素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 17日

人のためになれるうれしさ

今日は人のためになれました。
それだけでうれしいです。


# by momokororos | 2017-10-17 21:43 | 気持ち | Comments(0)
2017年 10月 16日

室生寺の魅力〜矢内原伊作さん

奈良の室生寺。
憧れてやまないお寺の1つです。

部屋の本を整理していて、ふと目についた、矢内原伊作さんの『古寺思索の旅』。
久しぶりに読みかえします。

e0152493_10092017.jpg


室生寺のくだりです。

法隆寺や東大寺や薬師寺は、それぞれりっぱな伽藍ではあるが、その周囲に自然をも生活ももっていない。その意味では、それらは周囲から遮断され、自然からも生活からも切り離された抽象的な建造物である。これに反して、室生寺のなつかしさは、それが山ふところに抱かれて自然と一つになり、同時に室生村と一つになることによってわれわれの生活につながっているところにある。しかし、それだけではない。われわれが室生寺に対して、奈良の諸大好寺に対してもつのとちがった特別の懐かしさをおぼえるのは、その全体配置においても、一つ一つの堂塔建築においても、またその建築物のなかの諸仏像においても、奈良の諸大寺には見られない優しさ、親しさが感じられるからである。(中略)
たとえば奈良の諸大寺の建築は、法隆寺にしても東大寺にしても薬師寺にしても、いずれも左右対称のきびしい均整をもち、いかめしい門で守られ、巨大な金堂の屋根は重い瓦でおおわれ、いかにも重々しく人を威圧する。そのなかの仏像にしても相貌からして大陸的であり、きびしい抽象的造形が威圧的である。これに対して室生寺は全体の配置からして軽快であり、堂塔門小じんまりとして優しく、屋根は檜皮葺きや杮葺きだから、やわらかい感じで親しみやすい。
[矢内原伊作、『古寺思索の旅』より

前に書いた日記の写真を引用しますが、檜皮葺の屋根はとても美しいです。


矢内原さんは、十一面観音像についても書いています。

その唇の朱の何という美しさ。肉感を包む重厚な華麗さ、こういういい方には無理があるが、わたしがこの像で感じるのはまさにそういうものである。
[矢内原伊作、『古寺思索の旅』より

わたしも室生寺の十一面観音さまの、唇の朱には、ハッとさせられます。
大阪のどこのお寺か忘れてしまいましたが、やはり十一面観音さまの唇の朱にハッとさせられたことがあります。

土門拳さんをして「日本一の美男の仏」と言わせた弥勒堂の釈迦如来座像があり、日本一小さな国宝の五重塔があり、ふくよかな優しさをたたえた金堂の十一面観音立像がある室生寺。
京都や大阪から1時間以上かかるけど、何度でも訪れたいお寺です。

そういえば、シャクナゲ咲く季節にしか室生寺に訪れていないので、他の季節にも訪れてみたいです。






室生寺の日記はたくさんありますが、岡部伊都子さんの室生寺のいい歌を引用している日記がありました。




# by momokororos | 2017-10-16 22:05 | お寺 | Comments(0)
2017年 10月 15日

人に惚れてその先に惚れる〜青山二郎さん

青山二郎さんの『鎌倉文士骨董奇譚』。

e0152493_05262465.jpg

瀬戸物が好きになる前に、人に先ず惚れて、その惚れ方が瀬戸物なら瀬戸物を好きにさせるという関係は、骨董の世界では当たり前の様に見えて、実は稀有なことである。

というくだりが出てきます。
これを読んで、青山さんは稀有なことと書いていますが、人に惚れてその人が惚れているものにほだされることはよくあることに感じます。

白洲正子さんの、青山二郎さんのことを書いた文章はあまた読んだことあるのですが、青山二郎さんの文章そのものを読んだことはなかったかもしれません。少なくとも青山二郎さんの持っている本があるか思いおこせません。

そういえば、こんな本も少し前に読んでいました。

森孝一 編、『文士と骨董』。

e0152493_19220078.jpg

「小林秀雄と三十年」という青山二郎さんの文章が、『鎌倉文士骨董奇譚』にも『文士と骨董』にも載っています。

金沢にいくと、よく九谷焼を見ていますが、骨董にはまると身をほろぼすことになりかねないなと思い、身をひいています。



# by momokororos | 2017-10-15 22:01 | 気持ち | Comments(0)
2017年 10月 14日

金沢駅在来線改札と金沢駅ビル美味しいもの

金沢。
思いだせば、書くことたくさんです。
少し前に金沢を訪れたときに気づいたのですが、金沢駅の在来線の改札が変わっていました。
改札で切符を切る駅員さんがはいる「フネ」と言われる金属の囲いがなくなっていました。残念です。

