カテゴリ:本( 236 )

「こくご」の教科書の魅力〜小学校2年生

この前、神保町の三省堂書店さんに行っていたときに、児童書や参考書のフロアに、小学校の国語の教科書があるのを見つけました。

国語は、小中高とずっと嫌いだったのですが、どんな話しが教科書に載っていたのだろうと何年か前から思っていたのですが、レオ・レオニさんの『スイミー』が載っていたという話しなど聞いていました。
先日、かえるくんとがまがえるくんが出てくる「おてがみ」が小学校2年の「こくご」の教科書に載っているという話しをお友達から聞いて、それはアーノルド・ローベルさんの『ふたりはともだち』の中のお話しだねと話していて、教科書にますます興味が高じていました。

教科書の棚には、いろんな出版社の教科書がありましたが、アーノルド・ローベルさんの「おてがみ」は、光村図書の小学校2年生の「こくご」の教科書でした。

e0152493_22010878.jpg

e0152493_22011072.jpg

表紙の絵がとっても可愛い。

こんな可愛い教科書なら大人も興味が湧くかもと思ったりでした。

中に載っていたのは、レオニ・レオニさんの『スイミー』。

e0152493_22013582.jpg

おおつかゆうぞうさん作、リー=リーシアンさん絵の『スーホの白い馬』。

e0152493_22015959.jpg

アーノルド・ローベルさんの『ふたりはともだち』のなかの「おてがみ」。

e0152493_22021598.jpg


他には、やなせたかしさんの「手のひらを太陽に」も載っていました。

国語は、小中高とずっと嫌いだったのですが、いまなら率先して朗読に手をあげてしまいす。「せんせい、わたしが読みます」って。
字も大きくてまさに朗読したくなるような文字です。先日、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんに行ったときに、教科書に載っている『スイミー』を朗読してました。

教科書の裏をみても、教科書に値段が書いていませんでした。
「無料」という言葉も書いてありましたが、お会計のときにやはり価格はありました。値段は忘れましたが、安いなあって感じる値段でした。

小学校の全学年の国語の教科書を買おうかなとも思いましたが、改訂の月日を見ると、上巻が2月、下巻が6月でした。新しい版を待ってから3年生の教科書から買うことにしました。

国語に限らないのですが、教科書はとっておけばよかったなと前々から思っていたのですが、あらためてみると魅力です。
算数のドリルとかも見ていたのですが、図を駆使した教えかたに興味を覚えました。

今日また神保町の三省堂書店さんに寄っていたのですが、教科書の棚の前で喜んでいる中年のご夫婦をみかけました。


by momokororos | 2018-01-06 22:03 | | Comments(0)

神戸と姫路の本屋と雑貨巡り

神戸元町。
ベトナム料理を食べたあとに、南京町の西門からほど近いところにある、1003さんへ。
1003さんは、食と酒の本が多い本屋で、店内でハートランドのビールも飲めます。

e0152493_22342247.jpg

開店した当初はほとんど古本でしたが、だんだんと新刊やZINEが多くなってきて別の魅力も醸しだしてきました。私は参加できていないのですが、イベントも多くなってきてます。

