0152493_22535037.jpg


花松あゆみさんは少し前に高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで展示が開催されていました。
FALLさんでの展示は5/28で終了しています。


「森鴎外記念館〜千駄木あたり散歩」〜2017年 5月 28日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25806764/

by momokororos | 2017-05-30 22:32 | お花 | Comments(0)
植物園によく行っていた時期もあるのですが、しばらくご無沙汰していました。
お花好きのお友達がいることや、今年にはいり、鎌倉に行くことが多くなって、またお花が気になりはじめて植物園にいくようになりました。

東京の文京区にある小石川植物園。
正式名称は、東京大学大学院理学系研究科附属植物園。開園は江戸時代の1684年の小石川薬園というからすごいです。

池袋と上野を結ぶバスが近くを通るのでバスで行くことが多いのですが、たまに茗荷谷からいきます。茗荷谷駅からは歩いて15分くらいかかります。

正門から入り、左手の山道を日本庭園の方に歩くと、池の向こうに素敵な洋館が見えます。

e0152493_22555364.jpg


黄菖蒲のお花でしょうか、水辺に咲いていてきれいです。

e0152493_14033479.jpg


この洋館から山道みたいな登りをのぼると樹林帯です。
さっと流してみるつもりがあまりの素晴らしさに奥に奥に誘われました。

中でもカリンの林が素敵でした。

e0152493_22555497.jpg

e0152493_22555417.jpg


都心にいることを忘れさせるほどの林で、周りの建物も見えず、喧騒もまったく聞こえません。起伏もありどこかの山に来たかのようです。

e0152493_22555537.jpg



下からに上からに燃えたつかのような緑です。

e0152493_22555625.jpg


この緑、ハゼノキとイロハモミジなのですが、ハゼノキの幹からイロハモミジが出ています。

e0152493_22555634.jpg


よく見ると葉っぱが混在してました。

e0152493_22555795.jpg


ソメイヨシノの林。
のんびりずっと座っていたいです。

e0152493_22555818.jpg


華やかさはないのですが、お花もたくさんです。

e0152493_22555904.jpg

e0152493_23013801.jpg

e0152493_23013993.jpg

e0152493_23013952.jpg


e0152493_23014176.jpg


e0152493_23014201.jpg

e0152493_23014352.jpg

e0152493_23014347.jpg

e0152493_23014449.jpg


ハンカチノキとキリシマツツジは花期を過ぎていました。

1時間くらい見るつもりでしたが、2時間半もいてしまいました。

園内でお花をゆっくりみていると、園の人が話しかけてきて、こんにゃくの花が咲いてますよ、胡桃の林の近くに日本で1本日しかない木の花が咲いてますよとか教えてもらいました。

e0152493_23115395.jpg


帰り、植物園のすぐ近くに、文京シビックセンター(春日駅)や後楽園駅、茗荷谷駅を巡る文京区のバスの「共同印刷」というバス停を見つけました。今度行くときはそれを利用してもいいかなと思いました。



by momokororos | 2017-05-26 21:15 | お花 | Comments(0)
お庭の東側と南側に咲いているお花。
いままでカタバミと思っていましたが、南側のはオキザリス・レグネリーみたいです。同じカタバミ科みたいですが。去年はカタバミで紹介していました。

e0152493_15330817.jpg


松の木陰に咲いているのですが、ハッとするほど美しい表情をみせてくれます。


by momokororos | 2017-05-24 22:36 | お花 | Comments(0)
チェリーセージのお花が咲いています。

e0152493_13325048.jpg

ほとんど手をかけていないのですが、毎年花を咲かせてくれます。

正式名称は、サルビア・ミクロフィア、もしくはサルビア・グレッギーというそうです。
咲いているのはどちらかわからないのですが、見つけるとうれしいです。



by momokororos | 2017-05-23 22:33 | お花 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