これは2年前に写した金沢駅の在来線改札。もちろんSuicaやICOCAなどの交通系ICカードは使えませんでした。

e0152493_05531675.jpg

金沢古都の風情(其の十五)〜金沢駅のこと
2015年5月24日の日記


この自動改札でSuicaやICOCAが使えるようになって便利にはなりましたが、ちょっとさみしい気持ちです。

改札で思いだしたのですが、金沢駅の改札を出て、左にいった方の駅のビルの中のセブンイレブンに、「あんころ餅」の圓八さんがあるのですが、先日、名鉄エムザの地下のお土産売り場で見かけました。賞味期限が当日中なので、なかなかお土産にはできないのですが、あんこが好きでなかった私を目覚めさせた一品です。

冬の金沢散歩(其の九)〜金沢の和菓子
2016年1月15日の日記

金沢駅のセブンイレブンのあんころ餅の売り場。売り切れだったときの写真。いまは売り場の場所が変わっています。

2016年4月16日
金沢。昨晩売り切れていた圓八さんのあんころ餅。今日はありましたが、消費期限が当日中。悩ましいです。
e0152493_06302317.jpg

その次の日の売り場。

2016年4月16日
金沢。松任の圓八さんのあんころ餅。あんこがあまり得意でなかったわたし。一気に好きになった一品。見ていると男性もたくさん買っていきます。
e0152493_06304171.jpg

圓八さんのことと、この前に日記に載せたターバンカレーさんのことを書いていた日記もあったので載せておきます。

金沢お散歩日和(其の一)〜香林坊・広坂あたり
2016年2月13日の日記


# by momokororos | 2017-10-14 22:48 | 気持ち | Comments(0)
2017年 10月 13日

happa doさんの可愛い動物のモビール〜鎌倉御成通り

今日は鎌倉の御成通りにある雑貨の葉っぱ小屋さんへ。
店長さんのhappa doさんの作品の「葉っぱ市」がきのうから始まっています。

動物たちの可愛いモビールが飾られています。

e0152493_18492203.jpg

e0152493_18492460.jpg

可愛いです。

鳥のモビールが大好きで。いつもは鳥のモビールを買うのですが、今日は動物たちのモビールの1つを手にいれました。

e0152493_18492844.jpg

お店には、雑貨の卸しをしている方がいらしていて、店長さんと3人で雑貨談義でしながら長居していました。


# by momokororos | 2017-10-13 22:17 | 雑貨 | Comments(0)
2017年 10月 12日

メイ・サートンさんの本

昨晩は久しぶりに学芸大学へ。

流浪堂さんで、メイ・サートンさんの本を見つけました。

e0152493_10420101.jpg


流浪堂さんのミニギャラリーに2冊も面陳されていました。図書館でも見たことのない本なのでうれしいです。まだ読んでいませんが、読むのが楽しみです。


流浪堂さんでは、千駄ヶ谷と原宿のあいだにあるうつわのshizenさん、学芸大学のうつわの宙さんの話題も話していました。どちらも久しく行っていないので、行ってみるのもいいかなと思いました。

余談ですが、学芸大学の洋菓子のマッターホーンさん。いつも売れ切れのカットのバームクーヘンがありました。うれしくなってお土産にしました。
学芸大学は最近、流浪堂さん、たまにマッターホーンさん、ロミ・ユニさんに寄るだけになってます。



じっくり読みたい『独り居の日記』〜メイ・サートンさんの本
2016年11月6日の日記

ひとりだけの素敵な時間〜3冊の本より
2016年11月1日の日記


# by momokororos | 2017-10-12 22:31 | | Comments(0)
2017年 10月 11日

東郷青児さんの展示会

東郷青児さん。
新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館で開催されている「生誕120年東郷青児展」を見にいきました。

