圧倒される山車の大きさ〜五所川原の立佞武多祭

青森から弘前へ。
弘前では、夜にねぷた祭が開催されるのですが、昨夕は弘前から五所川原へ。久しぶりのディーゼル車です。途中の川部駅で進行方向変わり、津軽富士と夕陽を左手に眺めながらの風景もまた風情があります。

五所川原で開催されている立佞武多(たちねぷた)を見にきました。

駅から少し歩いたところの辻から山車が引かれはじめます。

e0152493_21172147.jpg

e0152493_21281575.jpg

何度見ても立佞武多はすごいと思います。

e0152493_21021997.jpg

e0152493_21022046.jpg

e0152493_21022178.jpg

強そうなカエルがいるねぷたもありました。

e0152493_21022166.jpg

カエルの後ろ姿はこんなです。

e0152493_21022110.jpg

暗くなると立佞武多の高さがわからないですが、明るいうちだとわかりやすいです。
19時少し前の出発前のねぷたが待機している写真です。

e0152493_11125121.jpg


e0152493_21022209.jpg

この辻が一番の見所ですが、とても混みます。
待機していた大型ねぷたが横切ります。

e0152493_11125159.jpg


暮れてくると、ねぷたがきれいです。

立佞武多は4回くらい見にきていますが、その存在感に圧倒されます。近くにくると真上を見上げる感じです。

e0152493_21281511.jpg

思わず、巨大な山車についていきながら写真を撮ってしまうので、なかなかベストショットがとれる場所が定まりません。

2時間弱みたところで、電車の時間があるので五所川原から弘前に戻りました。


by momokororos | 2017-08-06 11:12 | 祭り | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