夏葉舎さんから出版された、石亀泰郎さんの『ふたりっ子 バンザイ』。

e0152493_22353268.jpg

石亀泰郎さんは『イエペは ぼうしが だいすき』の写真家です。1003さんにはこのイエペの写真絵本ありました。
写真は、わたしが持っているイエペの本です。

e0152493_22371777.jpg

山川直人さんの『ハモニカ文庫』。

e0152493_22383767.jpg

はじめてみる作家さんなのですが、ほのぼのとした感じで惹かれるものがあります。

そして世界の偉大な女性を紹介する『CULOTTEES』。

e0152493_22401197.jpg

私はトーベ・ヤンソンさんしか知らないのですが、取りあげられている女性がどんな人なのか興味あります。

神戸駅の方へしばらく歩くと、ハニカムブックスさん。
ハニカムさんは乙女な本と雑貨がある本屋さんです。

e0152493_22423242.jpg

神戸は憧れで、神戸のお嬢さまも憧れなのですが、こんな本をみつけました『お嬢さまことば速修講座』。

e0152493_22425862.jpg

お嬢さまに逢えるかな、お嬢さまになれるかな、と淡い期待をいだきながら、ハニカムさんの店長さんと話していました。

鈴木いづみさんの本。
珍しい本がハニカムさんにありました。

e0152493_22430242.jpg

一度、学芸大学の流浪堂さんで、鈴木いづみさんの小説を手にいれたのですが、挫折していますが、傑作集ということで読んでみようと思いました。


栄町の北欧雑貨のlottaさんにも寄っています。
関野ゆうこさんの「sorte glass jewelry exhibition 」というガラスのジュエリーの展示会が開催されていました。
作家さんとお店のご夫婦と、アクセサリーの制作工程や大阪の話しで盛りあがり、長居しました。

結局、今回も神戸の山側には行けず、神戸をあとにしました。最近ずっと神戸の山側に行けていないので、また来年寄りたいなと思います。

神戸から姫路へ夜のうちに移動して、あくる朝、姫路のおひさまゆうびん舎さんにキティカフェに連れていってもらいました。

e0152493_22462690.jpg

可愛いキティちゃんが描かれています。

e0152493_22463076.jpg

アーモンドトースト。
姫路名物だそうです、アーモンドバターが塗られて焼かれており、とっても美味しいんです。

e0152493_22463477.jpg

ポテトもお上品な揚げかたに見えるのは気のせいでしょうか。

カフェから、姫路城近くにある、おひさまゆうびん舎さんへ。
おひさまさんは、絵本と文芸書、そして可愛い雑貨もおいてある本屋さんです。

e0152493_22473048.jpg

高橋和枝さんの『くまのこのとしこし』を手にいれました。

e0152493_22442526.jpg

くまのこのとしこしのキャラメルも販売されていました。可愛いです。

e0152493_22442973.jpg

杉浦さやかさんの『すくすくスケッチ』。

e0152493_22153073.jpg

杉浦さんの子育てがイラスト入りで綴られているのですが、つらい大変なこともあると思うのですが、とっても明るくポジティブに語られていて、杉浦さんすごいなと思います。

姫路からどこにいくかは決めてなかったのですが、ちょうど姫路に停まるのぞみがあったので、そのまま東京に戻りました。

まだまだ夜は時間があったので、どこかのお店で遊んでいこうと思っていたのですが、東京駅をでたらライトアップを見かけて、東京駅周辺で遊んでいました。
先日書いた日記です。

東京クリスマスイルミネーション
2017年12月24日の日記/div>




by momokororos | 2017-12-26 22:37 | | Comments(0)

小料理屋の大将の好きな本〜金沢片町伝馬

金沢の片町伝馬は、夜の金沢の街でも特に好きなエリアです。

片町伝馬の小料理屋の大将と女将さんとなじみになっているのですが、先代の大将もお店にでていて最近話すことが多くなりました。

金沢の鈴木大拙館をわたしは大好きなのですが、先代の大将も好きということを知りました。

若い頃もおそらく遊んできた大将。いまも遊んでいるように見えるのですが、物理の世界や仏教、文学など興味が多岐に渡っています。

そんな大将が好きと言っていた、山本周五郎さんの『ながい坂』。
たしかわたしも読んだことあると思って、部屋の本を探してみたらありました。

e0152493_22234791.jpg

上巻の途中にショップカードがはさんであり途中まで読んでいました。

『ながい坂』のことを大将から聞いたのが、前々回に金沢へ行ったとき。次に行く前に読もうと思っていたのですが、時間とれず少し読んだだけで、前回の金沢行きに。
ふたたびお店に寄り、大将といろんな話しをして次回は完読してからまた来ようと思いました。