e0152493_16063110.jpg

展示されている作品が油絵だということに驚かされます。とうてい油絵には見えません。

図録です。


展示作品に「望郷」という作品があるのですが、たしなみを感じられるしぐさやおももちが、お友達にそっくりです。


東郷青児さんの初期の作品はタッチの荒々しい作品もあるのですが、その深い色も好きです。特に「帽子をかむった男(歩く女)」の作品は好きです。


東郷青児美術館のある42階から見える東京の風景。



高層ビル群は下からみるとこんな風景。


何度もみている光景ですが、子どものようにはしゃいでしまいます。


東郷青児さんの描く挿絵は魅力で、こんな本を持っています。

北園克衛さんの詩と東郷青児さんの挿絵の『火の菫』。




東郷青児さんの『手袋』。


箱だけではなんだからわかりませんが、展覧会の図録にも写真が載っていました。


室生犀星さんの『乳房哀記』の表紙も東郷青児さんの絵です。


宇野千代さんとの共著のこの本もいいです。



京都の河原町の西木屋町通四条上ルのソワレさんは東郷青児さんが通ったお店として知られています。

こちらは2014年2月に訪れたとき書いたものです。

2014年2月12日
京都。西木屋町通四条上ルにあるソワレさん。


ソワレの看板の絵は東郷青児さんです。

青い感じの幻想的な店内には、東郷青児さんの絵が飾られています。

このお店で頼むのが、見ているだけでも楽しいゼリーポンチです。

2014年2月12日
ソワレさんのフルーツポンチ。

ゼリーヨーグルトも食べています。



東郷青児さんが通っていた頃に想いを馳せます。

吉祥寺のボアさんも東郷青児さんが通った喫茶店ですが、10年くらい前に閉店しています。





# by momokororos | 2017-10-11 22:20 | 展示会 | Comments(0)
2017年 10月 10日

金沢美味しいもの(其の二)〜武蔵ヶ辻

金沢。
香林坊から広坂あたりの野外イベントやお店にはまり、お昼も食べずに夢中になっていましたが、14時を過ぎてやっと
お昼を食べようと思いました。

広坂と香林坊のあいだにある factory zoomerさんから、香林坊の方に少し歩いたところにある金沢カレーで有名なターバンカレーさんで久しぶりにお昼でもいいかなと思っていましたが、お店の前にくると、見えないところに30人くらい並んでいました。

諦めて、香林坊から武蔵ヶ辻にバスで移動して、近江町市場のもりもり寿しさんで北陸の海の幸をいただこうと思ったのですが、こちらも30人以上待ちでした。
他の海鮮のお店も行列していたので、近江町市場は諦め、向かいの名鉄エムザへ。

エムザの地下にある、ゆげや萬久さんで食べることにしました。地下のお店では一番落ちついた感じのお店です。

昨晩は、金沢らしいお料理を食べていたのですが、お刺身が数限られていて頼まなかったのですが、やっぱり北陸のお刺身は食べたい。海鮮丼をいただくことにしました。

e0152493_21212283.jpg

この海鮮丼がまた美味しい。
白えびは入っていなかったものの、のどぐろもはいっていて満足でした。
他にものどぐろのお料理とかもありました。

エムザは、近江町市場の喧騒をよそにすいていて、食事処やお土産屋、金沢のクラフトも扱っているお店があったり、カフェに本屋もあって穴場かなと思います。



# by momokororos | 2017-10-10 22:05 | グルメ | Comments(0)
2017年 10月 09日

金沢の魅力〜たくさんの野外イベント

おとといの夜に金沢入りしていたのですが、明けてあくる日の昨日の金沢はよく晴れました。

e0152493_19355072.jpg

金沢駅からバスで香林坊へ出ます。
香林坊から広坂の方に歩いたところにある石川四高記念文化交流館へ。

e0152493_21021748.jpg

四高の中にある石川近代文学館で何の展示をしているのかなと見にきたのですが、裏手の庭では、金沢スイーツフェアが開催されていて、ついそちらに惹かれて行ってみました。

e0152493_19355372.jpg

青空のもと、スイーツのテントが並びます。

e0152493_19355848.jpg
後ろの街路樹は、もう少しすると素晴らしい紅葉の並木道になります。

スイーツのお店の中でもひときわ行列ができていたジェラートのお店のマルガージェラートさん。

e0152493_22363929.jpg

マスカルポーネチーズにするかグランピスタチオにするか悩みます。

e0152493_19385811.jpg
e0152493_19390185.jpg

結局、ダブルにしました。

e0152493_19390341.jpg

日差しが強くてどんどん溶けるので、味わう暇もないほど急いて食べました。カップにすればよかったです。あとから食べた人も同じことを言って食べていました。

四高のお庭の木陰に座ってゆっくりしていたのですが、金沢の魅力は、伝統工芸や食べものが美味しいだけでなく、野外でいつもイベントが開催されていることかもしれないなと思いました。
コーヒー大作戦やワインやビールのイベント、雑貨のイベントなどなど、毎週と言っていいほど、街中で開催されているのではないかと思うくらいです。

