素敵なブックカフェ~大阪玉造

先日、大阪中津の絵本カフェ「ペンネンネネム」さんの日記を書きましたが、
今回は大阪玉造にあるブックカフェの話題です。

大阪のお人形作家の「Bruno」さんの個展が、
去年の暮れに大阪堀江の雑貨屋さん「prickle」さんであって、見にいっていたのですが、
その個展に来たお客さんの1人が、玉造に素敵な本屋さんができたことを話していました。
ずっと行ってみたかったお店なのですが、この前に大阪に行ったときに寄ってみました。

玉造にはかつて何回か訪れたことがあって、
玉造商店街を歩いてみたり、空堀交差点に近いフレンチのお店で食べたり、
細川ガラシャの像があるカトリック玉造教会、真田山公園あたりを探検したりしてきました。

今回、ひさしぶりの玉造商店街です。

e0152493_17311395.jpg


玉造商店街をずっと行って自転車屋さんの角を曲がるって聞いていたので、
そのとおり行ってみると珍しく迷うことなく発見です。

ブック&カフェ「beyer」さん

e0152493_1840414.jpg


ロフトの作りで入口からお店の半分は吹き抜けになっていて、雰囲気のいい感じの店構えです。
中にはいると、インテリアや衣食住、デザイン関連の本が置かれています。
海外の小さな書店や市からも買いつけてくるとのことでした。

1階のカウンターはカフェの雰囲気で、2階からは声が聞こえます。
2階はカフェで置いてある本が自由に見ることができるとのことだったので、
お茶をさせていただくことに。
注文を先にすませて、靴を脱いで2階にあがります。
2階の雰囲気はとってもいい空間で、こんな感じです。

e0152493_18424275.jpg


e0152493_1845134.jpg


e0152493_18455512.jpg


2階から1階を見るとこんな感じです。

e0152493_18491766.jpg


「アドルフ・ザーブランスキー」の絵本があったので見ていたら、
お店の人があがってきたので、いろいろお店のお話しを聞きました。
去年の5月とか6月オープンのお店で、はじめは倉庫として使われてきたところを
次にはいったお店が改装して2階部分を作ったそうです。
お店の方も気さくで優しい方です~☆

ロールケーキとチャイを頼みました。

e0152493_18502645.jpg


お茶を飲みながら、「まぼろしの大阪」坪内祐三、ぴあ
を読んでいましたが、面白い本でした。

イギリスの切り絵の素敵な本も買いたいなって思っていたのですが、手持ちがなくて諦めました。
20時までお店を開けられているので、かなりゆっくりできました。
とっても居心地のいい空間でまた訪れてみたいと思いました。
ただ駅からかなり歩きます。お店の人に聞いてみると玉造と鶴橋のちょど真ん中あたりだそうです。

beyer(バイエル)は、こちらです。
http://www.beyerbooks-pl.us

居酒屋の名店「ながほり」さんが玉造に移りましたよって、
以前、堀江のカフェ「ロカリテ」さんから教えてもらいました。
まだ行けていませんが、ちょっと注目のエリアになりそうです。
by momokororos | 2009-02-23 22:13 | カフェ | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