そして、『ながい坂』は上巻を読み終わり、下巻を読んでいますが、また読み終わらないうちに、金沢を訪れてしまいそうです。

じぶんの道をみつめ、自分の選んだ道なのかどうかを悩み、みずからに問う主人公。かつて尊敬した師匠たちも歳をとり変わった姿をみる。そしてみずからの態度や振る舞いや、子どもの頃から信念も変わっていく。

少々人の関係が複雑で誰が誰であるかわからなくなることもありますが、下巻に入って面白さが増してきました。というか、身につまされる話しが多くなってきたのだとおもいます。

この前、とある人から、たたいて埃のでない人間はいない、という話しを聞いたのですが、『ながい坂』にもこんなくだりがでてきます。そのとおりだなと思います。

人も世間も簡単ではない、善意と悪意、潔癖と汚濁、勇気と臆病、貞節と不貞、その他もろもろの相反するものの総合が人間の実体なんだ、世の中はそういう人間の離合相剋によって動いてゆくのだし、眼の前にある状態だけで善悪の判断はできない。
[山本周五郎、『ながい坂』より]


by momokororos | 2017-12-20 22:25 | | Comments(0)

国語の教科書〜アーノルド・ローベルさんの『ふたりはともだち』

この前、お友達から、カエルくんとガマガエルくんがでてくる「おてがみ」という話しが小学生の国語の教科書に載っていて、子どもがお気にいりという話しを聞きました。

「おてがみ」というタイトルは覚えが、ありませんでしたが、アーノルド・ローベルさんの『ふたりはともだち』の絵本だなと思いました。

国語が好きではなかった、小中高時代。
まじめにやらなかったわたしは、教科書にどんな話しが載っているのかまったく覚えていません。
時代時代で違うと思いますが、『スイミー』が載っていたとか、『スーホの白い馬』が載っていたなど聞くとうらやましく感じます。
他にはどんな話しが載っていたのか、載っているのか、興味あります。
小学1年生から高校3年生までの国語の教科書を全巻揃えたいです。

アーノルド・ローベルさんの『ふたりはきょうも』の絵本を紹介したことがあるので引用しておきます。

ひとりだけの素敵な時間〜3冊の本より
2016年11月1日の日記

by momokororos | 2017-11-30 22:20 | | Comments(0)

食とエロティシズム〜赤坂憲雄さんの『性食考』

神戸の1003さんで手にいれた、赤坂憲雄さんの『 性食考』。


e0152493_20142216.jpg

行ったりきたり〜姫路から神戸京都、そして姫路
2013年12月19日の日記

お店に入ったときから目についていたのですが、やっぱり手にいれました。
店長さんも読みたいと思ってお店にいれたとのことでした。

宮沢賢治の物語を引用しながら、食う食われるの人間と野生動物の生態系の話しから始まり、子どもの動物のぬいぐるみの話しから人間と動物の連続性や一体感の話しに続きます。

昔話に児童書や西欧の物語に触れながら、日本と西欧の自然や動物に対する考え方や文化の違いに話しを展開させています。

金子みすずさんの詩の「大漁」が引用されています。

朝焼小焼だ
大漁だ
大羽鰮の
大漁だ。

ようだけど
海のなかでは
何万の
鰮のとむらい
するだろう。
[金子みすず、「大漁」]

金子みすずさんは好きな詩人ですが、この詩はよくとりあげられているにもかかわらず、自分としてはピンときていませんでした。
さらに、著者の赤坂さんは、金子みすずさんの「鯨法会」という童謡と、それに対する中村生雄さんの見解をこう述べてます。

狩猟はたんに生業や技術の問題としてだけではなく、世界観・生命観の問題として再考されねばならない。また、人と野生の生きものとはどのような間柄で存在しているのか、さらには、自然と人間とはどういうふうに繋がり、向かい合うべきか。そうした問いを前にして、狩猟という経験と知恵には学ぶべきことが少なからずある、という。
[赤坂憲雄、『性食考』より]