<スイーツフェアの開催されている四高の建物は素敵なレンガ造りです。

e0152493_19390672.jpg

緑が作る木陰にたたずむ風景も素敵です。

e0152493_19392571.jpg

四高のすぐお隣りにある、しいのき迎賓館。

e0152493_19430688.jpg

建物の正面には、大きな2本のしいの木があって大好きなんです。

e0152493_19432834.jpg

金沢を訪れたときは、このしいの木を必ずといっていいほど見にきます。

しいのき迎賓館の裏手の庭でも「KOUGEI フェスタ」というイベントが開催されていました。

e0152493_20201321.jpg

お庭に続く向こうは金沢城址の石垣と緑です。

e0152493_19434879.jpg

しいのき迎賓館の横のお庭には星型の照明型が置かれています。

e0152493_19435968.jpg

夜になるとこの星型のライトに光が灯されて素敵なんだろうなって想います。

四高の向かいの市庁舎の前の広場でもイベントが開催されていました。

e0152493_20283489.jpg

市庁の並びには、いろいろ魅力的な施設があります。

金沢クラフト広坂。

e0152493_20223285.jpg

金沢21世紀美術館。

e0152493_20264063.jpg

actory zoomerさん。

e0152493_20261129.jpg

福岡の木工作家さんの展示が開催されていました。
ギャラリーの方とお話しをしていたら、お店はオープンしてから1年間以上たつみたいです。いつも向かい側のしいのき迎賓館側を歩いているので気づかなかったです。以前は「モノトヒト」さんがあったところです。
この次の展示も、福岡のアンティークのお店の方の展示だそうです。

すっかり金沢の魅力にはまり、14時を過ぎてしまっていましたが、遅いお昼を食べにいきます。



# by momokororos | 2017-10-09 11:42 | 展示会 | Comments(0)
2017年 10月 08日

金沢美味しいもの〜金沢駅ビル

金沢。
昨晩は22時過ぎに金沢駅へ着きました。
22時半までラストオーダーの駅ビルの居酒屋で金沢の美味しいものを食べることにしました。

かにと金時草の酢の物。

e0152493_17200461.jpg

金時草は、ワカメみたいに見えますが。シャキシャキした食感がおいしいです。


山海いしる焼き。

e0152493_15153703.jpg

このいしるは能登の魚醤で美味しいんです。秋田のしょっつるなどが有名かな。


加賀蓮根はす蒸し。

e0152493_15165298.jpg

蓮根はす蒸しは美味しくてずっと味わっていたい味です。

合わせる地酒は、加賀鳶の山廃純米。

e0152493_15184294.jpg

かなり辛めで、あと味に甘さがまったく残りません。甘めの加賀蓮根はす蒸しと合わせて飲んでいたのでちょうどよかったですが、地酒そのものの味を味わうのはもう少し甘めのがいいかもと思いました。

今日は、地酒のお店をいくつか見つけてみているのですが、加賀鳶の山廃でも、超辛口と辛口があって、わたしが昨晩飲んだの超辛口でした。辛口ならいけるかなと思っているのですがどうでしょうか。奥能登の宗玄の純米も前に飲んで美味しかったのですが、純米吟醸も何種類かあってどのお酒なのか覚えていません。美味しいのが選べればいいなあっと思っています。


# by momokororos | 2017-10-08 18:35 | グルメ | Comments(0)
2017年 10月 08日

姫路、神戸、京都から金沢へ

姫路。
小雨が残る昨日の朝、
姫路城の近くの、おひさまゆうびん舎さんへ。
夏葉社さんの本がたくさん並べられて、表紙の写真が飾られています。
しばらく店長さんと絵本や本、本屋のお話ししながら、見つけたのがハレクモさんの本の棚にあった、フィリップ・クローデルさんの『リンさんの小さな子』。今回は1冊だけ手にいるました。

姫路からは東へ向かいます。
京都までのあいだ途中下車をしようと思っていたのですが、姫路から京都までの切符だと途中下車ができないことを駅員さんから聞いて、姫路から京都、山科経由湖西線から金沢富山経由東京の切符を購入。

元町で降りて、神戸栄町へ。

北欧雑貨のlottaさんへ。

e0152493_21192727.jpg

最近そうなのですが、展示のあいまに来てしまっています。今日も、もうすぐ始まる播州織の玉木新雌さんの展示会の前でした。北欧に買い付けに行ったあとに開催されていたこの前の展示も見逃しました。

