素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 16日

青山界隈ノスタルジー散歩〜東京グルグル(其の三)

東京グルグル。
どこにも行くところがないと思った昨日の昼頃。
新宿から移動して、浅草、蔵前に出て、夕方までいたのですが、蔵前から浅草経由で銀座線で表参道へ出ました。

まずは、クレヨンハウスさんへ。

e0152493_20235328.jpg

落合恵子さんのクレヨンハウスさん。
お店が表参道の並木道沿いの2階にある頃から通っています。
窓から見えるけやきがきれいだったことを思いだします。

昨日は時間があったので、
1階絵本のフロア、2階の玩具のフロアから3階のミズクレヨンハウスのフロアまでゆっくり見ました。
プレゼントにしたいなって思う絵本が2冊ありました。また今度買ってしまいそうです。

青山はお洒落で歩いているだけでいい気分になります。涼しい風も吹いてきて、だんだんと帰りたくない気持ちがつのってきます。



雑貨のdoux-dimancheさん。


クレヨンハウスさんを出て、表参道の並木道を渡ったところにあれApple Storeさんの横の道を東に入って、doux dimancheさんのある通りにでますが、ここ最近お洒落なお店が目白押しで、たくさんの人が歩くようになりました。
むかしはランドマークといえば、伊藤病院とかロイヤルホストさん、まい泉さんくらいしかなかったです。

doux-dimancheさんはつい先日も寄りましたが、パリの展示会から北岸由美さんが帰ってきていたので、パリの話しを聞いていました。

「魔法のくすり」
2017年9月10日の日記

東京の銀座や青山などにあたるパリの街はどこ?という話しをしていて、話題は神宮前や外苑前の話しに。
青山通りを越えた南青山の話しをしていたのだけど、ランドマークがどうもしっくりこないので、お店をあとにして外苑前周辺を歩きまわってみることにしました。

外苑前のキラー通り界隈は昔大好きなエリアだったので、歩いているとノスタルジーにかられます。
でも歩いてみると私の言っていたランドマークがことごとく古いことに気づかされました。
スキーショップジローのある外苑西通りから入ったところやもう少し東へ行ったのところの消防署の通りなど、南青山側の方が好きだったかな。お店は様変わりしていましたが、裏路地の雰囲気は変わらないです。西麻布のような感じのする路地も見つけました。西麻布も近くに広尾の駅があるものの隠れた雰囲気が好きでよく通っていました。

e0152493_11062623.jpg

COWBOOKSさんの南青山のお店があった頃は南青山界隈をいろいろ歩いていたのですが、最近は少なくなりました。

南青山のCOWBOOKSさんに寄った最後の日は2013年でした。


2013年9月28日
COWBOOKSさん。青山のお店は、10月1日から11月半ばまでお休みだそうです。


この前、南青山を歩いたの2ヶ月も前でした。1週間に2、3度は通っていた頃とは大違いです。

「久しぶりの南青山の魅力」
2017年7月9日の日記


しばらくノスタルジーにかられながら外苑前のキラー通り周辺を歩きます。
あまりアップダウンのない青山通りからは想像つきませんが、かなり登ったり下ったりアップダウンがあるのも南青山の表参道から外苑前までの魅力です。

e0152493_11070695.jpg

裏路地で行列しているの見かけました。あとで調べてみたらイベントスペースみたいです。違うお店を期待していたのですが残念。

しばらく歩いていたのですが帰りたくない気持ちになってしまいました。むかし青山に遊びにいくと帰りたくなくて外苑前のバーで飲んでいることが多かったことを思いだします。
ノスタルジー東京。
こんなときに飲み仲間がいないかったのはさみしいですが、昔のもう少し今も変わらない気持ちを感じさせる青山が好きなんだなって改めて思いました。

青山通り沿いにでて渋谷方面へ歩きます。
青山通り沿いから南青山に入る路地はみんな素敵なのですが、その中の一本。最近できたポルシェのビルの横の道を入るとバーのRADIOさんがあります。入ろうか迷いましたが、本当に家に帰らなくなるなと思ったので思いとどまりました。

Radioさんは伝説のバーです。いまは3rd Radioさんですが、70歳を超えたオーナーさんが自らシェカーをふることもあるそうです。


Radioさんへ寄っているのは3年前でした。3年前にRadioさんに寄ったときのことを書いてあったので載せておきます。

2014年11月28日
青山。伝説のバーのRadioさんへ。

2014年11月28日
今日は帰らないつもりで夜を楽しみます。青山のRadioさん。昔からオーナーさん変わらないそうで今は70代でいまだにお店にでているそう。逢いたいです。ジンベースで苦めのカクテルを作ってもらいました。苦いお酒が想いを呼びおこします。



by momokororos | 2017-09-16 22:20 | | Comments(0)


<< 想いに身をまかせられる小説      東京下町回遊〜東京グルグル(其の二) >>