五味太郎さんの『てのひら絵本』

五味太郎さんの『ぼく とおれるよ』の絵本を、わたしのお気にいり絵本50選のベスト13位で紹介しましたが、この五味太郎さんの絵本は、「てのひら絵本」としてシリーズ化されています。

e0152493_21321601.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、穴のあいた絵本です。

この中では、『このゆび なあに』が『ぼく とおれるよ』に続いて好きな絵本です。


<わたしのお気にいり絵本50選(2018年)〜ベスト11位 - ベスト15位


# by momokororos | 2018-02-03 22:51 | 絵本 | Comments(0)

わたしのお気にいり絵本50選(2018年)〜ベスト46位 - ベスト50位

わたしのお気にいり絵本50選。
ベスト46位 - ベスト50位です。


46位は、メアリー・ブレアさんの『わたしはとべる』。


e0152493_15245341.jpg

1950年初版です。
日本語版も出ています。

e0152493_15260967.jpg

動物のまねをする女の子がとっても可愛いです。

e0152493_15265882.jpg
e0152493_15270003.jpg
e0152493_15270137.jpg

原書と日本語訳を比べてみたくなったので、1ページだけ並べて見てみます。

e0152493_15363176.jpg
e0152493_15363518.jpg

訳も気になりますが、やはり原書に比べて、色が違ったりディテールが飛んでしまったりしています。

『I CAN FLY』(『わたしはとべる』)の絵本は、50選の1位の、ウィリアム・ワンドリスカさんの『ALL BY MYSELF』の絵本や、42位の、益田ミリさん作、平澤一平さん絵の『はやくはやくっいわないで』の絵本と共通なものを感じます。

メアリー・ブレアさんは一時期大好きな作家さんでした。いろんな可愛い絵本を描いています。


今日の絵本〜メアリー・ブレアさん
2015年6月15日の日記

http://momokoros.exblog.jp/23277254/



47位は、ドロシー・マリノさんの『くんちゃんのだいりょこう』。


e0152493_15500165.jpg

こちらは旧版の絵本です。

くんちゃんは南の国に渡る鳥にさよならを言います。

e0152493_15512983.jpg

くんちゃんも南の国に行ってみたくなり、パパとママにお別れを告げて出かけます。

e0152493_15524913.jpg

ところが、くんちゃんはおかあさんへの、さよならのきす、を忘れていました。

e0152493_15541019.jpg

e0152493_15541558.jpg

くんちゃん、どうなるでしょうか。
ココロあたたまる絵本です。

このくんちゃんシリーズが何冊か出ていますが、みんなかわいいです。


『くんちゃんのだいりょこう』は、ちょっとだけ日記で話題にしています。


「ふわふわくんとアルフレッド」〜ドロシー・マリノさんの絵本
2009年5月14日の日記

http://momokoros.exblog.jp/10241630/



48位は、マイ・ミトゥーリチさんの大男の絵本。


e0152493_16122546.jpg

ミトゥーリチさんは大好きロシアの作家さんで、一時は一番好きだったこともいります。

輪郭のない絵が特徴です。

e0152493_16145755.jpg
e0152493_16150092.jpg
e0152493_16150332.jpg
e0152493_16150553.jpg

ロシアの作家さんは、イラストを書き換えることがよくあり、別の絵本?では、こんな絵になっています。


e0152493_16174127.jpg
e0152493_16174452.jpg
e0152493_16174713.jpg
e0152493_16175014.jpg

