素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 26日

森茉莉さんと小堀杏奴さん〜森茉莉さんの『靴の音』

森茉莉さんの『靴の音』。

e0152493_20504749.jpg


学芸大学の流浪堂さんで、まだ値付けしていない本でしたが、初めて見る森茉莉さんの本だったので手にいれました。

単行本の帯に書かれている値段は250円。なんともいい感じがするのは私だけでしょうか。

森茉莉さん。
最初は萩原朔太郎さんの娘の萩原葉子さんのエッセイに出てきた茉莉さん。かなりわがままな感じであまりいい印象はもっていなかったのですが、独特の世界観に惹かれるようになりました。


『靴の音』の本の表紙をめくってみると...

e0152493_20504757.jpg


「杏奴へ」と「marie」の直筆。
杏奴さんは森茉莉さんの妹さんで、茉莉さんから杏奴さんに贈られた本みたいです。杏奴さんかご家族の方かわかりませんが手放してしまったのですね。
調べてみると、杏奴さんが亡くなられてからもう20年近くなるということを知りました。エッセイや小説を読んでいると身近にいる人のように感じてしまいます。

小堀杏奴さんの文章は好きで、初めて読んだ本は『のれんのぞき』。

e0152493_20504873.jpg


この帯に書いてある「生まれ故郷の団子坂」を見て思いだしたことがあります。

先日、千駄木駅から団子坂の急な坂道を登った先にあるフリュウギャラリーに訪れたときに、途中に文京区立森鴎外記念館がありました。また今度と思って寄りませんでした。小堀杏奴さんが生まれたところとは、行ってみたくなりました。

小堀杏奴さんの『のれんのぞき』もいい本で、また読んでみようと思います。


by momokororos | 2016-12-26 22:28 | | Comments(0)


<< 『スースーとネルネル』〜荒井良...      『ACHTER GLAS』〜ヨ... >>