思いつきで、手近にあった絵本を並べてみただけだ。児童向けの作品はたしかに、さまざまな食べる場面が見いだされる。しかも、その食べる場面は当然とはいえ、食べることの裏側に貼り付いた殺すこと、つまり殺害の暴力をむきだしに描くことはない。そして、食べる場面が過剰に描かれているのは、交わること、つまり性のテーマを回避し、ときには隠蔽するものであることが指摘されている。その当否は措くとしても、たしかに子どもの前では、食べること/交わること/殺すことが、固有の物語の文法によっても微妙な変容を強いられているのである。「おれたちは たべちゃいたいほど おまえが すきなんだ」という、怪獣たちの身悶えしながらの愛の咆哮は、いったいなにを物語っていたのか。
いや、例外ともいうべき絵本はあったか。たとえば、『ゼラルダと人喰い鬼』(トミー・ウンゲラー作)などには、食べること/交わること/殺すことをめぐって紡がれる、いくらかの異相の物語が、思いがけず真っすぐに提示されている。
[赤坂憲雄、『性食考』より]

「おれたちは たべちゃいたいほど おまえが すきなんだ」が載っているのは、モーリス・センダックさんの絵本の『かいじゅうたちのいるところ』です。
この他にも、『ちびくろさんぼ』や『ぐりとぐら』、『あんぱんまん』、『おなかのすくさんぽ』なども引用されています。

さらに著者は、「食と性とが言語とが言語や儀礼において同一視される事例」をあげて、民族によらず普遍的なものであり、タブーでも性的可触性と可食性は共通であると言っています。つまり手を出していけないことと食べてはいけないものは似ているということを言っています。

食欲中枢と性欲中枢は隣接していることにも言及されていて、現象的ではなくカラダ的にも共通した刺激としてあるのかもしれません。

ここまでちょうど半分読みました。
このあとどんな話しが展開するのか楽しみです>

この本を買うときに、神戸の1003さんの店長さんと、荒木経惟さんの写真集の『食事』、伊丹十三監督の映画の『たんぽぽ』の話しをしていました。

『食事』は、食べものの写真がエロチックとも思えます、この写真は、荒木さんの妻がなくなるまでの手作りの料理の写真です。

<『たんぽぽ』は、ホテルのルームサービスで頼んだ料理をカップルがエロチックに食べる(食べるのを通じて男と女が戯れる?)シーンがでてきます。

食べることとエロティシズムはまさに共通のものかと思っていましたが、赤坂さんの『性食考』を読んで、ますますその感を否めません。


みすゞ記念館を訪れたときに書いた 文章と、センダックさんの『かいじゅうたちのいるところ』の日記です。

2013年7月13日
山口仙崎。5年くらい前から行きたかった「金子みすゞ記念館」へ。10年以上前に東北での展示会を見かけてから、初めて展示をみます。仙崎へは香月康男記念館で直接行けるバスを教えてもらえました。記念館へは金子文英堂さんから入ります。

e0152493_23011819.jpg


『いるいるおばけがすんでいる』〜モーリス・センダックさんの翻訳絵本
2016年8月6日の日記

いるいるおばけがすんでいる、そして、かいじゅうたちのいるところ〜モーリス・センダックさんの絵本
2013年12月19日の日記

『食事』〜荒木経惟さんの写真集
2015年6月4日の日記



by momokororos | 2017-11-18 22:54 | | Comments(0)

夢中で読んだ〜大竹英洋さんの『そして、ぼくは旅に出た。』。

このあいだ、中目黒のCOWBOOKSさんを訪れたときにすすめられた、大竹英洋さんの『そして、ぼくは旅に出た。』。

e0152493_22315336.jpg

知らぬまに夢中になって読んでいました。

大竹さんが、夢にいざなわれてアメリカの著名な写真家に会うために、アメリカとカナダにまたがるノースウッズを訪れる物語。

持っていった本について書かれているくだりがあります。

愛読書の、ヘンリー・D・ソローさんの『森の生活 ウォールデン』、サン・テグジュペリさんの『人間の土地』、星野道夫さんの『旅をする木』、ウォルト・ホイットマンさんの『対訳 ホイットマン詩集』、ジャック・ロンドンさんの『野生の呼び声』の本を持ってきていたことが載っていました。
森の生活』と『野生の呼び声』は読んだことがあるので、親しみを感じました。