この4枚は、邦訳されている『おおわるものバルマレイ』に載っている絵です。



マイ・ミトゥーリチさん絵本を2つ紹介している日記で、紹介しています。


可愛いロシアの絵本〜マイのミトゥーリチさん
2015年1月14日の日記

http://momokoros.exblog.jp/22728356/


『おおわるものの バルマレイ』〜ドロシー・ロシアのマイのミトゥーリチさんの絵本
2017年3月26日の日記

http://momokoros.exblog.jp/25646275/



50位は、
Milada Einhornovaさんの「rikali mu FRKOS」。


e0152493_11345896.jpg


チェコの写真集です。
浅草のチェコの絵本のチェドックさんが好きな写真絵本で、お店にはいつも置いてある感じです。


木から落ちてしまった雛。


e0152493_11370629.jpg

雛をねらう猫。

e0152493_11374653.jpg


e0152493_11392762.jpg

親鳥がきて、飛ぶことを教えます。

e0152493_11393540.jpg
e0152493_11403758.jpg


飛べない雛が、大空に憧れていることを思わせるような写真。笑えます。


e0152493_11355876.jpg


こちらに詳しく載せています。


巣から落ちた雛鳥のはなし〜チェコの素敵な写真集
2014年1月5日の日記

http://momokoros.exblog.jp/21533970/



# by momokororos | 2018-02-02 21:04 | 絵本 | Comments(0)

わたしのお気にいり絵本50選(2018年)〜ベスト41位 - ベスト45位

わたしのお気にいり絵本50選。
ベスト41位 - ベスト45位です。


41位は、
エリック・カールさんの『はらぺこあおむし』。


e0152493_15335005.jpg

『はらぺこあおむし』の日本語版には、いま店頭に並んでいる新版と、旧版があります。

こちらでは、旧版の絵本を紹介しています。

もくようびの絵です。

e0152493_15354121.jpg
e0152493_15354369.jpg


この2ページの、いちごの絵がコロコロ転がっていますが、新版の絵本では転がっていないのです。
もし『はらぺこあおむし』の絵本をお持ちなら、持っている絵本のページと比べてみてください。

よくみると、エリック・カールさんは全ページの絵を書き直しているんです。おなじようにみえる表紙も違います。
上が新版、下が旧版です。

e0152493_15413164.jpg


原書がどうなっているのか見てみたいです。


詳しい違いについて以前の日記に書いています。


エリック・カールさんの絵本〜『はらぺこあおむし』の新旧絵本
2016年9月10日の日記

はらぺこあおむし〜エリック・カールさんの絵本
2016年7月24日の日記



42位は、
益田ミリさん作、平澤一平さん絵の『はやくはやくっいわないで』。

e0152493_15543909.jpg
e0152493_15552247.jpg

e0152493_15552623.jpg

e0152493_15553121.jpg
e0152493_15553408.jpg

いろいろ考えさせられる絵本です。

e0152493_15553801.jpg
e0152493_15555443.jpg
e0152493_15555862.jpg

気持ちをいわれないと、わからないことって多いと思います。本人でないとわからないことたくさんあります。
もしかしたらそうかもしれない、想像力を働かせて思いを寄せられたらなと思います。

e0152493_15560132.jpg

できないこと、できること。想いは、50選の1位の、ウィリアム・ワンドリスカさんの『ALL BY MYSELF』の絵本や、これから紹介しようと思っている、メアリー・ブレアさんの『I CAN FLY』の絵本につながっていきます。

