素敵な街並み~倉敷美観地区

ゴールデンウイーク初日。
秋田角館の桜を見にいこうか、関西にいこうかと考えていたのですが、決めきれず、昨日新横浜に向かいながら考えを巡らします。

ふと頭をよぎったのが、去年の7月に寄ろうかなっと思いながら寄れなかった米子。行き先を米子にして切符を買います。
米子に着くのは夕方になるので、途中の倉敷に寄っていくことにしました。

倉敷に訪れたのは10年以上前。そのときはチボリ公園がありましたが、すでになくなり商業施設に変わっていました。
e0152493_23351961.jpg

この時計はチボリ公園のなごりでしょうか。

倉敷駅から美観地区に向かいます。
2階から駅ロータリーを越えると、アーケードを見つけました。美観地区に行けるみたいなのでアーケードを通っていくことにしました。
e0152493_23352390.jpg

アーケードを抜けると風情ある街並みがあらわれます。
e0152493_23352835.jpg

e0152493_23353371.jpg


路地をはいりアイビスクエアへ。
e0152493_23353615.jpg

e0152493_23354197.jpg

e0152493_2335438.jpg

前に美観地区を訪れたときにも寄っているのですが、相変わらず素敵です。

細い路地を抜けて倉敷川のほとりへ。
e0152493_23354787.jpg

遅いお昼に、うどんとままかり寿司を食べました。
e0152493_23355057.jpg

うどんのコシも強く、ままかり寿司も美味しい。

お昼を食べたあと、蟲文庫さんへ向かいます。
e0152493_23355213.jpg

e0152493_23355565.jpg

蟲文庫さん。
e0152493_23355843.jpg

静謐な空間が素敵です。
岡部伊都子さんの「美の巡礼」を手にいれました。
e0152493_23362278.jpg

蟲文庫さんの前の通りはほんと素敵です。
e0152493_233616.jpg

ここまで来ると観光客も少なく街並みの風情を楽しめます。
e0152493_2336470.jpg

ふたたび倉敷川へ戻ります。
e0152493_2336883.jpg

e0152493_23361344.jpg

大原美術館へ。
e0152493_23361541.jpg

素晴らしい展示作品もさることながら、一番印象的だったのは、工芸館の1階の床の踏み心地。聞いてみると栗の木だそう。栗の木をレンガ状の大きさにして敷きつめてあります。 柔らかで優しい踏み心地は何度も試したくなるほど素敵な感触でした。

工芸館は、浜田庄司、バーナード・リーチ、河井寛次郎、棟方志功、芹沢銈介の個別の部屋があってすごいです。

途中見つけたこのお店も目をみはりました。
e0152493_23361990.jpg

思いのほか長居をした倉敷。新たな魅力を発見して、また訪れてみたいと思います。
倉敷をあとにして米子に向かいます。
by momokororos | 2014-05-03 23:03 | 芸術 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