お店では、可愛い猫と鳥のふきんを見つけました。

お店をあとにして、元町から京都へ。
なんのイベントもないのに京都は大混雑でした。
河原町四条で、京都の知り合いに会ってから、木屋町沿いの高瀬川を歩きます。

e0152493_21232190.jpg

先斗町の元立誠小学校での「ありがとう、立誠小学校」の古本市にも行こうかなと思っていたのですが、19時を過ぎていたので諦めました。あとから調べてみると21時までやってました。

身の振りを考えですいましたが、3連休の初日で、宿がものすごく高いか、安いカプセルしかなく、夜になっても京都も大阪、神戸、名古屋も同じだったので、関西で泊まるのは諦めて、サンダーバードに飛びのり、金沢へ向かいました。
金沢行きのサンダーバードは、京都駅の0番線から出ます。0番線というのは特別な感じしますね。

お供は、おひさまゆうびん舎さんで手にいれた本です。

e0152493_11584884.jpg

金沢駅着は22:09。

この時間に金沢に着いたことは何回かあるのですが、夜食べれるところは限られます。



# by momokororos | 2017-10-08 12:00 | | Comments(0)
2017年 10月 08日

金沢PM23:00

金沢。
姫路から金沢へ。金沢着22:09。

23:00の金沢駅。

e0152493_09521075.jpg


この時間、駅前のフォーラスは閉まっています。

e0152493_09522601.jpg

姫路から金沢への日記はまた書きたいと思います。




# by momokororos | 2017-10-08 10:01 | | Comments(0)
2017年 10月 07日

姫路美味しいもの〜ひねぽんにごぼう

姫路。
いったん京都へ降りたったものの、雨の京都。1人で遊ぶにはさみしい。
一緒に夜ごはんを食べれるよという知り合いが見つかったので姫路へ出ました。

姫路駅から、おみぞ筋を歩き、二階町商店街を西に、みゆき通りで夜を一緒する人と合流しました。
昔のよく訪れていたという人気の小さなお店が、西二階町商店街に移転してまだ行ったことがないということで、行ってみることにしました。
大手町通りを横切り、西二階町商店街へ。西二階町商店街は初めて足を踏みいれます。

馳走ぜんさん。
素敵なダイニングな感じのお店です。

ひねぽん。

e0152493_10121270.jpg


ひね鶏とポン酢を合わせた播州名物。
こちらのひねぽんは、わさびの葉や茎がだと思いますが、辛みが聞いていて美味しい。彩りもきれいです。

タコのやわらか煮。

e0152493_10121451.jpg


タコの食感が美味しいです。

ローストビーフ。

e0152493_10121762.jpg


ごぼうの唐揚げ。

e0152493_10121986.jpg


このごぼう、直径が5cmくらいあるんです。ほくほくにも近いサクっとした食感と甘みがあり美味しい。
これだけでお酒がすすみます。

合わせた地酒は、姫路の奥播磨の山廃純米と、名刀正宗 脇。
奥播磨は好きな日本酒。兵庫ということは知っていたのですが、姫路とは知りませんでした。山廃だったからか、冷たくなかったからか思っていたより甘かったです。
そして高知の地酒の酔鯨。
酔鯨を飲むのも久しぶりです。
こちらはすっきりした美味しさでした。

久しぶりに、おしゃべりをしながら美味しい夜をいただきました。また寄りたいと思うお店です。



# by momokororos | 2017-10-07 20:33 | グルメ | Comments(0)
2017年 10月 06日

姫路PM22:40

姫路。
姫路駅ビルのpiole。

e0152493_22542270.jpg

駅前の魅力のファッションビルです。
金沢の駅前のFORUSとともに好きです。

姫路駅前の広場は姫路城にいたる通りは、2年くらい前にグッドデザイン賞を受賞しています。
若い女の子たちに人気なpioleに、振り向けば姫路城が望める広場は素敵だなと思います。