わたしのお気にいり絵本50選(2018年)〜ベスト1位 - ベスト5位
2018年1月3日の日記



43位は、
スコーチナさんの『鳩ぽっぽ ロシアのしゃれ歌・囃し歌』。

e0152493_16020064.jpg

50選の33位に、スコーチナさんの絵本が入っていますが、こちらの絵本も素敵です。

e0152493_16041163.jpg

かわいすぎます。

e0152493_16062336.jpg
e0152493_16041691.jpg

おとぎのくにのようでありながらあますぎず、素敵な絵です。

e0152493_16064692.jpg
e0152493_16042069.jpg


スコーチナさんの絵本は、この43位と33位で紹介された絵本ともう1冊の、3冊持っています。



44位は、
トミー・アンゲラーさんのイラスト集。

e0152493_19161010.jpg

箱入りの3冊セットのイラスト集で、シンプルな線画です。

e0152493_19161381.jpg
e0152493_19161536.jpg
e0152493_19161883.jpg

色が少しだけ使われていてアクセントになっています。

e0152493_19162007.jpg
e0152493_19163540.jpg

かわいいイラスト集〜トミー・ウンゲラーさん
2016年7月26日の日記



45位は、
ブルーノ・ムナーリさんの『きりのなかのサーカス』。

昔の版の、八木田宜子さん訳の絵本を紹介します。

e0152493_19264622.jpg
e0152493_19265047.jpg

トレーシングペーパーを使った絵本で、霧の中から見えてくる風景が美しいです。

e0152493_19265577.jpg
e0152493_19270092.jpg
e0152493_19270466.jpg
e0152493_19273527.jpg
e0152493_19274130.jpg

絵本の後半はガラリと紙が変わり、印象が違います。

e0152493_19274681.jpg

今は、谷川俊太郎さんの訳の絵本です。
左側が旧版、右側が新版です。

e0152493_19231024.jpg

昔の八木田宜子さん訳の版と、今の谷川俊太郎さん訳の版を比べた日記です。
微妙にイラスト位置が違ったり、紙の色が違ったりしていて興味深いです。

『きりのなかのサーカス』〜ブルーノ・ムナーリさんの絵本
2016年7月12日の日記

# by momokororos | 2018-01-28 11:24 | 絵本 | Comments(0)

寒さのせい?閑散な東京の街〜青山

今日は夜になってから青山へ。

最近は、マイナス4度となるような日もありとっても寒い横浜東京です。
昨日金曜も、学芸大学の流浪堂さんを訪れていたときに、寒いですね、と話していました。

今日は、昼間はそんなに寒くなかったのですが、日が沈んでからはとっても寒くなりました。

表参道交差点から青山通りを外苑前に歩いていたのですが、寒い風に顔も手も冷たくなります。通りを歩いている人もいつもよりまばらでした。青山通りから一本北の通りにある有名なガレットのお店もガラガラでした。

フランス雑貨のdoux dimancheさんを訪れていて、お店の方に聞いたらお店に来るお客さんも少なかったそうで、寒いせいかもしれないと話していました。

お店をあとにして、とんかつで有名なまい泉さんの通りを歩いていたのですが、週末はかなりの人が歩いている通りにもかかわらず、今日はとっても人が少なかったです。最近華やかになってきている通りなので、そのにぎわいがないと魅力が失われます。
混みすぎているところはあまり好まないのですが、すいていればいいというわけではないということをあらためて意識しました。

まい泉さんからフライングタイガーさんの前を通り、表参道の並木道の大通りに出ようと思っていたのですが、左手側に小道があり、ライトアップされた建物が見えました。この通りは何百回も通っているのですが、初めて小道に気づきました。たくさんの人が歩いている通りなので気づかなったのか、目的の場所があるから気づかなったのかわかりません。