燃料のマツボックリを拾い集めるのは、まるで栗拾いかキノコ狩りをしているようで、おもわず夢中になってしまいます。それをストーブの中に入れ火をつけようと思ったそのとき、焚きつけ用の紙を持ってきていないことに気がつきました。
(中略)
そうだ。これを燃やそう。古本だし、ジャック・ロンドンならきっと、こんな使われ方をしても怒らないんじゃないかな……、たぶん〉
などと勝手な理由で納得して、ぼくは読み終わったばかりの最初の数ページをちぎり、ストーブの底に突っ込んで、マッチで火をつけました。
[大竹英洋、『そして、ぼくは旅に出た。』]

究極の選択で本を焼くということが載っていました。ジャック・ロンドンなら許してもらえる、私もそんなような気がします。
そういえば、映画の「デイ・アフター・トゥモロー」にも、生きるための暖をとるために本を焼くシーンがでてきます。


この本を読んでいると、大竹さんの旅の体験、生きる体験に、自分が<包まれているかのような感じがします。
ここにいるのを忘れるような読書体験。久しぶりにそんな感じを味わいました。
大竹さんの体験や思うことからも、学ぶことや共感させられることがたくさんです。

自分では手にとらない本だったのですが、すすめてもらってよかったです。他の人にもすすめたいノンフィクションです。

先日おとずれた、COWBOOKSさんの店長さんと話していたのてますが、昔は小説を読んでいたけど、今はエッセイを読むことが多くなりました。
エッセイを読まなかったわけではありませんが、劇的に変わったのは、かつて青山にあったCOWBOOKSさんに通うようになってからでした。

想像の楽しみもありますが、エッセイやノンフィクションに書かれている現実の強さを感じます。


「中目黒の魅惑の本屋と商店街」
2017年10月22日の日記


大竹さんの本を読んだあとに、たまたま訪れていた、姫路のおひさまゆうびん舎さんでは大竹英洋さんの写真絵本の『もりはみている』を見つけました。神戸の1003さんでは『そして、ぼくは旅に出た。』を見つけています。1003さんに大竹さんの他の本が2冊ありました。

行ったりきたり〜姫路から神戸京都、そして姫路
2017年11月4日の日記


by momokororos | 2017-11-07 22:21 | | Comments(0)

メイ・サートンさんの本

昨晩は久しぶりに学芸大学へ。

流浪堂さんで、メイ・サートンさんの本を見つけました。

e0152493_10420101.jpg


流浪堂さんのミニギャラリーに2冊も面陳されていました。図書館でも見たことのない本なのでうれしいです。まだ読んでいませんが、読むのが楽しみです。


流浪堂さんでは、千駄ヶ谷と原宿のあいだにあるうつわのshizenさん、学芸大学のうつわの宙さんの話題も話していました。どちらも久しく行っていないので、行ってみるのもいいかなと思いました。

余談ですが、学芸大学の洋菓子のマッターホーンさん。いつも売れ切れのカットのバームクーヘンがありました。うれしくなってお土産にしました。
学芸大学は最近、流浪堂さん、たまにマッターホーンさん、ロミ・ユニさんに寄るだけになってます。



じっくり読みたい『独り居の日記』〜メイ・サートンさんの本
2016年11月6日の日記

ひとりだけの素敵な時間〜3冊の本より
2016年11月1日の日記

by momokororos | 2017-10-12 22:31 | | Comments(0)

