素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 04日

京都鴨川周辺散歩〜再びの京都

京都を関西の起点としている、というか京都にいると安心できるので、ことあるごとに京都に戻ります。
何十年も通っているので、京都を観光で巡ることはなくなりました。

姫路から京都へ。
奈良や京都南禅寺の無鄰菴にも行きたいなと思っていたのですが、午後に一時天候が崩れる予報だったので、京都の鴨川沿いの街中で遊ぶことにしました。

河原町通三条上ルの雑貨のANGERさん。

e0152493_22565773.jpg


本も雑貨も魅力です。

御池通りに出て鴨川を渡ります。
もう床が張り出していました。

e0152493_22565878.jpg


久しぶりにお昼を仁王門のうね乃さんで食べることにしました。

おろしかき揚げうどん。

e0152493_22565808.jpg


開店のときから通っているのですが、今回はうどんがどうかな?と思いました。桜えびのかき揚げは美味しいです。

三条通りまで下り、三条大橋を渡ります。
三条大橋は欄干が木で擬宝珠が魅力です。

e0152493_16175823.jpg


三条小橋から見た高瀬川です。

e0152493_16175998.jpg


高瀬川は川面が近くてとてもよいです。

河原町三条から、河原町丸太町の誠光社さんに初めて訪れてみることにしました。

e0152493_22565978.jpg


誠光社さんは、京都一乗寺の恵文社さんのの元店長さんが新しく構えたお店です。
河原町通りの表通り沿いではなく、一本裏手の道にあり、思っていたよりも小さなお店でした。
たくさんよさげな本はあるものの、ワクワク感は感じられませんでした。恵文社さんの方がよかったかな。恵文社より好きだったのが北白川別当を下ったところにあったガケ書房さんでした。


京都の新刊本屋さんでまっさきに思い浮かぶのは、河原町四条の丸井の中に入っていたfutaba+さん。閉店されたとの話しを聞いていて、丸井をみてみたらなくなっていました。大好きな新刊本屋さんで京都に行くたびに寄っていたので残念です。ANGERさんもふたばさんの雑貨部門なので、魅力の本の品揃えなのですが、やはり雑貨屋さんなので本は少ないです。大阪のハービスエントに入っているAngerさんは本も豊富で好きです。


京都から近い新刊本屋さんで大好きな本屋さんがあるので、この次に紹介します。





by momokororos | 2017-05-04 17:37 | | Comments(0)


<< 魅惑の新刊書店さん〜大阪水無瀬      一番西のよく行く本屋さん〜姫路 >>