# by momokororos | 2017-10-06 23:02 | | Comments(0)
2017年 10月 04日

お庭のお花(其の三十五)〜紫式部

お庭の紫式部の実がいい色になりました。

e0152493_19391772.jpg

美しい紫色です。
紫のお花が好きかもです。


# by momokororos | 2017-10-04 23:01 | お花 | Comments(0)
2017年 10月 03日

絵本屋さんから絵本屋さんへ

神保町にでていた日。お昼を食べたあとは、Book Houseさんへ。


いったん閉店したのですが、カフェを併設して再びお店をオープンしました。
大好きな新刊の絵本屋さんだったのでよかったです。

神保町をあとにして表参道へ。
青山のクレヨンハウスさん。


こちらも大好きな新刊絵本屋さんです。

きくちちきさんの原画展が開催されていました。

子どものいる絵本好きな人にあげる絵本を選ぶのは楽しいです。




# by momokororos | 2017-10-03 22:23 | 絵本 | Comments(0)
2017年 10月 02日

神保町美味しいもの〜カレー

久しぶりに神保町を訪れていました。
まずお昼を食べようと思い、讃岐うどんの丸香さんに向かいます。

靖国通り沿いに見たことのないお店の、蘭州拉麺さんができており30人くらい並んでいました。美味しいのかなと横目で見ながら丸香さんへ。丸香さんはなんと80人くらいの列だったので、諦めました。
すずらん通りのカツカレーの南海さんは50人の列、裏手のさぼうる2さんやTAMTAMさんにも並んでいます。TAMTAMさんはパンケーキが有名みたいです。

少し九段下の方に歩いたところにある欧風カレーのボンディさん。
階段下まで並んでいることが多いのですが、その日は15人しか並んでいなかったのでボンディさんで食べることにしました。

いつものビーフカレーの甘口を頼みます。



神保町はカレーのお店はあまたありますが、ボンディさんのカレーが一番好きです。ビーフカレーは、お肉ゴロゴロで、とても美味しいです。


ふかしたじゃがいもも付いてくるのですが、1個だけでいいなと食べるたびに思います。

食べ終わり外に出てみると、列が階段下までのびてさらに長く、50人くらい列がついていました。もともと、10人くらいの行列はあるお店でしたが、ここ最近は大人気です。

神保町、むかしは、小学館ビルの地下に美味しい洋食屋さんあったけど、ビルの建て替えで閉店。どこかにオープンしているのかな。

道橋の方に歩くと、お肉のお店と焼きそばのお店に行列していますが、どちらも食べたことがないのですが、焼きそばのお店は食べてみたいです。



# by momokororos | 2017-10-02 22:04 | グルメ | Comments(0)
2017年 09月 30日

フランスの作家さんの可愛い展示会〜マリー・アセナさん

久しぶりに土曜日におでかけです。

青山のdoux dimancheさん。

e0152493_20062658.jpg

「PETiT BONJOUR DE PARiS de Marie Assénat」の展示が開催されています。

e0152493_20090508.jpg


前にお店のスタッフさんから可愛い展示があることを聞いていたのですが、なかなか寄れませんでしたが、とっても可愛い展示で訪れることができてよかったです。

e0152493_20095836.jpg

作家のマリー・アセナさんが直前までいらしたとのことで、会えずに残念でした。

e0152493_20104290.jpg

マリー・アセナさんのイラストはとっても可愛くて、あれもこれもほしくなります。

展示は、明日10/1日曜までです。



# by momokororos | 2017-09-30 20:02 | 雑貨 | Comments(0)
2017年 09月 29日

お庭のお花(其の三十四)〜秋明菊

お庭のお花も秋らしくなってきました。

秋明菊(しゅうめいぎく)のお花。

e0152493_22500959.jpg

裏のお庭に、いつもいつのまにかひっそりと咲いています。




# by momokororos | 2017-09-29 22:53 | お花 | Comments(0)
2017年 09月 28日

鎌倉の雑貨屋さん

向島百花園のことを書いていますが、向島百花園に行くか鎌倉に行くか迷いました。

日記には書いていないのですが、鎌倉にはこないだ訪れていたので向島百花園にしたのですが、鎌倉はお寺や家々はお花でいっぱいです。

この前鎌倉を訪れてたときは、鎌倉の御成通り側にある本屋さんに行こうと思っていたのですが、いつも寄る葉っぱ小屋さんに寄ってからにしようと思いました。

e0152493_18575006.jpg

e0152493_18575724.jpg

お店では、10/1日曜まで「紙もの展」が開催されています。

e0152493_18580416.jpg

作家の、てるてるさんこと、ふじわらてるえさんのレターセットがとっても可愛かったです。

葉っぱ小屋さんの入口の前にはお花がいっぱいです。

e0152493_22301498.jpg

お店にも、花や花をあしらった作品がたくさんあります。

結局、葉っぱ小屋さんで長居して、本屋さんにもお寺にも行けませんでしたが、また訪れたいと思います。



# by momokororos | 2017-09-28 22:31 | 雑貨 | Comments(0)