素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 15日

1920年代の魅力〜『1920年代の光と影』

『現代思想 臨時増刊 総特集 1920年代の光と影』を手にいれました。

少し前までは1960年代に憧れていたのですが、1950年代と遡り、さらには1920年代の魅力にはまっています。

現代思想の臨時増刊の中に「20年代の女たち」にガブリエル・シャネルさんが載っていました。

e0152493_13014040.jpg


少し前に『シャネルの生涯とその時代 CHANEL』の本を手にいれています。

e0152493_22515344.jpg


家庭画報に載っていて、かっこよさに惚れてしまったシャネルさんの写真が、この写真集に載っていました。

e0152493_22515589.jpg


1930年代のモデルになったシャネルさんの写真です。


こちらの本には、ジャン・コクトーさんとのことが書かれています。

e0152493_21182336.jpg


コクトーとシャネルの協力は非常に多く、世間一般では親友どうしのように思われがちだが、しばし仲違いをした。互いの仕事のためには必要な存在だったが、その一方で、シャネルは彼に対して、甘い評価をしていない。
[秦早穂子、『シャネル 20世紀のスタイル』より]

阿片中毒になっていたコクトーさんを助けたのもシャネルさんです。


現代思想には、日本の20年代のことも載っていました。

e0152493_23140687.jpg


この本には載っていませんでしたが、山名文夫さんも資生堂で活躍したのは1920年代です。

山名文夫さんの図録の表紙です。

e0152493_23525641.jpg


山名文夫さんの描く線は繊細で美しいです。


写真家のブラッサイさんは、1920年代にパリにやってきてパリの写真を撮っています。

e0152493_23525626.jpg


こちらは1933年のブラッサイの写真集『PARIS BY NIGHT』に載っている1枚です。
素敵なパリの夜の風景です。こんなパリの夜の闇に憧れます。


ジャン・コクトーさんの『恐るべき子供たち』や、読みたいと思っているマルセル・プルーストさんの『失われた時を求めて』も1920年代に刊行されています。

山名文夫さん、ブラッサイさん、ジャン・コクトーさん、プルーストさんの本は、本屋さんではたらいている人から紹介してもらってます。若いながらも静かな感性と秘めた情熱をもつ人で、素敵な本をいろいろ紹介してもらっています。


1920年代、まだまだ知らない魅力にあふれていそうです。

e0152493_23252451.jpg



「美しいイラスト集~山名文夫さん」〜 2015年 9月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23645264/

「美しいイラスト集ふたたび~山名文夫さん」〜 2015年 10月 25日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23807274/


by momokororos | 2016-11-15 22:25 | | Comments(0)


<< お部屋の机〜2016年11月16日      京都のお庭への想い〜小川治兵衛さん >>