旅のおとも〜林芙美子さんの『放浪記』

林芙美子さんの『放浪記』をたずさえながら旅をすることが多いです。

e0152493_10351466.jpg


『放浪記』より引用します。

古い時間表をめくってみた。どっか遠い旅に出たいものだと思う。真実のない東京にみきりをつけて、山か海かの自然な息を吸いに出たいものなり。

あんまり昨日の空が青かったので、久し振りに、古里が恋しく、私は無理矢理に汽車に乗ってしまった。


林芙美子さんの気持ちわかります。
情熱や憂いも怒りも泣きたい気持ちも、欲情すらも素直に表現している林芙美子さん。

ふたたび引用します。

地球よパンパンとまっぷたつに割れてしまえ! と怒鳴ったところで、私は一匹の烏猫、世間様は横目で、お静かにお静かにとおっしゃる。

ああ何もかも犬に食われてしまえである。寝転んで鏡を見ていると、歪んだ顔が少女のように見えてきて、体中が妙に熱っぽくなって来る。


思わずにやりとしてしまいます。
林芙美子さんの素直な自分の気持ちの表現は、気持ちよいばかりだけでなく憧れすら感じてしまいます。


by momokororos | 2017-04-30 13:24 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