素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 21日

『八本脚の蝶』のこと〜二階堂奥歯さんの本

少し前に、大阪水無瀬の長谷川書店さんで手 にいれた二階堂奥歯さんの『八本脚の蝶』。

e0152493_19145601.jpg


気にいって手にいれた本なのですが、初め少しだけ読んでからしばらくあいだがあいて、2日くらい前から再び読み始めたら引きこまれています。

二階堂さんの日記なのですが、二階堂さんはファッションや美容、お化粧にかなり興味を持っている乙女。かなり深くまで思索を廻らせ、幻想文学などたくさんの本を読んでいます。しかも私の知らない本ばかりです。

やっと知っている作家さん。
マリアンヌ・アルコフォーラードさんの『ぽるとがるふみ』。
手にいれたけど読んでいない本の1つ。読んでみたいと思いましたが、お部屋にあるはずなのですが、探したけどでてきませんでした。

鴨居羊子さんの『私は驢馬に乗って下着を売りにゆきたい』。
引用されているのは、日本図書センター版です。

「抵抗の旗印として、よろこびのみなもととして、身体に咲いた花のような下着を作った鴨居羊子。」と二階堂さんは書いています。

日本図書センター版は持っていませんが、三一書房版のハードカバーの本が好きです。

e0152493_12350370.jpg


少しだけ読んだ本が重なるものの、彼女が読んだ本や彼女の経験は私と重なるものが少ないです。にもかかわらず、彼女の書く文章に惹かれます。
万人受けはしないとは思う本。それでもこの文章に惹かれる人は熱狂的になるのではと思います。
まだ全体の1/4の130ページくらいまでしか読んでいないのですが、この本をすすめてみたいと思う知り合いが2人います。

長谷川書店さんは、どうしてこの本をセレクトしたのだろうかと気になります。


by momokororos | 2016-08-21 12:34 | | Comments(0)


<< 『うそ』〜ミロコマチコさんの絵本      『庭のマロニエ』〜アンネ・フラ... >>