ライトアップの建物を目にしながら一旦は通りすぎたのですが、気になり戻って小道に入ってみました。

素敵な建物のライトアップでびっくりしました。人があまりいないからかもしれませんが、最近見たライトアップでは一番素敵でした。

今日はスマホを持ってくるのを忘れたので写真を撮っていないのですが、また訪れて写真を撮りたいと思います。


# by momokororos | 2018-01-27 23:07 | | Comments(0)

憧れの青山の夜景〜表参道けやき並木

先日、青山にでていたのですが、久しぶりに表参道のけやき並木を歩きました。

やはり青山は東京で一番お洒落な街かなと思います。

並木道の向こうにみえる表参道ヒルズの夜景に、ぞくぞくした気持ちになりました。

e0152493_15050846.jpg

感じたような写真にはなっていないのですが、都心の華やかさと同時に寂しさも感じて、帰りたくないと思う気持ちになりました。都心にいるとよくそんな気持ちになります。

e0152493_15083132.jpg

帰りたくない気持ちを抱きながら、青山でよく飲んでいた頃を思いだします。飲むのは、青山でも暗いところが多い外苑前のキラー通りあたりでした。

こんな日記を書いています。

青山界隈ノスタルジー散歩〜東京グルグル(其の三)
2017年9月16日の日記

この日記を見ると、外苑前と表参道のあいだにあるバーのRadioさんにはもう4年も行っていないんだと思いをあらたにします。

19歳のときから通い始めた青山、いつまでも憧れの青山に変わりないです。



# by momokororos | 2018-01-24 22:37 | | Comments(0)

わたしのお気にいり絵本50選(2018年)〜ベスト36位 - ベスト40

わたしのお気にいり絵本50選。

ベスト36位 - ベスト40位です。


このあたりから、始めに並べた50冊の選書から順番が変わったり、新たな絵本が入っていたりしています。


36位は、
五味太郎さんの『きんぎょがにげた』。


e0152493_20354152.jpg

ずっと好きな絵本の1つですが、あらためてみるとシンプルで素敵な絵本です。

e0152493_20372949.jpg
e0152493_20373517.jpg

こんなに字が大きかったのですね。

リズム感も素晴らしいです。

e0152493_20381353.jpg
e0152493_20381962.jpg

36位ですが、ずっと順位が上かもしれないなと思いました。

絵本の中の金魚が一匹だけ笑っている金魚がいることを教えてもらいました。ぜひ探してみてください。

『きんぎょがにげた』の切手も発売されていて、これは買いたいなって思います。

五味太郎さんのことは、5年前に書いていました。

2013年6月10日
先日、五味太郎さんがでる番組を教えてもらい見ました。初めて見る五味さんはかっこいい人でした。言うことも恰好いい。持っている絵本を引っ張りだしてきたけど、好きな3冊が見つからない。見つかった中では「きんぎょがにげた」が好きです。
e0152493_12112121.jpg



37位は、
にしまきかやこさんの『わたしのワンピース』。


e0152493_20444722.jpg


こちらの絵本も、音が素敵な絵本です

「ミシン カタカタ」

e0152493_20445227.jpg

「できた できた」
「ラララン ロロロン」

e0152493_20445655.jpg
e0152493_20450141.jpg

e0152493_20450649.jpg
e0152493_20452861.jpg

前にも紹介してますが、夢のような絵本で、とっても楽しいです。


2013年3月25日
にしまきかやこさんの「わたしのワンピース」。可愛くて楽しい素敵な絵本です。ときどき見て楽しんでいます。 ラララン ロロロン わたしに にあうかしらわたしも素敵なコトに染まりたいな!

e0152493_15153327.jpg



38位は、
タチャーナ・マーブリナさんの『メルヘン・アルファベット』。


e0152493_20475323.jpg

こちらの絵本はロシア語版ですが、日本語版にも翻訳されています。

e0152493_11324337.jpg

ロシア語版は小さい絵本で、日本語版は大きな絵本になっています。
比べてみるとこんなに違います。

e0152493_11334538.jpg

ロシア語版の印刷が素晴らしいので、ロシア語版を紹介します。

e0152493_20480133.jpg

写真ではわからないのですが、色が載っているところが盛りあがった感じの絵本で素敵です。日本語版にはない魅力です。

e0152493_20481163.jpg
e0152493_20482474.jpg
e0152493_20483341.jpg

マーブリナさんのこの世界観は独特で、美しくてかつ可愛くて魅せられます。

e0152493_20485603.jpg

このロシア語版を買ったのは2013年。ロシア絵本の、ふぉりくろーる。さんが中目黒のdessinさんで絵本の展示をしていたときに手にいれた絵本です。懐かしいです。

2013年4月14日
<タチャーナ・マーヴリナさんの「おとぎばなしのアルファベット」。とっても美しい絵本です。どのページ見ても素敵です!中目黒の dessinさんで開催されている「ふぉりくろーる。花よりロシア絵本展」で手にいれました。
e0152493_11451471.jpg