お部屋の机〜2017年9月25日

お部屋の机の模様替えしました。
総入れ替えに近いです。

e0152493_12030974.jpg

この前見つけた雑誌に載っていたエイミー・ベンダーさんの本を探して並べています。

e0152493_12031103.jpg

同じく雑誌に載っていた、ジュンパ・ラヒリさんの本は2冊持っているはずなのですが、探して見つからなかったので、図書館で『停電の夜に』を借りてしまいました。

e0152493_12031336.jpg

この表紙のは持っていないので、わたしの持っているのはたぶん文庫本です。

少し読み始めていますが、いい小説だったということ以外、すっかり忘れてしまっています。停電の時間に再び話しをするようになる夫婦の気持ちが少しずつ変わっていきます。ゆっくりと味わいたい小説です。

『停電の夜に』をむかし読んだときは、どんな風に感じていたのかなと思い、過去の日記を調べてみましたが、見つかりませんでした。ブログを書く2004年以前に読んだようです。

「捨てられない雑誌〜本や絵本のいい特集」〜2017年9月13日の日記

ラヒリさんの『見知らぬ場所』も見つからないのですが、こちらは2012年に読んでいるみたいです。

2012年11月23日
時折聞こえてくる雨のわだちを踏む音や小鳥のさえずりに耳を傾けながら、今日は読んでいない本を読むことにしました。「停電の夜に」で有名なジュンパ・ラヒリの「見知らぬ場所」。ここ最近また本を読む時間が戻ってきました。

by momokororos | 2017-09-25 22:03 | | Comments(0)

憧れの岩波文庫〜パラフィン紙をまとっていた頃

岩波文庫。
昔はパラフィン紙をまとった文庫本で、ちょっと格の高さを感じられ、高校生のときは憧れて背伸びもしながら読んでいました。

部屋にある岩波文庫を集めてみました。

e0152493_15401964.jpg

パラフィン紙は半透明のカバーで紫外線カットのためでした。年月を経たパラフィン紙はボロボロになってしまっています。

<いまふりかえってみると、高校生の頃は、思想、哲学の青帯なんてむずかしそうな本を読んでいました。
青帯はちゃんと読んでいる本が多いのですが、外国文学の赤帯は挫折した本が見え隠れします。
<ここ最近は、日本文学の緑帯やたまに赤帯を買ったりしています。

再び読みたいなって思う本は、ソローさんの『森の生活』、ロマン・ロランさんの『魅せられたる魂』です。『魅せられたる魂』は1巻目がどこかにしまってあって出てきていないのですが、出てきたら読みたいと思います。


by momokororos | 2017-09-23 20:11 | | Comments(0)

想いに身をまかせられる小説

昨日のお昼頃からずっと雨降りが続きます。

先日読みなおした中里恒子さんの『時雨の記』がよかったので、中里さんの他の本も読みなおしてみようと思い、手元にあった中里恒子さんの『往復書簡』や『不意のこと』を読んでいたのですが、しっくりきません。

部屋の見える範囲を眺めて、他の本を取り出し、パラパラめくるも、意にかなうものは見当たりません。
高橋治さんの『風の盆恋歌』みたいな小説がいいと思っていますが、思いあたりません。

雨の日のゆっくりとした時間に、しっとりと想いに身をまかせられるような、おすすめの小説はないものかな。


2017年7月11日の日記

e0152493_20541626.jpg


2015年12月16日
金沢への想いつのります。「驚いたわいね、奥さんの手際には。あっという間に蓮根蒸しを作ってしもうがやさかい」(中略)「そんなことくらい、金沢の女やもの」高橋治さんの『風の盆恋歌』より。

2015年11月23日
部屋の本を探していたら、高橋治さんの『風の盆恋歌』がでてきました。また読んでみようと思います。ここしばらく行けていませんが、富山の越中八尾の「おわら風の盆」のお祭りは、特に惚れた祭りの1つ。来年あたり訪れたいです。

e0152493_19170551.jpg


by momokororos | 2017-09-17 22:29 | | Comments(0)