本を読む楽しみ~雪降る夜に

横浜は、夜になって降りしきる雪の景色になっています。
こんな夜は雪降る夜に思いを馳せつつ本を読むのが素敵かなって思います。

東京青山の「COW BOOKS」さんはよく寄らせてもらう本屋さん。
お店で見つけた本や読んだ本のことや、素敵なところや展示会などの話しをしています。
お話しをすることができる本屋さんって素敵です。

2ヵ月くらい前からずっ気になっていた武田百合子さんの「富士日記(上)(下)」(中央公論社)を手にいれて読んでいます。お店でこの本を初めて手にして内容に触れたとき、林芙美子さんを思いだしました。林芙美子さんのほどの気持ちの浮き沈みはないのですが、素直に心を表現している感じがしました。
見つけた本は初版で少し高めなこともあって、安い本が出てくるのを待っていましたが、版が変わると装丁が変わりさらに3冊になると聞いたので、先日買ってしまいました。旦那さんの武田泰淳さんの「目まいのする散歩」(中公文庫)は以前読んだことがあるのですが、武田百合子さんの本は初めて読みます。

2段組みの上下冊で結構なボリュームですが、読むのが楽しみな本の1つです。
読み始めたばかりなのですが、きびしい富士山麓の暮らしが淡々と語られているなかに、家族のささやかなつながりを感じます。
by momokororos | 2010-02-01 22:54 | 読書 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