いろいろということ~ 江國香織さん、川上弘美さん、薄田泣菫さん

何冊も本を並行して読むことが多いのですが、最近は江國香織さん、川上弘美さん、薄田泣菫さんの本を読んでいました。
不思議とつながるものがあると感じたので紹介します。

江國香織さんの『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』。
e0152493_22361478.jpg

主人公の女の子のこんな文章がでてきます。

「おかしいのは、おなじしつもんにべつなこたえがかえることで、たくとには、でもそのどれもがただしいこたえにおもえる。」

理解するのではなく、感じること、受けいれることができる主人公。世界はなんといろいろなものに満ちあふれているのだろうか、とあらためて感じさせる作品でした。
江國さんらしさも残りながら、新しい視点の物語かもと思いました。

川上弘美さんの『水声』。
e0152493_22361613.jpg

川上さんは好きな作家さんの1人。
いままでの川上さんの本とは少し違う感じがする物語でしたが、このくだりを読んで自分の中で腑に落ちるものがありました。

「... たくさんの種類に分化していて、それぞれがちゃんとニッチを占めていればいるほど、繁栄してるってこと、なんだと思う。...」「じゃあ、人間も、いろんな種類がいて、それぞれに住みわけしていればいるほど、繁栄してるってこと?」

いわゆる一般の家族のつながり方とは違う主人公の家族の個性が描かれ、お互いに違うものを感じながら認めあっている物語です。

薄田泣菫さんの『獨樂園』。
e0152493_2236186.jpg

先の2冊が新刊本屋さんで手にいれたものなのですが、こちらは大阪水無瀬の長谷川書店さんで手にいれた1冊。

最初から惹かれる文章だったのですが、終わりまで素敵でした。

『花を待つ心』。
「どちらを向いて見ても花の微笑みだ。」で始まります。

なまめかしさも清純さもあわせもつ文章は、堀口大學さんの詩を彷彿させます。蕾から花開く瞬間を待つ著者の姿が目に見えるようです。

「彼らは群生する。多くのものと一緒にゐるのが、生活の真の姿であるかのやうに。」

多くのものと一緒にいる、ことの大切さ、豊かさを感じます。

これら3つの本とも、多様な存在やモノがあることが世界のあり方として自然なことである、と肯定的にとらえていて共感がもてます。

往々にして、違うということが受けいれられないことがありますが、受けいれるココロを持っていきたいなって思います。
by momokororos | 2015-03-16 22:35 | 読書 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