高橋和枝さんの原画展~姫路のおひさまゆうびん舎さん

久しぶりに姫路にきました。

姫路駅隣接のファッションビルのpiole。

e0152493_2062578.jpg


このビルができたおかげて、姫路界隈の女の子はとってもうれしいだろうなって思います。

姫路駅北駅前広場の開発のプロジェクトが2015年のグッドデザイン賞をとっていました。姫路の駅舎から出ると、一直線に姫路城まで見える風景が広がるのは素敵です。
少し前の写真ですが、駅正面から見た姫路城です。

e0152493_2036214.jpg


駅から姫路城の方にのびる2つのアーケードがあるのですが、狭いほうのアーケードにある和食の一楽さんで遅いお昼を食べました。

e0152493_19401793.jpg


こちらの和食屋さんは、おいしいのでよく訪れているのですが、
いろいろな種類の料理が盛られていて、かなりお得感もあります。

すこし姫路城の方にあるくと、おひさまゆうびん舎さん。
お店では、高橋和枝さんの絵本原画展「月夜とめがね」が開催されていました。

e0152493_19425555.jpg


このあいだ、おひさまゆうびん舎さんを訪れたときは、ちょうどこの展示の直前でした。
「姫路の絵本屋さん」~2015年12月29日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24004572/

去年の秋に森岡書店さんで開かれていた高橋和枝さんの原画展を見にいっています。
「月夜とめがね」原画展~銀座森岡書店さん ~2015年10月3日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23738318/

あらためて見る高橋和枝さんの原画はやさしいですね。

お店では店長さんといろいろお話しをしながら、3冊の本を手にいれました。

『チェーホフ 短編と手紙』。

e0152493_19523997.jpg


みすず書房さんの本ということだけでちょっと格調高いと感じてしまいます。
しかもみずずさんの本は高いので、昔は憧れの本でもありました。

この『チェーホフ 短編と手紙』の中に収められている「中二階のある家(ある画家の話)」は、少し前にロシアのマイ・ミトゥーリチさんの挿画の本を手にいれていたのですが、まだ読んでいないことを思いだしました。

e0152493_21371864.jpg


この物語をまず読みたいと思います。

森茉莉さんの『枯葉の寝床』。

e0152493_2011413.jpg


この本は持っているか微妙だったのですが、読んでいない本だったので手にいれました。

リルー・マルカンさんの『カンボン通りのシャネル』。

e0152493_203991.jpg


ここしばらくシャネルさんのことが気になっています。

姫路は久しぶりに雨でしたが、行き帰りはアーケードを通って姫路駅まで傘をささずに戻れるのでいいです。
Commented by おひさまゆうびん舎 at 2016-02-20 17:18 x
こんにちは。先日はありがとうございました。
今日も外は雨です。
一楽さんお昼に行ったことがなくって(近いのに)今度行ってみます。美味しそうで食べたくなりました☆
Commented by momokororos at 2016-02-21 20:14
こんばんは。
こちらこそありがとうございます。
一楽さんは、味もよし接客もよしで、私は夜に行ったことがないので、夜に行ってみたいです。
姫路のいろいろ美味しいところ教えてくださいね。


by momokororos | 2016-02-15 23:45 | 絵本 | Comments(2)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