39位は、
アンドレ・フランソワさんの『わにのなみだ』。


e0152493_17052213.jpg

箱に入っていて、取りだすとこんな感じです。

e0152493_17052547.jpg

取りだした表紙にはワニに頭が描いてあり、ひっくり返したお腹の絵が描いてあるところが表表紙で、その裏が尻尾が描かれています。
こちらの日記に詳しく紹介しています。

『わにのなみだ』〜アンドレ・フランソワさんの絵本
2016年9月1日の日記


わに好きにはたまらない絵本です。

e0152493_17053446.jpg
e0152493_17055663.jpg
e0152493_17055826.jpg

ちどりがわにの歯をおそうじしています。実際にわにの歯をおそうじする鳥がいるそうですね。

e0152493_17060229.jpg

人間の歯ブラシに、ワニの歯ブラシ。
笑えます。

e0152493_17060431.jpg



40位は、
ビネッテ・シュレーダーさんの『ぞうさんレレブム』。

e0152493_20515675.jpg

美しい絵です。

e0152493_20520145.jpg
e0152493_20520463.jpg
e0152493_20520746.jpg

ぞうさんレレブムのドイツ語版の絵本はこちらの日記に紹介していました。

素敵なグラフィック〜『ぞうさんレレブム』の絵本
2017年2月9日の日記



# by momokororos | 2018-01-23 22:02 | 絵本 | Comments(0)

ひさしぶりの雪の風景

横浜。
ひさしぶりに雪が積もりました。

一度、庭の木に積もった雪を降ろしたのだけど、また積もりました。

e0152493_22180579.jpg


明日にはこんな風になっていたら、うれしいな。

e0152493_22191879.jpg
e0152493_22192053.jpg
e0152493_22192305.jpg
e0152493_22192642.jpg


こうのあおいさんの『ふゆ』より。

e0152493_22204077.jpg


# by momokororos | 2018-01-22 22:22 | 気持ち | Comments(0)

わたしのお気にいり絵本50選(2008年)〜ベスト32位 - ベスト35位

わたしのお気にいり絵本50選。

ベスト32位 - ベスト35位です。


32位は、
フランク・アッシュさんの『なかないでくま』。


e0152493_12324194.jpg


原書のタイトルは、『MOON BEAR』。


e0152493_20065793.jpg

なぜ『MOON BEAR』を『なかないでくま』と翻訳したのか、何を重視したのかが見え隠れして面白いです。

月のことが好きになったくまさんの物語です。

e0152493_15574971.jpg

ところが。

e0152493_12335671.jpg
e0152493_12335844.jpg
e0152493_12340138.jpg
e0152493_12345836.jpg

くまさんはどうなるのでしょうか。

夜空の精緻な描きこみには驚かされます。


こちらの絵本は、2009年の、お気にいり絵本のベスト1でした。


わたしのお気にいり絵本100選(其の一)~best 5


ずいぶん順位が落ちていますが、いまでも大好きな絵本です。


前に、神戸元町のハニカムブックスさんで開催されている「絵本の会」に、この『なかないでくま』を持っていて読んだことがあります。


神戸での絵本の会〜フランク・アッシュさんの絵本
2014年2月8日の日記
やさしいクマさんにぞっこんになるはずです。




33位は、ガリーナ・スコーチナさんの絵本。
ロシア語の絵本でタイトルはわからなくなりました。


e0152493_15271898.jpg

色合いがとても美しい絵本です。

e0152493_15272157.jpg
e0152493_15272494.jpg
e0152493_15272648.jpg
e0152493_15272900.jpg
e0152493_15274696.jpg

ロシアの絵本作家さんは、マイ・ミトゥーリチさんやタチャーナ・マーヴリナさんが大好きなのですが、この2人の作品をおさえての33位入りです。わたし自身も自分の好みの変化に驚きます。

