素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 13日

木彫と石彫~舟越桂さんと舟越保武さん

この前、中目黒のdessinさんで、舟越桂さんの『言葉の降る森』の本を見つけました。

e0152493_23542155.jpg

本の装画などでたまにみかけるのですが、本人が書いた本をはじめて手にいれました。
船越桂さんの作品は青山のギャラリーで一度だけ見たことがあります。天童荒太さんの本の表紙は、舟越桂さんの絵がよく使われています。

舟越桂さんのおとうさまの舟越保武さんの『石の音、石の影』の本。
e0152493_23542451.jpg

「アトリエに置いてある大理石が、汗をかいていた」と始まる「石の汗」の章は何度読んでも素敵です。

船越保武さんは岩手県出身で、盛岡そして神戸の街にも作品が飾られているみたいです。

船越保武さんの「舟越保武彫刻展-まなざしの向こうに-」の展示会が 7/12から9/6(日)まで練馬区立美術館で開催されています。
船越桂さんの『私の中のスフィンクス』の展示会が 6/27日(土)から8/30日(日)まで兵庫県立美術館で開催されています。
どちらも見にいきたいです。

by momokororos | 2015-07-13 23:54 | | Comments(3)
Commented at 2015-08-02 02:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momokororos at 2015-08-05 23:09
こんばんは、杏さん。
スエモリブックスさんいい絵本だされていますよね。
千枝子さんの名前、高村光太郎さんにつけてもらったんですね。千恵子さんにあやかっているのでしょうか。素敵です。
高村光太郎さんも千恵子さんへのやさしさを知ってから大好きになりました。
Commented by momokororos at 2015-08-10 21:57
こんばんは、杏さん。
舟越保武さんの『石の音、石の影」を読み返していたら、舟越保武さんが娘の名前を高村光太郎さんにつけてもらうくだりがでてきました。


<< 今日の絵本~トーベ・ヤンソンさん      鴨居玲さんの『踊り候え』~東京... >>