京都、大阪の本屋さん~西陣・紫野、水無瀬

京都。
晴れた日の夕方から夜には、底冷えがしてきて京都らしいさを味わえます。
ここしばらく寄れてなかった京都の本屋さんに巡ってみることにしました。

西陣のマヤルカ古書店さん。

e0152493_8495085.jpg



かわいいひょうたんの本を見つけました。

e0152493_8552074.jpg


崎陽軒のお醤油の瓶に、こんなにいろいろなかわいい柄があるなんて驚きです。

e0152493_8565541.jpg


東京本郷のおでんのこなからさん。
昨年訪れていたのですが、ひょうたん型の鍋や大きなひょうたんがあります。

e0152493_8585330.jpg



向田邦子さんの本。

e0152493_90280.jpg


少し前に向田邦子さんのお洒落の本を読んでいますが、きれいな人です。

マヤルカさんの店長さんは、1年くらい前から短歌を詠んでいるそうで、
お店に詠んだ短歌のお披露目をしていて、詠んだ短歌の冊子も作っていました。


マヤルカさんから少し歩いたところにある、たま茶さんに寄ってから、
バスに乗って、船岡山へ。そのふもとにある世界文庫さんへ。

e0152493_923768.jpg


お店では、高山なおみさんの素敵な本を見つけました。

e0152493_9182825.jpg


江國香織さんと荒井良二さんの本。

e0152493_921489.jpg


二人のゴールデンコンビのこの本は初めて見る本でした。

店長とはぽつりぽつり話すのですが、初めてお店を構えたお話しをお伺いしました。
閉店時間に気づかず、かなり長居しました。


京都から阪急電車で大阪方面へ。
京都から大阪にはいったところの水無瀬。
水無瀬駅の改札の斜め向かいにある長谷川書店さんを訪れました。

e0152493_1018328.jpg


近所の方が次々とレジのお店の人に、「この本ない?」「予約した本あります」とか、
声をかけていく街の本屋さん。地元で愛される本屋さんなんだなって思います。

そんな街で愛される本屋さんでありながら、本好きをうならせる品揃えなんです。
姫路のおひさまゆうびん舎さんに教えてもらってから、何度となく足を運んでいます。

絵本とエッセイのコーナーにピアノがはいり、本の並びがかなり変わっていました。
聞いてみると、日曜のお店が終わったあとの演奏会もあるとのことでした、
しばらく気持ちにあう本が見つからなかったのもつかのま、
気がついてみると4、5冊の本をかかえていました。

その中でも一番のお気にいり。萩尾エリ子さんの『香りの扉、草の椅子』。

e0152493_10242643.jpg


素敵な文章と写真と暮しぶりに惚れこみました。
京都西陣のハーブティのたま茶さんを訪れてハーブの魅力に気づかされたばかり。
偶然なのですが、素敵な本に出逢えました。
本の中に紹介しているお店は蓼科にあるみたいで訪れてみたいです。

長谷川書店さんで見つけた他の本はまた今度紹介できたら、と思います。
by momokororos | 2015-12-28 11:01 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