スコーチナさんの他の絵本を紹介している日記です。

素晴らしいロシア絵本〜(其の一、ガリーナ・スコーチナさん)
2014年7月12日の日記



34位は、

ささめやゆきさんの『幻燈サーカス』。


e0152493_13062522.jpg


サーカスは憧れで、小さい頃に見たのか見なかったのか、残念ながら覚えていません。


ささめやゆきさんの絵は好きなのですが、この幻燈サーカスは格別です。


e0152493_13075318.jpg
e0152493_13075602.jpg
e0152493_13075898.jpg

サーカスのはなやかさと、

e0152493_13080172.jpg

哀愁を感じます。

e0152493_13080356.jpg


35位は、
イリヤ・グリーンさんの『ピンクがすきってきめないで』。


e0152493_13094466.jpg

「わたしは黒が好き」と、かなりインパクトある始まりです。


e0152493_13102771.jpg

e0152493_13102907.jpg
e0152493_13103219.jpg
e0152493_13120640.jpg
e0152493_13120972.jpg

女の子と男の子のこと。

そして、次の2ページ。

e0152493_13121225.jpg
e0152493_13121590.jpg

ちょっと言葉が複雑ですが、巻末の訳者の原文のフランス語の解説とあわせて読むとわかります。

このあとに続く最後のページもよくて、ぜひ手にとってみてほしい絵本の1冊です。

文章がナタリー・オンスさん、絵がイリア・グリーンさんのコンビの絵本は他にも何冊かありますが、みんないい絵本です。



# by momokororos | 2018-01-21 14:12 | 絵本 | Comments(0)

『FIVE GIRLS』〜サム・ハスキンスさんの写真集

久しぶりに中目黒。
駅近くのビルの地下のカフェで一息つこうと思ったのですが、かなり混んでいました。
入るのを諦めたのですが、そのビルに図書館があるのをふと見つけて入ってみました。

図書館に入ると、誰かに呼びとめられて見てみると、中目黒のdessinさんのお店の方でした。東京都心で誰か知っている人に出会うことはほとんどない

図書館をあとにして、久しぶりにdessinさんに寄りました。
2ヶ月くらい前に店長さんに探しておいてくれるとうれしいです、と言っておいた本を見つけてくれてました。

Sam Huskins(サム・ハスキンス)さんの写真集の『FIVE GIRLS』。

e0152493_13280617.jpg

1962年初版です。
かなり本の状態はよくてうれしいです。
高いのですが、神保町価格の半分くらいの値段。どこから見つけてきたのか、さすが店長さん、と思いました。

e0152493_13303436.jpg

いきいきとした表情、アンニュイな表情。女性が日常でふとみせるような表情を見事にとらえています。

e0152493_13303676.jpg
e0152493_13323089.jpg
e0152493_13331874.jpg

前に紹介した、サム・ハスキンスさんの『November girl』の写真集もそうなのですが、女性のヌードの写真が多いです。

e0152493_13332178.jpg

女性たちの凜とした表情や、自由を謳歌するかのような表情はとても素敵です。

サム・ハスキンスさんの写真集では、この写真集が一番好きです。

前に手にいれた、サム・ハスキンスさんの別の写真集はこちらです。こちらの写真集も素敵です。

『November girl』〜サム・ハスキンスさんの写真集
2016年12月25日の日記

# by momokororos | 2018-01-20 11:53 | 写真 | Comments(0)

わたしのお気にいり絵本50選(2018年)〜ベスト26位 - ベスト31位

わたしのお気にいり絵本50選。
ベスト26位 - ベスト31位です。

26位は、
モーリス・センダックさんの『いるいるおばけがすんでいる』。

e0152493_13572855.jpg

こちらの絵本は、現行版では、『かいじゅうたちのいるところ』です。

e0152493_13581723.jpg

『いるいるおばけがすんでいる』は、三島由紀夫さんが和訳の編集委員にもなっていて訳がユニークで、とにかくリズム感が素敵で、思わず声に出して読みたくなります。

前にも2回ブログで話題にしているので、今回は載せていないページをのせたいと思います。

e0152493_13594494.jpg
e0152493_13594637.jpg
e0152493_13594835.jpg
e0152493_13595005.jpg


