素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 01日

東郷青児さんの素敵なイラスト

先日、神戸を訪れたときに、神戸元町にある古本の1003さんで、
宇野千代さんの文章に東郷青児さんの挿絵の『大人の絵本』を手にいれました。

e0152493_1932425.jpg


ふたりは結婚していた時期もあるのですが、コラボレーションの本は初めてみました。

この本を手にいれたあとに、学芸大学の流浪堂さんで『アイディア』の雑誌をみつけました。

e0152493_19162613.jpg


1923年から1945年の本の素敵な本の装幀を紹介されています。
この中に載っている本のうち数冊持っている本がありましたが、ほとんど知りません。
この道にはまると大変と思いつつも、素晴らしい装幀にため息がでます。

1931年出版の革張りの限定500部の、『大人の絵本』の本が紹介されていました。

e0152493_2393155.jpg


この本を出版してから、かなりあとになって、東郷さんの方から、新しい絵を描いてこの本の再刊を宇野さんに持ちかけていたそうです。残念ながら、東郷さんが亡くなられて実現はしなかったそうです。

東郷青児さんの本は、『手袋』という本を手にいれたことがあります。

e0152493_22525223.jpg


こちらは学芸大学の流浪堂さんで手にいれた本で、東郷さん自身の挿絵で素晴らしいです。

e0152493_22454784.jpg


e0152493_22485844.jpg


こちらの本も、たまたまさっきの雑誌『アイディア』に紹介されていました。

e0152493_2342161.jpg



『火の菫』は、北園克衛三さんの詩に東郷青児さんが挿絵をつけていてすばらしいです。

e0152493_22565990.jpg


素敵なイラストで、夢の2人の共演にもため息がでます。

e0152493_22583175.jpg


e0152493_22592492.jpg


こちらの本は、中目黒のdessignさんで手にいれています。

京都西木屋町四条上ルにある喫茶店のソワレさんは、看板やコースタなどが東郷青児さんのイラストで、店内には東郷青児さんの絵が飾られています。

e0152493_23172392.jpg


吉祥寺にもボアさんという東郷青児さんの大きな絵が飾られていた素敵な喫茶店がありましたが、いまは残念ながらなくなっています。

by momokororos | 2016-03-01 00:14 | 芸術 | Comments(0)


<< 廣津里香さんの絵と詩~石川近代文学館      巴里への憧れ~1950年代のパリ >>