素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 31日

長居してしまう本屋さん(其の二)〜学芸大学

長居してしまう本屋さんの2つ目は、学芸大学の流浪堂さん。

e0152493_23091638.jpg


先日、中目黒のdessinさんに行ったあとに寄っています。

流浪堂さんに置いてある本と本の並びは面白いです。雑然と置いてあるように見えますが、これが不思議と面白い。
本屋さんそれぞれの感性で本を並べていると思いますが、数ある本屋さんの中でも流浪堂さんは特に素敵です。その中から目にとまる本、奥にある本を見つけだすのが楽しいです。いればいるほど素敵な本が見つかります。

前に見つけた小杉小二郎さんの本のことを流浪堂さんに話していたのですが、小杉さんの本がはいったとのことで見せてもらいました。

その日に小杉小二郎さんの絵が好きという人に小杉さんの図録をゆずったのですが、その図録があってびっくりです。

e0152493_19004118.jpg


たくさんの小杉小二郎さんの図録がはいっていて、手にいれた本は7冊。流浪堂さんのご夫妻と小杉さんの絵を見ながら楽しんでいました。

手にいれた図録の中から抜粋して紹介します。

e0152493_19004261.jpg


e0152493_19004219.jpg


e0152493_19004369.jpg


静謐でけがれていない絵はとっても素敵です。
絵のトーンが有元利夫さんに似ているものもありますが、純粋なはっきりした色を使われている絵も素敵です。

e0152493_21202345.jpg


e0152493_21202477.jpg


こちらは聖書物語という一連の絵です。

e0152493_19004353.jpg


e0152493_19004339.jpg


e0152493_19004453.jpg


少し違ったテイストの絵もあります。

e0152493_19004409.jpg


小杉小二郎さんは、70歳を越して今も巴里に在住だそうです。
お父様が日本画家で、画壇に属さず孤高の画家だそうです。

小杉小二郎さんの書いた『巴里ゆらゆら』の本も楽しみです。

e0152493_19261808.jpg


お店では、mariko fukuraさんの『読んだり 書いたり 眠ったり』の展示が開催されていました。

e0152493_23091754.jpg


すでに展示は終わっているのですが、素敵なイラストでした。レターセットを手にいれてます。

e0152493_23091814.jpg



流浪堂さんには、19時半過ぎにお店にはいったのですが、気がついてみると24時前。4時間お店にいました。







by momokororos | 2016-05-31 23:09 | 芸術 | Comments(0)


<< お庭のお花(其の四十九)~雪の下      お庭のお花(其の四十八)~カタバミ >>