『いるいるおばけがすんでいる』はウエザヒルの出版、『かいじゅうたちのいるところ』は冨山房の出版。『いるいるおばけがすんでいる』の再販の可能性はないに等しいのでしょうか。図書館でもみかけたことないし、こういう絵本こそみんなに見てもらいたい1冊です。

こちらの日記にリズム感のある訳の一部を抜粋して載せています。

『いるいるおばけがすんでいる』〜モーリス・センダックさんの翻訳絵本
2016年8月6日の日記

いるいるおばけがすんでいる、そして、かいじゅうたちのいるところ〜モーリス・センダックさんの絵本
2013年12月19日の日記



27位は、
バージニア・リー・バートンさんの『ちいさいおうち』。

e0152493_15161564.jpg

のどかな、いなかに建てられたおうち。

e0152493_15164101.jpg

どんどん周りが開発されていきます。

e0152493_15171943.jpg
e0152493_15172141.jpg
e0152493_15172204.jpg
e0152493_15172635.jpg

とうとうおうちは。。

e0152493_15175210.jpg

おうちはどこに行くのでしょうか。。



28位は、
出口かずみさんの『マァヘイくんとげらこちゃん』。

e0152493_15181661.jpg

出口さんのマァヘイくんシリーズの2冊目です。マァヘイくんシリーズの1冊目はわたしのお気にいり絵本50選のベスト9位に入っています。

e0152493_15181844.jpg
e0152493_15182047.jpg
e0152493_15182214.jpg

げらこちゃん、マァヘイくんへのプレゼントは何にするのでしょうか。このあとに大変なことに。。

出口かずみさんの物語の絵本は奇想天外で、くすっ笑えます。



29位は、
五味太郎さんの『まどから おくりもの』。

e0152493_20385861.jpg

サンタさんは、すべての動物たちに間違いのプレゼントをしているのかと思っていましたが、違うんですね。ずっと勘違いしていました。

e0152493_20385922.jpg
e0152493_20390114.jpg

e0152493_20390251.jpg
e0152493_20390348.jpg

五味太郎さんのしかけ絵本は、この絵本だけではなく、みんなとっても楽しいです。
五味太郎さんの『ぼく とおれるよ』の絵本が、わたしのお気にいり絵本50選の13位にはいっています。



30位は、
長新太さんの『きもち』。

e0152493_15183509.jpg


この絵本、心のなかに生まれてくる気持ちを絵だけで表現した、とってもいい絵本なのですが、どう説明していいかむずかしいです。

e0152493_15190534.jpg


e0152493_15190748.jpg


e0152493_15190834.jpg

e0152493_15191091.jpg

e0152493_15191240.jpg


そんな気持ち、あんな気持ちがわかります。ぜひ手にとって見てみることをおすすめします。



31位は、
岩崎ちひろさんの『ことりのくるひ』。

e0152493_15200054.jpg


いわさきちひろさんの絵はやさしいです。線も色も表情もすべてやさしいんです。

e0152493_15200117.jpg

e0152493_15200372.jpg


ことりが好きだからでしょうか、いわさきちひろさんのこの絵本が一番好きです。

e0152493_15200492.jpg

e0152493_15200527.jpg


ちひろさんが、ヨゼフ・ウィルコンさんの影響を受けたということを、ウィルコンさんの『ミンケパットさんと小鳥たち』の絵本に、いわさきちひろさんの息子の松本猛さんが言葉を寄せています。

ことりの絵本〜ヨゼフ・ウィルコンさんといわさきちひろさん
2017年3月7日の日記


# by momokororos | 2018-01-17 22:18 | 絵本 | Comments(0)